Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

イタリアーナの来訪^^

昨日、イタリアーナからメールが来て、今日のレッスンの時間を変更して欲しいとありました。
昼の時間なので、我が家の駅まで行ってもよいですよ、との言葉に、では我が家でお稽古しましょう!と提案^^
すぐにOK!の返事が来て、今日はイタリアーナが我が家に~

暑い中、汗をかきながら来てくれたイタリアーナ。
レッスンの前に

e0116960_20332227.jpg


まずはおやつ^^
和菓子もOKな彼女なので、今日は白玉を作りました。
熱い日本茶と白玉。
日本の夏のおやつの王道?

小豆の煮方なんぞレクチャーしたりして、お家でのレッスンはいつもと違って楽しかったです♪

ええ、この後1時間みっちりレッスンしましたよ~
もうそこらへんはきちんと!な先生です♪

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-31 20:36 | 徒然

ローマ法王の休日

今日はお友達と映画&坦々麺~^^

映画は、今年のイタリア映画祭で上映されて、みたいなぁと思ってチケットを買おうとしたらすでに完売だった「ローマ法王の休日」

e0116960_0324714.jpg


ルネサンス時代には、あのボルジア枢機卿がどんなことをしても手に入れたいと願い本当に権謀術策を使ってその地位についた、法王位。
それが・・・この映画ではコンクラーベに集まった枢機卿たちが

「おねがい、選ばないで。選ばれたくない・・・」

と投票の間中に胸の中でつぶやきます。
アレッサンドロ6世が見たら、唖然とするのじゃないかと思われる景色が繰り広げられますが、そんな中、選ばれてしまったメルヴィル枢機卿。
その茫然とした表情がこの映画のすべてを物語る・・・
この映画はコメディではありません。
コメディだと思って見に行かれた方は、みなさん酷評されていますが、もともとがコメディではないのですよ~
モレッティのシニカルな目が描く人間の本質がテーマになっている映画です。
ですけれど、そこここに笑いが散りばめられていて、お友達も私も途中で何度も声を出して笑いました~^^
映画の最後は、本当にいろいろと考えさせられます。
本来はこういう人が法王になるのがいいのだけれど・・・と私は思いました^^

映画の前に軽くお夕飯を食べました^^

e0116960_0455951.jpg


ペニンシュラ東京の「ヘイフンテラス」
ここの隠れた人気メニュー、坦々麺。
FBでペニンシュラがシェアしていて、おいしそう!と思っていたら、お友達が「食べない?」と~^^
美味しかったです!
量もちょうど良くて、辛さもちょうど良くて~^^
食前にエメラルドカクテルをいただきましたが、こちらも美味しかった。
食後のお茶、ライチティーもさわやかで毎回お湯を継ぎ足してくれてサーヴしてくれるので、最後まで(7杯くらいのんだかしら???)美味しくいただきましたよ~

よい暑気払いでした^^


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-31 00:50 | 観劇・映画

隅田川花火大会♪

毎年恒例のmidoriさん宅の「隅田川花火大会鑑賞会」
今年も「来てね!」とお声をかけてもらい、otosanといそいそと出かけました^^
今年はスカイツリーも完成して、見ごたえのある花火大会~

e0116960_22471260.jpg


テーブルに並ぶお料理の数々~
持ちよりです^^
と言いながらerikoちゃんが作ったものが断然多かった^^;

e0116960_22531917.jpg


Labraneちゃんのタイの焼きそば。
美味しかったです~

e0116960_22554162.jpg


スカイツリーの横に上がる花火
何と言ってもmidoriさんのお家はマンションの27階!
真正面に花火が上がる絶好のロケーション~

e0116960_22584016.jpg


e0116960_23103643.jpg


e0116960_2313314.jpg


涼しいお部屋と風が吹き抜けるベランダから花火見物。
なんという贅沢~^^

飲んで食べておしゃべりして、良い時間でした。

ずっと会いたいですねぇと言っていたmidoriさんのお友達のミシガンさんと、今回ようやく会えました。
midoriさんは「彼女は天然なのよ」とよく言うのだけれど、非常に頭の良い人で、会話がポンポンと弾んで本当に楽しい方でした^^
考えてみれば大学の教授なんですものねぇ、ミシガンさんは。

