Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

タグ:イタリア ( 246 ) タグの人気記事

B&B Galleria Ars Apua

ポルト・ヴェーネレから途中でスーパーに寄って、いよいよkazuちゃんのB&Bへ!

今回で3回目になります。
初めてのときは6月でした。蛍がたくさん飛んで、それはそれはきれいでした。
2回目は去年の冬。
otosanとheroと一緒に訪れました。
そして今回は私一人です^^

e0116960_223317.jpg


大理石のテラスから望む大理石の山たち。

e0116960_2253229.jpg


去年はまだ途中だったオープンキッチンが出来上がっていました。
季節がよいときはここで焼いたピッツァやバーベキューが楽しめます^^
訪れるたびに進化していくkazuちゃんのB&B!

e0116960_2285963.jpg


e0116960_22103893.jpg


e0116960_22121171.jpg


サロンではkazuちゃんが所有する骨董品で開いた骨董展が一部そのまま飾られていて、私はとてもよい目の保養をしました。

この日、ランチが凄い量で、スーパーで夕飯はどうする?と相談したのですが、もう入らない!ということで、野菜のグリルはどう?とイタリアの冬の野菜を購入したのですが、いざkazuちゃんのB&Bに着いて、荷物を置いたら、夕飯はどうでもよくなり、オレンジとリンゴの果物とワインでいいよね~^^;

7時くらいからサロンで夕飯もどきを食べながら夜中までおしゃべりしました。
話すことはたくさんあって、12時過ぎにわ!こんな時間だ!と気づき、翌日の予定を決めて部屋へ引き揚げました。

シャワーを浴びて、気持ちのよいベッドにもぐりこみ、朝までぐっすり!



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-06 22:18 | イタリア
13日の夕方にペルージャからフィレンツェに戻って、翌日14日からはkazuちゃんのB&Bへ^^

朝9時53分フィレンツェ発の電車に乗って、約2時間でカッラーラへ到着!

駅までkazuちゃんが迎えにきてくれました。ありがとう!

日本で「チンクエテッレは秋の大雨で街が流されてしまい、数年は観光は無理」という情報を得ていたので、諦め・・・
その代わりと言ってはなんですが、以前から凄く行きたかったリグーリアの港街である、ポルト・ヴェーネレへkazuちゃんに連れていってもらいました。

e0116960_2251916.jpg


遠くにカッラーラの大理石の山が見えます。
ポルト・ヴェーネレまでkazuちゃんの車の中で、約1か月ぶりの再会(短い時間ですよね、イタリアと日本と離れているのに~^^)で、あーでもない、こーでもないと話に花が咲きました♪

e0116960_2272373.jpg


港に面した建物はカラフル^^

e0116960_2293219.jpg


リグーリアの海はこんなに透き通っています。

着いたのが1時過ぎだったので、まずはランチ!
以前、kazuちゃんが来て美味しかったというレストラン^^

e0116960_22203211.jpg


e0116960_2220541.jpg


アンティパストだけで8種類!
1人前を頼んで二人でシェア^^

e0116960_2222517.jpg


e0116960_22242183.jpg


プリモ。
kazuちゃんがこのレストランおすすめ!というカレー味の魚介パスタ。
私はリグーリアだから!で、ペースト。
だけど凄い量だったんです!
どちらかだけでよかったね、とkazuちゃんと言いながら食べましたが、とても食べきれる量でなく・・・
すみません、残しました・・・
本当は残したくなかったんんですよ、すっごく美味しかったので♪
魚介類は新鮮だし、味は良いしで、このレストランにぎわっているのがわかります^^

ランチのあとはトコトコと歩いて岬の先へ!

e0116960_22304257.jpg


この教会、サン・ピエトロ教会を目指して!

e0116960_22323939.jpg


e0116960_22375430.jpg


e0116960_22392826.jpg


地中海。

「地中海はこの世の憂さの捨て所」

この記事、読まれた皆様、憂さ捨ててくださいねぇ!
あ、一番捨てたいのは私かも~^^;

しかし、美しいです。
この岬に女神がいる、と言われるのがよくわかります。
あ~、来れてよかった!
kazuちゃん、ありがとう~^^

e0116960_22431743.jpg


サン・ピエトロ教会の内部です。

kazuちゃんが「杏さん、かわいいお店があるんだよ~」と言って連れていってくれたお店にあったもの。

e0116960_22451092.jpg


かわいい猫の壁掛け。
おじさんが一人で粘土をこねて、この猫たちやイルカの壁掛けを作っていました。
お土産にお買い上げしました~^^

e0116960_22473259.jpg


e0116960_22491156.jpg


海岸から1本入った通りです。
かわいい!

