「ほっ」と。キャンペーン

Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

タグ:フィレンツェ ( 53 ) タグの人気記事

美の巨人たち 

毎週土曜日の夜に放送されているテレビ東京の「美の巨人たち」

今夜の放送は、イタリア・ルネサンスが生んだ画家、ボッティチェリが描いた「ヴィーナスの誕生」
フィレンツェのウフィッツイ美術館が所蔵する名画です。

e0116960_23201670.jpg


製作年代は、1484年ごろと言われています。

宗教画でない、ということが、この絵の最大の特徴かもしれません。
が、それは当時では非常に珍しいというのか画期的というのか・・・
今回の放送はその謎についても描いていますが、本当にこの番組って中途半端なんですよねぇ・・・

以前よりこの絵のヴィーナスについては、そのポーズがおかしい、この姿勢では立ってはいられないとか、首が異様に長すぎるとか、身体のバランスが悪いとかさまざまに言われていました。
でも、そんな???があっても、全体からみると、この絵は非常によくまとまっていて、なんの不自然さもなく、極めて自然に目に飛び込んでくる、とても不思議な絵です。

この絵と「Primavera」をどうしても見たくて、イタリアへ行き、そして実際に目の前にしたときの感動は今も忘れられません。
涙が出て仕方なかったことが昨日のように思い出されます。

もうウフィッツイはいいかな、と思っていたけれど、今日の放送を見て、もう一度この絵を見たくなりました。

この絵のヴィーナスのモデルは、ロレンツォ・イル・マニーフィコの弟であるジュリアーノの恋人であった「シモネッタ」だと言われていますが、そのシモネッタの出身地が、今年出かけたポルトヴェネレであることをまあ恥ずかしながら今日初めて知りました。
放送の中で、ポルトヴェネレが出てきて、本当に「ヴィーナスの港」という名前がぴったりの美しい港だとこちらも再認識^^

謎の多いこの絵、辻邦生がボッティチェリを描くときにも実際に見て、小説の構想を練ったことは明らかで、そんなこんなを思いながらこの絵について、そしてボッティチェリについて私なりに勉強してみようかと思いました。

実は、ボッティチェリが生まれたオニサンティ地区を今年はチェントロからheroの家に戻るときに毎日歩いていたのです。
で、彼のお墓があるオニサンティ教会の前も当然に何度も通り・・・
なのに、中に入っていないというあり得ない事実!
オニサンティ教会にもボッティチェリの絵があるというのに。

またフィレンツェに行けたら・・・その時は絶対にオニサンティ教会へ行かなくちゃ!




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-04-22 00:09

リーガル・ハイ

今日から始まったフジTVのドラマ「リーガル・ハイ」

主演が堺雅人だというので、観ました^^(好きなんですよ~、堺雅人~。お芝居断然上手いです♪)

3月までの私の仕事場が舞台です。
まあ、荒唐無稽といえばそれまで・・・なんですが、面白かった!!!

勝つことしか興味がない弁護士に、「じゃあ私たちの存在意義はなんなんです?」と詰め寄るまだ純粋な若い弁護士。
この二人の丁々発止ぶりが小気味よくて、法廷での様子も、これはないなぁと思いながら、惹きつけられてみてしまいました^^;

こういうドラマを見ると・・・
やはりパラで転職したかったなという思いがむくむくと頭をもたげてきます。

やはり・・・パラは私には天職だったんだな、と思いました。

新しい仕事は、とても面白く、へえ!なこともたくさんあって、それはそれで人生の幅が広がってよかったのですが、だけど・・・やはりパラの仕事がしたい~!

はあ・・・どこかにないかしらん・・・(ないよね・・・)

で、またぞろイタリア病・・・
なんでここまでフィレンツェが好きなんでしょうか???
録画してあるTV番組を仕事から帰ってきてから観ていますが、なんでだか涙が出る・・・

e0116960_22501027.jpg


だって、本当にきれいなんですもの。

私、絶対に前世は、フィオレンティーナ~♪



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-04-17 22:51 | 徒然
tammyちゃんが10日に会ったとき
「そういえば今回はボルピはいいの?チロはいいの?」
と言いました。

よくないです!!!
フィレンツェに来て、ボルピへ行かず、チロに会わないなんて、ダメです~!

