Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

タグ:イタリア ( 246 ) タグの人気記事

薔薇の名前

「天使の舞いおりるところ」で、「ようやくウンベルト・エーコの『薔薇の名前』の翻訳が出たので・・・」という文章があり、確か映画にもなっていたよね?とamazonへ行ってみたら、ウィークエンドセールとやらで、980円!
思わず、ポチッ>苦笑

今日は雨模様で、午前中に家事を終えて、夕飯の買い物もしてしまったので、午後どっぷり!とこの映画にはまりました。

e0116960_1747594.jpg


時代は中世。
舞台は北イタリアのベネディクト派の修道院。

その修道院へ教皇とフランチェスコ会の「清貧論争」のためにやってきたフランチェスコ会の修道士ウィリアムと弟子のアドソ。

彼らが到着する直前に起こっていた修道士で細密画家のアデルモ死亡事件。

ウィリアムは、旧知の修道院長アッボーネから事件を解き明かしてほしいと懇願され、アドソと共に調査に乗り出します。

が・・・
次々と起こる修道士の死亡事件。
明らかに殺人と思われる事件と事故死と思われる事件と・・・
修道士たちが混乱を極める修道院へ「異端審問官」がやってきて・・・

原作者のエーコが、記号論哲学者であり、中世研究家でもあるので、あちこちに記号論や聖書研究、キリスト教の諸問題などが散りばめられていて、非常に知的なミステリーに仕上がっています。

アドソが、貧しい村娘と生涯でただ一度経験する恋、それもこの映画の背景に重要な位置を占めていて、映画の最後に本来はあるアドソの言葉

「薔薇は神の付けたる名にして、我らが薔薇は、名も無き薔薇なり」

残念ながらDVDではこの言葉がカットされているのですが(なんで???これがないと意味不明になるのに?)、このアドソの言葉にこそこの映画というか原作に込められたエーコの真意があるように思えます。

そしてこれもカットされていますが、ウィリアムが言う

「枯れてもなお残るは薔薇の名前」

この言葉も深い意味を持っていると思えます。(本当になんでカットしたんだか?)

あ、この言葉があるとわかっているのは、DVDにおまけについている映画の製作ドキュメンタリーに出てくるから・・・なんですけど^^

殺人犯が誰なのか、途中でもしかして?と思いましたが、正解!でした。

映画の中で出てくる中世のキリスト教の豪華な写本の数々も見ごたえがあります。

ウィリアム役のショーン・コネリーが秀逸で、アドソ役の若いクリスチャン・スレイターも清々しくてよかった^^

未見の方には断然お勧めです♪

翻訳された原作、読みたい~^^


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-25 18:16 | 観劇・映画
早いものでイタリアの旅からもう1か月経ちました。

kazuちゃんと出かけたポルトヴェネレで買ったもの。

e0116960_2221991.jpg


陶器で出来たにゃんこの壁掛け。

この2匹バージョンをどりさんへのお土産にしました。
同じものがあればJoeにも買ってきたかったけれど、なかったし^^;

なんとも癒されるにゃんこたちです^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-19 22:27 | 好きなもの

旅は終わり・・・

1月9日からのイタリアの旅、19日にフィレンツェ空港から飛行機に乗り、20日の11時過ぎに成田へ到着。
そこで今回の旅も終わり・・・

帰る日、フィレンツェは小雨でした。
前日まで本当によいお天気だったのに・・・

ミュンヘンまでの飛行機はとても揺れました。
風が強くて、ひぇー!でした~

e0116960_18291582.jpg


ミュンヘンも雨。

帰りはちゃんと定刻で飛行機は飛びました。

あっという間だったイタリアの旅。

e0116960_1926571.jpg


e0116960_18331071.jpg


ポルトヴェネレで会ったフランチェスコ会のマ・スールが下さったメダイ。
フランチェスコ会のマ・スールも修道士の方もすぐにわかります。
会服を荒縄でしめているから・・・
ポルトヴェネレで思わず声をおかけして、昨日、アッシジのサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会へ行った、とお伝えしたら、このメダイをkazuちゃんと私に下さいました。
旅のよい思い出になりました。


