Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

タグ:岩手・盛岡 ( 16 ) タグの人気記事

5年ぶり^^

鍵で「東京へ行きます。お目にかかりたいです」とコメントを下さったこの方・・・

わぁ、私を忘れないでいてくれたのね!
5年前にお目にかかったのがつい昨日のように思い出されます。
とっても素敵な方なの、kimmyさん^^
彼女は東京から盛岡へ嫁いだ人。

で、今日、銀座でデートしてきました~♪

リクエストが、気軽にちょっと飲めて軽く食事ができるところ。
うーん???
理由が「昼に歩き回るので、スニーカーなの。だからカジュアルなところで~」

色々と考えて、決めたのは、銀座ライオン。
え?そこなの?というツッコミはなしで~
気軽にちょっと飲めて軽く食事にはぴったりでしょ?

お店の前で待ち合わせ。
遠くから私を見つけて「杏さん~!」と駆け寄ってきてくれたkimmyさんに、涙が出そうでした。

e0116960_2357969.jpg


携帯でズームにして写したら・・・ボケてます^^;

5階にある音楽ビヤプラザから出演者が1階のホールへ降りてきて、演奏をしてくれました。
もうこういうところではお決まりのドイツ学生歌の「乾杯の歌」
歌詞が、kimmyさんと私のことみたい。

「杯を持て さあ卓をたたけ 立ち上がれ飲めや 歌えやもろびと 祝いの盃 さあなつかしい 昔のなじみ 心の盃を 」

たくさんおしゃべりしました。
5年分埋めるように♪
って私ばかりがしゃべっていた???
震災のこと、その後の事、盛岡のこと、そしてこれからのこと・・・
kimmyさんはあの大震災のあと、「会いたい人には会おう、やりたいことはやっておこう。後悔しないように」と思われたそうです。
それは私も同じ。
この5年の間にkimmyさんは彼女のブログにもあるとおり手術をされたり、いろいろと大変なことがありました。
そして元気になられた今、私に会いたいと言ってくださったこと、本当に嬉しく思いました。

「信じられないわ、東京で杏さんと会っているのよ~」

なんだかもうその言葉を聞いただけで、嬉しくて~

こういうお付き合いができることをとっても嬉しく思います。

帰り際、5年前もそうだったように握手をしました。
なんとなく別れがたく
「またね、また会いましょうね」「盛岡へ来るときは必ず声をかけてね!」「次は我が家へきてね!」
と言い合いながら、さようならをしました。

9月、よいことがたくさん私を待っていそうな予感^^


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-09-06 00:25 | 集い

安比高原 中のまきば

安比に着いて、ホテルにチェックインする前に、行かなくちゃ!なところが!

それは、ここが本当の安比高原です、という「中のまきば」。

e0116960_2391738.jpg


人の手が入らない、自然のままの高原。

e0116960_23101142.jpg


e0116960_23105542.jpg


ブナ林が広がります。

e0116960_23115642.jpg


イタヤカエデの紅葉も始まり・・・

e0116960_23124225.jpg


自生しているリンドウも咲き・・・

「中のまきば」はすっかり秋の装いでした。

e0116960_2314568.jpg


林の中を流れる小川。
この小川でまだ小さかった我が家の子供たちとJunkoさん家の子供たちは、サンショウウオを捕まえて遊んだものです。
転勤族だった我が家の子供たちにとって、唯一の幼馴染がJunkoさんのお家の子たち。
特に娘は幼稚園が一緒だった(だから親しくなったのですけれど)kayokoちゃんとは、大人になった今でも会えば時間を飛びこえて、ぺちゃくちゃと楽しそうにおしゃべりが続きます。

一緒にスキーもした安比。
ここは、娘にとって、息子にとって、そして我が家にとって、楽しいたくさんの思い出が詰まったところ。
by ank-nefertiti | 2009-09-24 23:19 |

岩手へ!

