Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

タグ:宝塚歌劇 ( 5 ) タグの人気記事

宝塚だより5

今回の関西遠征(笑)、梅田芸術劇場での「風と共に去りぬ」の観劇と、タワラジェンヌさんにお目にかかることと、もう1つ(本当は2つ^^)目的がありました。

100周年で、街が華やぐ

e0116960_2221788.jpg


宝塚!

大劇場に併設されている、バウホールで上演されている


e0116960_22224523.jpg


「New Wave!月」

を観ること^^

風と共に・・・に出演していない、月組の若手22名が作るショー。

美弥るりか・みやちゃん、宇月颯・としちゃん、鳳月杏・ちなつ、珠城りょう・たまきちを中心に、月組がかつて上演してきた演目をちょっとずつ取り入れた作品です。

この作品、暮れに花組が同じような内容で、やはり若手で上演して、大評判となりました。
芸達者な花組の若手は客席降りでも、お客様を相手にショーを繰り広げ、観に行った娘は「凄い、花組!月はみんな大人しいから大丈夫だろうか」と心配していました^^;

ところがですね・・・
幕を開けたら・・・
確かに、月組の若手、もう少し我を出してもよいのでは?と思うのですが、全員が歌えて踊れるので、破たんがなくて、大変楽しいショーになっていました。

特に美弥るりかちゃんが、そのショーマンシップを大いに発揮していて、月の2番手争いから一歩先に出た?と思わせる活躍ぶりで^^

歌が上手いことは知っていましたが、宇月さん、としちゃんが「エリザベート」からトートが歌う「最後のダンス」を歌ったのですが、これがまあ本当に上手い!
実は、秋に花組の新しいトップになる明日海りおちゃんのお披露目が「エリザベート」。
ただですね、「エリザベート」は、歌える組でないとかなり難しい・・・
みりおちゃんはまあなんとか・・・大丈夫か?ですが、シシィ役をやるであろう蘭乃はなちゃんね、歌が・・・なのですよ。。。大丈夫か、花組・・・^^;
としちゃんの歌を聴いて、いや、これだけ歌える人がいる月でエリザベートを観たいなぁ、と思いました。
他にもとしちゃんが「You Raise Me Up」を歌って、こちらもとてもよかった^^

鳳月さん・ちなつも珠城さん・たまきちも頑張っていて、2人が組んで踊るダンスのなんと色っぽかったことでしょう!

月組は晩秋から暮れにかけて、もう上演されることはないだろうと思われてきた「PUCK」を再演しますが、その「PUCK」から「ミッドサマー・イブ」を千海華蘭ちゃんがきれいな高音で歌いました。
真咲さんより先にPUCKを歌った華蘭ちゃん、嬉しそうでした^^

ショーの最後の方で、全員の客席降りがあり、私は通路から3つ中に入った席だったのですが、私の席の列の横に立ったたまきちに何と釣られました~^^
あ、釣られる、釣る、とはジェンヌさんがお客さんに対してウィンクしたり、指さしたりすることで、これがご贔屓さんに釣られた日には卒倒するかも!というファンもいます。
隣にいた娘はとしちゃんに釣られた!と喜んでいました~^^

宝塚はショーが断然素敵です。
お芝居もよいですが、ショーの世界は特別で、今回は若手が頑張って作るステージだったので、日々完成していく様子が見られたようで(私は初日から3日目に観ました~^^)、千秋楽にはどこまで進化しているだろう?と楽しみです。

残念なことに、梅田の風と共に・・・も、このショーも宝塚でだけで、東京では上演されません。
しかも、ショーの方はDVDにもなりません。
来年の今頃のスカイステージで放送されるのを待つしかないのが、ちょっともったいないなぁと思いました。

宝塚を満喫した3日間。
18日の土曜日には長崎のお友達とも会って、お夕飯を一緒に食べ、宝塚談義に花が咲きました。
本当に楽しい充実した関西での時間。
心の充電は、完了しました♪
by ank-nefertiti | 2014-01-26 22:54 | 観劇・映画