旅人として訪れるイタリアは、私にはいつも笑顔を向けてくれます。
暮らしているわけでないので、イタリアの嫌な面はみていませんから、好きだと言えるのかもしれませんが、私はそれでよいと思っています。
旅に行って、その地の嫌なところなんて見たくもありませんから。
日本に来る海外からの旅行者にも日本の嫌なところなんて見て欲しくないですしね。

大好きなイタリア、そしてそこに暮らす友人たちも大好き。

次、いつ行けるかわかりませんが、また私がイタリアの土地に足を置くとき、笑顔で迎えてくれたら嬉しいなと心から思います。

長いことイタリアの旅の記事をお読みくださった皆様、ありがとうございました。
このいくつかの記事で、イタリアに興味を持ってくださる方がお一人でもいらしたら、それはもう望外の喜びです。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-11 18:40 |
tammyちゃんが10日に会ったとき
「そういえば今回はボルピはいいの?チロはいいの?」
と言いました。

よくないです!!!
フィレンツェに来て、ボルピへ行かず、チロに会わないなんて、ダメです~!

というわけで、イタリア最後の日のランチはエノテカのボルピへ^^

e0116960_1282065.jpg


お仕事中です、チロ^^

何食べる?
サルシッチャのクロスティーニ!
そりゃもう当然!

だったのですが・・・

「売り切れだよ~」

う・・・うそでしょ~!!!はるばる日本からそれを食べたくてきたのに~
思わず涙・・・な私~

その代り、というにはもったいないプロシュートのクロスティーニをtammyちゃんが頼んでくれました^^

e0116960_1301693.jpg


これね、美味しいんですよ!!!
メニューにないんです~

e0116960_1351197.jpg


エノテカですから、当然ワインです^^

で、なぜかこの日は飲めてしまって

e0116960_1372560.jpg


1杯目はモンタルチーノだったので、2杯目はキァンティ。
どちらも美味しいワインです♪
ボルピのワインに外れはない!

なんて言ってもソムリエのチロと、共同経営者お二人のお眼鏡にかなった厳選されたワインだけが置かれているのですからね^^

e0116960_1412343.jpg


もうちょっと何か食べたい、で頼んだサラミとチーズ。

e0116960_1445470.jpg


この日、お店はチロとリッカルドが出て仕事をしていました。
エミリオはお休み。
エミリオにも会いたかったなぁ・・・

ランチの後、ボルピでワインを買いました。
グラッパ用のグラスをotosanへのお土産に買ったとメールをしたら、「中身もお願い!」と返事が来ていたので、じゃあグラッパもね・・・
チロお勧めのグラッパ1本、モンタルチーノ3本、キァンティとシチリアのワイン、6本を買って国際宅急便で送ってもらいました^^
いつ飲もうかな~
あ、1本は先日こすもすさんのお家でのパーティにお土産で持っていきました。
イタリア通のY子さんが美味しい!と言ってくれました^^

休憩に出るチロが
「Ciao!またね!」
「うん、チロ、またね!」

だったのですが、ボルピのあとBarへ行ったらそこにチロがいて、はは、カフェマッキアートご馳走してくれました^^
美味しかった~

ボルピの後、4時に私はフィレンツェに暮らすJoeファンの florentia55さんとお目にかかることになっていて、tammyちゃんも一緒に約束の場所へ向かいました。
初めまして!もそこそこにお茶タイムとなり、まあフィレンツェでJoeやら101のコアな話で盛り上がりました。
Joeの最初のアルバムのバックコーラスをオフコースが無名時代にしている、という話になったとき、tammyちゃんの目が光りました^^
「え?そうなの?オフコースがコーラス???」
tammyちゃん、オフコースの大ファンだったのです~
よいのか、こんなにコアな話~!で、あっという間に時間が経ち、6時少し前に florentia55さんと「次は日本で、Joeのライブでお目にかかりましょう!」とお約束をしてさようならをしました。

