Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

出張料理教室 第二弾!

23日に第一弾として我が家で行ったtammyちゃんの出張料理教室。
昨日はその第二弾、魚料理コースでした^^

朝の10時半に我が家に集合!

e0116960_16502132.jpg


今回の食材^^

e0116960_1652207.jpg


マダムお二人調理実習中です♪

e0116960_1655545.jpg


グツグツ^^
美味しい香りがキッチンに満ちます~

e0116960_16572110.jpg


テーブルの準備が出来ました♪
私を含めて生徒が4人、そして先生のtammyちゃんの5名です。
え?otosan???
あ、昨日は娘と一緒に国立競技場へサッカーナビスコ杯の決勝戦を観に行っていました。
ご贔屓アントラーズが浦和レッズと決勝戦を戦うので~
otosanが行った甲斐があり、アントラーズ優勝しました!!!
祝、15冠目~^^

e0116960_1712823.jpg


アンティパスト。
アンチョビとトマトのクロスティーニ。
これ、本当に美味しかった!
ワインが・・・進む味です~(昨日はワインはなかったんですけどね~)

e0116960_1734839.jpg


プリモ。
ひよこ豆のミネストラ。
スープにお米や小さなパスタをいれると、ズッパではなくてミネストラと言うのだそうです。
優しい味で、身体が弱ったときなどに飲んだら絶対によさそう!

e0116960_1764654.jpg


セコンド。
バッカラのトマト煮、フィレンツェ風。
本来は塩漬けのタラで作るのですが、日本ではないので、甘塩のタラで作りました。
もし・・・代用品というなら、干タラでしょうか?
京都などでよく使いますよね、干タラ。(棒タラとかね^^)
甘塩のタラが、イタリアンに!
恥ずかしながら、タラちりにしか使ってなかったのです、私、今まで・・・
それがですね、本当に美味しいイタリアンになるんです。
ソースも最高に美味しくて、いくらでも食べられそう・・・危険・・・^^;

女性が5人で、ワイワイガヤガヤと楽しい食事^^
タラがテーブルに乗るころに、どりさんが「みなさんにお目にかかりたいからお茶の時間にうかがうわね!」ということで、登場~♪

e0116960_17132532.jpg


e0116960_1714468.jpg


お茶時間です。
ええ、そりゃもう女性ばかりが6名ですから~

こすもすさん、daisyさん、lilyさんからのお土産の果物と、私が用意したレモン風味のパウンドケーキ(私が焼いたんじゃないですよ!当然ですが~)、こすもすさんのスイス土産のチョコレート。
そして、白いヌガーのようなものは、先日石鹸を送ってくださったihokoさんからもおまけの品の、サルディーニャのトッローネ。

tammyちゃんが、サルディーニャのトッローネは美味しいのですよ~!との言葉のとおり、本当に美味しかったです^^
ihokoさん、ご馳走様!

今回、liliyさんと初めまして!でした^^
想像していた通りの方でした♪
優しい、温かい方~
初めてお目にかかったようじゃないみたいでしたよ!

おしゃべりが弾みました^^
時間はあっという間に過ぎていき、お料理教室はお開きの時間に・・・

tammyちゃん、今回も美味しいお料理の数々をありがとう!
家で作れるお料理ばかりで、最近メニューの貧困に悩む私には、天の助けのようです~^^

いらしてくださったこすもすさん、daisyさん、lilyさん、ありがとうございました♪
そしてどりさん~、すこし気晴らしになりましたか~?
皆様、また遊びにいらしてくださいねぇ!!!


