「ほっ」と。キャンペーン

Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

さくら・・・

我が家でお花見が出来ないので、ブログ上で疑似お花見^^

e0116960_22482028.jpg


e0116960_22494680.jpg


今日は午前中晴れていたので、青空バックの今年の桜です。
今日で8分咲き?

庭の花たちも咲き始めました。

e0116960_22521083.jpg


ムスカリ。
かわいい^^

e0116960_22534822.jpg


クリスマスローズ。
日本のクリスマスローズは香がなくて寂しい。

e0116960_22555834.jpg


ヒヤシンス。
何年か前にJoeのライブでお土産にもらったのを庭に植えました。
以来、毎年咲いてくれます。

e0116960_2258824.jpg


そして・・・
ミーの眠る場所に赤いミニバラを植えました。
ミーちゃん、赤いお花だよ。。。
お母さんはなんとなくミーには白いバラがよいかな?なんて思っていたけれど、otosanがこの赤いバラを選んで植えてくれてよかったね。
ミーちゃん、天国で元気に走り回っているかな?

大きなお花見はもう出来ないから、と開催しないことにしましたが、otosanが「それなら僕の友達に来てもらっていい?3人くらい?」と遠慮がちに言うので(苦笑)、どうぞ、どうぞ!と答えました。

e0116960_2332830.jpg


簡単なお料理だけですみません!でしたが、いらしてくださった3名の画家のみなさまは、私は初めましてでしたが、とても楽しい方たちで、おしゃべりが弾みました。

へえ!なお話がたくさん!
藤田嗣治のあの独特の白が生まれたわけ、ビュッフェの絵のあの黒い線の描かれ方、上村松園の芸妓の肌の色の作られ方、芸大美術科の功罪についてと某著名日本画家についての辛辣な批評。
たまたま杉山寧さんの展覧会に行ったという話から話題は日本画へとなり、いらした皆さまは油絵の方たちですが、日本画にも造詣が深くていらして、今の若い日本画家が墨絵を描けないというショッキングな話やら、その世界の裏話やら。。。

イタリアやスペインの話しにもなって、ミロのアトリエへいらしたときのお話やダ・ヴィンチの「モナリザ」の考察、他にも「受胎告知」についてなど興味深いお話に、無料で美大の講義を聴いているような気分になりました。

先日mayumiさんのブログで話題になっていたラファエロについても我が家でも話題になり、画家として彼はミケランジェロをはるかにしのぐ才能の持ち主であるということ、ミケランジェロは確かに彫刻家としては天才だけれど、画家としてはちょっとね・・・という私が「あのバランスの悪さはどうなのでしょうね?」と投げかけた疑問に「ダメでしょう。バランス悪いでしょ?どの絵も。絵についてはあまりね・・・」とおっしゃられた方がいらして、私は自分が日ごろ思っていたことが私だけの考えではなかったことがわかり、大いに満足したのでした。

そして、お一人の方が
「芸術は絵にしても彫刻にしても音楽にしてもその普遍性を追い求めるもので、それを追わないのであれば絵は描かない方がいいし、彫刻も作らない方がいい、音楽も同じ」
とおっしゃって、まさしく!と思いました。

お三方のお話は、私とotosanだけがうかがうにはあまりにもったいなくて、絵がお好きな方にお聞かせしたかったなぁと思いました~。

よい1日でございました♪

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-03-23 23:29 | 徒然

花づくし

先週はドライアイに悩まされ、仕事でPCを使わないわけにはいかないので、帰ってきてからもPC画面を見る気になれず、たまったメールを処理するだけで立ち上げてもすぐにシャットダウン!

そんなことをしているうちに・・・

e0116960_2344612.jpg


なんと・・・
庭の桜が咲いてしまいました!
まだ3月中旬です。
いくらなんでも早すぎ・・・
今年はとても寒かったのが、急に暖かくなって、桜はきっと焦って咲いたに違いありません。

そして今日はJoe'shouseでアレンジレッスン^^

e0116960_238333.jpg


春らしくチューリップやアネモネを使ったアレンジ♪

e0116960_23414185.jpg



今回のアレンジの隠れた(?)主役は、この可愛らしいハート型の箱。
こういう小物を一体どこで探してくるのでしょうね?