そして、仕事へ行かなくてはのtammyちゃんともレップブリカ広場でお別れです。
楽しかった2日間。
しゃべりまくった2日間。
涙が出ちゃうからね・・・
だから、敢えてさりげなく・・・

「またね、またここでね・・・」
「うん、またね、またここで・・・」

kazuちゃんもですが、イタリアで一人頑張るtammyちゃん。
ネット姉は二人にいつも涙しながら日本へ戻ってきます。
今回も非常に危険、なんて言っても夕暮れ時・・・

あぶない・・・状態だったので、「じゃあね!」とだけ言ってさよならしました。

仕事へ向かうtammyちゃんの後ろ姿を見送りながら、「またね・・・ここでね・・・フィレンツェでね・・・」とつぶやきました。

で!
記事を書いていてふと思った・・・
tammyちゃん~、私、ボルピでのランチ代払ってないわ!
もうやだ・・・ホント、私ってば!
この借りは次回にねぇ!!!







にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-11 02:10 | イタリア
イタリア最後の日、午前中は以前から行きたかったバルジェッロ美術館へ。
この美術館にはたくさんの彫刻があります。

e0116960_0383191.jpg


美術館の中庭

e0116960_0405065.jpg


美術館の内部。

e0116960_0433367.jpg


ドナテッロの作品。
元々はオルサンミケーレ教会の外壁に飾られていたのを、バルジェッロへ移しました。
今、オルサンミケーレ教会に飾られているのは、レプリカです。

e0116960_0463151.jpg


e0116960_0481088.jpg


これもドナテッロです。
何とも美しい少年のダヴィデ!

e0116960_051467.jpg


これは確かミケランジェロ。
あんまりたくさんあって、メモを取らなかったのは大失敗!

e0116960_0542458.jpg


ロッビアかな?

で、おかしいと思われた方もいらっしゃるかと・・・
そうなんです、バルジェッロは実は写真はダメな美術館・・・
それを知ったのは

e0116960_0571833.jpg


この墓碑の写真を撮っていたときに・・・
監視員のおじちゃんがやってきて
「シニョーラ・・・写真はダメです」
と小声で言ったとき・・・

ダメ???どこに書いてあるのよ~!
他の見学者もパシャパシャ撮ってたよ???

と、ドアを見たら。。。
まあ、なんと!本当に小さく、小さく「撮影禁止」と書かれた紙が貼ってありました。

こういうのは大きく書かないと!!!

思わず、あら!ごめんなさい!と謝りました。

でもデータは消してと言われなかったので、ここにこうして画像がある、というわけです。

他にも精巧にできた象牙の彫刻やら、本当にたくさんの作品が収められています、バルジェッロ。

tammyちゃんと凄いよねぇ!と言いながら鑑賞しました。

バルジェッロを見たので、フィレンツェで見ていない美術館は、あとアカデミアとパラティーナだけになりました。
っていうかこれだけフィレンツェに通っていて、そこを見ていないってどうなの?なんですが^^;



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-11 01:05 | イタリア

お夕飯♪

heroの家に戻り、待っていてくれたkaoriちゃんと3人で歩いてアルノ川の対岸にあるスーパー、エッセルンガまで夕飯の材料を買いに^^
これが結構な距離がありました。
普段は2人は自転車でビュン!と出かけるのに、私も一緒なので歩いてくれて、ごめんなさいねぇ・・・

写真を撮らなかったのが残念なのですが、イタリアのスーパーへ行くと、食料品の品数の多さと安さに驚きます。
そこが日本と断然違うところ・・・
日本はたとえスーパーでもお高いですからね、生鮮食料品は・・・
主婦としては本当にうらやましいと思います。

材料を買い込んで作ったもの、ちがう、作ってくれたもの。

e0116960_159467.jpg


テーブルにいっぱいのお料理の数々・・・

e0116960_15114082.jpg


kaoriちゃんのコロッケ。

e0116960_15132080.jpg


e0116960_15145411.jpg


tammyちゃんの野菜のグリルとカルチョーフィのフライ。
イタリアの冬ならではの野菜、カルチョーフィとグリルにしてくれたラディッキョ。
どちらも私の大好物なんです♪