そして・・・
昨日が今回の帰国中で、tammyちゃんに会える最後の日でした。
今回は、我が家でゆっくり食事もしてもらえず、それだけが本当に心残りです。
日本に帰ってきても仕事やらなにやらと忙しかったtammyちゃん。

皆様がお帰りになられるときに、交差点まで送りに行き・・・
いつものとおり「気を付けてね。またね。」
別れを惜しむと・・・涙が出るから・・・

tammyちゃん、1月にフィレンツェで会いましょう!
遊んでね♪



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-30 17:29 | 美味しい♪
昨夜、自由が丘のリストランテmondoで、tammyちゃんのLa Cenetta とmondoのオーナーシェフ宮木さんとのコラボレッスンがあり、去年に引き続き参加しました。

e0116960_23574592.jpg


講師のお二人^^

e0116960_23593846.jpg


今回は講師お二人によるデモンストレーション形式で、レッスンは進みます。

全部で6種類のお料理を教えてもらいました。
トスカーナ3種類、トレンティーノ・アルト・アディジェのお料理3種類。
トスカーナ、トマトのオーブン焼き、インゲンのクタクタ煮、ミネストローネ・ディ・マーグロ。
アルト・アディジェ、ニンニクのスープ、チロル風カネーデルリ、キャベツのサラダ。
トスカーナはtammyちゃんが、アルト・アディジェは宮木シェフが、丁寧に教えてくれました。

2時間のレッスンが終了して、あとはお楽しみの食事会~^^

e0116960_073530.jpg


アンティパスト。
トマトのオーブン焼きが、美味しくて美味しくて!
そして宮木シェフのニンニクのスープは絶品!
ミネストローネは、日本で出てくるものとはまるで違います。
「たべるスープ」とはtammyちゃんの言葉ですが、本当に飲むというより食べる!
身体に優しいスープでした。

e0116960_010245.jpg


お団子のようなものが、チロル風カネーデルリです。
ウィーンの名物料理のクヌーデルによく似てます。
というのも、トレンティーノ・アルト・アディジェはもうすぐそこがチロル、オーストリアなのです。
スペックという生ハムの燻製が入っていて、へえ!な美味しさ^^
メインは豚のすねのロースト。
皮つきでローストされているので、コラーゲンたっぷり!
皮がパリパリしていてお肉がジューシーで~^^

e0116960_0132752.jpg


豚すね肉のローストに付け合せる、インゲンのクタクタ煮とキャベツのサラダ。
キャベツのサラダにはクミンが効いていて、いくらでも食べられそう!
そしてインゲンのクタクタ煮、tammyちゃんのブログで見て、こんなかな?で作っていましたが、あら!全然違う、作り方!!!
美味しい~^^
そうか、こういう風に作るのね!!!でした。

e0116960_017492.jpg


ドルチェ。
リコッタチーズのタルト、レモン風味、ステュルーデル、苺のカネーデルリ。
いやん、どれも美味しい~!
私はこれにエスプレッソをドッピアで~

今回も本当にためになる、そして最高に美味しいmondoでの「特別講座」でした。

お家で作れるお料理ばかり、寒くなるこれからにぴったりのスープは、早速復習したい!

tammyちゃん、宮木シェフ、ありがとうございました^^

そして、心憎いばかりのサポート、ソムリエの田村さん、楽しいトークと最高のワイン、こちらもありがとうございました^^

ご一緒させていただいた皆様、またお目にかかれますように!!!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-29 00:25 | 美味しい♪

どくとるマンボウ青春記

朝、携帯にニュース速報で、北杜夫さんが亡くなられたとメールがきました。

北杜夫さん・・・
私が辻邦生を知るきっかけを作ってくれた作家です。

北さんの人気シリーズである、どくとるマンボウシリーズ。
航海記のあとにかかれた、旧制松本高校時代、東北大学医学部時代のことを書いた「青春記」で、そこに出てくる、「最初は先輩、途中で同級生、最後は後輩になった、「小説への序章」などの著作で知られるT」、というのが、辻邦生でした。
この本を読んだのは中学生のころで、そのTというのが、誰なのか、「小説への序章」って?でしたが、その後、その「小説への序章」という評論を見つけたとき、北さんがTと書いていたのが、辻邦生だと初めて知りました。

