Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

タグ:カッラーラ ( 18 ) タグの人気記事

時の化石

先日、夫が盛岡へ仕事ででかけました。
そのとき、撮ってきてくれた写真。

e0116960_22584345.jpg



e0116960_22591139.jpg


kazuちゃんのご主人様、大木達美先生の作品「時の化石」です。

盛岡の中央通にある秋田銀行ビルに、この作品はあります。

盛岡は「彫刻のあるまちづくり」を進めていて、街のいたるところに作品がおかれています。

大木先生の作品のある中央通は、私ども家族が夫の転勤で盛岡に暮らしたとき、家のあったところ・・・

私たちが暮らしていたときには、既にこの「時の化石」は盛岡に展示されていたのです。

このビルの前は何度も通りました。
そしてこの彫刻も何度も見ていました。
でも、そのときは寡聞にして「時の化石」の作者のお名前を存じ上げませんでした。

それから十何年もたって、この作品を造られたのが大木達美さんであり、その奥様であるkazuちゃんと親しくなれた、という不思議。。。

神様は、私とkazuちゃんを会うべくして会わせてくださったのか、と思わずにいられない出来事・・・
by ank-nefertiti | 2009-08-10 23:14 | イタリア

オリヴィエロの自画像

kazuちゃんのB&Bをサポートしている、オリヴィエロ、通称オリヴァ。

彼は、彫刻家であり、絵も描く、多才な芸術家です。

オリヴァが家に呼んでくれたとき、彼のアトリエも見せてもらいました。
そこにたくさんのオリヴァが描いた絵があって、その中でとても気に入ったオリヴァの自画像を日本へ持ってかえってきました。

オリヴァは、この絵を売らないかな、と思ったのですが、「売りますよ」と言ってくれて、我が家のものになりました。

e0116960_21252577.jpg


ようやく額装ができてきました。

どこに飾ろうか、思案中。
なので、ちょっと壁に立てかけて写真だけ撮ってみました♪

e0116960_21264929.jpg


絵の雰囲気を壊さないように、素朴な木の額にしました。

マットはオリヴァが切ってくれていたので、その余白を削ることなく、そのままのサイズで・・・

額装された絵。
オリヴァは気に入ってくれるでしょうか。
by ank-nefertiti | 2009-07-09 21:31 | イタリア
オリヴァの家からkazuちゃんの家に戻り、遅い夕飯になりました。
いろいろな話をして、夜が更けて。。。
気が付いたら、1時をまわっていました。

翌日は、朝9時半過ぎの電車でフィレンツェに戻る私たち・・・

e0116960_2252272.jpg


kazuちゃが作ってくれた朝ごはん。
新鮮な果物を使ったマチェドニアが大鉢にたくさんありました。。。

e0116960_22553291.jpg


お別れの日のカッラーラはよいお天気。

e0116960_22564863.jpg


リンダとジジと記念撮影♪
また来るからね、待っててね。。。
kazuちゃんをちゃんと守ってね。。。

e0116960_22583424.jpg


e0116960_22591343.jpg


トスカーナ州マッサ=カッラーラ県カッラーラ市ベルジオラアンティカ通りにkazuちゃんのB&B、「Galleria Ars Apua」はあります。
3泊4日の滞在はあっという間でした。

荷物をまとめてkazuちゃんの車に乗り込み、なんと最後の最後まで私たちはkazuちゃんをこきつかい・・・
実は、私たちの共通の知り合いから、イタリアのお土産に花の種を買ってきて、と頼まれていたのです。
去年はその御仁は私に、イタリアで一番売れているポップスのCDを買ってきて!と言いました。
今年は花の種・・・
よいのかなぁ・・・と思いながら、買ってかえることに。。。
kazuちゃんが電車の時間に間に合うようにと片っ端から種を売っていそうなお花屋さん、苗屋さんに車を走らせてくれます。
ところが、もう花の種を撒く時期は終わっていて、どこにも種は売っていませんでした。
時間もなくなり、もういいから、とカッラーラの駅へ・・・