娘が、通勤途中にJRの駅に貼ってある、岩手の宣伝ポスターを見て、「ここまで岩手!って宣伝されると、それはもう私に岩手へ行きなさい!kayoちゃんに会いに行きなさい!って言っていると言っても過言じゃない!」といい、私を岩手の旅に誘いました。
二人の休みが合うのは、大混雑が予想される、シルバーウィーク。。。

頑張って探したら、安比のグランドホテルが1泊だけ取れました。

そのことを盛岡のママ友というよりも、子供を離れての友人となったJunkoさんに連絡すると、彼女は電話口で「杏さんってば!なんでホテルなんてとるのよ~!家の別荘があるじゃないの!」と怒りました・・・

が!Junkoさんは19日から21日までご主人のhide先生が経営するクリニックの職員旅行で北海道。

「じゃあ、こうしよう!とっちゃったグランドに1泊、あと1泊は家ね!」

ということで、1泊の予定が2泊となり・・・
じゃあ、夫も一緒に!ということで、またもや仕事が休めない息子はお留守番、にゃんこの世話係り・・・(ごめん!!!)

そうして・・・
シルバーウィークの3日目、東北道をひた走り、岩手へ!

e0116960_22543378.jpg


ラッキーなことに渋滞にも会わず、すこぶる順調に岩手に着きました。

東北道を松尾八幡平ICで降りて、安比高原へ~
その途中からは、写真のような岩手のシンボル、岩手山がきれいに見えました。

この山を見ると、「来たわ~!岩手!ただいま!!!」と思います。
by ank-nefertiti | 2009-09-24 22:57 |

秋休み♪

シルバーウィークが始まりました。
昨日はボーッと過ごし、今日は四ツ谷にある父が眠る実家のお寺へお墓参りに・・・

そして明日から

e0116960_22461751.jpg


大好きな岩手へ行ってきます。
秋休みです。

目的地は、安比高原。
久しぶりに娘の幼稚園時代からのママ友である、Junkoさんに会いに!

3日ほど留守しますけれど、戻ってきたら安比への旅、記事にしますので、読んでくださいね~^^
by ank-nefertiti | 2009-09-20 22:49 |

高原の風~

安比高原から夫と娘が帰ってきました。
たくさんの楽しい思い出をもって~


e0116960_23151524.jpg



岩手山の美しい姿・・・

八幡平市にある不動の滝・・・涼しそう~


e0116960_23171287.jpg



安比高原のJunkoさんの別荘の前で!

T家のかわいい子たち。
ラブラドールのルークとミニチュアシュナウザーのチョコ。

あ~、行きたかった~!!!
お土産話と写真でJunkoさんに会った気分、安比へ出かけた気分~^^;
by ank-nefertiti | 2008-08-06 23:19

今頃父の日~

15日は父の日でした。
我が家でも父の日>笑

母の日にも書きましたが、我が家は子どもたちが役割分担をしていて、母の日、父の日は息子が、お誕生日は娘がプレゼントを用意しています。

今年も父の日は

e0116960_20591543.jpg


松坂牛のすき焼き用お肉♪

e0116960_20595812.jpg


で、お夕飯は当然に家族全員ですき焼き~

e0116960_2105341.jpg


ところが、今年は
「はい、父上、これはおまけ!」
と言って、差し出された、夫が愛して止まない岩手の銘酒「てづくり七福神」大吟醸!

夫、ニコニコ!

やはりすき焼きには美味しい日本酒だよね!と冷酒でいただきました。
あ~、やはり美味しい!!!

日本人でよかった~
息子よ、ありがとう、ごちそうさま!!!
by ank-nefertiti | 2008-06-18 21:08 | 美味しい♪

連休はお終い(:_;)