辻邦生を知る前には、北さんの作品を本当によく読みました。
マンボウシリーズもですが、長編で、あの三島が絶賛した「楡家の人びと」、芥川賞を受賞した「夜と霧の隅で」、「白きたおやかな峰」、「はだかの王様」、「幽霊」、「黄色い船」、「船乗りプクプクの冒険」などなど・・・
好きだったのは、初期の「幽霊」とか「楡家の人びと」。
「楡家・・・」では、登場する人物が本当に生き生きと描かれていて、北さんの文章のうまさに脱帽でした。

何かの本に、「夜と霧の隅で」は、アウシュビッツの写真を見ていて、ふと作品が閃いて書き上げたものだ、と北さんが書いているのを読み、作家って閃きで、作品が書けてしまうのか?と随分と不思議に思い、それが「文章を書く、作家としての才能」なのだとわかって、とても羨ましくもあり、嫉ましくもあり・・・
ふふ、若いと言うことは不遜でもありました^^;

父親が、アララギ派の歌人である齋藤茂吉であることが、北さんにはとてもとても重いものであったことも正直に書かれていて、その茂吉と箱根の山荘でひと夏を一緒に過ごしたときの窮屈さや、茂吉から来る手紙の書き出しが常に「宗吉よ・・・」であったことなど、北さんにとって、父親はなんとも尊敬はしているけれど、煙たいというのか、どう対応したらよいのか困る存在だった様子が手に取るようにわかりました。

ただ、松高時代には、そんな父茂吉に影響されて、北さんも歌を詠んだりしているのが、なんとも微笑ましいというのか、なんだかんだと言って、北さんの中で父茂吉は、本当に大きな大きな人であったことは間違いありません。

旧制高校時代に、トーマス・マンに惹かれ、「ブッテンブロークス」など、当時のドイツ文学の権威である望月市恵先生に習っていたことなども影響していたのか、それがのちの「楡家の人びと」につながっていく過程が青春記ではちょっと見えて、面白いなぁと思ったことがあります。

40代で、躁うつ病に罹患し、躁の時には、軽妙なマンボウシリーズなどを書き、鬱のときには「楡家の人びと」のような純文学の作品を生み出し、文体がまるで違うので、同じ作家とはとても思えないと評論家たちから言われ続けた人でもありました。

そして、大の阪神タイガースファンであることも有名で、たばこを吸っているときに点が入ると、次の攻撃の時に縁起を担いでまた煙草を吸う、などということをしていた、とこれもマンボウシリーズのどれかの作品に書いていて、私はやはりトラキチの父が同じことをしていたので、思わず大笑いをしました。

北さんは、遅れて作家として活動を始めた辻邦生に対して、あれこれと世話を焼き、2人の松本高校時代からの友情は、辻邦生が亡くなるまで、途切れることなく続きました。
辻邦生が亡くなった時の北さんの言葉は、悲痛な思いに満ちていて、ああ、本当によい友達同士だったのだなぁと、北さんの無念を思って、涙が出ました。

そんな2人が、今頃は天国で会っているのでしょうか。

「辻~、やっときたぞ~。どうだ、ここはよいところかい?ここでは自分が先輩だからなんていうなよ!」とかなんとか言っているのかしら・・・

三島とも会って、なんで自分の思いが届かない世界へ行ってしまったのか、と恨みつらみを言っているかしら・・・

遠藤周作さんとも会って、孤狸庵対マンボウなんてことをまたぞろ繰り広げいてるのかしら・・・

奥様が「やりたいことをやっていたので、よい人生だったのではないでしょうか」とおっしゃっていますが、確かにそうかもしれません。

こよなく昆虫を愛し、阪神タイガースを愛し、そして文学を愛した。

ご冥福をお祈りいたします。

そして、北さん、辻邦生という作家を教えてくれて、本当にありがとう!とお礼をいいます^^
ふふ、「僕はね、知らないですよ、あなたが僕の作品を読んで、勝手に見つけたんでしょう。そもそも僕はあなたをしらないしね」と言うのだろうなとは、思うのですが、それでもお礼は言わせてくださいねぇ!



