Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

菊之助の藤娘

火曜日、大手町の日経ホールで行われた尾上菊之助の「歌舞伎舞踊」の公演にご招待いただいて出かけてきました。

e0116960_19142245.jpg


実は私、菊ちゃん大好き!なんです^^
若手の歌舞伎俳優さんの中でも彼は本当に上手い!と思います。
女形も立役も出来て。

その菊之助さんが昨年の震災の後、何か出来ることはないか、と踊ったのが「藤娘」
その時は、急遽!だったので、記録も残っておらず、ご本人はもう一度機会があれば、と思っていらしたのだそうです。

「藤娘」は、彼の曽祖父である六世菊五郎が、本来の「藤娘」に「藤の精」が踊るという解釈で、振り付けも美術も新しくして踊り、大評判となってその後は人気舞踊となりました。
そして、彼の祖父である梅幸もこの踊りを得意とした、いわゆる「音羽屋」の当り芸。

なので、菊之助さんがどのように踊るのかとても楽しみでした。

幕が上がって、舞台の中央には大きな藤の木。
その木の陰から登場する藤の精。
もうもう可憐で可愛らしくて上品で!
上手いっ!
見入ってしまいました。

「藤の精の持つかわいらしさを大事に丁寧に踊りたい」

と言っていたそうですが、本当にその通りの踊りでした。

後半は、狂言の「棒縛」をもとにつくられた「棒しばり」
次郎冠者を菊之助、太郎冠者を心境著しい尾上右近、そして大名曽根松兵衛を尾上菊市郎。
おなじみ狂言の演目で、せりふも入るこの舞踊は、楽しくて楽しくて!
次郎冠者の滑稽なしぐさが本当に上手くて、表情も豊かで(お父さんの人間国宝の菊五郎さんによく似ています)、菊ちゃん最高!でございました。

休憩時間にmixiでつぶやいたら、お友達のさっちゃんから「私もいるわよ」と返事がありました。
メールで「上にいます」
上って・・・どこ???
2階のホワイエでさっちゃん発見!
彼女はチャキチャキの江戸っ子で、歌舞伎通^^
そういえばさっちゃん、菊ちゃん好きだった!

「杏ちゃん、久しぶりだね~。今日は菊ちゃんだから?」
「さっちゃん~、ホントに久しぶり~、うん、いらっしゃいますか?って言われたから、行きます、行きます!って言ったの~」
「え~、じゃあご招待なの?私、チケット買ったわよ~」
「あっら~、それはごめん・・・」
「いいのよ、菊ちゃん大好きだからね~^^来てよかった!カンザさんもよいけど若手ではなんたって菊ちゃん~!」

などと二人でワーワーしゃべっていたら・・・
すごいオーラの着物の女性が・・・目に留まり・・・
き、きれいっ!!!
菊之助のおかあさんの富司純子さんでした^^

そこへ右近のおとうさんの岡村清太郎さん(今では清元の家元清元延寿太夫さん)が現れて・・・

さっちゃんと「いや、凄いね~」^^

もうこのあたりは完全にミーハーな私~

さっちゃんと「7代目は見る目があったわね~。富司純子さんがいる限り音羽屋は安泰だわ~。あの存在感の凄さは他ではないわ~」と話しました。

しかし菊之助さん、本当に上手い歌舞伎役者になりました。
努力も怠らず、天性のものに磨きがかかり、どこまで上手くなるのでしょう。

ここのところ歌舞伎からちょっと離れていますが、また行きたい!と思いました^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-31 19:27 | 観劇・映画

いとしのエリー

5年かかって・・・やっと・・・行くことができました。

e0116960_2318487.jpg


サザンビーチ♪

よいお天気で、よい時間でした。
心が解放されるような・・・そんな1日・・・



ご本家でなく・・・
てっぺいちゃんで^^;


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-28 23:24 | 集い

宝物

先日、仕事から戻ってポストを見たら、大きな封筒が入っていました。
差出人は、辻佐保子さんの義妹でいらっしゃるPOCKYMAMAさん。

封筒の中に入っていたものは

e0116960_16505576.jpg


辻邦生さんが1978年に軽井沢で書かれたリルケの訳詩(訳されたのは辻さんでなく山崎栄治さん)。

「コピーでごめんなさい」

とお手紙にありましたが、とんでもないです。
辻さんの自筆、ああ、こういう字をかかれたのだなぁとしみじみと拝見しました。
味のある字です。

POCKYMAMAさんも佐保子さんの実弟であられるご主人様も辻さんの書かれる字がとてもお好きだともありました。
決して達筆ではないけれど、本当によい字だと思います。

