Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ
先週の関西遠征(苦笑)のとき、バウホールの観劇を終えたあと福知山線の新快速に乗って京都に寄り道。

新大阪からそのまま戻ってきてもよかったのですが、ちょっと京都へ~^^

e0116960_2119479.jpg


祇園・一力茶屋

e0116960_2120395.jpg


祇園・花見小路


祇園は本当に京都!という感じがします。

何年ぶりかしら、京都。

それなのに、滞在時間は新幹線の待ち時間を併せても1時間ほど。
イノダにも寄れず、残念・・・

祇園の近くに、どうしても、とにかく今回何とても行きたいと思ったところがあって、寄り道したのですが、その写真はありますが、載せません。
載せるには・・・あまりにシュールなので(苦笑)

それでも京都、ウキウキしますね^^

もしかしたら春に仕事で京都へ行けるかも・・・という淡い期待を持って、また大好きな京都へ寄れる日を楽しみに新幹線に乗りました。
by ank-nefertiti | 2014-01-28 21:29 |

やはりイノダ^^

帰りの新幹線は、連休の最後の日とあって、指定席が取れたのが6時59分発ののぞみ。

うーん・・・微妙な空き時間・・・

5時過ぎに京都駅に着いてしまい、本当は京都の街へ出たいな、と思いましたが、2時間だしなぁ・・・かなり歩いて疲れたし・・・

だけど、京都まで来ているのになぁ・・・
イノダでコーヒー飲みたいな・・・

e0116960_19464274.jpg


京都駅の地下、Portaにイノダの支店があるじゃないの~!
で、イノダPorta店でお茶をしました。

e0116960_1948419.jpg


e0116960_19482367.jpg


ケーキをセットにして

私はラムロック、otosanはアップルパイ。

e0116960_19493586.jpg


美味しかった~♪

京都へ来たら、やはりイノダでコーヒーです、私~^^

これは、もう高校生の時から変わりません。

そのイノダ、今年70周年だそうです。

「京都の朝は、イノダのコーヒーから」

このキャッチフレーズ、何度聞いても見ても、「うんうん、そうだよね!」と、にっこりしてしまう上手いキャッチコピーだな!と思います。

イノダ、これからも京都の朝の顔なのでしょうね^^
by ank-nefertiti | 2010-10-13 19:53 | 美味しい♪

再び京都、イノダへ♪

11月にも訪れた、京都、三条堺町にある「イノダ本店」

6日から7日にかけて関西と福井の小浜へ小旅行した際に、京都へ来たら必ず!の「イノダ本店」へお友達たちとランチに行ってきました。

e0116960_23501766.jpg


何度来ても嬉しい「イノダ本店」

e0116960_23514284.jpg


禁煙席を希望すると、こんなにレトロな感じの部屋へ通されます。

e0116960_23524394.jpg


この照明、いつ見てもよい感じ・・・

e0116960_23533677.jpg


ランチです。
イノダへランチで来たら食べたいハンバーグサンドとフルーツサンド。
みんなでシェアしていただきました。
美味しい~!!!

当然、コーヒーは昔からイノダで出してくれるお砂糖もクリームも最初から入っているもの。
ここへきたら、ブラックじゃなくて、絶対にこのコーヒー!!!

あ~、大満足のランチでした♪

この後、嵯峨まで行き、保津川トロッコ列車に乗りましたが、それは次回~
by ank-nefertiti | 2008-12-08 23:58 |
京都で好きなところ・・・

e0116960_1959815.jpg


木屋町あたり・・・

e0116960_19594827.jpg


こんな町家や・・・

e0116960_2002426.jpg


e0116960_2004711.jpg


有名な料亭も・・・

e0116960_2014265.jpg


なによりこの高瀬川の流れ・・・

この界隈に来ると、ああ京都へ来たんだわ、と思います。


e0116960_2025882.jpg



☆高瀬川

森鴎外の小説でも有名な、京都市内を流れる疎水。
江戸時代初期に角倉了以・素庵父子によって、京都の中心部と伏見を結ぶために物流用に開かれた運河。  
江戸時代から大正9年までの約300年間京都・伏見間の水運に用いられました。
私が大好きな辻邦生さんの小説「嵯峨野明月記」に、この疎水を開いた角倉了以が主人公の一人として登場しています。
by ank-nefertiti | 2008-11-12 20:14 |

翌日は京都でデート♪

名古屋でフーさんに初めてお目にかかって、まあなんて素敵な時間を過ごしたの!と感激もやまないうちに、翌日の2日は京都でこの方とお目にかかりました。

なかよしのこすもすさんから「すっごく可愛い方なのよ!」とうかがっていて、電話で何回かお話をさせていただいたときも、まあなんてかわいらしい声!とこすもすさんのお話を裏付ける事実が次々と私の前に~

そして、何と言っても同学年なんです、riseさんとは!
ネットの世界に身をおいてもう17年になりますが、同学年の方とはなかなか会えず・・・だったので、riseさんが同学年、と知ったときには小躍りしました♪

11時すぎに京都駅で待ち合わせ。
その前に私はあちこち出かけたのですが、それは次に・・・

お互いに携帯を握り締めて・・・
「今、駅についたわ」「もうすぐ着きます」のメールのやりとり
京都駅は広いので、携帯が頼りです。
なんとかriseさんにお目にかかれました(よかった~)

こすもすさんのおっしゃるとおり、riseさん可愛い!!!

riseさんもフーさんと同じに事前に色々と計画を立てて下さって、感謝感激・・・

タクシーの中で、これまたフーさん同様、初めましてはどこかへ行ってしまいおしゃべりに花が咲き・・・

riseさんが連れて行ってくれたのは、祇園花見小路にある和食のお店「迦陵」。

e0116960_2375895.jpg


さすが祇園~!
風情のある店がまえ!

