Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

タグ:ヴェルディ ( 2 ) タグの人気記事

早く帰れたので^^

今日は思いのほか早く帰れたので(と言っても8時半過ぎですが、家に着いたの)。

FBで「いいね!」を押しているイタリアの指揮者、リッカルド・ムーティのオフィシャルサイトがリンクを貼っていたので・・・



今年はイタリアの作曲家、ヴェルディの生誕200年のヴェルディイヤーです。
きっと本国イタリアだけでなく、世界あちこちでヴェルディのオペラが上演されることと思います。
彼の作品はたくさんあって、一番ポピュラーなのは「椿姫」でしょうか。
他にもフィレンツェの息子heroがはまり役のリゴレットとかアイーダなどオペラの名作がたくさんあります。

中でも私が一番好きなのが、この歌が歌われる「ナブッコ」
舞台はバビロン。
ネブカドネザルの時代に起こったバビロン捕囚。
ふるさとを思ってヘブライ人たちが歌うのが、この「Va, pensiero, sull'ali dorate」(行け、わが想いよ、黄金の翼にのって)
イタリアの第二の国歌とも言われるこの歌。

歌詞もですがメロディラインも胸を打ちます。

ムーティの指揮も素敵^^
無駄な動きがなくて、おしゃれで!
一番好きな指揮者かも!

正規の演奏のあとで「みんなで歌おう!」と客席に向かっても指揮をするムーティ。
それに応じてちゃんと歌う観客。
やはり第二の国歌と言われるだけの曲なのですよね。
ステージの上の歌手たちも涙を流していて、こういう時間と感情を共有できるのが羨ましいなあ!と思いました。

イタリアでこのオペラを見ることができたら・・・泣くかな???

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-02-13 22:49 | 音楽
昨日の深夜、CSのクラッシックチャンネルで、ヴェルディのオペラ、「Nabucco」を放送していました。

去年の今頃、daisyさんがご主人様とイタリアへ旅をされて、ヴェローナの野外劇場でこのオペラをご覧になられた、という記事をブログに書いていらして、ああよいなぁ!と指をくわえて拝見していました。
そのナブッコが放送されていたので、思わず今日の仕事にさしつかえる!と思いながら、最後まで見てしまい、今日はもう眠くて仕方ありません~^^;

このオペラは、ヴェルディの第3作目のオペラで、1842年3月9日にミラノ・スカラ座で初演されました。
当時、イタリアはオーストリアの支配下にあって、独立運動の真っ盛り。

このオペラの第三幕の第二場で歌われる

                VA PENSIERO SULL´ALI DORATE

は、イタリアの第二の国歌とも言われいて、トリノオリンピックの閉会式でも歌われました。
この歌が第二の国家といわれるようになったいきさつは、この歌の歌詞、「Oh, mia patria sì bella e perduta!(おお、あんなにも美しく失われた我がふるさと)」にある、と言われていますが、諸説あるようです。

それでも、この歌のメロディの美しさと故郷を想う囚われの民の心を歌う歌詞の美しさは、当時のイタリアの人々の心にきっとぴったりと寄り添ったに違いありません。

いつかこのオペラを、ヴェローナへ聴きに行きたい、とTVの画面を見ながら思いました。

              ********************

さて、話はまるで変わりますが・・・
私が不言実行ではなく、有言実行の人だということは、親しい方はとっくにご存知か、と思います(え?知らない???)

言ったことは必ずやる、出来ないことは絶対に言わない。

これは私のモットーでもあります。

「出来もしないことを言うことはみっともないこと・・・」

小さな時から常に両親から言われ続けた言葉。
だから、イタリアへ行く、と言ったら、絶対に行くし、kazuちゃんのB&Bへお邪魔する、と言ったら、絶対にお邪魔する、今年のイタリア旅行がそうでした。

そして

「身のほどを知っていなさい」

これも両親から言われ続けた言葉。
私の回りには、それこそ羨ましいような生活をしている友人も数多くいますが、私には私の「身のほど」があるので、彼女たちと同じ生活をしようとは思いませんし、また出来ません。

この「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」を聴くと、歌詞の意味とはまるで違いますが、私は私の人生への想いを黄金の翼に乗せて生きていきたい、と思うのです。

かつて、大学時代の恩師が

「神様はすべてに平等、一人にだけ光をあてる、ということはけしてなさらない。いつかあなたに光があたる時が来ます。その日を信じて今日をしっかりと生きなさい」

と私に言ってくださったことがあります。
私に光があたる日がくるのかどうか、それがどんな光なのか、それは誰にもわからない、神様だけがご存知、と思いますが、私は自分に与えられたもののなかで、恩師が私に下さった言葉のとおりに今日を地道に、そして黄金の翼に想いを乗せて生きていきたいと心から思います。


誕生月の最後の日、ときどき顔をもたげる「固い記事が書きたい」病が再発し。。。
少しも面白くない記事になりました。
たまにはよいかな、こんな固くて面白くないものも・・・
考える事をやめたら、おサルと一緒だものね。。。
by ank-nefertiti | 2009-07-31 20:15 | 音楽