どうして私にこのような素敵なプレゼントが送られてきたのかと申しますと・・・

ある日、POCKYMAMAさんから以前私が書いた軽井沢文庫での辻邦生展の記事を偶然に見つけられて、その記事と写真を佐保子さんに送ってくださったと鍵でコメントがありました。
その時の驚き!
私のあの拙い文章を佐保子さんが読んでくださった!
そして写真を大切に「軽井沢部屋」と呼ばれているお部屋に飾ってくださっていた!

そんなことがあるのかしら・・・
生前にあれだけお目にかかりたい、お話をさせていただけたらもうこんなに嬉しいことはない、とずっと思っていた佐保子さんが、私の書いたものを読まれて「ありがたいことだわ」とおっしゃってくださっていたなんて・・・

本当に嬉しくて嬉しくて涙が出ました。

辻邦生さんは、もう何度も書いていますが私の最愛の作家です。
格調高い文章と、高い芸術性、精神性、そして「背教者ユリアヌス」を代表とする日本の作家としては稀有な長編の作品の数々・・・
そしてその辻さんをずっとご自分のお仕事もしながら支え続けていらした佐保子さん。
日本の女性の知識の最高峰にいたと言っても過言でない佐保子さんは、私の憧れの人・・・

まさか、まさかこんな風にお二人とつながる日がくるなんて・・・
夢のよう・・・

それから鍵コメントでメールでいろいろとお話をさせていただきました。

名古屋の佐保子さんのご実家に、「辻邦生・辻佐保子記念室」として、お二人の生前の写真やそのほかの大学へ行かなかったもの(辻邦生さんのものは学習院へ、佐保子さんのものは名古屋大学へ資料として収められることになりました)を展示されることになったことなど教えていただき、ああ記念室へお伺いしたい!と心から思いました。
本当は5月の連休に行きたかったのですが、母を預かることになってしまい名古屋へは行けず・・・
6月も週末は動けそうになく、7月になってしまいますが名古屋へ、記念室へお邪魔したいと思います。

お手紙には「本にでもはさんでくだれば」とありましたが、はさめません・・・
大事に、大事に保管しておきます。
たかだか一ファンである私にここまでのご厚情をお寄せくださったPOCKYMAMAさんとご主人様に心からお礼を申し上げます。

人生はいろいろとありますが、こんな風に神様はご褒美を用意してくださる。
捨てたものではないです。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-26 17:25 | 徒然

アルト=ハイデルベルク

lilyさんのブログで紹介されていた大人のラブロマンスがテーマの本。
そういえばここのところ小難しい本ばかりでそういう類の本を読んでいないなぁ、と思いました。

なんとなく心がほっとするような本が読みたい、と思って、頭に浮かんだのがこの本^^

e0116960_22251736.jpg


1901年にドイツの作家、マイヤー・フェルスターによって書かれた戯曲です。

お話はあまりに有名で、映画にもなったし、今でもミュージカルとして上演されたりしています。
どんな内容なのかは知っていたけれど、きちんと読んだことがない、と気が付いて探したのですが、まあ絶版というのかないのですよ、この本。
仕方なく、amazonで探したら、古本でありました。
有名な番匠谷英一さんのものはさすがに高くて手が出ず^^;
1980年に新たに丸山匠さんによって訳されたものを手に入れました。

架空の公国カールスブルグの皇太子カール・ハインツがハイデルベルクの大学に通うようになり、そこで出会った学友たちとの友情、下宿の娘ケィティーとの叶わぬ恋が前半に描かれて、後半は叔父である大公の死に寄り学業半ばで国へ連れ戻され、またもや窮屈な宮廷での生活を余儀なくされるカール・ハインツが描かれます。
その宮廷にハイデルベルクからカール・ハインツを訪ねてきた人がいて・・・
カール・ハインツの思いは一気にハイデルベルクに飛びます。
ハイデルベルクに行かなければ、と出かけたカール・ハインツですが、ハイデルベルクは彼が学生生活を送ったころとはまるで様変わりしていて、カールはとてもがっかりします。
そこへケィティーが買い物から戻ってきて・・・
二人は、あまりに美しかった青春の1ページをそれぞれの胸に刻んで、その青春へ訣別をしなければならないお互いの立場に涙します。