e0116960_2336255.jpg


e0116960_23363153.jpg


電車が来るまで時間があります。
ホームまで来てくれたkazuちゃんと、お別れです。
私は、もう何も言えず、涙、涙・・・
kazuちゃんと抱きあって、さよならの挨拶をしました。

kazuちゃん、本当にありがとう。。。
素晴らしい3日間でした。
kazuちゃんとオリヴァには言葉に言い表せないくらい、お世話になった、カッラーラの旅。

仕事があってB&Bに戻るkazuちゃんの後ろ姿が小さくなって、涙で霞んで、はやく電車こないかなぁ・・・
電車に乗ってしまえば、帰るんだ、という覚悟もできて、いつもの私に戻れるのに。。。

また来るね!
絶対に来るね!
それまで元気で、お互いに仕事に精を出しましょう。
でも、無理はしないで、身体にだけは気をつけて・・・
by ank-nefertiti | 2009-06-29 23:45 | イタリア
コロンナータ、そして大理石採掘現場を訪ねたあとは・・・

e0116960_15131959.jpg


e0116960_1513535.jpg


オリヴァがアペリティーボに招待してくれました。
オリヴァの家は、何百年も昔の民家を改装したもの。。。

e0116960_15153120.jpg


オリヴァのお家にもにゃんがいました♪
パタータとシルベストラは親子です。

オリヴァがささっ!と用意してくれたアペリティーボ。

e0116960_15183896.jpg


e0116960_1519583.jpg


カンパリソーダとチーズ、サラミ、ラルドのクロスティーニの盛り合わせ。
チーズの後ろにあるのがラルドのクロスティーニ。
このラルド、なんとオリヴァの手作り!
美味しかったです♪

このとき、kazuちゃんがオリヴァに「もっとカンパリソーダ、飲みたいんだけど」と言いました。
オリヴァは「ダメ。運転するでしょ」
ごめん、kazuちゃん、この程度なら何とかイタリア語分かるようになってしまっていました、この旅行で^^;

e0116960_1524751.jpg


オリヴァの家にあった、アンティークの薪ストーブ。
ちゃんと使ってるのだそうです。
凄いなぁ・・・

e0116960_15251618.jpg


オリヴァのアトリエにある、彼の作品の数々・・・
オリヴァは彫刻家であり、ミケランジェロのように絵も描く素晴らしい芸術家です。

オリヴァが描いた絵を見せてもらいました。
いい絵がたくさんあり、一枚とても気にいったものがあって、でも、きっとオリヴァは手放さないだろうな、と思いながら、kazuちゃんに売ってくれるかどうか聞いて貰いました。

するとオリヴァが「もちろん!」
え?ホントに?ホントに私に売ってくれるの???

e0116960_15283361.jpg


オリヴァの自画像です。
オリヴァの気が変わらないうちに、さっさとお支払いをしました!
今回の旅で一番のお買い物は、この絵です♪
家に帰ってから、近くの画材屋さんで額装してもらっています。
この絵に合う額を作ってもらい、2週間後には出来上がってきます。
出来上がってきたら、またUPしますね!

e0116960_1531353.jpg


絵を梱包してるオリヴァです。

e0116960_1531547.jpg


オリヴァと記念撮影♪

e0116960_15333417.jpg


オリヴァの家からはカッラーラの街が一望できます。
遠く地中海も望み、晴れていたらコルシカ島も見渡せるのだとか。。。
オリヴァが「津波が来てもここは大丈夫。家の前がビーチになってよいかも!」
確かにね。ここは本当に高台だから大丈夫だね^^

明日の朝は早くにカッラーラを出てしまう私たち。
なので、オリヴァに会えるのはこれが最後です。
カッラーラにいる間、メリーとデメートラとkazuちゃんのB&Bのサポートに毎日来ていたオリヴァ。
もっとイタリア語が話せたら、いろんな話をしたかったなぁ・・・