宝塚だより4

先週の土曜日から大阪へ出かけましたが、目的の一つは

e0116960_011108.jpg


宝塚、月組の梅田芸術劇場公演「風と共に去りぬ」を観るため。

e0116960_013025.jpg


専科の轟悠さんが、4回目のバトラー役。
そして月組トップの真咲さんがスカーレット。

e0116960_0243634.jpg


ビジュアルがもう断然宝塚史上、ナンバー1!と言って過言でないコンビでした。

トップスターがスカーレットを演じるのは一路真輝さん以来20年ぶり。
これほどのはまり役はないのでは?と思う位の素晴らしいスカーレットでした。
轟さんのバトラーは、クラーク・ゲイブルよりバトラーだったかも^^

ベル・ワットリング役の、これまた男役の光月るうちゃんの上手かったこと!
今回は男役のスターさんたちが女役に挑んでいて、美翔かずきちゃんなんて、まあ本当に美しくて~

アシュレイが真咲さんと同期の沙央くらま、コマちゃんで、ちょっと弱いかな?と思いましたが、そもそもアシュレイはそういう男の人よね、とコマちゃんのアシュレイに納得しました。

娘役トップの愛希れいかちゃんのメラニーは、美しくて凛としていて、素敵でした。

月組、歌がとにかく上手い組なので、安心して観ていられます。
誰が出てきて歌っても、コーラスしても破たんがないので、気持ちよいのです。

しかし、真咲さん、完全にスカーレット!
歌の上手い人なので、1部のタラに戻ってきて「何が何でも、何をしてもタラを守り抜く」と誓って歌う「明日になれば」は絶品でした。

どなたかが、真咲さんのスカーレットは、それこそ宝塚史上最強!とおっしゃっていましたが、本当にそうです。
ご本人は、お茶会で
「それは言い過ぎやわ」
と謙遜していましたが、相手が轟さんということもあって、自由にお芝居をさせてもらえているからか、スカーレットのわがままな部分、可愛い部分、したたかな部分が、よく出ていて観ていて小気味よい舞台でした。

今回は、この「風と共に去りぬ」と、大劇場のバウホールで上演されている、同じ月組の若手が出演しているショー「New Wave!月」を見てきました。
ショーについては、また・・・
by ank-nefertiti | 2014-01-25 00:51 | 観劇・映画

宝塚だより3

前回、気が付けば9月!と書いたばかりなのに、気が付けば10月!
なんと時の流れのはやいことでしょう!

仕事も忙しかったのですが、プライベートも忙しかった^^;
なぜなら8月30日から今日まで東京宝塚劇場で、月組が公演しておりまして・・・

e0116960_2335029.jpg


真咲さんがトップになってから初めての新作、ショーとの2本立て。
お披露目はロミオとジュリエットでしたし、その次はベルばらでしたし、しかも役替わりでしたし。
今度はあてがきのミュージカルとショーで、とても楽しみでした。

実は8月に宝塚大劇場まで観に行きました^^
娘と二人、またもや弾丸ツアーでしたが。。。

ルパンは、正塚作品らしい仕上がりで、真咲さんをよく知る正塚先生らしく、本当によく出来た作品。
ミステリ仕立て、そこに恋物語があって、観るたびに魅力がわかる、よい作品だったと思います。
なにしろ真咲さんがひたすらカッコよくて!

ショーの方は、これはかなり中毒性のあるショーで、何度でも観たくなる作品!
数ある宝塚のショーのなかでも傑作の1つに入るのじゃないかなぁ?なんて思いながら、毎回観ていました。
どのシーンも素晴らしくて、ああ、真咲さんトップなんだなぁと、しみじみとしてしまいました。

娘役トップの愛希れいかちゃんが、男前に踊りまくって、こちらもとにかく素敵でした^^

「組子の顔が全員見えるような組にしたい」

とよく真咲さんがインタビューで答えていますが、今回のショーはまさしくその組子全員の顔がみえる作品でした。
下級生まで全員見せ場があって、本当によく出来た作品で、月の組子たちは楽しかっただろうなぁと思います。