チェントロへ続くこの道を歩きながら、冬はこういう暖かいところで暮らすのがいいねぇ、夏はカッラーラでね~、などとたわいないおしゃべりをしました。
ここでも「宝くじあたらないかな~。当たったらこのあたりにアパート買って、避寒に来るんだけどね~」などと他力本願ぶりを発揮した私です。

同じイタリアですが、寒いフィレンツェと違って、海辺のこの街は暖かく、なんとミモザが満開でした。

それとね・・・
写真は撮らなかったんですが(撮りたかったけれど、人がいて撮れなかったのです)、岬の教会から街へ戻る途中に、女神像らしき彫刻が置いてあったのです。
ですが・・・
kazuちゃんと私は思わず言いました。

「あれが女神だなんて信じたくない!!!絶対に違うよね!悪いもの見ちゃったねぇ!」

ああ、なんで写真撮らなかったんだろう・・・深い後悔・・・

どんな女神像だったか・・・
気になる方は是非ポルト・ヴェーネレへいらして確認してくださいませ~



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-05 22:57 | イタリア

ペルージャ2

ペルージャの3日目は、一人で街を歩きました。

朝から小雨模様でしたが、ホテルをチェックアウトしたのち、荷物をフロントで預かってもらい、街へ出ました。

e0116960_19283681.jpg


メインストリートです。

e0116960_19304271.jpg


この道の突き当りが、プリオーリ宮殿で、その前にこの大噴水があります。

e0116960_19403672.jpg


プリオーリ宮殿の横にドゥオーモがありますが、ファサードがね、殺風景ですよね。
フィレンツェのサン・ロレンツォ教会みたいです。
おなじウンブリアのオルヴィエートのドゥオーモと比べると、本当に地味~
教会の中は撮影禁止でしたので、写真はありませんが、とても静かな教会でした。
あ、ちなみに中も地味でした^^;

街のはずれに、聖フランチェスコ・プラート教会という美しい教会があるというので、トコトコと歩いて行ってみました。

e0116960_1945448.jpg


本当に綺麗な教会で、中に入りたかったのですが修復中で入れず・・・
無無・・・残念無念!

e0116960_1948176.jpg


聖フランチェスコ教会の隣の可愛らしい教会^^

e0116960_1950062.jpg


その教会の内部です。
質素ですが、やさしい雰囲気の教会でした。

e0116960_19522743.jpg


フランチェスコ・プラート教会からメインストリートへ戻る途中にあったお店です。
さすがにウンブリア!
お豆の種類が豊富~^^
乾燥そら豆があって、買いたいなぁ!と思いましたが、お店に人がおらず(開店中なのに~)諦めました。

雨模様のなかウロウロと歩いていたら、身体が冷えてしまったので、最初の日にnaokoさんが連れていってくれたバールというのかチョコレートショップというのか、とにかくチョッコラータ・カルダ(こーいココアのようなものです。まさしく温かいチョコレートを食べているという感じ。イタリアの冬の飲み物として有名です。)がとても美味しかったお店へ!

e0116960_19572997.jpg


パンナも一緒に!
お昼に近かったので、ここでチョッコラータ・カルダとコロネで簡単なランチを済ませました。

1時半過ぎの電車でフィレンツェに戻ることにして、ホテルに荷物を取りにいきタクシーを呼んでもらい麓にある駅へ。
ペルージャは学生の街でもあるので、駅にはペルージャ大学へ通う大学生がたくさんいました。

須賀敦子さんが学んだ街ペルージャ。
最後の日は一人でうろうろと歩き、若き日の須賀さんもこうしてこの街を歩いたのかな?と思いました。

naokoさんには2日間丁寧な案内をしてもらい、本当にありがたかったです。
特になれない運転でスポレートまで連れていってくれたこと、心から感謝です。
ありがとうございました。

今回、時間がなくて入れなかった、ウンブリア国立美術館や考古学博物館、次回ペルージャへ行くことがあれば絶対に中へ入ってみたいと思います。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-02 20:04 | イタリア
夕方4時過ぎにスポレートを後にして、ペルージャへ戻る途中、本来の目的地であったアッシジのサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会へnaokoさんが寄ってくれました。

e0116960_2382079.jpg


この教会には

e0116960_239760.jpg

              教会内は撮影禁止ですので、映像をお借りしました。

ポルツィウンコラという小さな礼拝堂が、ちょうどクーポラの真下にあたる位置にあります。
聖フランチェスコが布教を始めて間もない頃に譲り受けたと言われており、この礼拝堂を保護するために、サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会は建設されました。
そして、この礼拝堂で聖フランチェスコの布教は始まったのです。