最後の最後にとてもよいお天気になりました・・・
どこかへ出かけようかな、と思いましたが明日からの仕事を考えると、今日はおうちでのんびりがよさそう・・・

連休中、たくさん食べて、たくさん飲んだ夫のリクエストで、お昼ご飯は・・・

e0116960_1820136.jpg



e0116960_18202613.jpg



日本そばです。
我が家ではおそばはいつもこの岩手の岩手町の「土川そば」です。
ここの乾麺を食べてしまうと、他のところのものはちょっと食べられません・・・

にしんを乗せて「にしんそば」
七味は京都の原了郭、七味屋、そして東京の神田の松屋、薬研堀、巣鴨のものと取り揃えてあって、お好きなものを・・・

e0116960_18394418.jpg


庭のもみじに五月のさわやかな風がわたって・・・

さあ、また明日からお仕事モードです!
by ank-nefertiti | 2008-05-06 18:43 | 徒然
盛岡にある韓国家庭料理のお店「ぴょんぴょん舎
我が家が盛岡で暮らすことになる少し前に、辺さんが作ったお店です。
盛岡に暮らしていた頃の冬は、毎週末になると安比高原までスキーへ出かける、というのが恒例になっていて、その帰りの夕飯はいつもぴょんぴょん舎でした。
そのころは高速の東北道盛岡インターから降りて、盛岡市内へ向う途中に1軒だけでしたが、今では盛岡に数軒のお店を構える企業になりました。

盛岡でも屈指の企業になったのに、経営者の辺さんは当時も今も変らず腰の低い、大変な紳士です。

その辺さんから夫の元へ「銀座に店舗をオープンします」とご連絡がありました。

今日は日経ホールで音楽会があったのですが、前半だけで会場を後にし、銀座へ!

e0116960_0515560.jpg


夫は辺さんにはよくお目にかかっているのですが、私は盛岡以来です。
懐かしい笑顔が迎えてくれました。

e0116960_0533458.jpge0116960_0541885.jpg










e0116960_0552960.jpge0116960_0562440.jpg










辺さんが「撮ってもよいですよ」とおっしゃってくださったので、お店の中をパチリ♪
宮沢賢治の童話の世界みたいです。
辺さんが「風呂敷のイメージなんですよ。韓国のオモニが作るパッチワークの風呂敷ポシャギ。包みこむような感じを出したかったんです」とおっしゃいました。
確かに!
木がふんだんに使われていて暖かく、お母さんの家にいるような、そんな安らぐ雰囲気です。

辺さんのご自慢のお料理も美味しい♡
材料には大変なこだわりがあって、サンチュなどは岩手の無農薬・有機栽培のもの・・・
お米も二日前に精米し、東京へ運ぶ、というこだわり。。。
お水も普通のものじゃありません。
お肉はもちろん黒毛和種!

e0116960_175476.jpge0116960_182720.jpg









e0116960_19041.jpge0116960_1222880.jpg









e0116960_1201766.jpg
e0116960_1205623.jpg









ぴょんぴょん舎に来たからには、絶対に食べなくては!の「冷麺」
辺さんこだわりの美味しさです!

これからぴょんぴょん舎の味を盛岡へ行かなくても東京に居ながらにして味わえる、という嬉しさ。。。
銀座に今日、新しくオープンした「ギンザ・グラッセ」の最上階にある優しい空間・・・

なにより嬉しいのは、辺さんがすこしも変らず、おだやかで優しく、品がよく、笑顔で接してくださる、ということ。
このお店の味は、辺さんのお人柄そのものなのです♡
by ank-nefertiti | 2008-04-24 01:29 | 美味しい♪
紀尾井シンフォニエッタの定期公演に行ってきました。
盛岡の友人のJUNKOさんが丁度東京へ用事があって来ると言うので、一緒に行きましょう!とお誘いして、出かけました。

指揮は広上淳一さん、ソリストにピアノの伊藤恵さん。
広上さんの指揮はいつも素敵です。
実稚恵さんのショパン入賞20周年記念コンサートの指揮も広上さんでした。

ピアノの伊藤恵さんは、実稚恵さんのコンサートの後、楽屋へお邪魔するとよくお目にかかります。
実稚恵さんと仲良しなのですね~♪
その伊藤さんのピアノはCDでは聴いていましたが、生で聴くのは初めて。。。
モーツアルトの20番のコンチェルト。
素晴らしい演奏でした♡
ピアノを歌わせるところは歌わせて、押さえるところは押さえて。
繊細で、かつダイナミック。音の美しさは言わずもがな、でした。