ただ、今回は思いのほか難しくて、最後は???で終わってしまいました。
なんとか形にしたけれど、やはり頭も身体も疲れているときにはよいアイデアは浮かんできませんね・・・

4月には少し落ち着いた状態でお稽古できるかしら???

そして・・・
2年目の3月11日を迎えました。
色々と思うことはありますが、何も言うまい、と決めました。
TVも新聞も日ごろは忘れたようなのに、3月11日が近付いたら、我も我もと記事にして・・・
それが悪いとは言いませんが、違和感を感じます。
私は今、生きて仕事もさせてもらっている、そのことに感謝して、そして日々あの日のことを胸において暮らしていこうと思います。
いえることはそれだけ・・・
岩手日報の3月4日付けの紙面に宗教学者の山折哲夫さんが3月11日の大震災について寄稿されています。
その中に「抜け落ちた東北地方」という一文があって、まさしくそうだと思いました。
あの大震災のその後の状況について、何か違ってきている、そんな風に思うのは私だけでしょうか。


♪お知らせ
今年、まさかこんなに忙しい事務所で仕事をすることになろうとは思ってもいませんでした。
毎年開いてきたお花見、いつも2月半ばからいろいろな準備を始めて、当日までああでもないこうでもないとバタバタして開催していました。
去年もでしたが、今年は去年以上に余裕がなくて、おまけに桜はいつもより2週間も早く咲いてしまい、とてもお花見の宴を開く状況にありません。
10年以上続いていた我が家のお花見ですが、今年もお休み致します。
来年開催できるかどうか、微妙ですが、出来るといいなぁ、と思っています。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-03-17 23:39 |

寧さんの世界へ

日本橋の高島屋で6日から開かれている日本画の杉山寧さんの回顧展にotosanと出かけてきました。

杉山さんは、義父の旧制中学からのお友達で、よく義父が

「僕と杉山君は美術の点数はいつも一緒だったのになあ。なのに杉山君は日本画の大家になってしまったんだよね」

と言っていたのを思い出します。

私はそれこそ口には出さなかったけれど、「お義父さま、同じ点数でも上と下とがあるのじゃないの?杉山さんは特上で、お義父さまは・・・並だったのよ」と心の中でいつも思っていた悪い嫁です>苦笑
ただ、なぜか義父と杉山さんはどこか風貌が似ていて、義父が生前の仕事につかなければ、もしかしたら大変な画家になっていたかも?と今日、会場に飾られていた写真を見てふと思いましたが、いいや、あり得ないと心の中に沸いた思いを打ち消しました^^;

e0116960_20494823.jpg


東京美術学校(今の藝大)在学中の作品から晩年の作品まで、未公開の作品も含めて70点余が展示されていました。
20歳の頃に描いた「南天」の絵は、とてもその若さで描いたとは思えない風情と品のある作品で、この方が若くしてその将来を嘱望されていたことがよくわかります。

e0116960_21181193.jpg


e0116960_21185451.jpg


e0116960_21192897.jpg


画像が小さくて残念ですが、今回の展覧会で展示されているエジプト連作の数々・・・

1960年代の初めに大変お好きでいらしたエジプトへ出かけ、たくさんのスケッチをされて、帰国されてから描いたものです。
当時の日本画壇にあって革新的なものばかり。

杉山さんは古代の遺跡や美術に関心が高かったので、エジプトだけでなくギリシアやトルコ、そしてイタリアのエトルリア文明などを題材にたくさんの作品を描かれています。
どの絵も雄大で悠久の時を感じさせる作品。。。
杉山さんの絵、とっても好きです。

今回の展覧会で驚いたのが、大変有名な絵がほとんど個人の所蔵であるといこと。
エジプトのスフィンクスとピラミッドの絵は、かなり大きなものですが、これも個人の所蔵です。
あの大きな絵を飾る壁があるって・・・凄い・・・

