Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

寒い風の吹く日曜日、東京宝塚劇場で上演中の宝塚・月組公演「ベルサイユのばら・オスカル・アンドレ編」を観に行ってきました。
お正月に大劇場まで観に行った「ベルばら」
今度は東京公演、そして24日の日曜日の午後はオスカルとアンドレの役替わり公演でした。

e0116960_2238632.jpg


チケットは即日完売、東京公演を観ようと思ったら、当日券に並ぶかオークションでチケットを落とすしかありません。
たまたま運よくきちんとチケットが取れて、娘と2人で私は3度目の、娘に至っては何度目?の観劇!

役替わりで、アンドレをトップの真咲さんが、オスカルを準トップのみりおちゃんが演じた昨日の公演。

主役はもちろんオスカルなんですけれど、あれ?
アンドレが主役でしたっけ?
と思ってしまうほど真咲さんの圧倒的な存在感!
そして圧倒的なイケメンぶり^^

e0116960_22472589.jpg


鉄砲に撃たれてオスカルの目の前で死ぬシーンなのですけれど、いや、こんなに美しくては・・・いけないでしょ・・・

オスカルのときも本当にきれいで、凛々しいけれどどこか儚げな雰囲気で、劇画そのもの!でしたが、アンドレは・・・言葉もなく、アンドレ!でした^^

涼風真世さんのオスカルが一番きれいだなとずっと思っていましたが、真咲さんのオスカルとアンドレ、これ以上のはまり役の人はいないのじゃないか?と思う美しさ、イケメンぶりでした♪

みりおちゃんのオスカルは・・・きれいですが、ちょっとごつい感じがしました。
凛々しさを追及した結果でしょうか?

娘と観ると、時々彼女が
「は?」とか「え?」とか小声で言うのが聞こえます。
昨日も何度か・・・

「なんでトランペット、音外すかな?一番肝心なところで!」

そうなのです、橋の上で写真のアンドレが撃たれて死ぬシーン、ここで「心のひとオスカル」をとぎれとぎれに歌うのです、アンドレが。
もう涙なくしては観れないシーンなんですが、大劇場のときも昨日も、この肝心なところでトランペットは音を外しました。
なんとかならないでしょうかね?

それにしても、とにかく月組のベルばら、最高に素敵です~^^

実はあと2回観ます。
イタリア語の先生のERIKAと一緒にと、これまた娘と一緒に必死でとった千秋楽。
まさみりコンビの最後の日、最後の公演。

チケットさえあれば何度でも観たいと思います。
もうあまりに仕事が忙しくて、ひたすら月組に癒されている今日この頃^^;




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-02-25 23:01 | 観劇・映画

バラ三輪の華やかさ^^

Joeのところへお稽古に行ってきました。
今月はちょっとした大工仕事があってちょっと大変?

e0116960_2017396.jpg


リースですけれど、ちょっと変わった形。

e0116960_20182822.jpg


大きな薔薇が三輪あって、華やかです。
まとめて入れようか離して入れようか考えた挙句、まとめて入れてみました^^

たくさんの花材で、時間内に終わるかな?と思いましたが、無事に終了!

今回もお口も手も忙しい2時間~

前日、「悪寒がする」とFBで言っていたので、大丈夫?と思いながら出かけましたが、思いのほか元気でいつものJoeでした^^
映画の話しも絶好調で、説明を聞いて、見なくてもいいかな?になりました、某映画^^;

今回も非常に楽しいお稽古時間でございました♪

帰り際、ご一緒した生徒さんが「節分草がもう咲いているのよね。早いわ!」と話されて、節分草?
野草だということで、見たことありません!と言ったら、これよ!と写真を見せてくれました。
まあ可憐な花で(野草ってみんな可憐ですが)、実物をみたいなぁと思いました。

e0116960_20284543.jpg


節分草。
白い部分は花びらでなくガクだそうです。
キンポウゲ科の花ですが、本当に可憐!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-02-17 20:32 | ドライフラワー

早く帰れたので^^

今日は思いのほか早く帰れたので(と言っても8時半過ぎですが、家に着いたの)。

FBで「いいね!」を押しているイタリアの指揮者、リッカルド・ムーティのオフィシャルサイトがリンクを貼っていたので・・・



今年はイタリアの作曲家、ヴェルディの生誕200年のヴェルディイヤーです。
きっと本国イタリアだけでなく、世界あちこちでヴェルディのオペラが上演されることと思います。
彼の作品はたくさんあって、一番ポピュラーなのは「椿姫」でしょうか。
他にもフィレンツェの息子heroがはまり役のリゴレットとかアイーダなどオペラの名作がたくさんあります。