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-27 00:59 | 徒然

YELL

このブログをこっそりと読んでくれている、幼馴染のAへ・・・

九十九里へお嫁に行ってしまったあなた。
遠いなぁ・・・と子供のころに海水浴に行った記憶しかない九十九里を思い、またなんで?とも思ったけれど・・・

あなたの初恋の相手は、私の幼稚園時代からの本当の幼馴染で、子供のころはNのどこがよいのかな?なんて思っていたけれど、大人になってNに会ってみると、あら!
A、あなたは人を見る目が高い!と思った・・・

いまでは某民放のそこそこの地位にいるNとあなたが結婚していたらどうだったんだろう?
とふと思って、いや、それはなくて正解だった、苦労すると思わず苦笑^^;

そういうところも、賢明だったよね。

久しぶりにした連絡メールへの返事を読んで驚いた・・・

「本格的に介護が始まります」

ご主人のお母さんを介護して、ようやく自由になって、私はこれで自由に遊べるね!などと不謹慎にも思っていたら、今度は実のお母さんの介護なのね。

先日、母が私に「Aちゃんのお母さんは元気かしら?横浜へ引っ越してきてから、あなたのお友達のお母さんとはだれとも会えなくてね、寂しい」と言ったので、「一人暮らしだけれどお元気みたいよ」と答えたばかり・・・
母に「実はね」と話をしたら、母はどれだけ驚くかしら・・・
同い年だから、とても気になるらしいのだもの。

九十九里から杉並まで通うのは、大変。
プロに相談するから、と書いてあったけれど、一人で全部を背負わないこと・・・
昔から、なんでも一人で解決してきた・・・
多分・・・一番しっかり者のA。
私は、口だけで、精神的には非常に弱くて、どれだけ心配をかけただろう?
だから、今度はね、一人でなんでも解決しようとするのはやめて、煮詰まったら、愚痴を言ってほしいなぁ、と心から思う。

友達とは、そのためにいるのだよ・・・
親友とは、そのためにいるのだから・・・

そして・・・あなたは、私の命の恩人でもあるのだから・・・
だから、今度は、私に甘えて・・・

この歌は、卒業ソングとして有名だけれど、それでも敢えてあなたへ・・・





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-26 00:11 | 徒然
武蔵野市民文化会館で行われた、樫本大進withベルリン・バロック・ゾリステンの演奏会。

安永徹さんがベルリン・フィルを退団して、そのあとを継ぐようにベルリンの第一コンサートマスターとなった樫本くん。
彼が、ロン・ティボーで1位となって、そのガラコンサートに出演したとき、初めて生の演奏を聴いて、こりゃすごい!と思ってからもう10年以上が経ちます。

その樫本くんが、仲間であるべルリン・バロック・ゾリステンと開く演奏会。
非常に楽しみにしていました^^

いや、樫本くん、凄い!
あの頃よりも数段、いえもっと!進歩している!!!
とても品が良く、当然テクニックも素晴らしいのですけれど、それを前面に出すというか、ひけらかすことがない演奏で、非常に好感が持てます^^

先日、佐渡裕さんがベルリンを指揮したときのコンマスが樫本くんで、練習で上手くベルリンの団員に自分の望む音楽を伝えられない佐渡裕に、樫本くんが休憩時間にアドヴァイスをしている姿があるのをTVの放送でみましたが、その時も、いや、32歳でコンマスはどうなんだろう?と思ったのが恥ずかしくなるほど堂々としていて、驚きました。

今夜の演奏も、まさしくそんな感じで、若いのに風格が感じられて、今後にますます期待!