カールが別れ際に言う

「ぼくが好きだったのは、きみだけだ、あらゆる人間のなかできみだけだ」

切ないです。。。



この物語を基に作られたミュージカル「学生王子」
カール・ハインツがケィティーへの思いを切々と歌う「セレナーデ」
美しい曲です。


なかなか皆様のところへお邪魔できず、ごめんなさい。
自分の記事だけUPしていて、どちらへもお邪魔してコメントもせずになんと無礼なことかしら、と思うのですが、コメントを下さった方にだけコメントをするということが、私にはできません。
それも一つの方法かとも思いますが、私の主義に反します。(コメントとはそういうものではないと思っておりますので)
気持ちに余裕がないということが一番の原因ですけれど、もう少ししたら以前のようにお邪魔してコメントをさせていただくことが出来るようになるかと思います。
それまで本当に失礼なことではあるのですが、自分の記事のUPだけとさせてくださいませ。
コメント欄も閉じようか、とも思ったのですが、それもどうなの?と思って閉じることはやめました。
いただいたコメントにお返事を書くことは、私の活力にもなりますので。
色々と勝手ばかりで・・・ごめんなさい。
で・・・朝見てびっくり!なぜかファン限定になっていましたよ・・・>大汗


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-25 22:48 | 読書

Che Sará!

5月も後半に入りました。

時間の経つのは早いです。

e0116960_2321327.jpg


庭の蕾だったバラが

e0116960_23235799.jpg


華やかに咲きました。

色々と思うことはあるけれど・・・

ひたすら前を向いて歩くしかない・・・

後ろは見ない(反省しない、ということではありません)。

昨日はドライフラワーのアレンジのお稽古でした。

一応後期分も申し込んでありますが・・・
どうしようかなぁ・・・
昨日のお稽古で作った作品も、もう置くところがありません。
うっかり飾るとちびたが飛んできて、おもちゃにしてしまいますから~
うーん・・・
みなさん、どうしていらっしゃるんでしょうね、作品?

イタリア語は、相変わらず話せません。
先生が言うには、翻訳が得意な人はなかなか話せるようにならないのだとか。
右脳と左脳の違いだそうです。
翻訳が得意なんて言えるほど伊文和訳が出来るわけではないけれど、話すよりは楽^^
訳す宿題が出て、きちんとしていくと、いつも「完璧!」と褒めてもらえます。
私はイタリア語でしゃべりたいんだけどな~

仕事は、やはりパラの仕事がしたい・・・
今の仕事に就いてからもあちこちの法律事務所に履歴書を送りました。
もうね、藁をもつかむ思いで>苦笑
全部撃沈・・・
年齢的に厳しいのは承知しているんだけど・・・
あ~、もうどこでもよいから雇って~
自分で言うのもなんだけれど、かなり出来るパラよ、私~^^;

ま・・・いいか・・・

なるようになるかな・・・
Che Sará!



歌っているのはイタリアの歌手、Patrizio Buanne 。
私、この人かなり好き^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-22 00:16 | 考えること

Le Perline

「初の展示会です。お手にとってご覧いただければ幸いです。」

というご案内の葉書が連休中にこの方から届きました。

繊細なアクセサリーを作られているビーズさん。
以前、とても惹かれてオブシディアンのネックレスを作っていただきました。
今日はお天気がとてもよかったので、久しぶりに会場のある代官山までお散歩^^

e0116960_19181668.jpg


ビーズさんの作品の数々^^

e0116960_19191250.jpg


ご案内の葉書にあったネックレス。
とても素敵でした^^

会場で初めてお目にかかったビーズさんはスレンダーな素敵なマダム♪
きっとこんな感じの方なんだろうなぁと想像していたとおりの方でした。
とってもモダンな方なの、ビーズさん。
スタイリッシュな装いにご自分の作品のオブシディアンのロングネックレスをさらりと付けていらして、本当にセンスのよい方だなぁと^^

お互いにイタリアが好き、ということもあって初めましてでしたがイタリアのことや昨年の春に亡くなったビーズさんの愛猫アトム君のことやら我が家のミーのことやら猫話も弾みました。
そしてイタリアへいらっしゃる時にはカッラーラへいらしてくださいね!とkazuちゃんのB&Bの宣伝をしてしまいました^^;

またお目にかかれたら嬉しいです♪

ビーズさんの作品の展示会は、下記の会場で5月21日(月)まで開かれています。
お時間がございましたら是非!