というわけで、イタリア最後の日のランチはエノテカのボルピへ^^

e0116960_1282065.jpg


お仕事中です、チロ^^

何食べる?
サルシッチャのクロスティーニ!
そりゃもう当然!

だったのですが・・・

「売り切れだよ~」

う・・・うそでしょ~!!!はるばる日本からそれを食べたくてきたのに~
思わず涙・・・な私~

その代り、というにはもったいないプロシュートのクロスティーニをtammyちゃんが頼んでくれました^^

e0116960_1301693.jpg


これね、美味しいんですよ!!!
メニューにないんです~

e0116960_1351197.jpg


エノテカですから、当然ワインです^^

で、なぜかこの日は飲めてしまって

e0116960_1372560.jpg


1杯目はモンタルチーノだったので、2杯目はキァンティ。
どちらも美味しいワインです♪
ボルピのワインに外れはない!

なんて言ってもソムリエのチロと、共同経営者お二人のお眼鏡にかなった厳選されたワインだけが置かれているのですからね^^

e0116960_1412343.jpg


もうちょっと何か食べたい、で頼んだサラミとチーズ。

e0116960_1445470.jpg


この日、お店はチロとリッカルドが出て仕事をしていました。
エミリオはお休み。
エミリオにも会いたかったなぁ・・・

ランチの後、ボルピでワインを買いました。
グラッパ用のグラスをotosanへのお土産に買ったとメールをしたら、「中身もお願い!」と返事が来ていたので、じゃあグラッパもね・・・
チロお勧めのグラッパ1本、モンタルチーノ3本、キァンティとシチリアのワイン、6本を買って国際宅急便で送ってもらいました^^
いつ飲もうかな~
あ、1本は先日こすもすさんのお家でのパーティにお土産で持っていきました。
イタリア通のY子さんが美味しい!と言ってくれました^^

休憩に出るチロが
「Ciao!またね!」
「うん、チロ、またね!」

だったのですが、ボルピのあとBarへ行ったらそこにチロがいて、はは、カフェマッキアートご馳走してくれました^^
美味しかった~

ボルピの後、4時に私はフィレンツェに暮らすJoeファンの florentia55さんとお目にかかることになっていて、tammyちゃんも一緒に約束の場所へ向かいました。
初めまして!もそこそこにお茶タイムとなり、まあフィレンツェでJoeやら101のコアな話で盛り上がりました。
Joeの最初のアルバムのバックコーラスをオフコースが無名時代にしている、という話になったとき、tammyちゃんの目が光りました^^
「え?そうなの?オフコースがコーラス???」
tammyちゃん、オフコースの大ファンだったのです~
よいのか、こんなにコアな話~!で、あっという間に時間が経ち、6時少し前に florentia55さんと「次は日本で、Joeのライブでお目にかかりましょう!」とお約束をしてさようならをしました。

そして、仕事へ行かなくてはのtammyちゃんともレップブリカ広場でお別れです。
楽しかった2日間。
しゃべりまくった2日間。
涙が出ちゃうからね・・・
だから、敢えてさりげなく・・・

「またね、またここでね・・・」
「うん、またね、またここで・・・」

kazuちゃんもですが、イタリアで一人頑張るtammyちゃん。
ネット姉は二人にいつも涙しながら日本へ戻ってきます。
今回も非常に危険、なんて言っても夕暮れ時・・・

あぶない・・・状態だったので、「じゃあね!」とだけ言ってさよならしました。

仕事へ向かうtammyちゃんの後ろ姿を見送りながら、「またね・・・ここでね・・・フィレンツェでね・・・」とつぶやきました。

で!
記事を書いていてふと思った・・・
tammyちゃん~、私、ボルピでのランチ代払ってないわ!
もうやだ・・・ホント、私ってば!
この借りは次回にねぇ!!!







にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-11 02:10 | イタリア
イタリア最後の日、午前中は以前から行きたかったバルジェッロ美術館へ。
この美術館にはたくさんの彫刻があります。

e0116960_0383191.jpg


美術館の中庭

e0116960_0405065.jpg


美術館の内部。

e0116960_0433367.jpg


ドナテッロの作品。
元々はオルサンミケーレ教会の外壁に飾られていたのを、バルジェッロへ移しました。
今、オルサンミケーレ教会に飾られているのは、レプリカです。

e0116960_0463151.jpg


e0116960_0481088.jpg


これもドナテッロです。
何とも美しい少年のダヴィデ!

e0116960_051467.jpg


これは確かミケランジェロ。
あんまりたくさんあって、メモを取らなかったのは大失敗!

e0116960_0542458.jpg


ロッビアかな?

で、おかしいと思われた方もいらっしゃるかと・・・
そうなんです、バルジェッロは実は写真はダメな美術館・・・
それを知ったのは

e0116960_0571833.jpg


この墓碑の写真を撮っていたときに・・・
監視員のおじちゃんがやってきて
「シニョーラ・・・写真はダメです」
と小声で言ったとき・・・

ダメ???どこに書いてあるのよ~!
他の見学者もパシャパシャ撮ってたよ???

と、ドアを見たら。。。
まあ、なんと!本当に小さく、小さく「撮影禁止」と書かれた紙が貼ってありました。

こういうのは大きく書かないと!!!

思わず、あら!ごめんなさい!と謝りました。

でもデータは消してと言われなかったので、ここにこうして画像がある、というわけです。

他にも精巧にできた象牙の彫刻やら、本当にたくさんの作品が収められています、バルジェッロ。

tammyちゃんと凄いよねぇ!と言いながら鑑賞しました。

バルジェッロを見たので、フィレンツェで見ていない美術館は、あとアカデミアとパラティーナだけになりました。
っていうかこれだけフィレンツェに通っていて、そこを見ていないってどうなの?なんですが^^;



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-11 01:05 | イタリア

お夕飯♪

heroの家に戻り、待っていてくれたkaoriちゃんと3人で歩いてアルノ川の対岸にあるスーパー、エッセルンガまで夕飯の材料を買いに^^
これが結構な距離がありました。
普段は2人は自転車でビュン!と出かけるのに、私も一緒なので歩いてくれて、ごめんなさいねぇ・・・

写真を撮らなかったのが残念なのですが、イタリアのスーパーへ行くと、食料品の品数の多さと安さに驚きます。
そこが日本と断然違うところ・・・
日本はたとえスーパーでもお高いですからね、生鮮食料品は・・・
主婦としては本当にうらやましいと思います。

材料を買い込んで作ったもの、ちがう、作ってくれたもの。

e0116960_159467.jpg


テーブルにいっぱいのお料理の数々・・・

e0116960_15114082.jpg


kaoriちゃんのコロッケ。

e0116960_15132080.jpg


e0116960_15145411.jpg


tammyちゃんの野菜のグリルとカルチョーフィのフライ。
イタリアの冬ならではの野菜、カルチョーフィとグリルにしてくれたラディッキョ。
どちらも私の大好物なんです♪

誰よ?お腹がいっぱいだ!なんて言ったの・・・で、私はまたもや食べました。
どれもこれも美味しかったのですもの~

食べながら飲みながらしゃべりながらで、夜は更けてゆき・・・

気が付けば1時近く・・・

なんだか家族でご飯食べているみたいだねと思いましたよ、私^^

慌てて「今日はもうタクシーで帰る!」というtammyちゃんと、じゃあ明日はシニョーリア広場で待ち合わせね!と約束をしました。
普通にフィレンツェで暮らしているみたいな会話です。

あと1日となったイタリア。
最後の日も夕方までtammmyちゃん独り占めの時間は続きます。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-09 15:20 | イタリア
お茶のあとは、ここで食べたい!と私が叫んでいたお店でランチ^^
ただ、非常に量が多いので、仕事の途中のheroを呼び出しました。

e0116960_12474541.jpg


リベルタ広場にあるビステッカ・アッラ・フィオレンティーナならここ!とtammyちゃん一押しの「ペルセウス」

e0116960_133348.jpg


お店に入るとすぐにこんな光景が~
お肉屋さんだった名残でしょうか?