今回は没後20年ということで開かれた展覧会ですが、杉山さんの絵に触れるもう少し多くの機会があるといいなぁと思いました。

義父が家を新築した際に、旧制中学のお友達たちから新築祝いはなにがよいか?と聞かれ、その頃にはもう大家になっていたのに、「どうせならリビングの壁に飾るように杉山君の絵がいい」と言って、お友達たちは本当に杉山さんに頼んで絵を描いてもらい、お祝いにくださったのですよ・・・
その絵を描いたときのことを杉山さんが文章にしていらして、まさしくこのことは我が家にある絵のことだ!と義父が嬉しそうにしていたことを思い出します。

ちなみに三島由紀夫の夫人は杉山さんのお嬢様。
会場に自身の展覧会会場で三島夫妻と笑顔で並ぶ杉山さんの写真が飾ってありました。

otosanは、杉山さんが毎年義父に贈ってくれる招待券で日展を見に行っていたときを懐かしく思い出していた様子です。
久しぶりに杉山さんの展覧会、行けてよかったね、otosan!

e0116960_012327.jpg


たまたま同じ8階で行われていた京都展。
大徳寺のさいき家さんが来ていたので、だし巻き卵を買いました。
なつかしい丸十さん(村上重さん)のお漬物も。
本日のお夕飯になりました。
どちらも京都の味で本当に美味しいのです^^


昨夜はJoeのスプリングライブでした。
遠方からのお友達たちと楽しい時間でした。
そして明日はなんと、なんと!宝塚・月組トップの真咲さんのお茶会!
娘が真咲会に入会してしまい(苦笑)、お茶会に連れて行ってくれることに~^^
娘曰く
「真咲さんは人間じゃないからね。あのキラキラ感、あのオーラ、あの美しさ、可愛さ、あの人絶対に人間じゃないから!」
だそうで、そんな方のお茶会、一体どんな?とかなり楽しみです。
問題は・・・開始時間が夜の8時から、ということで・・・
そんな時間のお茶会って???(公演が終わってからだからこの時間なんだそうです~)

ライブとお茶会については後日~^^




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-03-09 22:05 | 美術(美術館)

ひな祭り

お天気はよいけれど寒いひな祭りです。

一応娘がいるので、形だけ~^^

e0116960_2011325.jpg


今日は昼に美容院へ出かけたので、帰りに購入してきた桜餅とうぐいす餅で久しぶりに日曜日お休みの娘も一緒にお茶時間。

e0116960_20134338.jpg


夕飯に雛のお寿司を作りました。
うーん、錦糸卵が・・・細くないわ>苦笑

e0116960_20155265.jpg


毎年買いそびれる蛤。
今年はちゃんと購入できました^^

簡単な雛のお膳です。
気持ちだけね^^;


昨日はサントリーホールへLe Velvetsのコンサートを聴きに出かけました。
クラッシックの殿堂のサントリーホールでの演奏会。
ここまできたのね、Velvets!

e0116960_2022485.jpg


最初は硬かった彼らも次第に硬さが取れてきて、2部はいつものVelvets。

1部はクラッシック中心で、アレンジはピコ(樋口康雄さん)。
樋口さんというより101ファンにはピコです、いつまで経っても^^
ピコのアレンジはさすがでした。
Velvetsのメンバーが、このホールでクラッシックの名曲の数々を歌えることに感動している様子が手に取るようにわかりました。
そうよね、誰でも上がれるステージじゃないものね。
よかったね、頑張ってきて^^