♪FRUTTI BOSCO 
 渋谷区猿楽町18-12 ヒルサイドテラスG棟2F
 11:00~19:00(平日)
 11:00~18:00(日曜)

そして代官山の帰り、靴の修理を頼んでいたので渋谷西武へ寄りました。
危険な香り>苦笑
今日、明日とフェラガモが顧客のみのセールをしています。
別に欲しいものもなかったのですが、あ、お財布が欲しいかも!と寄ったのが運の尽き~^^;

e0116960_214967.jpg


オレンジ色のお財布^^
さすがに弟のお土産のボッテガ・ヴェネタのお財布、10年使ったら・・・かなりくたびれてしまいました。
何かでお財布はお札がおらずにはいる長財布がよい、そして常にくたびれていない、きれいなものがよいとと書かれていたのを思い出しまして^^
仕事も変わったことだし、お財布も新しくしよう!と思い、購入。
だってね、70%オフだったんですもん~
お洋服もへえ!というものがありましたが、通勤に必要なくなったので無用なお買いものと思ってやめました。
肝心の靴は、私のサイズ(イタリアサイズで34か34ハーフ)は残っておらず・・・
まあ靴もね、今まで購入したもので何年も大丈夫そうだし~(どれだけ買ったんだ?というツッコミはなしですよ~^^;)
戦利品はお財布のみです^^


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-19 19:54 | 徒然

文学少女

沖縄続きで^^



沖縄の友人、masayaさんが同僚のyuzoさんと組んでいたデュオ、masaya&yuzo。
お二人は高校の先生です。
masayaさんは美術、yuzoさんは数学。
この曲、きれいでしょう?
詩も素敵です。



彼の曲の中でとても好きな曲です。
数年前に東京でmasayaさんのライブがありまして、その時会場についてなどいろいろと相談を受けました。
「何かリクエストあります?」と聞かれて、この曲をリクエストしました。
なんとそのライブにはJoeも特別ゲストで出演したんですよ。
仲良しなんです、masayaさんとJoe、そしてwakaさん。(多分・・・今も・・・だと思います^^;)



masayaさんの故郷、石垣の海かな?

ふふ、masayaさんはまさか私がブログを書いていて、そこで自分の曲が紹介されているなんてきっと思ってもいないでしょうね^^;
数年前のライブの後、あまり連絡もしていませんが、このきれいな曲をちょっとご紹介したくて記事にしました。
他にもたくさんオリジナル曲があります。



昨日の記事の答えのような曲。

masayaさん、元気かな~?


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-18 21:33 | 徒然

40年

今から40年前。
私は高校生でした。
公立高でしたが、そこになぜか沖縄出身のクラスメートがいました。
大越境入学!と思っていたら、中学3年から東京へ出てきて都立高を受験したということを聞き、あ、それならありだわ、と納得しました。

当時、というかそのクラスメートと同じクラスになったころは、沖縄はまだアメリカの統治下にありました。
戦後から何十年も経っているのに・・・です。

そして、同じクラスになった5月に沖縄は日本に返還されました。

TVで当時の佐藤栄作首相が涙を流して「記念すべき日だ」と言っているのを見て、沖縄の人たちはこのことをどう思っているのだろう?とふと思ったことを思い出します。

というのも、M君というクラスメートが沖縄が返還される日が近づくにつれて

「どうなるのかなぁ・・・アメリカ軍の基地に頼って生きている人たちも多いから。うちもそうだし」

と言っているのを聞いていたから・・・でもあるのですが。

あれから40年経って、沖縄にはいまだにアメリカの基地があり、さまざまな問題を抱え、何も解決されていないという事実。

一度だけ訪れた沖縄で、嘉手納基地の前を通った時、離発着を繰り返すアメリカ軍の戦闘機の轟音に、ここではまだ戦争が行われているのだろうか?と思い、その後訪れたひめゆり部隊の記念館で見た少女たちの写真や手紙に、日本が沖縄に強いてきたもののあまりの過酷さにただもう茫然と立ち尽くすしかなかったこと・・・