JUNKOさんも大満足!の演奏会。
モーツアルトのほかにハイドンのシンフォニー「うかつ者」とバルトークの「弦楽器・打楽器とチェレスタのための音楽Sz.106」
紀尾井の音の美しさを広上さんは満べんなく引き出されて、オケのメンバーも気持ちよさそうに演奏していました。

e0116960_2374784.jpg


e0116960_23822.jpg


紀尾井ホールから見たオータニのクリスマス・ツリー。
キラキラ☆☆☆

e0116960_23947.jpg


JUNKOさんと夫と3人で食事をしにオータニへ。
オータニのエントランスロビー

よい演奏と久しぶりの友人との時間。
師走の街にほっこりとした時間が流れました。
by ank-nefertiti | 2007-12-09 22:54 | 音楽

雪の盛岡2

kimiさんと素敵な時間を過ごして、その後は盛岡音楽院の50周年記念のコンサート・・・
県民会館大ホール、何年ぶり???
チェコフィルとソリストに盛岡出身で音楽院育ちのピアニスト、吉田裕子ちゃん。
ラフマニノフのピアノコンチェルト2番、そして休憩の後ドヴォルザークの交響曲「新世界より」。

裕子ちゃんのピアノは、そのテクニックの確かさ、そして決してそれを見せびらかさない、凛とした演奏で、あの難曲を悠々と弾いて素晴らしかった。。。
小さい時、お稽古を待つ自分より小さい子を集めて遊んでくれたりしたとても素敵なお嬢さんでした。
そのお嬢さんが立派に成長して、チェコフィルと共演し、堂々と演奏している姿に涙が出そうになりました。。。

演奏会の後、吉田先生にご挨拶をして、会場にいた昔なじみの方たちと盛岡の街へ繰り出し、旧交をあたためました。
現代の名工と名高い「釜定」の宮伸穂さんや、盛岡在住のグラフィック・デザイナーのCさんたちと夜遅くまで飲んで食べての楽しい時間。。。
みなさん私たちを忘れずにいて下さって、「いつでも帰っておいで」と言ってくださる暖かさに、ますます盛岡大好き!になりました。

ホテルに戻ると

e0116960_23571181.jpg


e0116960_2357355.jpg


e0116960_23575057.jpg


クリスマス・イルミネーションと大きなツリーが迎えてくれました。

翌日、午前中ちょっと時間が出来て、出かけたのは

e0116960_23414139.jpg


e0116960_23415998.jpg


盛岡の西南地区に新しくできた「県立美術館」
ここには岩手が生んだ芸術家たちの作品が常設で展示されています。
彫刻の舟越保武、絵画の松本竣介、萬鉄五郎。。。
舟越保武は38歳でカトリックの洗礼を受け、その後の作品にはキリスト教の深い影響が見られます。
有名なのは長崎の26聖人の像ですが、他にも聖者をたくさん彫っていて、静謐な香りのする作品の前でしばし立ち止まってしまいます。。。

松本竣介と舟越保武は深い交流があり、互いに尊敬しあっていたといいます。
松本竣介のあまりに早い死によって、その交流には終止符が打たれますが、芸術家の魂はいつも寄り添っていたのでしょうね。。。

美術館を出ると

e0116960_23474752.jpg


朝からの雪が益々降りしきっていました。

e0116960_2349040.jpg


盛岡駅前の街路樹、ナナカマドも雪をかぶって寒そう。。。

これから盛岡は本格的な冬を迎えます。
盛岡の冬は長く、寒いけれど、私は冬の盛岡が一番好きです。
しんしんと降る雪の音、その音の中に賢治が歌った詩が聴こえてくるようで、3回経験した冬は忘れられない世界です・・・

雪の盛岡、素敵な出会いがあって、素晴らしい音楽会を聴けて、そして旧交も温められて、よい旅でした。。。
by ank-nefertiti | 2007-11-29 23:53 | 岩手・盛岡