誰よ?お腹がいっぱいだ!なんて言ったの・・・で、私はまたもや食べました。
どれもこれも美味しかったのですもの~

食べながら飲みながらしゃべりながらで、夜は更けてゆき・・・

気が付けば1時近く・・・

なんだか家族でご飯食べているみたいだねと思いましたよ、私^^

慌てて「今日はもうタクシーで帰る!」というtammyちゃんと、じゃあ明日はシニョーリア広場で待ち合わせね!と約束をしました。
普通にフィレンツェで暮らしているみたいな会話です。

あと1日となったイタリア。
最後の日も夕方までtammmyちゃん独り占めの時間は続きます。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-09 15:20 | イタリア
お茶のあとは、ここで食べたい!と私が叫んでいたお店でランチ^^
ただ、非常に量が多いので、仕事の途中のheroを呼び出しました。

e0116960_12474541.jpg


リベルタ広場にあるビステッカ・アッラ・フィオレンティーナならここ!とtammyちゃん一押しの「ペルセウス」

e0116960_133348.jpg


お店に入るとすぐにこんな光景が~
お肉屋さんだった名残でしょうか?

e0116960_135883.jpg


店内は満席!
予約をしないとここで食事は難しい・・・

e0116960_1371294.jpg


注文したビステッカ、焼き上がると席まで持ってきて切り分けてくれます^^

e0116960_1393598.jpg


e0116960_13111861.jpg


キアーナ牛のうまみがギュッ!と詰まったビステッカ。
tammyちゃんはあと1分焼いてほしかった、と言っていましたが、塩加減は最高で、美味しかった!
ずっとここでビステッカを食べたい!と思っていた私^^
大満足!

この日はビステッカの他にプリモとして、パッパ・アル・ポモドーロとリッボリータを食べました。

e0116960_13155187.jpg


こちらも本当に優しい味で美味しかったです♪

フィレンツェの伝統的なお料理でのランチ、美味しい、美味しいと食べてしまい、お腹がはちきれそう!
ランチの後、仕事でテアトロへ戻るhero、そして私とtammyちゃんは再び街歩き。

チェントロへ戻り、ブランド街をぶらぶらと・・・
はは、危険ですよね。
ええ、予感は当たり、エトロで待望の大判ショールをお買い上げしてしまいました。
残念ながらセールにはなっていなかった・・・(;_:)

夕暮れ近く、フィレンツェではもうとても有名なBARのアメリーニで疲れた足を休めました。

そしてそのあとはheroの家へ。
この日の夕飯はheroのお家でみんなで作って食べることになっていたのです^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-09 13:39 | イタリア
17日から2日間は、なんと贅沢なことにtammyちゃん独り占め時間でした^^
ずっと仕事で忙しかったtammyちゃんが、2日間時間を空けてくれてフィレンツェを一緒に歩きました。

まずはドゥオーモで待ち合わせ^^

e0116960_042368.jpg


ドゥオーモの前にいた観光馬車のお馬さん。

ドゥオーモからトコトコと歩いて向かったのは

e0116960_0453473.jpg


サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場にある捨子養育院。
ここの美術館に行きたくて、日本から旅立つ前にtammyちゃんに「連れていって~」と頼んでありました。

e0116960_0493547.jpg


養育院の門を入るとこんな中庭が。
この養育院の設計は、ブルネレスキ。
広場の建物と一体化するようなデザインで、なんとも言えない雰囲気があります。
そして、この養育院には美術館が併設されていて、そこにボッティチェルリの聖母子像やギルランダイオの三王礼拝の絵画が納められています。
そしてロッビアのテラコッタ製の聖母子像も。

e0116960_0591281.jpg


美術館へ行く階段にあった彫刻。

e0116960_15497.jpg


ギルランダイオの三王礼拝。
かなり大きな絵で、色彩が見事!