2部はクラッシックから離れてロックあり、ポップスあり、日本の歌あり。

たのしい2時間でした。

始まる前にどりさんとちょっとお茶をしました。これも久しぶり?
良い時間でした。

コンサート終了後は、お夕飯の支度もあるので、さっさと帰ってきちゃいました^^;
会場でお目にかかったみなさま、お目にかかれなかったみまさま、失礼いたしました

しかし、サントリーホールは本当によいホールです。
音楽聴くならやはりここか紀尾井、文化会館です~♪



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-03-03 20:31 | 徒然

よい時間♪

大好きな金曜日の夜!
もう本当に忙しすぎてしまって、夕飯が終わるとグッタリ。。。な毎日。
歳だなぁとつくづく思います。
以前はこんなことなかったのにね。

e0116960_2225245.jpg


夜に食べちゃダメでしょ?と思いながらの、金曜日の夜のお茶時間。

お茶は、リーフルダージリンの桜のお茶。
サンプルを送ってくれたので、淹れてみました。
去年も美味しい!と思ったお茶ですが、今年も美味しい^^
ロールケーキは地元のフュッセンの生ロール。
TVは録画していた月組の「スカーレット・ピンパーネル」。
あ~、良い時間です。

                *******************

よい時間と言えば・・・
先週の土曜日に京橋で開かれている水彩画とパステル画の展覧会へ出かけました。
ボルドーの風景を描いた絵に癒されてきました。
素敵な絵がたくさんあって、ちょっと欲しいな。。。なんて思いました。

銀座まで歩いてホテル西洋でランチをしながら、たくさんおしゃべり^^

e0116960_22352756.jpg


イタリアンで、前菜が選べたので、この時期に絶対食べたいトリッパのトマト煮を私はいただきました。
美味しかったです♪
ホテル西洋の閉鎖とともにランチをしたイタリアンも閉店になるとか。
残念です。
5月までまた行けるかしら???
ご一緒してくれたお二人、ありがとう!
お友達のアレンジでお出かけするって、なんて気持ちがウキウキすることでしょう~^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-03-01 22:41 | 徒然
寒い風の吹く日曜日、東京宝塚劇場で上演中の宝塚・月組公演「ベルサイユのばら・オスカル・アンドレ編」を観に行ってきました。
お正月に大劇場まで観に行った「ベルばら」
今度は東京公演、そして24日の日曜日の午後はオスカルとアンドレの役替わり公演でした。

e0116960_2238632.jpg


チケットは即日完売、東京公演を観ようと思ったら、当日券に並ぶかオークションでチケットを落とすしかありません。
たまたま運よくきちんとチケットが取れて、娘と2人で私は3度目の、娘に至っては何度目?の観劇!

役替わりで、アンドレをトップの真咲さんが、オスカルを準トップのみりおちゃんが演じた昨日の公演。

主役はもちろんオスカルなんですけれど、あれ?
アンドレが主役でしたっけ?
と思ってしまうほど真咲さんの圧倒的な存在感!
そして圧倒的なイケメンぶり^^

e0116960_22472589.jpg


鉄砲に撃たれてオスカルの目の前で死ぬシーンなのですけれど、いや、こんなに美しくては・・・いけないでしょ・・・

オスカルのときも本当にきれいで、凛々しいけれどどこか儚げな雰囲気で、劇画そのもの!でしたが、アンドレは・・・言葉もなく、アンドレ!でした^^

涼風真世さんのオスカルが一番きれいだなとずっと思っていましたが、真咲さんのオスカルとアンドレ、これ以上のはまり役の人はいないのじゃないか?と思う美しさ、イケメンぶりでした♪

みりおちゃんのオスカルは・・・きれいですが、ちょっとごつい感じがしました。
凛々しさを追及した結果でしょうか?

娘と観ると、時々彼女が
「は?」とか「え?」とか小声で言うのが聞こえます。
昨日も何度か・・・

「なんでトランペット、音外すかな?一番肝心なところで!」

そうなのです、橋の上で写真のアンドレが撃たれて死ぬシーン、ここで「心のひとオスカル」をとぎれとぎれに歌うのです、アンドレが。
もう涙なくしては観れないシーンなんですが、大劇場のときも昨日も、この肝心なところでトランペットは音を外しました。
なんとかならないでしょうかね?

