Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

ザ チャープス ライブ!

かつて(といっても40年ほど前なんですが・・・)某国営放送で放送されていた音楽番組、「ステージ101」
その101の中でも絶大な人気があったのが、姉妹のコーラスグループ、「ザ チャープス」

今から7年前に行われた、101の復活コンサートで、彼女たちの歌声を本当に久しぶりに聴くことができ、以前とまるで変わらぬ彼女たちの歌声、ハーモニーの素晴らしさに、このまままた歌ってくれないかな、と思ったファンは数多くいたのですが、それからまた彼女たちは自分たちの生活に戻り、歌うことはありませんでした。

ところが、おととしあたりから、吉祥寺にあるライブハウス、MANDA-LA2でときどきライブを行うようになったチャープス。

去年の1月に、同じ会場でちょっと大きなライブがありました。
が、その時は私は母と香港に旅行に出かけてきて聴くことができず、かなり残念な思いをしました。

そして・・・
今年の初夏に、チャープスから「ライブをやりますよ」と連絡をもらいました(なんでもらったかは後ほど~)。
今度こそ聴かなくちゃ!!!
で出かけた今日♪

e0116960_21283563.jpg


そこには以前と変わらぬチャープスが!

彼女たちの計算し尽くされたステージ。

あふれんばかりのショーマンシップ。

どれもこれもが超一級品!

曲と曲の間のおしゃべりもただ単にしゃべるというのではなく、計算し尽くされていて、無駄がなく、それでいて本当に楽しい。
ステージと客席を一体化させることが、なにより大事!ときっと考えているのであろう彼女たちのサービス精神と、そのショーマンシップは、今、ステージ立つどんな歌手も、見て学んでほしいと思いました。

ステージの構成が非常に考え尽くされてできているので、終盤に向かっての盛り上がりは素晴らしく、最後ジャズのメドレーで終わりましたが、アンコールで歌ったのが、「SING SING SING」
「最後は盛大ににぎやかに終わりたい!」という言葉のとおり、ステージも客席も一緒となったエンディングは、これぞショーなのだ!という素晴らしさでした。

今日のステージは、そのままTVで一つの番組として放送しても何の違和感もないと思いました。
それくらいに完成度の高いステージ。。。

そんなステージを見せてくれたチャープスのみなさまには、本当に感謝、感謝です。

そして・・・
ライブの後に行われた、チャープスのみなさんとの「たのしくしゃべろう会」
こちらも、本当によいの?こんなにサービスしてもらって???な会になりました。

e0116960_21521743.jpg


吉祥寺のあるカラオケ店で行いましたが、101時代からのファンやチャープスのお友達など
40名以上の参加者で、とても賑やか、楽しい時間となりました。

101ファンにとってチャープスと言えば、この曲なのですが、まあまさかご本家を前に男性陣が歌うことになろうとは!
チャープスと歌えた男性陣は、とっても嬉しそうでした^^

101関係のオフ会では必ず歌われるのが、「涙をこえて」。
101最大のヒット曲でもあるこの曲は、101ファンには人生の応援歌とも言える曲でもあります。
今日も会の最後は、この曲を全員で歌ってお開きになりました。
その前に、オープニングの「ヤッポン!」も。

会場にいたみなさんが全員少年・少女時代に戻った時間・・・

オフ会の幹事として、最後のみなさまの笑顔にホッと安堵・・・

チャープスのまり子さん、ゆり子さん、えり子さん、本当に楽しい素敵な時間をありがとうございました♪
またいつかこんな時間が持てるとよいな、と心から思います。

e0116960_22425756.jpg


記念写真^^
「気になる女の子」の決めポーズ♪

ステージ101ってなんなの???と思われる方も多いでしょうね。。。

今から40年ほど前、本当に画期的な音楽番組として放送されていたこの番組には、今なお熱いファンがいます。
アーカイブスで放送されたとき、局に寄せられたその反響の大きさに、放送をしていたその局が驚いたと言います。
ここまで根強いファンがいるということに心底驚いたのだとか。
この番組は、亡くなられたディレクターの末盛憲彦さんが、アメリカで見た、「ヤング・アメリカンズ」を日本でもできないか、と思い、メンバー全員をオーディションを選ぶという方法でメンバーを集め、当初の音楽監督に中村八大さんを迎えて制作されたものです。
その後、メンバーも入れ替わり、音楽監督も八大さんから和田昭二さん、東海林修さん、宮川泰さんと変わり、1973年3月に終了しました。
この番組から洋楽を教わり、音楽の世界が広がった、という人は少なくありません。

チャープスは初期メンバーの一組で、番組の最初から終了まで参加していた数少ない方たちでもあります。
当時から抜群のハーモニーとその音楽的センスの素晴らしさで、メンバーのなかでも人気を誇っていた方たちです。

私は、101ともチャープスのみなさまともたまたま縁があり、ときどきこうしてブログに書いていますが、101を知らない方には、きっと???なことなのだろうな、と思います。
これからも101がらみの記事が登場するかと思いますが、それは私の青春時代に、私にとても大きな影響を与えたものだから、というのが一番の理由かもしれません。
by ank-nefertiti | 2010-09-19 22:31 | ステージ101