この公演で組長の越乃リュウさんが退団されることが決まっていて、今日の千秋楽では、彼女にとても大きな拍手が贈れらて、その存在の大きさを語っていました。
越乃さんの見せ場がたくさんで、演出の中村先生の優しさを感じました。

歌えるトップのいる組は、魅力的です。
月は真咲さんだけでなくみなさんが歌えるので、完全なミュージカル仕立てのルパンも安心して観ていられましたし、ショーもしかり。

というわけで、9月は観劇に忙しい月でした^^
あ、何回観たの?と言う質問は無しで・・・^^;

しかし、真咲さんカッコよかったです~


観劇に忙しかったのですが、9月は、今の事務所に再就職して1年の記念の月でもありました。
この1年、色々と思うこともあり、再就職した当初は、この仕事のために私を雇ったの?と随分悩んだ時期がありました。
自分の立ち位置も難しく、同僚たちとどんなふうに接してよいのかわからなくなる、そんな日々でもありました。
なんとか1年経って、立ち位置も確立し、同僚たちとも普通に話ができるようになり、自分の事案も持てるようになって、ようやくパラとして本来の仕事が出来るようになりました。
1年、長かったです。
仕事のことはどなたにも相談することも出来なくて、一人でああでもないこうでもない、と悩む日々でしたけれど、そんなときに再び出会った宝塚が随分と慰めになりました。
きれいなものだけ見ていたい、癒してもらいたいと思う日々に、こんなにピッタリのものはなかったのです^^

自分に余裕がまるでなかったこの1年、ブログを書くどころではなくて、閉じようかとも随分思いました。
文章を書くということは、気持ちに余裕がないとできる作業ではないのです、私には。
今も余裕があるかといえば、以前のような余裕というのか、きもちのゆとりはありません。
それでも閉じずに書けるときに書けばよいという気持ちになりました。
なので、間遠な更新になるかとも思いますが、ときどきのぞいてみてくださったら嬉しいです。

そして、皆様のところへもお邪魔できずにいて、それも心苦しい限りなのですが、それはもう平謝りにごめんなさい!と申し上げます。
もうすこし、気持ちに余裕ができたら、絶対にお邪魔させていただきますので・・・


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-10-06 23:49 | 観劇・映画

宝塚だより^^

先週の土日、宝塚へ出かけてきました。
何と今回はotosanも一緒!
久しぶりの家族旅行になりました~^^

宿泊したのは

e0116960_15362578.jpg


宝塚ホテル♪
宝塚観劇をしてこのホテルに宿泊する、ええもう王道でございます^^

今回は

e0116960_1537526.jpg


雪組のトップお披露目公演の「ベルサイユのばら フェルゼン編」
そこに

e0116960_15392465.jpg


月組トップの真咲さんが特別出演でアンドレを演じるというので、じゃあ行かなくちゃ!で出かけました。

雪組のトップになられた壮一帆さん、実力がありながら今までずっと二番手に甘んじていましたが、ようやく、ようやくトップに!
ただ、今回は特別出演バージョンだったので、あれ?主役は真咲さんと早霧さん???と勘違いするような脚本で・・・^^;
いいのか?と思いましたけれど、真咲さんのアンドレが観られるのならいいか・・・>苦笑

つい4日前まであのはっちゃっけたビルを演じていたとは思えない変身ぶり!
月組のときのアンドレよりもさらにパワーアップして、大人になったアンドレだった真咲さん。
相手のオスカル役が同期の早霧せいなさん、チギちゃんだからなのか、そんなにたくさんお稽古が出来たわけではないでしょうに息も合っていて素敵でした~^^

とにかく冒頭のシーンでセリで一人上がってきて、愛あればこそを歌う真咲さん、キラキラオーラ満載で~
色々と言う人はいるけれど、そんなものをすべてねじ伏せるようなオーラ!
宝塚は夢の世界ですからね、その夢の世界を客席に届けてくれるのが男役のトップなのだから、もうそういう意味では真咲さんは最高です♪