そして、私が見たかったボッティチェルリ、ストロッツィ宮殿での美術展に貸し出し中でした>悲

美術館には、捨て子につけられていたその子の身分を表すリボンやメダイが展示されていました。
子を捨てねばならなかった母親の、わが子への思いを見るようでした。

e0116960_192287.jpg


養育院の外にある子供を捨てるための場所。
ここに母親はそっと我が子を置いて、帰ったのです。

e0116960_112203.jpg


入り口のアーチの天井に描かれたフレスコ画。

養育院を出て、ドゥオーモ方面へお散歩^^

e0116960_1172294.jpg


フィレンツェのシンボル、ドゥオーモ。

ランチの時間までちょっと時間があったので

e0116960_1204841.jpg


古き良きフィレンツェを代表するパスティッツェリアのロビリオでお茶をしました。
マダムたちがお買い物の帰りにお茶をしたり、ここのお菓子をお土産にしたりするのだそう。

e0116960_1261473.jpg


たくさんのお菓子が並ぶ店内。
ここでお菓子を選んで、お茶しました^^

e0116960_1281561.jpg


懐かしい優しい味のお菓子とコーヒー。
こんな時、あ、イタリアにいる!と思います。

tammyちゃんと歩くときも、お茶の時間も、本当によくしゃべりました。
話すことはたくさんあって、どのことから話そうか?と悩みました^^;

お茶の後、ランチの場所へ移動です。
フィレンツェ、何度も来ているけれど、初めて行くところ~^^




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-09 01:33 | イタリア

カッラーラ

ルッカからkazuちゃんのB&Bへ戻ってきたときに見えた

e0116960_2158586.jpg


ばら色に輝く大理石の山・・・
本当に美しい・・・

e0116960_221847.jpg


敷地内に咲く野生のクリスマスローズ。
よい香りがします。

e0116960_2231590.jpg


kazuちゃんが愛してやまない黒猫のリンダと白黒ぶちのジジ。
この子たちがkazuちゃんと私の縁結びの神なんです^^

e0116960_2254460.jpg


ルッカへ行った日の朝ごはん。
kazuちゃんのB&Bの朝ごはんは美味しい!

そして・・・フィレンツェへ戻る日・・・

オリヴィエロの家に行きました。

e0116960_2283857.jpg


記念写真♪
デメートラは相変わらずやんちゃで~
デメの赤ちゃんの時の写真をオリヴァからもらいました。
ふふ、可愛いの~

オリヴァといろいろとおしゃべりをして、Ciao、またね^^

車はマッサへ向かいます。

いつものお店でランチ♪

e0116960_22131653.jpg


魚介類のマリネ。
kazuちゃんが最近発見したの、というアンティパスト。
レモンをギュッ!と絞って~
あ~、口福~^^

e0116960_22151246.jpg


ここへ来たら絶対に!の豪快なパスタ!
本当に美味しいのです^^

そして、ここでもしゃべって、しゃべって、しゃべって!!!
時間はあっという間にすぎてゆき・・・
気が付けば3時15分の電車まで、わ!間に合わない???

マッサの駅に着き、切符を買っていたら、電車が来てしまいました~
kazuちゃんが

「杏さん、電車止めておくから!カチャンだけはして!」

そうなんです、切符に刻印をしないと検札の時にとんでもないことになるんです~
慌てて刻印をし、電車に飛び乗りました。
というわけで、今回はkazuちゃんとさよならするときに涙、涙にならず済みました^^;

楽しかった3日間。
kazuちゃんにはすっかりお世話になってしまいました。
まだまだしゃべり足りないなぁ、と帰ってきてからも思います。

次はいついけるかな・・・

フィレンツェに戻ってきたら、heroがナポリ料理の夕飯を作っている真っ最中でした~



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-07 22:25 | イタリア
kazuちゃんのB&B滞在2日目は、待望のルッカへ!
絶対に行ってみたかった街、ルッカ。

そのルッカへ行く前に、高級リゾート地のフォルテ・ディ・マルミへ寄りました。
セール中のブランドストリート、目が危険~^^;
で、とうとう1着お買い上げ!となりました。
いかにもイタリア!なデザインのニットのミニワンピース~
ベルトも一緒に買うことにして、kazuちゃんが「もう少し安くして~」と交渉してくれて、破格のお値段になりました^^
カシミヤのワンピースとベルトでなんと250ユーロでした♪