そしてそれが今も沖縄では続いているということ。

東京の繁華街での若い人たちへのTVのインタビューで、彼らがあまりにも他人事で、何も知らないということにも愕然としました。

「沖縄って遠くて。もっと近かったらいろいろと考えるのかもしれないけど。所詮他人事?」

という話を平然とする若い人たちに、ああこれでは沖縄は永遠に救われない、と悲しく思いました。

確かにアメリカ軍の基地があって、そこで働く日本人も多く、米兵を相手にしているお店も多くある、という事実と、その基地がもたらすたくさんの問題。
今も頻繁に起こる暴行事件、飛行機の墜落、その墜落で命を落としたたくさんの沖縄の方たち。

アメリカ軍の基地を県外へ、と大風呂敷を吹いて大量の票を得た民主党というか当時の党首の鳩山由紀夫。
でも、何もできなかった。
ただただ沖縄の方たちへ期待を持たせ、そして絶望の淵へ追いやっただけ。
基地の問題は、一筋縄ではいかない、ということをわかっての県外移転の発言だったのだろうか?となんとも発言の軽い鳩山某だけに私は、ひたすら思いつきで言ったとしか思えないのだけれど、どうなのだろうか。

基地を移転させるなら、そこで働く日本人の次の職をどうするのか、また基地があって成り立っている商店などは基地無き後の店の存続はどうなるのか、などの経済的な問題と、米兵による暴行事件や交通事故、飛行機の騒音問題、墜落事故などの平和国家であってはならないことが起こるという問題。

そういうことを全部考え抜いての発言だったのだろうか?と大きな疑問が残ります。

期待だけ持たせて、何もできませんでした、では、戦後何十年も耐え、今もさまざまな複雑な思いを抱えて生きている沖縄の方たちに対してあまりにも酷くはないか?と思います。

本土にもアメリカ軍の基地はあります。
東京近郊では神奈川の厚木、そして横須賀。
去年訪れた長崎の佐世保にもアメリカ軍の基地があります。

それらも一緒に考える、そういう試みがあってもよいのではないか?と思いますが、それは素人の安直な考えでしょうか。

ちょっとM君に今どう思うか聞いてみたいです。
とは言うものの・・・
卒業クラスの3年9組、同窓会名簿を見ると・・・
なんと行方不明者の多いことかしら!!!
凄く仲の良かったクラスなのに、なんでこうなったんでしょうかね?
あら!高校だけでなく、中学も小学校も卒業クラスの名簿を見ると、行方不明者がなんと多いことよ!

あ、最後話がそれてしまいました^^;

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-17 23:22 | 考えること

マダムな時間^^

今日は仕事がお休みでした。
ええ、中間試験だったんです、学校が^^

かねてから行ってみたいな、と思っていたところへY子さんをお誘いして出かけてきました。
ええ、二日酔いだったんですが^^;
でも、かなり以前に予約をしたので、今日、二日酔いになるなんてその時はわかりませんものね~>苦笑

e0116960_2242676.jpg


初めてで窓側の席です~
Y子さんが「私3回目で初めて窓側よ~」
え?ということは、私はラッキー?

e0116960_227545.jpg


夏バージョンになっていました^^

冬バージョンの竹でできた器も素敵ですが、こちらも涼やかでなかなかです♪

何が嬉しいと言って、お茶がメニューのなかから何を選んでもよく、何度おかわりをしてもよい、ということ。

そして38階のラウンジからの眺望の素晴らしさ^^

1時半から5時近くまでY子さんとお茶を飲みながら、おしゃべり三昧。
イタリア好き同士、ダイエット仲間同士、話題は尽きず・・・でした^^

金曜日の夜も久々のマダム時間(笑)でしたが、今日もでした~

ときにこういう時間は人生において必要なのだと思います。
いつもじゃないから・・・
だから大事な時間。

1か月と少し、新しい仕事で頑張った自分へのご褒美時間でした。

e0116960_22184318.jpg


Y子さんが写してくれました^^
小さいからそのままとも思いましたが、ちょっと恥ずかしいので目にモザイク入れました~





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-14 22:22 | 徒然

本日は二日酔い^^;

かねてから「ゆっくりおしゃべりしたいね~」と言っていた、テノールのツッチーとソプラノのchicaちゃん夫妻。
忙しい二人のスケジュールが合う唯一の日が昨日!