ちょうど夕方のミサの時間に、教会に着いてしまって、この礼拝堂の裏にあるトランジト礼拝堂をきちんと見ることができず残念でした。
トランジト礼拝堂は、フランチェスコが亡くなった場所です。

そして、ポルツィウンコラ礼拝堂は、世界中から信者があつまり祈りを捧げる本当に神聖な場所でもあります。

e0116960_23191180.jpg


聖フランチェスコ像。
白いハトは、フランチェスコを慕って、ここに常にいると言われています。

e0116960_23213429.jpg


フランチェスコの奇跡といわれる、棘の無いバラがある庭。

e0116960_23232971.jpg


フランチェスコが暮らしたと言う石穴。

この教会は非常に大きな教会で、美術館も併設されています。(遅い時間だったので入りませんでしたが)
迷路のような教会内部をnaokoさんが案内してくれて、ちょうどプレゼピオ展が開かれていたので、世界のプレゼピオも見ることができました。

e0116960_23282962.jpg


ベネチアングラスで出来たプレゼピオ。
美しかった!

教会から出ると、外はすっかり日暮れていました。

e0116960_23325896.jpg


教会までの道を天使が導いて・・・

やはり、アッシジは特別な場所です。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-01 23:34 | イタリア

スポレート

ペルージャの2日目は本当は街をあちこち見て歩く予定だったのですが、naokoさんが車を出してくれて、「サンタ・マリア・デッリ・アンジェリへ行きましょう」ということになりました。

高速道路を走っているうちに、なぜだか目的地は私が行きたいとお伝えしていたスポレートへ変更に^^

e0116960_173117.jpg


この街にはローマ時代の円形劇場が残っています。

e0116960_1745614.jpg


e0116960_1781387.jpg


e0116960_17112264.jpg


スポレートの歴史地区。
ペルージャよりもはるかに小さな街で、路地も細く、中世そのまま・・・

ランチを食べなくちゃ!で

e0116960_1714185.jpg


ウンブリアの代表的なパスタとお料理が食べられる、というだけで偶然に入った、「ラ・バルカッチャ」
なんですが、ここ、大正解!でした^^

e0116960_17162613.jpg


ウンブリア特有のパスタです。
ソースはイタリアの代表的な冬野菜、カルチョーフィのトマトソース。

e0116960_17182786.jpg


そして、もう1つ、ウンブリアの特産である黒トリュフをふんだんにつかったオムレツ。
付け合せは、フレッシュサラダだったのですが、お店のオーナーが「野菜のグリルにすることもできるよ!」と言ってくれてグリルにしました。

どちらも本当に美味しくて、naokoさんとニコニコしちゃいました~

e0116960_172233.jpg


ドルチェは入らない、と言った私たちにオーナーのおじちゃんが「おまけ!」と言ってだしてくれた、「ドルチェ・サラミ」
つまり、サラミのような姿のチョコレート菓子。
美味しくて、売っていないの?とnaokoさんが聞いたら、売っていないけど、すこしなら分けてあげるとお土産に包んでくれました。
まあ、なんて親切なおじちゃん!

e0116960_17251244.jpg


そのオーナーのおじちゃんです。
良い笑顔でしょう?
おじちゃんが「どんな風に撮れた?」と言うので、こんな!と見せてあげました。
おじちゃん、よく撮れてる!と大喜びでした~^^

ドゥオーモが開くまで時間があるので、トコトコと歩いて

e0116960_17282311.jpg


12,3世紀に出来た塔の橋まで行きました。
残っているんですねぇ、こんな谷合に・・・
今でもちゃんと渡れます。

e0116960_1731910.jpg


Via di Roma、つまりローマまで続いている道になっています。
アッシジの聖フランチェスコが、歩いてヴァチカンまで行ったという道です。

橋を渡って見た景色・・・

e0116960_17343621.jpg


スポレートの城塞と塔の橋。
なかなかの景色です。

この城塞の周りが散歩道になっていて、歩いていくと歴史地区に戻ります。
そこにはドゥオーモがありました。

e0116960_17371734.jpg


なかなかに立派です^^
前は大きな広場になっており、広場に面して劇場もありました。

e0116960_17391759.jpg


ドゥオーモの内部です。
派手ではないですが、ここが信仰の場であることを感じさせる静謐な空気が流れていました。
そしてこの教会には、フィリッポ・リッピの最後の作品、「聖母マリアの生涯」があります。
上の写真の祭壇の奥に見えるのがそのフレスコ画。

e0116960_203249100.jpg


e0116960_20345589.jpg


美しいフレスコ画でした。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-01-31 17:40 | イタリア