さて、そんなお買い物のあとは高速をkazuちゃんがビュン!と走ってルッカへ!

e0116960_17394375.jpg


e0116960_17452144.jpg


e0116960_17473474.jpg


e0116960_1949293.jpg


e0116960_19511983.jpg


e0116960_19525372.jpg


ルッカの街角。
ドゥオーモや歌劇場、メルカートのたつ広場♪
小さな街ですが、とても品のよい街です。
暮らすにはよい街だよね、とkazuちゃんと話しながら歩きました^^

ドゥオーモの中にはヤコポ・デッラ・クエルチャの「イラリア・デル・カレットの墓碑」があります。

e0116960_2072384.jpg

                   撮影は禁止ですので、画像をお借りしました。

この墓碑を見るには確か3ユーロほど支払ったと記憶しています。
この墓碑について説明をしてくれる女性がいるのですが、早口で早口で、何を言ってるのかさっぱりわからん!でした~^^;
kazuちゃんが聞き取れたのはね、と説明してくれました。
15世紀の作品ですが、美しかったです。

この日、ルッカは骨董市がたっていました。

e0116960_17492078.jpg


興味津々の骨董市。
実は、私のネイルと同じ柄のジノリのティーセットがありました。
喉から手が出るほど欲しかったのですが、どうやって持って帰る???で泣く泣くあきらめ・・・
あの柄のティーセット、廃番になってるはず・・・
しかし、カップ6個にクリーマーとシュガーポットは・・・無理ですぅ・・・>悲

e0116960_17534128.jpg


ルッカでランチを食べたお店。
偶然に入ったお店です。

e0116960_17554844.jpg


プリモのパスタはお店のおすすめ!
野草のソースのパスタです。
これがね、まあ美味しいのなんの!!!

e0116960_17575662.jpg


セコンド。
ペポーゾとポレンタ。
ペポーゾは牛肉の胡椒煮とでもいえばよいでしょうか。
トスカーナのお料理で、とっても美味しいのです^^

しかし・・・量が多いわ^^;

私たちが入ったときはガラガラで、大丈夫?だったのですが、次第に地元の方たちがやってきて、最後は満席!
地元の方が集まるお店は絶対に美味しい!
本当に美味しいお店でした^^

ランチのあと、ルッカをぶらぶらとお散歩しました。

e0116960_1824194.jpg


ルッカといえばプッチーニ♪
この街はプッチーニが生まれた街。
マダム・バタフライが聴こえてくる???

e0116960_1851447.jpg


生家は今では博物館になっています。

e0116960_19544351.jpg


e0116960_19561978.jpg


プッチーニの生家の近くにある、サン・ミケーレ・イン・フォロ教会。
ファサードが見事でした。
この教会にはロッビアのテラコッタ製聖母子像があるのですが、あら?なぜか入らなかった^^;
ルッカへまた行くことがあれば見たいな~^^

e0116960_18101751.jpg


ルッカは城壁が完全に残っている街でもあり、この城壁の上を歩くことができます。

e0116960_18124544.jpg


街の景色を見ながらお散歩^^

e0116960_18264543.jpg


記念撮影♪

この街が過去に都市国家同士の争いから街を守るために城壁を強固にし、街自体も進化しつづけてこの姿になったことは、いまの穏やかな街の様子からは想像するのが難しいのですが、中世の面影を色濃く残す姿に、ああ来れてよかった!と思いました。

ルッカを後にしてカッラーラへ戻り、この日の夜は、可愛いモモちゃんとニコちゃんのご一家とkazuちゃんのサロンでお夕飯。
そこへオリヴィエロもやってきて、しばし賑やかでした^^
あ~、その時の様子も写真なし・・・
なぜなら初めてお目にかかったモモちゃんママとモモちゃんとおしゃべりが忙しかったから^^;

みなさんがお帰りになった後もkazuちゃんと私は、またもやあーでもない、こーでもないと喋り捲ったのでした^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-02-07 18:38 | イタリア