ミシガンさん「杏さん、花見に呼んで!アメリカから帰ってくるから!」と笑顔で言って、一足先にmidori邸を後に~
来年は花見を復活させねばなりませんね~

忙しい中今年も花火鑑賞会に呼んでくれたmidoriさんに感謝です。
ありがとね^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-29 23:21 | 集い
書きたくはないのですけれど、本当に暑いです~
今日は午前中仕事の研修があって出かけたので、そのついでに六本木ヒルズまで出かけてきました。
森アーツギャラリーで7日から開催されている、「大英博物館古代エジプト展」を見に^^
当分イギリスへ行くことはないし、そうすると大英にも行かないし、では六本木で見ましょ!と思いまして~

e0116960_20305850.jpg


今回の展示は古代エジプトの「死生観」がテーマになっています。
古代エジプトの人たちは、死後、あの世で再生し、この世と同じように暮らすことができると考えていました。
そのためにミイラが作られたのです。
肉体がなければ復活できませんから。

今回の展示の目玉は何といっても古代エジプトで最長の長さをもつ「グリーンフィールド・パピルス 死者の書」
37メートルもあるのです!
第21王朝後期または22王朝の「ネシタネベトイシェルウ」(上エジプトの神官の娘)のための「死者の書」なのですが、「死者の書」というのは、古代エジプト人の死後の世界についての考え方がよくわかるもので、死後再生するために必要なことの死者のための手引書とでもいえばよいでしょうか。
そのきちんとした形での成立は18王朝にあると考えられていますが、それに近いものは古王国時代のピラミッドにも「呪文」のようなテキストが刻まれていて、中王国時代にも王の墓にそれらしきものは見えています。

e0116960_205459.jpg


e0116960_20543025.jpg


写真が小さいのですが、このパピルスの何が特徴的かといって、古代エジプトで考えられていた世界の創造図が描かれていること。
非常に珍しいことなのです。
一部屋を使用しての展示は壮観でした^^

e0116960_20565336.jpg


フウネフェルの死者の書。
ミイラの口開けの儀式が描かれています。
口を開けてもらわないと死後の世界で食事ができません。
こういうところ、とっても人間的だなぁと思います。

久しぶりに見た古代エジプトの宝の数々。
いわゆる四大文明と言われますが、古代エジプトほど洗練されている文明はないのじゃないでしょうか。
パピルスに描かれている絵も本当に繊細で、彫刻も美しい。



e0116960_219106.jpg


こんなお茶目なパピルスもあります。
動物が擬人化して描かれていて、ガゼルとライオンがセネトというゲームをして遊んでいるところとか猫やハイエナがヤギやアヒルを飼育しているシーンが描かれたりしています。
日本の「鳥獣戯画」のはるか以前にこんな風刺画が描かれていたことにも驚きがありますが、やはり彼らはとっても人間的だったのだなぁと思いました。

とても見ごたえのある展覧会です。
暑かったけれど出かけてよかった!でした^^

そして・・・
ヒルズへ行ったからには!

e0116960_2118863.jpg


こちらへお邪魔しました~^^
グローブホルダーが欲しいなぁと思っていたら、出足が遅かったので、欲しいものは売り切れ・・・>号泣
秋冬の新作を待つことにして

e0116960_21201097.jpg


店長さんがお勧め!のレースのUV手袋。
夏だけでなく春先や秋に手指が冷たいときに活躍してくれそう!
遠くからだとエジプトのヘナをしているように見えます^^

よいお買いものでした♪
あれ?夏物を今年初めて買いましたよ~

そして!
サッカー日本男子、なんとスペインに勝ってしまいました~
今回はうちの子は出ていない(あ、山村ってのがいますが^^;)ので、あまり男子は興味がなかったのですけれど、昨日の展開をみていてついつい最後まで~
チャラ男くん、持ってますね!
大津くんは鹿島の下部組織にいた子ですが、なぜか鹿島ユースに上がれず普通の高校へ行きました。
その後レイソルに入団したのですけれど、鹿島はなんで彼を落としたのかしらん???


