Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

タグ:明日のパスタはアルデンテ ( 1 ) タグの人気記事

ずっと観たかったのですが、なかなか時間がとれず・・・
今日、仕事の後に銀座へ行き、観てきました^^

e0116960_00062.jpg


舞台はイタリア・プーリアのレッチェ。
そこで家族でパスタの製造会社を営む家の二人の息子の物語。

次男のトンマーゾは、家族には経営学を学ぶと言ってローマで大学生活を送っているけれど、本当は文学部で、夢は小説家になること・・・
そして、そのほかにも彼には家族に言えない秘密があって・・・

一方、地元に残り、父親と一緒にパスタの製造会社の経営に励む兄、アントニオ。
品行方正、両親自慢の息子。
でも、彼にも誰にも言えない秘密があって・・・

トンマーゾが、ある日、兄に自分の秘密を打ち明け、晩餐の時に全員に話すと告げた、その晩餐会の席で、あろうことか兄のアントニオはトンマーゾよりも先に自分の秘密を家族に打ち明ける。。。
機先を制せられたトンマーゾ・・・
家族は品行方正、優等生のアントニオの告白にびっくり仰天し、父親はアントニオに勘当を言い渡し、その直後心臓発作で倒れてしまいます。

そうなると、兄に先を越されてしまったトンマーゾは、自分のことを家族に話す余裕もなく、共同経営者の娘であるアルバとともにパスタ工場を任されることになり・・・

2人の兄弟の秘密、それは二人とも「ゲイ」である、ということ!
まあ別によいじゃないのよ、と私は思うけれど、どうもイタリアでも田舎へ行くと、そう簡単にはいかないらしい・・・

そうこうするうちローマのトンマーゾのゲイ仲間と彼の恋人(?)マルコがレッチェへやってきて、話はますますややこしくなります。

この物語の中心はアントニオとトンマーゾ(どちらかというとトンマーゾ)なのですが、パスタ製造会社を興した彼らのおばあちゃんが、影の主人公です。

最後、おばあちゃんは糖尿病で、甘いものは禁じられているのに、トンマーゾに「自分を出して自分らしく生きること」の大切さを教えるため、その甘いものを正装して食べ、死を迎えます。
おばあちゃんの、生きてきた道は、結婚から大変で、アルバに語る「叶わない思いだったから、ずっと愛は続いているの」という言葉が、この物語のキーポイントかもしれません。

「生きていくこと」、しかも「自分らしく生きていくことの大切さ」を笑いと涙の中に描いたこの作品。
昨年イタリア本国でも大人気となったと言われるのがよくわかります^^

アントニオ、どこかで見た俳優さん!と思ったら「副王家の人々」の主人公でした♪

イタリアの映画、派手ではないけれど、じわじわと心にしみてくる映画が多い様に思います。
また何かこないかな~^^


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-09-27 00:21 | 観劇・映画