e0116960_135883.jpg


店内は満席!
予約をしないとここで食事は難しい・・・

e0116960_1371294.jpg


注文したビステッカ、焼き上がると席まで持ってきて切り分けてくれます^^

e0116960_1393598.jpg


e0116960_13111861.jpg


キアーナ牛のうまみがギュッ!と詰まったビステッカ。
tammyちゃんはあと1分焼いてほしかった、と言っていましたが、塩加減は最高で、美味しかった!
ずっとここでビステッカを食べたい!と思っていた私^^
大満足!

この日はビステッカの他にプリモとして、パッパ・アル・ポモドーロとリッボリータを食べました。

e0116960_13155187.jpg


こちらも本当に優しい味で美味しかったです♪

フィレンツェの伝統的なお料理でのランチ、美味しい、美味しいと食べてしまい、お腹がはちきれそう!
ランチの後、仕事でテアトロへ戻るhero、そして私とtammyちゃんは再び街歩き。

チェントロへ戻り、ブランド街をぶらぶらと・・・
はは、危険ですよね。
ええ、予感は当たり、エトロで待望の大判ショールをお買い上げしてしまいました。
残念ながらセールにはなっていなかった・・・(;_:)

夕暮れ近く、フィレンツェではもうとても有名なBARのアメリーニで疲れた足を休めました。

そしてそのあとはheroの家へ。
この日の夕飯はheroのお家でみんなで作って食べることになっていたのです^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-09 13:39 | イタリア
17日から2日間は、なんと贅沢なことにtammyちゃん独り占め時間でした^^
ずっと仕事で忙しかったtammyちゃんが、2日間時間を空けてくれてフィレンツェを一緒に歩きました。

まずはドゥオーモで待ち合わせ^^

e0116960_042368.jpg


ドゥオーモの前にいた観光馬車のお馬さん。

ドゥオーモからトコトコと歩いて向かったのは

e0116960_0453473.jpg


サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場にある捨子養育院。
ここの美術館に行きたくて、日本から旅立つ前にtammyちゃんに「連れていって~」と頼んでありました。

e0116960_0493547.jpg


養育院の門を入るとこんな中庭が。
この養育院の設計は、ブルネレスキ。
広場の建物と一体化するようなデザインで、なんとも言えない雰囲気があります。
そして、この養育院には美術館が併設されていて、そこにボッティチェルリの聖母子像やギルランダイオの三王礼拝の絵画が納められています。
そしてロッビアのテラコッタ製の聖母子像も。

e0116960_0591281.jpg


美術館へ行く階段にあった彫刻。

e0116960_15497.jpg


ギルランダイオの三王礼拝。
かなり大きな絵で、色彩が見事!

そして、私が見たかったボッティチェルリ、ストロッツィ宮殿での美術展に貸し出し中でした>悲

美術館には、捨て子につけられていたその子の身分を表すリボンやメダイが展示されていました。
子を捨てねばならなかった母親の、わが子への思いを見るようでした。

e0116960_192287.jpg


養育院の外にある子供を捨てるための場所。
ここに母親はそっと我が子を置いて、帰ったのです。

e0116960_112203.jpg


入り口のアーチの天井に描かれたフレスコ画。

養育院を出て、ドゥオーモ方面へお散歩^^

e0116960_1172294.jpg


フィレンツェのシンボル、ドゥオーモ。

ランチの時間までちょっと時間があったので

e0116960_1204841.jpg


古き良きフィレンツェを代表するパスティッツェリアのロビリオでお茶をしました。
マダムたちがお買い物の帰りにお茶をしたり、ここのお菓子をお土産にしたりするのだそう。

e0116960_1261473.jpg


たくさんのお菓子が並ぶ店内。
ここでお菓子を選んで、お茶しました^^

e0116960_1281561.jpg


懐かしい優しい味のお菓子とコーヒー。
こんな時、あ、イタリアにいる!と思います。

tammyちゃんと歩くときも、お茶の時間も、本当によくしゃべりました。
話すことはたくさんあって、どのことから話そうか?と悩みました^^;