ペルージャ1

11日からはブログで親しくなったnaokoさんが暮らすペルージャへ出かけました。
2泊3日の旅^^

フィレンツェから普通電車で2時間ちょっとでペルージャへ着きます。
最初は日帰りで行こうと思っていたのですが、naokoさんが「日帰りじゃぁ・・・」とおっしゃってくださって、2泊3日の旅になりました^^

e0116960_22432481.jpg


e0116960_2245779.jpg


e0116960_22471697.jpg


ウンブリア州の州都、ペルージャの街並み。
サッカーの中田ヒデが98年フランスワールドカップのあとにこの街のチームに移籍したときから、そして大好きな須賀敦子さんがここの外国人大学で学んだと知った時から、とても行ってみたい街でした。
だから、この街の空気をたくさんたくさん吸ってきたいなぁ!と弾む思いで出かけたのです。

ホテルにnaokoさんが迎えに来てくれて、初めまして!!!
そこからランチへ行き、naokoさんとペルージャの街を歩きました。

e0116960_22521352.jpg


ペルージャは丘の上にある街なので、ビューポイントがあちこちにありました。
そこから遠くにある山の途中にある街が見えました。

e0116960_22544648.jpg


アッシジです。

naokoさんはご主人様とトレッキングに出かけることが多く、彼女が昇った山も見える度に説明をしてくれて、すっかりペルージャ近辺の山に詳しくなった私でした~

e0116960_2258959.jpg


ペルージャ外国人大学。
須賀さんがイタリア語を学んだところ・・・
感慨深いものがありました。

e0116960_2303757.jpg


エトルリア人が造った、エトルリア門。
歴女の私、エトルリアという言葉だけで心が躍ります~^^

e0116960_2342251.jpg


水道橋の上を歩ける散歩道。
ここ、とっても素敵でした~^^

お茶をした後、ご主人様と映画へ行くというnaokoさんと別れて、私はホテルに戻り一休み。
映画を観終わったnaokoさんから連絡があって、naokoさんのご主人様も一緒に夕飯をいただきました。

e0116960_2371596.jpg


ご主人様がお勧めのお店で、これまたお勧めのピッツアでお夕飯。
ポルチーニのピッツァ、美味しかったです~
あ、naokoさんのご主人様がご馳走してくださいました~^^
ご馳走様でした!

明日の約束をして、今日の予定は無事に終了!
おやすみなさい~^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-01-30 23:09 | イタリア

とっておきCENA♪

リナシェンテで全員集合!のあと、さてどこへ行く?
「杏さん、何食べたい?」
なんでも!私、好き嫌いないし~、トスカーナのお料理がいいな~
昼、ピッツアだったからね、その地方のお料理が食べたいな~
旅の楽しみはそこでしか食べられないものを食べることにもあるんだもの~

などとわがままをいい^^;

うーむ・・・と昼は通訳でとっても疲れているtammyちゃんが頭をめぐらし・・・

heroはとにかく歩いていたらここ!って思うかもだよ?と言い^^

歩き出す前に、tammyちゃんが「あ、あそこがいい!」と電話をかけて、連れていってくれたのが、元は内臓料理のお店だったというトラットリア。

e0116960_2033505.jpg


こんな感じのお店です^^

お料理はtammyちゃんが私に食べさせたい!というものを選んで注文してくれました♪

e0116960_20351924.jpg


ポルペッティーネ。
小さな球形のコロッケ?
ただし、中には内臓も入っています。
これは指でつまんで食べますが、美味しかった~^^
どこに内臓?で、いくつでもはいりますよ、危険だわ~

e0116960_20384363.jpg


e0116960_2040964.jpg


プリモは、上がメニューにないけれど、聞くと出てくるという本日の特別^^
鳩のラグー。
下は、この時期ならではのお野菜、カーボロネーロのパスタ。
カーボロネーロのパスタは、tammyちゃんが「これは食べさせたい!」と思ってくれていたもので、本当に美味しいパスタでした♪
カーボロネーロ、この季節の野菜です。

e0116960_20433999.jpg


e0116960_20444356.jpg


セコンド。
鶏肉のタリアータと牛のホホ肉の煮込み。
これは、もうどちらも本当に美味しくて、あ、危険だ、本当に危険だ!!!でした。
鶏肉は炭火でこんがりと焼いてあって、香ばしく、それにバルサミコ酢とオリーブオイルをかけていただきます。
お家でも出来るかな?炭火が必要ですけどねぇ~^^
ホホ肉はほろほろと崩れるように柔らかく、あ~、イタリアは美味しい~!とつくづく思いました。