チギちゃんのオスカルが美しくて、この方お芝居が本当にお上手なので(歌はね・・・ノーコメント・・・^^;)、みりおちゃんのときとは雰囲気もまるで違うオスカルとアンドレで、はるばるやってきた甲斐がありました。

そして、壮さん!
最後に大階段を下りてきたとき、ああ、本当にようやくトップになられたんだなぁと感激しました。
フェルゼン編と言えば通称「ゆけゆけフェルゼン」(笑)、この歌を歌うときの壮さんがとっても素敵で、そもそもフェルゼン編ってそれほど面白くない演目だと思いますが(フェルゼンがね、あまり面白くないというか、はっきり言えば間抜けと言うか^^;)、壮さんが演じるからかとても印象的なフェルゼンでした^^

今回は25日は長崎のお友達と一緒に、そして26日の真咲さんの特別出演千秋楽と2回観て、娘に付き合い入り待ち出待ちまでしてしまい、翌日はお友達の奥様(もうすっかりお友達なんですが^^)とヅカトークをしてどっぷりと宝塚歌劇に浸かった2日間でございました。


そして、生まれて初めて生の宝塚歌劇を観たotosan。
最初は、目がキラキラする!と言っていましたが、2回目はなれたようで^^
楽しんでいました~

時間があるときに宝塚の街の散策もし、色々と食べたり飲んだりしましたが、それは次回のブログで~^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-06-02 16:01 | 観劇・映画
寒い風の吹く日曜日、東京宝塚劇場で上演中の宝塚・月組公演「ベルサイユのばら・オスカル・アンドレ編」を観に行ってきました。
お正月に大劇場まで観に行った「ベルばら」
今度は東京公演、そして24日の日曜日の午後はオスカルとアンドレの役替わり公演でした。

e0116960_2238632.jpg


チケットは即日完売、東京公演を観ようと思ったら、当日券に並ぶかオークションでチケットを落とすしかありません。
たまたま運よくきちんとチケットが取れて、娘と2人で私は3度目の、娘に至っては何度目?の観劇!

役替わりで、アンドレをトップの真咲さんが、オスカルを準トップのみりおちゃんが演じた昨日の公演。

主役はもちろんオスカルなんですけれど、あれ?
アンドレが主役でしたっけ?
と思ってしまうほど真咲さんの圧倒的な存在感!
そして圧倒的なイケメンぶり^^

e0116960_22472589.jpg


鉄砲に撃たれてオスカルの目の前で死ぬシーンなのですけれど、いや、こんなに美しくては・・・いけないでしょ・・・

オスカルのときも本当にきれいで、凛々しいけれどどこか儚げな雰囲気で、劇画そのもの!でしたが、アンドレは・・・言葉もなく、アンドレ!でした^^

涼風真世さんのオスカルが一番きれいだなとずっと思っていましたが、真咲さんのオスカルとアンドレ、これ以上のはまり役の人はいないのじゃないか?と思う美しさ、イケメンぶりでした♪

みりおちゃんのオスカルは・・・きれいですが、ちょっとごつい感じがしました。
凛々しさを追及した結果でしょうか?

娘と観ると、時々彼女が
「は?」とか「え?」とか小声で言うのが聞こえます。
昨日も何度か・・・

「なんでトランペット、音外すかな?一番肝心なところで!」

そうなのです、橋の上で写真のアンドレが撃たれて死ぬシーン、ここで「心のひとオスカル」をとぎれとぎれに歌うのです、アンドレが。
もう涙なくしては観れないシーンなんですが、大劇場のときも昨日も、この肝心なところでトランペットは音を外しました。
なんとかならないでしょうかね?

それにしても、とにかく月組のベルばら、最高に素敵です~^^

実はあと2回観ます。
イタリア語の先生のERIKAと一緒にと、これまた娘と一緒に必死でとった千秋楽。
まさみりコンビの最後の日、最後の公演。

チケットさえあれば何度でも観たいと思います。
もうあまりに仕事が忙しくて、ひたすら月組に癒されている今日この頃^^;




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-02-25 23:01 | 観劇・映画