お茶の後、ランチの場所へ移動です。
フィレンツェ、何度も来ているけれど、初めて行くところ~^^




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-09 01:33 | イタリア

とっておきCENA♪

リナシェンテで全員集合!のあと、さてどこへ行く?
「杏さん、何食べたい?」
なんでも!私、好き嫌いないし~、トスカーナのお料理がいいな~
昼、ピッツアだったからね、その地方のお料理が食べたいな~
旅の楽しみはそこでしか食べられないものを食べることにもあるんだもの~

などとわがままをいい^^;

うーむ・・・と昼は通訳でとっても疲れているtammyちゃんが頭をめぐらし・・・

heroはとにかく歩いていたらここ!って思うかもだよ?と言い^^

歩き出す前に、tammyちゃんが「あ、あそこがいい!」と電話をかけて、連れていってくれたのが、元は内臓料理のお店だったというトラットリア。

e0116960_2033505.jpg


こんな感じのお店です^^

お料理はtammyちゃんが私に食べさせたい!というものを選んで注文してくれました♪

e0116960_20351924.jpg


ポルペッティーネ。
小さな球形のコロッケ?
ただし、中には内臓も入っています。
これは指でつまんで食べますが、美味しかった~^^
どこに内臓?で、いくつでもはいりますよ、危険だわ~

e0116960_20384363.jpg


e0116960_2040964.jpg


プリモは、上がメニューにないけれど、聞くと出てくるという本日の特別^^
鳩のラグー。
下は、この時期ならではのお野菜、カーボロネーロのパスタ。
カーボロネーロのパスタは、tammyちゃんが「これは食べさせたい!」と思ってくれていたもので、本当に美味しいパスタでした♪
カーボロネーロ、この季節の野菜です。

e0116960_20433999.jpg


e0116960_20444356.jpg


セコンド。
鶏肉のタリアータと牛のホホ肉の煮込み。
これは、もうどちらも本当に美味しくて、あ、危険だ、本当に危険だ!!!でした。
鶏肉は炭火でこんがりと焼いてあって、香ばしく、それにバルサミコ酢とオリーブオイルをかけていただきます。
お家でも出来るかな?炭火が必要ですけどねぇ~^^
ホホ肉はほろほろと崩れるように柔らかく、あ~、イタリアは美味しい~!とつくづく思いました。

ワインもtammyちゃんがお料理に合わせて頼んでくれて、これもね、すっごく美味しいワインでしたよ~(写真がないの・・・>悲)

食べながら飲みながら、たくさんおしゃべり。
10月以来のtammyちゃんと8月以来のheroと、それぞれのこと、私の仕事のことやらこれからのこと、そして私を取り巻く環境というかなんというか・・・など、若い二人が真剣にアドヴァイスをしてくれて、私は、ああそうだよねぇ・・・と深く考えることができた時間でした。
こういうアドヴァイスは、とっても貴重です。
自分でもおかれている状況はわかっているつもりでしたが、ああ、私を本当に親しく思ってくれている人はこんな風に私を心配してくれているのだなと、さまざまなことを人間関係も含めて考え直そうと思いました。

翌日も早朝から仕事のあるtammyちゃん。
10時半頃に楽しい夕飯は終了し、次は17日にねぇ!と約束をしてお店の前で別れました。

tammyちゃんね、すっごくかわいいワンピース着ていたんですよ~
写真撮ればよかったな~、よく似合っていたし!