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-27 21:24 | 古代エジプト
暑いです。
夏ですから暑いのは当然なのですが、この数年の日本の暑さはどこか異常です。

遠くロンドンでは五輪の開会式の前ですが、すでにサッカー競技の予選が始まりました。
観ましたよ、なでしこ!
ハラハラする場面もありましたが、勝ってよかった!
こんなときは夏休みでよかったぁ!と思います~^^
今週末から眠れない日々が続きますもの~

e0116960_205521.jpg


昨日のお昼ごはん。
稲庭の手延べそうめん。
稲庭はうどんだけでなくおそうめんも美味しい^^

e0116960_208015.jpg


本日のお昼ごはん。
昨夜、イカのトマト煮でして、それがたくさん残りました。
それをソースにしたパスタ。
ふふ、使い回しです^^;

なんだか毎日麺類の昼ごはんですよ・・・

e0116960_20111765.jpg


この文庫本は、「十二の肖像画による十二の物語」と「十二の風景画への十二の旅」からなっています。
私は「十二の肖像画による十二の物語」はハードカバーで持っていますが、風景画の方は持っておらず、この文庫本をかなり以前に購入しました。
ふと思って読み直してみました。

肖像画の物語で登場する絵画は、「美しきフェロニエール」レオナルド・ダ・ヴィンチ、「婦人の肖像」ポライウォーロ、「黄金の兜の男」レンブラント、「ラウラ・パッティフェルリの肖像」プロンツィーノ、「ヤーコプ・ムッフェルの肖像」デュラー、「自画像」ティツィアーノ、「レオナルド・ロダーノの肖像」ジョバンニ・ベルリーニ、「フェデリゴ・モンテフェルトの肖像」ピエロ・デラ・フランチェスカなどなど・・・
風景画で登場する絵画は、「シバの女王の船出」クロード・ロラン、「サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」ポール・セザンヌ、「雪の狩人」ピーター・ブリューゲル、「アレキサンダーの戦い」アルブレヒト・アルトドルファー、「モルトフォンテーヌの思い出」カミーユ・コロー、「デルフトの眺め」ヨハネス・フェルメールなどなど・・・

絵画から辻邦生がインスピレーションを得て描いた物語集です。
辻さんは長編の名手ですけれど、とにかく「物語る」ということにおいては他に追随を許さない作家であったことがよくわかる作品集でもあります。
文章の美しさ、一枚の絵からここまで想像力が働いて作品が生み出されるのか、と思わずにいられない辻邦生の創作の力と人間に対する深い思いがどの作品にも表れている珠玉の作品集です。
どの物語も素敵ですけれど、私は肖像画の「レオナルド・ロダーノの肖像」が題材の物語がとても好きです。
どこかユーモアがあって、辻さんってやはりお茶目な方だったのだなと思わせる終わり方なのです。
そう、クスリ!と笑ってしまう終わり方。
上手いなぁ!と思います^^  

ですが、この珠玉の24の物語の文庫本は今では絶版になっていて、本当にもったいないと思います。
なんでこれほどの本を絶版にしてしまうのだか・・・  
その本が私の手元になぜか2冊あるのですよ。 
つまり・・・持っているのにもう1冊購入してしまったのです^^;
どなたか欲しいわ!とおっしゃる方、いらっしゃいます?
辻さんの作品、断然お勧めです!

           
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-26 21:33 | 読書

夏休み♪

今日から夏休みです。
ほぼ1か月間の長期休暇。
こんなに時間があるのは18年ぶり・・・

なので、どうしてよいかわからず>苦笑
つくづく貧乏性だなと思います。

e0116960_1601083.jpg


本日のお昼ごはん。
冷やし中華。

お休みということは3食作るということ・・・なんだなと改めて思いましたわ^^;

まだらに予定が入っていますが、時間は持てあますほどあって、片付けでもしようかなぁ?とか溜めこんだ本を読もうかなぁ?とか、この際イタリア語を復習からしてみようか?とか、いろいろと思うのですが、初日の今日はグダグダとして過ぎてゆきます。
なんだかこの夏休みを象徴するような一日ですよ>苦笑

さてはてどうしたものでしょうね~^^;