ワインもtammyちゃんがお料理に合わせて頼んでくれて、これもね、すっごく美味しいワインでしたよ~(写真がないの・・・>悲)

食べながら飲みながら、たくさんおしゃべり。
10月以来のtammyちゃんと8月以来のheroと、それぞれのこと、私の仕事のことやらこれからのこと、そして私を取り巻く環境というかなんというか・・・など、若い二人が真剣にアドヴァイスをしてくれて、私は、ああそうだよねぇ・・・と深く考えることができた時間でした。
こういうアドヴァイスは、とっても貴重です。
自分でもおかれている状況はわかっているつもりでしたが、ああ、私を本当に親しく思ってくれている人はこんな風に私を心配してくれているのだなと、さまざまなことを人間関係も含めて考え直そうと思いました。

翌日も早朝から仕事のあるtammyちゃん。
10時半頃に楽しい夕飯は終了し、次は17日にねぇ!と約束をしてお店の前で別れました。

tammyちゃんね、すっごくかわいいワンピース着ていたんですよ~
写真撮ればよかったな~、よく似合っていたし!

この夕飯のことはtammyちゃんも記事にしてくれていますので、ご覧いただければ嬉しいです。

私はheroとまたまたブラブラとアルノ河沿いを歩いて今回フィレンツェのお宿となっているheroのお家まで帰りました。

あ~、本当によい時間でした^^

この日行ったトラットリア、実はガイドブックにも出ていますが、ほとんどが地元の人でツーリストはおらず。
そして、私が食べたようなメニューはtammyちゃんが選んでくれてこそ!のものでした。

忙しいさ中に、時間を作ってくれて本当に嬉しかったですよ、tammyちゃん~^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-01-29 21:00 | イタリア
日本を発つ前にtammyちゃんから「10日の夕飯、一緒に食べることができそう!」とメールをもらいました。
私がフィレンツェに行っている期間の前半は、ちょうどモードの世界的な祭典の「ピッティ・ウォーモ」のときに完全にぶつかってしまっていました。
毎年この祭典の通訳として仕事をしている彼女、今回は本当に少ししか会えないかなぁと残念の思っていたら、え?夕飯一緒に?
やった!というわけで、待ち合わせの時間に合わせてheroの家を出て再びチェントロへ^^

e0116960_11363243.jpg


サンタ・トリニタ橋からアルノ川のはさんで・・・
きれいです~
私が滞在していた間のフィレンツェはとてもお天気がよくて、夕陽が本当に美しく、夢のような景色をこの街は私に見せてくれました。

e0116960_11391016.jpg


ブランドストリートのVia Tornabuoni。
クリスマスイルミネーションが残っていました。

e0116960_1141865.jpg


tammyちゃんとheroと待ち合わせをしたレップブリカ広場にあるデパート、リナシェンテ。
ここもクリスマスイルミネーションがまだそのままです。

あ~、こうやって写真を見直すと本当にフィレンツェはきれい!

昨日、BSジャパンで、「イタリア食紀行」という番組を放送していて、フィレンツェが出てきました。
他にもローマとパレルモ、そしてなんとチヴィタ・ディ・バーニョレッジョも~
帰ってきたばかりですが、思わず叫びました。

「行きたい!!!」

聞いていた娘が呆れていました~

あ~、宝くじ、当たらないかっな~^^;