実は、金曜日に同じ会場(金曜日は小ホールですが)で、樫本くんの前のベルリンのコンマスの安永さんのコンサートがあります。
本当は春に行われるはずだった演奏会ですが、安永さんの体調不良のため、10月に延期になっていた演奏会。
期せずして同じ週の始めと終わりにベルリン・フィルの新旧コンマスの演奏を聴くことになりました。

安永さんの演奏も久しぶりに聴きます^^
こちらも楽しみ!!!
なんといっても、一番好きなバイオリニストですから、安永徹さん~^^

この二人に共通しているのは、どちらの演奏も「品が良い」ということ。
これは・・・とても大事なことだと最近つくづく思います。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-25 00:50 | 音楽

出張料理教室 第一弾!

イタリアから帰国中のtammyちゃん^^
去年もお願いして好評だった「出張料理教室」
今年もお願いしました。
2回開いてね!と頼んだ、今日は第一弾です♪

e0116960_2149434.jpg


本日の食材^^

e0116960_21503136.jpg


tammy先生、レシピの説明中です。
熱心に聞く生徒たち~^^
ちょっとバラしてしまうと、白いTシャツは・・・私です~^^;

e0116960_21534063.jpg


クッキングが始まりました。

今日は3品作ります^^
先生の指示に従って、刻んだり、お肉を切ったり。
そして炒めたり~

e0116960_21555123.jpg


アンティパストに鶏レバーのペースト。
臭みがまったくなく、美味しい!!!
私は、このお料理をずっと習いたかったんです~

e0116960_2158993.jpg


乾杯は、midoriさんのお土産、「サクラパンダ・カヴァ」
上野で人気の「カヴァ」^^
ロゼの色がきれいで、なにより美味しい♪

e0116960_2205571.jpg


プリモは、ラグー。
そうか、こうやって作るのだね!
私が今まで作っていたのは・・・あれはやはりなんちゃってラグーだったんだわ・・・

ワインは、この春に秋に飲みましょう!とtammyちゃんがフィレンツェのエノテカ、ボルピから送ってくれたビノのワイン。
サンジョベーゼ100%のワインは、これぞイタリア、トスカーナ!

e0116960_224478.jpg


セコンドには、鶏肉のカッチャトーラ(猟師風)
骨付きの鶏肉をたくさんの野菜とトマトで煮込みます。
黒オリーブがよいアクセント^^

このときのワインは、この冬にkazuちゃんのところでお土産にもらったワイン。
自家製ワインは、馥郁とした香りと深い味。
葡萄から丁寧に育てて作っている、kazuちゃんのB&Bのハウスワインです。
いつ開けようかな?と思っていたのですが、今日はよい機会!
erikoちゃん夫妻はkazuちゃんのワインを飲んだことがないので、開けました^^

ご覧になられておわかりのとおり、今日は、伝統料理コースでした。
フィレンツェの王道家庭料理ばかりを丁寧に教えてもらいました。

さて・・・
試食も終わり、そのあとはもうプライベートで、みんなでワイワイと宴会です。

お腹がいっぱい!だけど、これだけはtammyちゃんに食べさせたい!

e0116960_22125275.jpg


枝豆~
家の近くに自然食品のお店があり、そこに山形の「茶豆」がありました。
東北の枝豆、もう最後ですが、この時期のものは美味しいのですよ~
盛岡時代に「今年の名残の枝豆!」とよく食べました。
イタリアでは食べることができないからね・・・
tammyちゃん、たーくさん食べてねぇ!

e0116960_22163164.jpg


今日はドルチェは作らないコースなので、Labraneちゃんのお土産、岡埜栄泉の「豆大福」と「栗饅頭」
甘味はどんなにお腹がいっぱいでも入ります^^

そして・・・

e0116960_22184995.jpg


先日の伊勢丹イタリア展で購入した、トスカーナ、モンテカティーニの伝統焼き菓子。
日本でいうとゴーフルみたい???

e0116960_22205180.jpg


実は、明日はotosanのお誕生日なんです^^
娘が毎年ケーキを用意するのですが、明日は娘も帰りが遅く、私たち夫婦も音楽会で帰りが遅くなるので、今日お祝い~
みなさんから「ハッピーバースディ・トゥ・ユー」を歌ってもらったotosan^^
よかったね~

ああだこうだとたくさんのおしゃべり^^
時間はあっという間に過ぎてゆき・・・

9時過ぎにお料理教室と、そのあとのプライベート時間の宴会はお開きになりました。
楽しかった~!!!
そして、勉強になりました!
どれもこれも本当に美味しいお料理で、去年もでしたが、ちょっとしたコツで、日本にいてもきちんとイタリア料理が作れるのですよね♪

我が家では土曜日に今度は「お魚コース」で第二弾のお教室を開きます。
ふふ、こちらも今から楽しみです~^^

tammyちゃん、お疲れ様、ありがとね!!!