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-24 16:05 | 徒然

愛の限界

今日と言ってももう昨日なのですけれど、Joeのライブがありました。
まあなんと丁度Joeのお誕生日!
つまり「お誕生日ライブ」^^

e0116960_031507.jpg


今日のライブで何が驚いたと言って、なんと40年ぶり(多分・・・)で、ステージ101のときのオリジナル曲でJoeの持ち歌だった「愛の限界」を歌ったこと!
この曲、当時からのJoeのファンはほとんどの人が「好きじゃなかった」といいます。
私もその一人。
曲はよいのですけれど、歌詞がね・・・
少女たちには受け入れられなかった・・・のだと思います。
ええ、私は断然受け入れられなかった^^;

だって当時のJoeは、もう本当にきれいな人で、この人がTVに登場した時の衝撃と言ったらなかったのですよ~
e0116960_0513846.jpg


ね?
当時の写真、ファーストアルバムのジャケットですけれど、まあよく神様はこんなに上手く配置されたよねというくらいにきれいでした。

で、「愛の限界」ですが



この曲だけのyoutubeがないので、101のメドレーの音源ですが2曲目がそうです。

高校生や中学生の少女には、なんとも許せない歌詞だったというのか言葉使いだったのですね。
今日も一緒に聴いていた仲良しのmichieさんと「イメージじゃない!だったのよね」と話しました。
そう、イメージじゃなかった、Joeの。

2003年の101復活コンサートでもこの曲は歌われませんでした。
作曲は東海林修さんですが、まあいろいろとありまして、東海林先生の曲は歌われなかったのです。
101のオリジナルではヒットした曲が多かったのに本当に残念でしたが、Joeのファンは「いいよね~、別にね~」なんて言ったものでした^^;

ところがですね・・・
聴く方も大人になったというのか、それなりになったというのか、今日聴いたら、あら!なかなかよいではないですか!
Joeの声に深みが増した、ということもあるのでしょうが、聴けてよかった!と思いました。
歌ってくれてありがとう!と思いましたよ^^

あとはこれも本当に久しぶりの「クレア」
ギルバート・オサリバンの名曲ですけれど、もしかするとアルバムに収録したあと歌っていなかった?

今日はゲストで牧みゆきさんがいらしていて、2人のデュエットもあり、みゆきさんのソロもあり盛りだくさん!

e0116960_1132660.jpg


ほぼ満席状態でのお誕生日ライブでした。
途中でピアノのエルトンさんが「ハッピー・バースディ・トゥ・ユー」を弾いてくださって、全員でJoeに歌いました。(上手くいってよかった・・・^^)
よいお誕生日ライブで、Joe、よかったね~♪



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-23 01:17 | ステージ101

暑い暑い東京・・・

突然に夏になってしまった東京。
もう昨日も暑かったですが今日の暑さは節電の夏とはいえエアコン無しでは熱中症になりそうでした。

e0116960_2362663.jpg


今日のお昼ご飯。
少しでも涼しく、で、冷やしうどんにしました。
以前から某メーカーの冷凍の讃岐うどんは美味しい!と聞いていたのですが、使ったことがなく、今日初めて使ってみましたがこれが美味しい!

一昨日、義父の30年忌を我が家で行いました。
隣の義兄一家、亡くなった義姉の一家が我が家に集まって、義父の写真の前で本当なら「お父様はえらかった!」とか「お父様は素晴らしい方だった!」とか話すはず・・・だったのですが、出てきた言葉は「お父様は怖かった」がほとんど・・・
隣の姪なんぞ「私はおじいちゃまから怒られた記憶しかない。」というし・・・
我が家の娘は「私は会ったことがないからわからない」^^;
その気持ちのなかに「よかった、亡くなってから生まれて」ということがあるのがありありでして・・・^^;
一番記憶にあるはずの義姉の娘たちは「怒られた記憶はないけど・・・」とあいまいな表情で・・・
ですが我が家の不参加だった息子は義父にはとても可愛がってもらいました。
つまり・・・
義父は明治の人で、とにかく男の子が大事だったのですよ。
だから初めて生まれた男の子の孫には優しかったというわけです。

義父は怖かったけれど、今でもネットで義父の名前で検索をかけると検索結果がたくさん出てきます。
それだけの仕事をした人で、仕事の部下にはとても優しかったようです。
otosanは、社会人になってから、ある時某所で義父の部下に出会い、その方から「はっ、お坊ちゃま!」と言われ、赤面したということがあります。
その方はかなりの地位にいらした方なので、周りにいた人たちがびっくりされたとか・・・
とにかく義父は仕事に関してはかなりの業績を残した人であることは間違いないのですが、家族には少しだけ怖い人だったのです。