可愛かったメリーとデメートラ。
彼らともさよならです。
デメ、来年デメがお母さんになるころ、またカッラーラへ来たいですよ。。。
デメのパピーたちを見たいな・・・

オリヴァやメリー、デメートラたちにさようならをいい、kazuちゃんのB&Bに戻りました。
カッラーラでの最後の夜は静かに更けてゆきます。。。
by ank-nefertiti | 2009-06-28 15:44 | イタリア
Forte di Marmiから戻って、しばし休憩のあと、まだ肝心のカッラーラの街を見ていない!ということになり、再びお出かけ♪

e0116960_1385992.jpg


街の中心

e0116960_1394367.jpg


そして、大理石の街にはアカデミア(美術学校)がなくては・・・

e0116960_13113452.jpg


カッラーラの領主の娘で、この街の守護神的な女性の像。

e0116960_13125970.jpg


ミケランジェロがこの街に来ると、泊まっていた家。

e0116960_13141873.jpg


家の外壁に、ここにミケランジェロが滞在した、と書かれた大理石の板がかかっていました。

e0116960_13155078.jpg


カッラーラで開かれたシンポジウムで、kazuちゃんのご主人、大木先生は、アルべりカ広場で公開で彫刻を行ないました。
そのとき、広場の敷き石に大木先生が彫った「Fossile」の文字。
Fossileとは「化石」という意味です。
kazuちゃんが送ってくれた、先生の作品集に、その時の写真や、この「Fossile」という言葉に込められた大木先生の思いが綴られています。(著作権があるので、引用は控えます)
B&Bに飾られている作品や、作品集に収められた作品の数々。。。
なんで神はこれほどの才能を、あんなに早く連れ去ってしまったのか、となんとも言えない悔しさと悲しさの中で思います。

kazuちゃん、この先生の文字を見せてくれて、ありがとうね。。。
by ank-nefertiti | 2009-06-27 13:29 | イタリア
可愛い街、Sarzana、そして地中海に面した漁師街のBocca di magra、高級リゾート地のLericiとめぐり、時間は夕方・・・
そろそろ帰りましょう、と再びkazuちゃんの車に乗り込みます。(車を停めたところが離れていたので、kazuちゃんが車を取りにいってくれて、私とmidoriさんは海辺で待っていました)

さて、車はカッラーラ目指して走ります。

と・・・
kazuちゃんが「わ!」
え???
「どうしよう、ガスがない!」

ガスがない???あ、ガソリンが無くなりつつある、ということ???

山越えなので、くだりもあれば登りもあります。
下りになると、安心!登りになると・・・いつまで続く上り坂!

で、こんなときに限って渋滞があり・・・一番燃料を食う走り方に・・・

「kazuちゃん、冷房止めよう!窓開けたら涼しいよ!」

kazuちゃんは心配をかけまいと「大丈夫、以前にもこんなことがあったけど、なんとかなった!」
kazuちゃ~ん、もしかしてO型???

などといいながら、車は無事に山を越えて、Bocca dei magraの街へ・・・
ありましたよ、ガソリンスタンド!
無事にガソリンを入れることができて、車は快調に走り、カッラーラへ!
kazuちゃんが言うように本当になんとかなってしまうから不思議です♪

B&Bに着いたら、オリヴァたちが草刈りやら葡萄の葉が太陽の光に負けないようにする栄養剤(薬ではありません)を撒いたり、新しいオープンキッチンを作る作業を続けていて、わ、私たちだけ遊んできてしまって、ごめんなさい~!!!

手が空いたオリヴァに

e0116960_1926013.jpg


まだ1歳でやんちゃ盛りのデメートラが「遊んで!」と言いにゆきます。
ちょっとだけ!
まだ遊び足りないデメートラ・・・

e0116960_19325219.jpg


すっかりなついてしまったmidoriさんに近づいて    
   
             「遊んで!!!」 

この後、デメートラはすっかりmidoriさんの子になって(笑)、midoriさんの後をついてまわり・・・

作業も終わり、仕事をしていた人たちが帰り、オリヴァとワンたちも家路につきます。

その後、私たちはカッラーラのチェントロにあるスーパーへ夕飯の材料を買いに出かけました。

e0116960_19374531.jpg


ピーマンが凄く大きいのに驚き!
そしてアスパラガスの束の大きいこと!!!

e0116960_19384838.jpg


さすがイタリアのスーパー!
これ全部トマトソースですよ!