それにしても、とにかく月組のベルばら、最高に素敵です~^^

実はあと2回観ます。
イタリア語の先生のERIKAと一緒にと、これまた娘と一緒に必死でとった千秋楽。
まさみりコンビの最後の日、最後の公演。

チケットさえあれば何度でも観たいと思います。
もうあまりに仕事が忙しくて、ひたすら月組に癒されている今日この頃^^;




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-02-25 23:01 | 観劇・映画

バラ三輪の華やかさ^^

Joeのところへお稽古に行ってきました。
今月はちょっとした大工仕事があってちょっと大変?

e0116960_2017396.jpg


リースですけれど、ちょっと変わった形。

e0116960_20182822.jpg


大きな薔薇が三輪あって、華やかです。
まとめて入れようか離して入れようか考えた挙句、まとめて入れてみました^^

たくさんの花材で、時間内に終わるかな?と思いましたが、無事に終了!

今回もお口も手も忙しい2時間~

前日、「悪寒がする」とFBで言っていたので、大丈夫?と思いながら出かけましたが、思いのほか元気でいつものJoeでした^^
映画の話しも絶好調で、説明を聞いて、見なくてもいいかな?になりました、某映画^^;

今回も非常に楽しいお稽古時間でございました♪

帰り際、ご一緒した生徒さんが「節分草がもう咲いているのよね。早いわ!」と話されて、節分草?
野草だということで、見たことありません!と言ったら、これよ!と写真を見せてくれました。
まあ可憐な花で(野草ってみんな可憐ですが)、実物をみたいなぁと思いました。

e0116960_20284543.jpg


節分草。
白い部分は花びらでなくガクだそうです。
キンポウゲ科の花ですが、本当に可憐!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-02-17 20:32 | ドライフラワー

早く帰れたので^^

今日は思いのほか早く帰れたので(と言っても8時半過ぎですが、家に着いたの)。

FBで「いいね!」を押しているイタリアの指揮者、リッカルド・ムーティのオフィシャルサイトがリンクを貼っていたので・・・



今年はイタリアの作曲家、ヴェルディの生誕200年のヴェルディイヤーです。
きっと本国イタリアだけでなく、世界あちこちでヴェルディのオペラが上演されることと思います。
彼の作品はたくさんあって、一番ポピュラーなのは「椿姫」でしょうか。
他にもフィレンツェの息子heroがはまり役のリゴレットとかアイーダなどオペラの名作がたくさんあります。

中でも私が一番好きなのが、この歌が歌われる「ナブッコ」
舞台はバビロン。
ネブカドネザルの時代に起こったバビロン捕囚。
ふるさとを思ってヘブライ人たちが歌うのが、この「Va, pensiero, sull'ali dorate」(行け、わが想いよ、黄金の翼にのって)
イタリアの第二の国歌とも言われるこの歌。

歌詞もですがメロディラインも胸を打ちます。

ムーティの指揮も素敵^^
無駄な動きがなくて、おしゃれで!
一番好きな指揮者かも!

正規の演奏のあとで「みんなで歌おう!」と客席に向かっても指揮をするムーティ。
それに応じてちゃんと歌う観客。
やはり第二の国歌と言われるだけの曲なのですよね。
ステージの上の歌手たちも涙を流していて、こういう時間と感情を共有できるのが羨ましいなあ!と思いました。

イタリアでこのオペラを見ることができたら・・・泣くかな???

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-02-13 22:49 | 音楽

いつまでもショパン

暮れにお友達から借りて先日読み終わり、あまりの面白さに1月続編が出たのを知って早速ポチッをした

「いつまでもショパン」

e0116960_15325952.jpg


舞台はポーランド、ワルシャワ。
5年に一度のショパンコンクール。
私はもうそれだけで胸が躍りました^^

今回は前作2作とは違って、世界を震撼させたタリバンも登場し、音楽の世界から政治の世界も組み込んで、作品の世界が一気に広がった、そんな感じもします。

犯人については、私は途中でわかってしまいました。
謎解きと言う意味では物足りないかもしれません。


ですが、それを超えても胸に迫るコンテスタントたちの表情やピアノへの思い、それぞれのショパンへの思い、音楽への情熱などがそこここにきらめいて、ミステリであるにもかかわらず感動的な読後感が残りました。