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-01-29 11:48 | イタリア

10日の午後は

リッカルディ宮殿を見た後は、本当にぶらぶらと街歩き^^
セール中のフィレンツェ、どのショーウィンドウも魅力的な言葉が躍ってます^^;
こまった!>苦笑

e0116960_23414194.jpg


フィレンツェでのお約束写真、ドゥオーモ。
良く晴れていたので、冬の青空にクーポラが映えます^^

e0116960_23445894.jpg


クリスマスの飾りを外しているところに出くわしました。
ベファーナも終わっていたのに、クリスマスの飾りがそのままあちこちに残っていました。

この日は12時半にシニョーリア広場でheroとkaoriちゃんとランチをするので待ち合わせ。
heroが連れていってくれたのは

e0116960_23482878.jpg


ナポリのピザ職人がやっているピッツェリア。

e0116960_23494515.jpg


頼んだのはこの3種類。
ナポリと言えば!のマルゲリータ、サルシッチャとナポリの野菜のピザ、そしてこれはナポリ特有だそうですが、半月系のピザ。
このピザは中にたくさんのチーズとプロシュートが入っています。
食通のheroが連れていってくれただけあって、このピッツェリア、最高!でした~^^
どれもこれも最高に美味しかった!

ランチのあと、仕事でテアトロへ戻るheroを見送って、私はkaoriちゃんと街をぶらぶらしながらheroの家まで帰りました。
途中でかわいいバッグ屋さんをkaoriちゃんが教えてくれて、娘にお土産の名刺入れを購入♪(お土産リクエストのその1だったんです、カッコよい名刺入れ~)

e0116960_23551716.jpg


heroの家の近くにあるバールで一休み^^

e0116960_23563810.jpg


感じのよいバリスタが淹れてくれた、カフェマッキアート。
ここのコーヒー、すっごく美味しかったんです。
フィレンツェにいる間にもう一度行きたいなぁと思いながら、時間切れアウト!で行けませんでした。
次回があれば・・・行きたい~
あ、ここでのお茶は、娘と同い年のkaoriちゃんが「杏さん、ここはご馳走するね!」と言ってご馳走してくれました。
いいのかな、私~^^;

heroの家に戻り、トマトやら荷物を置いて、またもやkaoriちゃんとキッチンでおしゃべり~
夕飯に出かけるまで、ああでもないこうでもないと楽しい時間でした♪



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-01-29 00:02 | イタリア
さて、フィレンツェに着いたのですが、9,10とトスカーナの鉄道だけスト!
最初の予定では10日からペルージャへ行くつもりでしたが、電車が動かないとなればフィレンツェをウロウロするしかない・・・

ということで、朝一番で中央市場へ行きました^^
「猿の惑星のおじさん」のお店でドライトマトやポルチーニを買わなくちゃ!で~
そっくりなんですよ、店主がね、猿の惑星の猿に・・・
ご本人はまさかそんな風に呼ばれているなんて知らないんですけどね。
だけど、とってもよい人なんです!

目的のものを買ったあとは

e0116960_23421899.jpg


去年、tammyちゃんが連れていってくれた市場の前にあるバールで一休み。
カプチーノとナポリのお菓子、スフォリアテッラ。
私、このスフォリアテッラって大好きなんです^^
パリパリの生地が最高です♪
中にチョコレートかパンナ(クリーム)が入っているのですが、私はパンナを選びました。
美味しかった~、2個くらいは簡単に食べられちゃいます♪

一休みのあとはメディチ・リッカルディ宮殿へ!
ここには有名なフレスコ画があります。

ベノッツォ・ゴッツォリのマギ礼拝堂の「ベツレヘムに向かう東方三博士」(東方三博士のベツレヘムへの旅 1459 - 1461)
この絵の依頼人は、コジモの息子で、ロレンツォの父であるピエロ・ディ・メディチだといわれています。

e0116960_23595343.jpg


撮影禁止なので、画像を借りました。
礼拝堂の壁に描かれたフレスコ画。

e0116960_004699.jpg


真ん中の白馬に乗った青年はロレンツォ・イル・マニーフィコだと言われています。
が・・・こんなに美しくはなかったはず、ロレンツォ!

冬の寒い日だったので、礼拝堂には監視のおばさんの他は私しかおらず、この有名なフレスコ画をゆっくり見ることができました。
この絵には、メディチ家の人びとが描かれていて、あ、これはコジモだね、とか、あ、これはピエロだ、とかわかってみるととても面白いのです。

そして

e0116960_0191965.jpg


フィリッポ・リッピの「聖母子像」

e0116960_0151916.jpg


e0116960_0172644.jpg


宮殿の中庭。
リッカルディ宮殿は、外観は(写真撮らなかった・・・)愛想のない建物なのですが、一歩中にはいると優雅です。

この宮殿の前は何度も通りながら、入ったのは今回が初めてでした。
フィレンツェ、そういうところがまだいくつもあります^^;

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-01-28 00:26 | イタリア