材料を仕入れて、B&Bに帰り、夕飯の仕度をして(kazuちゃんがしたの。私は役立たず・・・)、楽しい夕飯!(写真なしです・・・撮るの忘れた。。。)
この夜は睡魔に襲われることもなく、12時過ぎまでおしゃべり!

でも、朝早くから朝食を作ったり、B&Bの仕事を片付けたり、私たちに付き合ったりで、kazuちゃん、疲れたよね・・・
by ank-nefertiti | 2009-06-24 19:42 | イタリア
kazuちゃんのB&B。
そこにある大理石を敷き詰めたテラスには、kazuちゃんのご主人さまで今は亡き彫刻家の大木達美先生の作品がさりげなく飾られていました。

e0116960_232426100.jpg


抽象彫刻の才能を花開かせ、こんなに凄い作品を彫り、今後の益々の活躍が期待されていたとき、神様は何を思われたかkazuちゃんから大事なご主人を奪ってしまわれました。
そして、彫刻の世界からもその稀有な才能を永遠に連れ去ってしまわれたのです。

kazuちゃんは先生の作品をまとめて飾る事ができるところを探したそうです。
そして、見つけた大木先生が仕事の拠点にしていたカッラーラのこの場所。
大理石の山が一望できるこの場所にkazuちゃんはB&Bを建て、先生の作品を飾り、そして一緒に暮らしています。

ここに来て、大木先生のたくさんの作品に触れて、kazuちゃんの凄さを再確認しました。

日本で家を建てるだけでも大変なのに、外国で、それもイタリアで、土地を買い、家を建てる・・・
kazuちゃん、頑張ったね。。。
きっと大木先生は天国から「偉かったね」とおっしゃっているに違いありません。

そんなkazuちゃんと暮らす

e0116960_23344984.jpg


にゃんず。黒猫のリンダと白黒ぶちのジジ。

そして

e0116960_23364544.jpg


なんともおしゃれなkazuちゃんのB&Bの部屋。

荷物をほどいてテラスでお茶を飲んでいたら、1台の車が敷地内へ入ってきました。
車から降りてきたのはご夫婦と思しき二人連れ。

kazuちゃんをサポートしているオリヴィエロが彼らに話しかけます。
どうやら今晩泊まりたいと言っている様子・・・
話がまとまったようで、彼らは車から荷物を降ろしました。

e0116960_23405548.jpg


なんと彼らはドイツから新婚旅行でやってきたのです!
ご主人の方が「僕たち、先々週の金曜日に結婚したんだ。それで新婚旅行でトスカーナをまわっているんですよ。明日はドイツに帰るのだけれど、ここがあまりに素敵なので、どうしても泊まりたかった」とイタリア語と英語を交えて話してくれました。
kazuちゃんが観光によいところを説明し、オリヴァが夕飯を食べるならここ!と説明し、彼らは「食事から帰ってきたら一緒にワインを飲もう!」と言いおいて出かけてゆきました。

オリヴァも帰り、私たちは

e0116960_2345718.jpg


テラスで涼しい風に吹かれながら、kazuちゃんが用意してくれたアペリティーボを楽しみました。

3人でワイワイ言っていたら、そこへオリヴァがまたやってきて、kazuちゃんが出したワインが違う!どうして間違えるの?と渋い顔。。。
え?十分に美味しいけど???
それでもオリヴァが「こっちでしょ!」と出してきたワインは、あら!こっちの方が美味しいわ!