中でも私が一番好きなのが、この歌が歌われる「ナブッコ」
舞台はバビロン。
ネブカドネザルの時代に起こったバビロン捕囚。
ふるさとを思ってヘブライ人たちが歌うのが、この「Va, pensiero, sull'ali dorate」(行け、わが想いよ、黄金の翼にのって)
イタリアの第二の国歌とも言われるこの歌。

歌詞もですがメロディラインも胸を打ちます。

ムーティの指揮も素敵^^
無駄な動きがなくて、おしゃれで!
一番好きな指揮者かも!

正規の演奏のあとで「みんなで歌おう!」と客席に向かっても指揮をするムーティ。
それに応じてちゃんと歌う観客。
やはり第二の国歌と言われるだけの曲なのですよね。
ステージの上の歌手たちも涙を流していて、こういう時間と感情を共有できるのが羨ましいなあ!と思いました。

イタリアでこのオペラを見ることができたら・・・泣くかな???

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-02-13 22:49 | 音楽

いつまでもショパン

暮れにお友達から借りて先日読み終わり、あまりの面白さに1月続編が出たのを知って早速ポチッをした

「いつまでもショパン」

e0116960_15325952.jpg


舞台はポーランド、ワルシャワ。
5年に一度のショパンコンクール。
私はもうそれだけで胸が躍りました^^

今回は前作2作とは違って、世界を震撼させたタリバンも登場し、音楽の世界から政治の世界も組み込んで、作品の世界が一気に広がった、そんな感じもします。

犯人については、私は途中でわかってしまいました。
謎解きと言う意味では物足りないかもしれません。


ですが、それを超えても胸に迫るコンテスタントたちの表情やピアノへの思い、それぞれのショパンへの思い、音楽への情熱などがそこここにきらめいて、ミステリであるにもかかわらず感動的な読後感が残りました。

今回も岬洋介が活躍しています。
本人もコンテスタントとしてコンクールに出場していて、結果は書きませんが、そうだよね・・・と思いました。

日本からの出場者にあるコンクールで優勝し、一躍時の人となったピアニストをモデルにしたと思しき人間が登場しています。
中山氏はかなり肯定的に描いていますが、辛口を言わせてもらえば、そう???
はっきり言えば、そのピアニスト、私好きじゃないんで^^;
何か違う、といつも思っているので、そこだけはいや、違うのじゃなかな?と口を挟みたくなりました>苦笑

コンクールの最後、8人のファイナリストたちよって演奏される協奏曲のステージ。
その最後に何故か出てくるのが、ノクターン2番。

誰の演奏がよいかな?と探したのですが、なかなかこれ!という演奏がなくて・・・
ちょっと違うかもしれませんが、音色の美しさから選んで貼ってみました。
本の内容からだともう少しテンポがゆっくりな演奏のように思いますが。



実稚恵さんのがあればそれを貼りたかったのですがみつからなかったので・・・

この曲がどうして作品の最後に登場するのか。

疑問に思われた方、この作品を読んでみてください!
非常に面白く、そして感動もあるミステリですので。

で、読み終えた後、なぜだか映画「戦場のピアニスト」を観たくなりました。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-02-11 15:56 | 読書

日本橋デート♪

三連休の真ん中の今日、日本橋デートをしてきました^^
Y子さんと本当はご一緒に映画をみる予定だったのですが、なんと金曜日に終わってしまっていたのです!(ショック!)
イタリア映画祭にも来ていなかった、イタリア好きには貴重な映画だったのに、残念無念。。。

映画なくなってしまって、「どうしますか?」とご連絡をいただいたので、今日は一日空けてあるので、おしゃべりに付き合ってください!とお願いして、日本橋へ~^^

目的は

e0116960_2148164.jpg


浅草梅園の「粟ぜんざい」
浅草まで行かずとも日本橋のデパートに支店が入っているのでそちらへ!
美味しかった~
漉し餡の甘さも品がよくて、さすがの梅園!