ということで、仲良しのMちゃんも一緒に我が家で内輪の食事会をしました^^

e0116960_11275995.jpg


宴会が始まる前のテーブル^^

e0116960_1129395.jpg


メインのお料理。
tammyちゃんの「ルチア風ローストビーフ」、hikaru先生の「鯛のサラダ」「北京ダック風春餅」「文旦の生ハム巻・サーモンのリエット風サンド」

写真にはないのですが、あとはアサリのワイン蒸しとパプリカとアスパラの和風マリネ。

そして・・・

e0116960_11341445.jpg


フィレンツェのheroが送ってくれたサラミ!
後ろのワインはツッチーがこの春にイタリアへ仕事で行ったとき、heroと出掛けたキァンティのワイナリーで買ってきてくれたワインです。

e0116960_1137226.jpg


無添加の昔ながらの作り方のサラミ、最高に美味しく、キァンティワインによく合って、日ごろ赤ワインは苦手という娘が

「このワイン、なんでこんなに美味しいの?」

と言いながらグビグビと~(まさしくそんな感じだったんですよ!高級ワインなんだからね、もっとゆっくり!と言いながら、私もグイグイ^^;)

なにしろ血はつながっていませんが息子夫婦と妹みたいなMちゃんとの食事会なので、私は完全にリラックスしてしまい、またツッチーのお土産のワインが本当に美味しかったこともあって限度を超えて飲んだ・・・

おしゃべりも楽しくて、それも手伝ってグビグビ^^;

ピアノの話しになり、娘が中学3年で挫折したと言ったら、なんとchicaちゃんも!
その挫折の理由も一緒。

「バッハは・・・眠くなる・・・。弾いていて終わらない・・・。ショパンもノクターンは眠くなる・・・」
「バッハ、自分がどこを弾いているのかだんだんわからなくなって、グルグル回って本当に終われない・・・」
「最後の発表会にもらった曲がノクターンだったのがいけなかったんだと思う、ワルツとかだったら・・・楽しかったのかも・・・」

ツッチーが、その壁を越えられたらピアノで生きていけたかもね、と言って、みんなで、うん、確かにそうだよね!

壁を越えられなかった娘は、聴くだけになりましたが、chicaちゃんはそこから声楽の道へ進み、ソプラノ歌手として活躍中^^
この秋には「こうもり」のアデーレを歌います。

共通の話題が尽きなくて、なかには「きゃあ!そうだったの~!!!」な裏話もあって、楽しい時間でした。

ところがですね・・・
わたくし・・・
リラックスし過ぎて、飲み過ぎて・・・
途中でダウンしちゃったんです!
春餅を出して、Mちゃんたちが「美味しい~」と言ってくれたところまでは記憶にある・・・んですが・・・
そのあとがなく・・・
気が付いたら朝でした(-_-;)
そして、なんと二日酔いです~
今日がお休みでよかった。。。

本当は最後にポルチーニのクリームパスタを出す予定にしていて、材料も用意してあったのに・・・
それで丁度お腹がいっぱいになるかな?な計算だったのに・・・
だからパンも用意していなかったのに・・・

出せなかった!!!

本当にごめんなさい。。。
懲りずにまた来てね・・・

e0116960_11544899.jpg


昨日は母の日で、heroから届いた母の日のプレゼント。hero、いつもありがとね。。。
実の息子からもお菓子が届きました^^(写真なし~)
娘が
「なんかさ、フィレンツェのお兄ちゃんの方がいっつも高級なプレゼントだよね~。ホントのお兄ちゃんダメじゃん!」
はは、正直な娘でございます^^;
という娘ですが、彼女も「ワイン、すっごく美味しくてガンガン飲んだのはよいんだけど・・・残るんだね・・・フラフラする。。。」と言いながら仕事に出かけて行きました(大丈夫か???)

e0116960_1202778.jpg


昨夜飲んだワインたち・・・
シャンパンはともかく・・・
イタリアのワインはMASIをのぞいて日本未入荷のものばかりなんです。
ツッチーのお土産の2本(キァンティとサンジミニャーノの白)は本当に美味しくて、私が今年ヴォルピから送ってもらったブルネッロは、チロとtammyちゃんがお勧めのワインだけあってこちらも最高でございました^^

まあ・・・これだけ飲めば・・・
私の二日酔いもお分かりいただけるかと・・・^^;


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-05-14 12:05 | 集い