そして、いらしてくださったmidoriさん、erikoちゃん夫妻、Labraneちゃん、ありがとう~^^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-23 22:27 | 美味しい♪

ロト

昨夜、娘とたわいのない話をしていて、「しかし、宝くじって当たらない!当たったって言う人にも会わないよね、オータムジャンボは買って、招き猫の下に置いてあるんだけど」と、私が言ったら、娘が

「夢見たのよね~」

ん???

「ロトがね大当たりでね、やった!と思って~」

「それって6億当たったってこと?」

「うん!6億当たったの!」

「凄い!!!」(いや、夢なんだからちっとも凄くはないぞ!なんですけど・・・)

「ところがね~、私って本当にみみっちいなぁ!って思うんだけどね、どこへ行ったと思う?」

「銀行?」

「違うの!HONDAに行ったの。でね、今の使えない営業マンに、CR-Vください!って言ったのよ~」

「はは、欲しいんだものね、CR-V~」

「そうなんだけどね、他にも車のメーカーは外国のだってあるのに、BMBでもフェラーリでもなくてね、行ったのはHONDAだよ~。6億当たってるのに~」

「どこまで好きなんだろうね、HONDA車が~」

「でしょ~。でね、車を買う手続きをHONDAでしてね、家に帰ってくるんだけど、そこでね、30万出してね、ガレージを拡張するの。今のだとCR-V入れるの、ちょっと難しいじゃない?」

なんで30万なんだ???
おかしいね???と思いながら、娘には夢の続きを話させる私~emoticon-0136-giggle.gif

「でね、そこで初めて家を見るのよ。うーん・・・建て直すかな?って~」

「わー、建て直してくれるんだ!じゃあさ、私の部屋もちゃんと作ってね!で、キッチンも広くて、リビングももっと広くて、玄関ももっと広くて~」

「うん、なんたって6億あるもんねぇ!」

と、そこまで盛り上がって、お互いにはた!と気づきました。

これは、夢でロトが当たったんだよね???

「はは、これって、夢で当たったロトの話しだよね~?」

「そうだったね~、こんな風に上手くはいかないよね・・・。だけど、本当に私、みみっちいでしょ?6億持ってるのに、車はCR-Vで、30万でガレージなおしてってことしか最初に思いつかないなんて~」

いやいや、Cちゃん、そのくらいでいいんじゃないの?
堅実でございますよ~

しかし、娘の夢の中の話しで、こんなに盛り上がってしまう母子~emoticon-0111-blush.gif

昨夜は、一時すっごくお金持ちになった気分で、たのしゅうございました~



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-21 19:45 | 徒然

2年ぶりです~^^

ある日、「東京へ行きます。会えませんか?」とご連絡をいだきました。
わぁ!!!
もう何としてもお目にかかりたい!!!
2年ぶりですもの!

「だけど、平日で、1泊しかできないから、杏さん無理ですか?」

休めない・・・のですよ。
というか、もう意地でも休まない!と決めたのです。
絶対に文句は言わせない!とこれはもう、私のどうでもよい意地なんですけれど・・・

でもね、でもね、どうしても会いたい方なのです。
ランチなら・・・何とかなるかも!

1時間だけ休み時間を多くもらうことは・・・出来るかも・・・
だって、相棒は1か月に1度、午前中来ないんだもの・・・(歯医者だそうで・・・)
で、今月の31日は遊びに行くので休むと言うのだもの・・・
なら2年ぶりのお友達に会うのに、昼休みを1時間余分にもらっても、文句は出ないよね?