さんざんおしゃべりした後、てくてく歩いて、三越へ。
こちらで今開かれている、中原淳一展を見に。
せっかく日本橋まで来ているのだから、見ていかない?と誘ってくださったので、二つ返事でお供しました♪

e0116960_2152288.jpg


e0116960_21522337.jpg


「それいゆ」などで活躍された中原さんの原画など貴重なものがたくさん展示されていました。
中原さんの絵の少女たちのお洋服や髪形は、今でも通用するものばかり!
ブラウスなんぞ「あ、こんなの着たい!」と思うものがたくさん。
お洋服だけでなく、下の写真のように「小さな自室にお友達を招く」をテーマにしたインテリアの提案など中原淳一さんの多才ぶりがよくわかります。
「それいゆ」は、私よりも少し上の方たち世代の雑誌だと思いますが、とても懐かしい気持ちがしました。

展覧会を見たあとは、ラデュレでお茶^^

e0116960_21591946.jpg


銀座のラデュレもですが、バラのテーブル花がきれいです♪

e0116960_2201123.jpg


ラデュレなのでマカロンも一緒のお茶です。
Y子さんはコーヒーとマカロン、私はキャラメルフレーバーの紅茶とマカロン。
さすがにラデュレのマカロンは美味しい~

ほんの30分ほどお茶をするつもりが、気が付いたら1時間半もおしゃべりしていましたよ・・・
私よりちょっとお姉さんのY子さん。
ついつい甘えておしゃべり。
ここの所本当に半端でなく仕事が忙しくて、この年齢で仕事ができるということはとても嬉しく感謝しなくてはいけないことなのですけれど、こうまで忙しいと気持ちもだんだんと荒んでくるような>苦笑
連休明けからまた仕事に忙殺される日々が続きます。
そんな日々のなかで、今日は気持ちがホッとする時間でした♪

Y子さん~、今日は私のくだらないおしゃべりに付き合ってくださってありがとうございました^^
また付き合ってくださいね♪

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-02-10 22:12 | 徒然

Papavero

今日はまるで春!でした^^

で、あ、そういえば!と思い出し・・・
コスメなんぞを仕舞ってある棚から探し出しました。

e0116960_2145764.jpg


去年、イタリアへ行ったときにいつもL'ERBOLAIOのハンドクリームやら石鹸を買うお店で、「新製品よ!」と勧められて買ったオーデコロン。
「Papavero」はポピーのことです。

外箱のデザインもオーデコロンが入っている赤い布を張った箱も、ボトルもぜーんぶがイタリア!って感じがします。
よい赤だわ!
こんな色のお洋服が欲しいです~^^

買って満足してしまって、使わずにしまってしまったこのコロン。
春めいてきたので、使おうかしら?
香りは、果たしてポピーの香りはこうだった?ですが、良い香りです♪

おまけ・・・



ミュージカル「スカーレットピンパーネル」の宝塚バージョンのために、この作品の作曲者であるフランク・ワイドホーンが新たに追加で作曲した曲、「ひとかけらの勇気」
前月組トップの霧矢さんが歌っているのを探したけれど、なかったので・・・

どうしてだろう この世の中に
欺瞞と不正 溢れている
人が自由に 歓び分かち
愛し合える 至福の日は 来るだろうか?
外国に 嵐吹き荒れても
僕は見逃しはしない
ひとかけらの勇気が 僕にある限り

どうすればいい この世界から
争いの炎 消えはしない
人が築いた 心の壁を
打ち砕き 解き放つ その日はいつか
強い力 立ち塞がろうと
僕は諦めはしない
ひとかけらの勇気が 僕にある限り

登れない山 渡れない河
数多の障壁乗り越えて

たとえこの身 傷付こうとも
僕は行く 君の為に
ひとかけらの勇気が 僕にある限り


本当はね、著作権があるからいけないんですけどね・・・
この歌、凄く好きなんですよ。
歌詞も凄く好き!
仕事が忙しかったり、辛いことがあったりするとき、この歌が自然と口から出てきます。
「強い力立ち塞がろうとぼく(私)は諦めはしない ひとかけらの勇気が僕(私)にあるかぎり」
この部分、何度も繰り返して口ずさんでしまいます^^
もう1曲、「炎の中へ」も好きなんですけれどね、なぜか音源がみつからず・・・

本日はなにもする気が起きず、録画してあるこのミュージカルを観て、その後は真咲さんのお披露目公演のロミジュリのDVDなんぞを観て1日が終わってしまいました。
そんな日もあります^^;


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-02-02 21:33 | 好きなもの