私が義父から言われて、今でも忘れられない言葉

「杏さん、働かざるもの食うべからずですよ」

やはり・・・怖いかも>苦笑

そんな義父が今生きていたら、今の日本について何と言うでしょうか。
それだけはちょっと聞いてみたいと思います。
夜が明けるまで付き合わされるでしょうが^^;

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-16 23:33 | 徒然

ハルニレテラス

木曜日に日帰りで用事があって軽井沢へ行ってきました。

こちらで毎年話題になる

e0116960_2250930.jpg


e0116960_2252294.jpg


星野リゾートが経営するハルニレテラス
いわゆる「星野エリア」の玄関口にあります。

雨だったのが残念でしたが、いや雰囲気のよいところ^^

ここでランチをしました。

SAWAMURA

e0116960_22573531.jpg


感じのよい店内

パスタランチをいただきました^^

e0116960_22594020.jpg


新鮮なサラダと焼きたての天然酵母のパン。
パンは食べ放題です^^

e0116960_232046.jpg


揚げなすのボロネーゼ。

なす大好きな私は迷わずこのパスタ^^
otosanも同じ。

パンはとっても美味しかったけれどおかわりはできませんでした^^;
ただ、くるみがたっぷりのパン・オ・ノアがあまりに美味しくて自宅用にお買い上げしました♪

お店の方たちもとても感じが良くて、軽井沢へ来たらランチはここねぇとotosanと話しました~

軽井沢、家から車だと2時間かからずで到着!
近いのですよねぇ。
次は晴れた日に来てみたいなぁ、ハルニレテラス^^





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-15 23:06 |

お誕生日ケーキ

いつも家族のお誕生日ケーキの担当は娘^^
ところが・・・
私の誕生日だっていうのに、娘が

「あの・・・結婚式貧乏で・・・ケーキ、お給料日でよいかな?」(娘のお給料日は毎月10日)

はい?
私のお誕生日ケーキも買えないほど貧しいのか?あなたは???

「だって・・・6月は仙台で結婚式があったでしょ、あと7月にある結婚式の飛行機代やらホテル代やら前払いだから、2件の結婚式で20万近くが飛んだの~!おまけにこれから毎月結婚式があるんだよ、もうめまいがする!」

娘曰く、これから年末までお友達の結婚式が毎月あるのだそうです。
先月、高校の同期会があって彼女は幹事を途中から引き受けた(もともと幹事2人が仲良しで、次第に埒があかなくなりHELP!と言われたのだとか・・・)のですが、その同期会で数名から「結婚するの~、結婚式に来てね!」と言われて、思わず「東京でなら・・・」と言った娘。
大学が地方だったので、大学時代のお友達の結婚式は全部地方です。
交通費や宿泊代を出してくださる方もいますが、大勢を呼んでいると全員は無理で、親しい順にどうも旅費は出ないよう・・・
仙台のお友達も1泊分は「出す!」と言ってくれたけれど、交通費や二次会費用は当然に出ずで、7月の結婚式は高知。
しかも娘のお友達は北海道の子。
親戚縁者は全員北海道から高知まで行くことになるのですよね。
で、「ごめん。。。旅費とか無理。だけど結婚式にはどうしても来て!」と懇願され、とんでもない出費になった。というのが娘の説明でしたよ・・・

なんだかなぁ・・・と思っていたら

e0116960_2052167.jpg


昨日、届きました。
あ、送り主は当然娘じゃありません!
フィレンツェの息子とお友達のMちゃんから。

うっうっ
本当に持つべきは血のつながらない息子です。
美味しかったです~^^
ありがとねぇ!

で、肝心の娘は

「フィレンツェのお兄ちゃんからのケーキがチーズケーキだったから、私は10日にオーソドックスに苺のショートケーキにするね!」

とこのケーキをほおばりながら言いました。

いいけどね・・・
お誕生日を4日も過ぎてからのお誕生日ケーキって・・・
気の利いた化け物は引っ込んでるころと母は思うのですけどね?

なんだか年々私の誕生日は・・・ひどいことになっていきます>泣


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-09 20:12 | 美味しい♪