ワインについては葡萄畑からなにからオリヴァが責任を持っているらしく、自分が作ったワインが正当に評価されるよう、美味しい!とオリヴァが思うワインを飲ませたかったようです。

そこへドイツ夫妻も帰ってきて、イタリア、ドイツ、日本の国際交流が始まりました。
オリヴァは途中で遅くなるから、と家に帰りましたが、ドイツ夫妻はイタリアで日本人と会えたのがとにかく嬉しいらしく、ここで交流しないでどうする!とワイン片手にしゃべる、しゃべる!

お嫁ちゃんは29歳だということが分かり、彼女が彼はいくつに見える?と聞くので、こりゃ難しい、うかつな年齢は言えない、とりあえず「Same?」
喜びましたよ~、ドイツ夫!
40歳だったんです~
彼はかわいいお嫁ちゃんが自慢でたまらない様子でした。

夜も更けて、というより一人年齢が高い私だけ夜も更けてしまったのですが、どうにも眠気が抑えられず、お先に失礼してしまいました。
翌日聞いたところでは深夜1時ころまで宴は続いていたのだとか・・・

はあ・・・ダメですね。
kazuちゃんに会ったら気が抜けて、ダメダメ杏になってしまいました^^;
by ank-nefertiti | 2009-06-23 00:03 | イタリア
翌日はいよいよkazuちゃんが待つカッラーラへ!

kazuちゃんにはイタリアへ行く、と決まったとき、3泊させてね、とお願いしてありました。
1泊じゃkazuちゃんとたくさん話せない、2泊でもきっと足りない、じゃあ3泊!

最後の1日はフィレンツェに戻ってくるので、同じホテルを予約してあります。
なので、大きなトランクはホテルに預かってもらうことにしました。
朝食の後、フロントに「11日に戻ってくるので、3日間わたしたちのトランクを預かってもらえるでしょうか?」と聞いたら、「いいですよ。」と言われたので、チェックアウトのときにまた同じ内容のお願いをして、私たちは3泊分の荷物でいざカッラーラへ!!!

フィレンツェから約2時間。
ピサを越えて、ビアレッジョを越えて、定刻より10分遅れて電車はカッラーラの駅に到着!

ホームにkazuちゃんの姿見えました♪
kazuちゃん、やっときたよ!

ホームでkazuちゃんに再会♪

kazuちゃんが「ランチに行きましょ!海の幸と山の幸とどっちがよいですか?」
私とmidoriさんは迷うことなく「海の幸!」

そうしてkazuちゃんが連れていってくれたのは、カッラーラの隣り街の「MASSA」にある、レストラン。

e0116960_23111651.jpg


きれいなところです♪

e0116960_23115018.jpg


kazuちゃんお薦めの海の幸のトマトソースのパスタ。
なんとこれで2人分ですよ!
3人でも多い~!
でも、このパスタ、凄く美味しかったのです!
なんてことはない、ペロリ!と平らげて、さあkazuちゃんのB&Bへ~!

e0116960_2314510.jpg


いつもkazuちゃんのブログで見ている景色が自分の目の前にあります。

e0116960_23151648.jpg


とっても会いたかった黒猫のリンダ。
リンダ!と呼んだら、私の傍にやってきて、足にすりよってくれました。
kazuちゃんが「こんなことないのに!リンダ、杏さんがわかるんだ!」

e0116960_23172696.jpg


そんなリンダの様子を見ていたジジ。
「ジジ~」と呼んでも、知らん顔しています。
拗ねちゃったんです、ジジ。。。
いつもは自分が先にお客様と仲良くなるのに、なんで今日はリンダなんだ?
ごめんね、ジジ~
でも、そんなジジも少しするとちゃんと「にゃーん」と挨拶にきてくれました^^

e0116960_23195353.jpg


そして、kazuちゃんをいつもサポートしているオリヴィエロのワンのメリーとデメートラ。
人懐こくて、可愛い子たちです!

着いたときに曇っていたカッラーラですが、時間がたつにつれて晴れてきました。

e0116960_23214069.jpg


白い大理石の山が遠くに見えます。

これから3日間、kazuちゃんとの時間が始まります♪
by ank-nefertiti | 2009-06-21 23:23 | イタリア