お食事は、もう芸術品としか言えません・・・

e0116960_23103153.jpg


e0116960_23105776.jpg


e0116960_23111558.jpg


e0116960_23114454.jpg


e0116960_231278.jpg


e0116960_23122675.jpg


e0116960_2312473.jpg


e0116960_2313696.jpg


この時期だけの名残の鱧と松茸。
美しい八寸。
お刺身、そしてカマスのウニ焼。
秋鮭の栗蒸しと牡蠣の春皮揚げ。
最後に栗と銀杏の釜飯。
デザートは紅茶のアイスクリームと洋梨のムース。

いかにも京都、というお料理と器。
riseさん、美味しすぎるわ、ここ~!

昨日と同じく食べている間もおしゃべりに花が咲き~
感じる事が「そうそう、そうよね~」「どうしてなのかしらね~、不思議よね~」とよく似ていて、昨日のフーさんとの楽しい時間と同じ空気が流れました。

誰かが言った、類は類を呼ぶ・・・
昨日も今日もまさしくそんな出会い。。。

お食事の後、riseさんが大好きなの!という建仁寺へ!

e0116960_23225295.jpg


4時過ぎの新幹線に乗る私・・・
あまり時間がないね、と言いながら、歩きながらおしゃべり、とまってはおしゃべり・・・
実は何度も京都へ来ているのに、この建仁寺には初めてきました。
riseさんが好きなの、というだけあって、本当に素敵なところ。。。

この窓。。。

e0116960_2325199.jpg


素晴らしい・・・

京都での楽しい時間もあっと言う間。。。
まだまだ聞きたい事、話したい事、たくさんあったのに、時間は待ってくれず。。。

新幹線に乗ってしまえば京都まで2時間半、大阪までだって2時間40分、名古屋はもっと短くて2時間足らず。。。
今回思い切って出かけてきてよかった~!

riseさん、本当に可愛い素敵な人で、7年半大阪で暮らした経験のある私の口からは自然に当時覚えた関西弁が出きて・・・
関西風の突っ込みあり、ボケありで、まあよく笑いました~

楽しかった~!riseさん、ありがとう~!!!
翌日は旅行で朝が早いのに付き合ってくれて本当に嬉しかったわ!

なあんで充実した2日間だったことでしょう!
人生、生きていれば辛いことも悲しいこともあるけれど、こんなに素敵な楽しい出会いもある。
前向きに生きていなくちゃダメ!

出会いは不思議。
でも必然。
出会うべくして出会うのですよね・・・

今回の1泊2日の名古屋・京都の旅は、まさしくそんな出会いに満ちた旅でした。

フーさん、riseさん、どうぞこれからも宜しくね!
いや、杏さんもういいわ~!って言わないでね~!!!
by ank-nefertiti | 2008-11-06 23:38 | 出会い

京都、夜の青蓮院

名古屋でホテルが取れず、ようやく一部屋空いていた京都へ♪

京都駅を出ると・・・

e0116960_22345552.jpg


京都のシンボル、京都タワーが出迎えてくれました。

丁度一週間前から八坂の高台寺がライトアップで夜も拝観できるということだったので、最初は高台寺へ行こうと思っていたのですが、タクシーの運転手さんが1日から青蓮院もライトアップを始めているので、行くなら青連院の方がよいですよ、とアドヴァイスをしてくれました。

e0116960_22381135.jpg


夜の青蓮院の門・・・
青蓮院は門跡寺院です。
お寺の中でも格の高いことで有名。

e0116960_22393460.jpg


e0116960_22395667.jpg


素晴らしい襖絵・・・

e0116960_22403342.jpg




e0116960_22415339.jpg


e0116960_22422511.jpg


e0116960_22425937.jpg




夜のお庭、ライトアップされて妖艶な雰囲気・・・
昼の青蓮院もとても素晴らしいのですけれど、夜のしじまに浮かび上がる青蓮院は昼とは違う美しさを見せてくれます。

e0116960_22453435.jpg


しばし青蓮院の世界に浸り、俗世の煩わしさを忘れました。。。

12月7日まで青蓮院はライトアップをしています。
この幽玄の世界へ是非・・・

さて、翌日はまたまた素敵な出会いが待っていました♪


♪ 青蓮院門跡ライトアップ
♪ 11月1日~12月7日  午後6時~10時(受付9時30分まで)
♪ 京都市東山区粟田口三条坊町 075-561-2345 
by ank-nefertiti | 2008-11-05 22:53 |