で、「2年ぶりに会うお友達で、その日のランチしか時間がないので、休憩を1時間余分にいただきたい」と言ってみた・・・

そうしたら、どういう風の吹き回しか「午後、休んでよい」と言いました!

やった!
だよね、片方に休みを与えて、私にはNo!はあり得ないものね~

と言うことで、今日、本当に2年ぶりにお目にかかりました、タワラジェンヌさん と!

駅で会ったとき、もう思わず抱き合って再会を喜んじゃいました^^

2年前に初めてお目にかかったとき、話が弾んで弾んで、本当に楽しい時間だったのです。
その時、仕事の愚痴やらなにやら自然に話している自分にびっくりもし、だけどそういう雰囲気を持っていらしたタワラジェンヌさんの、なんとも言えない大きさとか、ふんわりと包んでくれるような優しさや温かさに、とっても感激したのです^^

紀尾井町のオーバカナルでランチ~^^
あ、写真ありません^^;
しゃべるのに忙しくて、気が付いたら、ほとんど食べちゃってました。

2人で「私たちブロガー失格!」と言って苦笑い。
すっごく美味しかったんですけど~

2年ぶりなので、話すことは山のようにあって、時間はあっという間に過ぎてゆき・・・
お店の方が「すみません、ディナーの支度をしないとなので・・・」と恐る恐る言ってきたときは、もう4時を回っていました(12時から一緒だったんです!)

まだ時間があるから、ということで、四ツ谷駅まで歩きました。
紀尾井ホールの前をとおり、上智の土手というか上智通りを歩き・・・

アトレの中のお店でお茶をしましたが、ここも写真なし^^;
ええ、しゃべるのが忙しかったので~(ケーキの美味しいお店なんですけどね)

お互いの旅の話し^^タワラジェンヌさん、この夏にスイスへいらしたんです。
スイスでの楽しいお話しをうかがって、いや、スイス凄く行きたい!と思いました。

仕事のこと、親のこと、これからのこと。
そしてこの夏にあった、私にはちょっと悲しい(いや、とても悲しい)出来事・・・
そのことからいろいろと思ったこと・・・
タワラジェンヌさん、そんなこと全部を一緒に悩んでくれて、とても有難かったです。

5時過ぎ、もう東京駅に向かわないと大阪のご自宅に戻られるのが深夜になる!というので、泣く泣くお別れ・・・でした。
駅の改札口で、「今夜も泊まれたら、まだまだしゃべっていたわね。続きは大阪でしましょ。大阪へも来てね!」とタワラジェンヌさんが笑顔で言ってくださいました。

「行きます~!絶対に行きます~!」

タワラジェンヌさんの「読み聞かせ」も聴きたい^^
タワラジェンヌさん、とても優しい声の持ち主なのです。
童話の読み聞かせは、タワラジェンヌさんの天職なのじゃないかしら?と思います。

東京へ行くから、会いたいわ、と言ってくださったこと、本当に嬉しく思いました。
短い滞在でいらしたにもかかわらず、私に会いたいと言って時間を作ってくださって・・・
こういうことがあるから・・・ブログを書いていてよかった、と今日はつくづく思いました♪

ふふ、珍しく午後休をくれた弁護士に、今日はちょっと感謝いたしました^^



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-20 00:54 | 集い

上総下総一周の旅?