この夕飯のことはtammyちゃんも記事にしてくれていますので、ご覧いただければ嬉しいです。

私はheroとまたまたブラブラとアルノ河沿いを歩いて今回フィレンツェのお宿となっているheroのお家まで帰りました。

あ~、本当によい時間でした^^

この日行ったトラットリア、実はガイドブックにも出ていますが、ほとんどが地元の人でツーリストはおらず。
そして、私が食べたようなメニューはtammyちゃんが選んでくれてこそ!のものでした。

忙しいさ中に、時間を作ってくれて本当に嬉しかったですよ、tammyちゃん~^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-01-29 21:00 | イタリア
日本を発つ前にtammyちゃんから「10日の夕飯、一緒に食べることができそう!」とメールをもらいました。
私がフィレンツェに行っている期間の前半は、ちょうどモードの世界的な祭典の「ピッティ・ウォーモ」のときに完全にぶつかってしまっていました。
毎年この祭典の通訳として仕事をしている彼女、今回は本当に少ししか会えないかなぁと残念の思っていたら、え?夕飯一緒に?
やった!というわけで、待ち合わせの時間に合わせてheroの家を出て再びチェントロへ^^

e0116960_11363243.jpg


サンタ・トリニタ橋からアルノ川のはさんで・・・
きれいです~
私が滞在していた間のフィレンツェはとてもお天気がよくて、夕陽が本当に美しく、夢のような景色をこの街は私に見せてくれました。

e0116960_11391016.jpg


ブランドストリートのVia Tornabuoni。
クリスマスイルミネーションが残っていました。

e0116960_1141865.jpg


tammyちゃんとheroと待ち合わせをしたレップブリカ広場にあるデパート、リナシェンテ。
ここもクリスマスイルミネーションがまだそのままです。

あ~、こうやって写真を見直すと本当にフィレンツェはきれい!

昨日、BSジャパンで、「イタリア食紀行」という番組を放送していて、フィレンツェが出てきました。
他にもローマとパレルモ、そしてなんとチヴィタ・ディ・バーニョレッジョも~
帰ってきたばかりですが、思わず叫びました。

「行きたい!!!」

聞いていた娘が呆れていました~

あ~、宝くじ、当たらないかっな~^^;



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-01-29 11:48 | イタリア

10日の午後は

リッカルディ宮殿を見た後は、本当にぶらぶらと街歩き^^
セール中のフィレンツェ、どのショーウィンドウも魅力的な言葉が躍ってます^^;
こまった!>苦笑

e0116960_23414194.jpg


フィレンツェでのお約束写真、ドゥオーモ。
良く晴れていたので、冬の青空にクーポラが映えます^^

e0116960_23445894.jpg


クリスマスの飾りを外しているところに出くわしました。
ベファーナも終わっていたのに、クリスマスの飾りがそのままあちこちに残っていました。

この日は12時半にシニョーリア広場でheroとkaoriちゃんとランチをするので待ち合わせ。
heroが連れていってくれたのは

e0116960_23482878.jpg


ナポリのピザ職人がやっているピッツェリア。

e0116960_23494515.jpg


頼んだのはこの3種類。
ナポリと言えば!のマルゲリータ、サルシッチャとナポリの野菜のピザ、そしてこれはナポリ特有だそうですが、半月系のピザ。
このピザは中にたくさんのチーズとプロシュートが入っています。
食通のheroが連れていってくれただけあって、このピッツェリア、最高!でした~^^
どれもこれも最高に美味しかった!

ランチのあと、仕事でテアトロへ戻るheroを見送って、私はkaoriちゃんと街をぶらぶらしながらheroの家まで帰りました。
途中でかわいいバッグ屋さんをkaoriちゃんが教えてくれて、娘にお土産の名刺入れを購入♪(お土産リクエストのその1だったんです、カッコよい名刺入れ~)

e0116960_23551716.jpg


heroの家の近くにあるバールで一休み^^

e0116960_23563810.jpg


感じのよいバリスタが淹れてくれた、カフェマッキアート。
ここのコーヒー、すっごく美味しかったんです。
フィレンツェにいる間にもう一度行きたいなぁと思いながら、時間切れアウト!で行けませんでした。
次回があれば・・・行きたい~
あ、ここでのお茶は、娘と同い年のkaoriちゃんが「杏さん、ここはご馳走するね!」と言ってご馳走してくれました。
いいのかな、私~^^;

heroの家に戻り、トマトやら荷物を置いて、またもやkaoriちゃんとキッチンでおしゃべり~
夕飯に出かけるまで、ああでもないこうでもないと楽しい時間でした♪



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-01-29 00:02 | イタリア