今回も岬洋介が活躍しています。
本人もコンテスタントとしてコンクールに出場していて、結果は書きませんが、そうだよね・・・と思いました。

日本からの出場者にあるコンクールで優勝し、一躍時の人となったピアニストをモデルにしたと思しき人間が登場しています。
中山氏はかなり肯定的に描いていますが、辛口を言わせてもらえば、そう???
はっきり言えば、そのピアニスト、私好きじゃないんで^^;
何か違う、といつも思っているので、そこだけはいや、違うのじゃなかな?と口を挟みたくなりました>苦笑

コンクールの最後、8人のファイナリストたちよって演奏される協奏曲のステージ。
その最後に何故か出てくるのが、ノクターン2番。

誰の演奏がよいかな?と探したのですが、なかなかこれ!という演奏がなくて・・・
ちょっと違うかもしれませんが、音色の美しさから選んで貼ってみました。
本の内容からだともう少しテンポがゆっくりな演奏のように思いますが。



実稚恵さんのがあればそれを貼りたかったのですがみつからなかったので・・・

この曲がどうして作品の最後に登場するのか。

疑問に思われた方、この作品を読んでみてください!
非常に面白く、そして感動もあるミステリですので。

で、読み終えた後、なぜだか映画「戦場のピアニスト」を観たくなりました。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-02-11 15:56 | 読書

日本橋デート♪

三連休の真ん中の今日、日本橋デートをしてきました^^
Y子さんと本当はご一緒に映画をみる予定だったのですが、なんと金曜日に終わってしまっていたのです!(ショック!)
イタリア映画祭にも来ていなかった、イタリア好きには貴重な映画だったのに、残念無念。。。

映画なくなってしまって、「どうしますか?」とご連絡をいただいたので、今日は一日空けてあるので、おしゃべりに付き合ってください!とお願いして、日本橋へ~^^

目的は

e0116960_2148164.jpg


浅草梅園の「粟ぜんざい」
浅草まで行かずとも日本橋のデパートに支店が入っているのでそちらへ!
美味しかった~
漉し餡の甘さも品がよくて、さすがの梅園!

さんざんおしゃべりした後、てくてく歩いて、三越へ。
こちらで今開かれている、中原淳一展を見に。
せっかく日本橋まで来ているのだから、見ていかない?と誘ってくださったので、二つ返事でお供しました♪

e0116960_2152288.jpg


e0116960_21522337.jpg


「それいゆ」などで活躍された中原さんの原画など貴重なものがたくさん展示されていました。
中原さんの絵の少女たちのお洋服や髪形は、今でも通用するものばかり!
ブラウスなんぞ「あ、こんなの着たい!」と思うものがたくさん。
お洋服だけでなく、下の写真のように「小さな自室にお友達を招く」をテーマにしたインテリアの提案など中原淳一さんの多才ぶりがよくわかります。
「それいゆ」は、私よりも少し上の方たち世代の雑誌だと思いますが、とても懐かしい気持ちがしました。

展覧会を見たあとは、ラデュレでお茶^^

e0116960_21591946.jpg


銀座のラデュレもですが、バラのテーブル花がきれいです♪

e0116960_2201123.jpg


ラデュレなのでマカロンも一緒のお茶です。
Y子さんはコーヒーとマカロン、私はキャラメルフレーバーの紅茶とマカロン。
さすがにラデュレのマカロンは美味しい~

ほんの30分ほどお茶をするつもりが、気が付いたら1時間半もおしゃべりしていましたよ・・・
私よりちょっとお姉さんのY子さん。
ついつい甘えておしゃべり。
ここの所本当に半端でなく仕事が忙しくて、この年齢で仕事ができるということはとても嬉しく感謝しなくてはいけないことなのですけれど、こうまで忙しいと気持ちもだんだんと荒んでくるような>苦笑
連休明けからまた仕事に忙殺される日々が続きます。
そんな日々のなかで、今日は気持ちがホッとする時間でした♪

Y子さん~、今日は私のくだらないおしゃべりに付き合ってくださってありがとうございました^^
また付き合ってくださいね♪

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
# by ank-nefertiti | 2013-02-10 22:12 | 徒然