昨日のアレンジのお稽古で、いつもご一緒するIさん。
いろんな話をしながらアレンジを作っていたのですが、たまたま千葉県の話になり、Iさんが千葉のご出身ということが判明。

「どこらへんです?」
「銚子の近く。ちょっと九十九里寄りなんだけど」
「あ、それじゃあ旭の方?」
「そうそう、旭じゃないけど近く。なんで旭を知ってるの?」
「行ったことがあるんですよ~、旭の近くに」

と話していたら、Joeが「それってサッカーで行ったの?」

はい???
いや、サッカーでね旭にはいかないですよ・・・
行くのは鹿島~emoticon-0115-inlove.gif

「いや、仕事で行ったんですよ~」

Iさんが「仕事で旭?またなんで???」

そこから思い出したくもない6年ほど前の出来事が頭を駆け巡りました。

アレンジしながらことの顛末を話したのですが、Joeが「そりゃ忘れないね!」

「だってさ、食べ物の憾みというかそれはもう忘れないでしょ」

6年ほど前・・・

朝、事務所へ行くと、当時勤務してた弁護士が

「あ、千葉地裁へ行ってください。今日が時効なんです。はい、書面」

と私に言いました。

千葉ぁ???
あそこって行くの大変なんですけど???

そうなんです、千葉って行くの結構大変!

ですが、仕事ですから、行けと言われれば行きます、どこへでも。

仮差押えと本訴の書面を持って、出掛けました。
弁護士が千葉だと言うのですから、千葉地裁へ。

9時半過ぎに事務所を出て、11時ころ千葉地裁へ着き、事件受付に書面を提出したまではよかったんです。
そこから待つこと30分以上。
やな予感~emoticon-0107-sweating.gif

呼ばれて言われたのが

「これ、管轄が違います。」

はあ???管轄が違う???

「弁護士さんが千葉だった言ったの?これね、八日市場だから。管轄。八日市場へ持っていってくださいね。今日時効みたいだから急いで」

と言われてもですね、お恥ずかしい話しですが、八日市場ってどこよ???

きょとんとしていたら、八日市場への行きかたを教えてくれました。

千葉駅に戻って(その時点ですでに12時を回っていた・・・)、電車の時間をみると、あと10分で発車する電車に乗らないと次はまた1時間後・・・
急いで切符を買って、飛び乗りました。
お昼ごはん・・・食べてませんよ・・・emoticon-0106-crying.gif

ガタゴトと電車に揺られ、かなり以前、バブル時にチバリーヒルズとして有名になった街を通り、ようやくついた八日市場。

駅から出て唖然としました。
何もない・・・
あるのは落花生のお店だけ。(特産品なんですよね)
私のお昼ごはんは???

じゃない!急いで裁判所~emoticon-0133-wait.gif

タクシーに乗って、ようやく到着したはよかったんですが・・・
またもや事件受付で待たされ・・・
やな予感・・・
そーっと見ると、書記官たちが集まってああでもないこうでもないと議論している・・・
なんで?
千葉地裁の書記官がここだって言ったのに・・・

1時間以上待って、またもや

「千葉地裁でここだって言われたの?違うんだよね、管轄」

はあ???違う???
だって、千葉地裁の書記官が「八日市場だから!」ってあんなに確信を持っていったのに???

「すみません、じゃあどこなんですか?今日が時効で、とにかく事件番号貰わないとなんですけど・・・」

「確かに旭は八日市場が管轄なんだけどね、裁判所の管轄って旧住所で決まるんだよね。で、この相手方住所地は、今は確かに旭なんだけれど、以前って合併前は旭じゃなかったんですよ。で、管轄はね・・・」

        「佐原だから!」 

嘘でしょ~!!!!
佐原って・・・あの水郷というか蔵の街とか言われる・・・あの佐原???
どうやって行くのよ???

途方に暮れる私・・・

書記官が気の毒がって、八日市場からの行きかたを調べてくれました。

「えーと、二通りあって、銚子に出て、そこから千葉方面への電車に乗って佐原で降りるのと、いまきた電車に乗って佐倉まで戻って、成田経由で行く方法とあるんだけど。どちらも時間的には乗り換えも入れて同じかなぁ。銚子経由は銚子で1時間待ちだね。佐倉経由は待たないけど、時間がかかる。どっちで行っても今からだと着くのは6時過ぎ」

6時過ぎぃ???
やめてよ!!!
私、お昼ごはんも食べていないんですけど!!!

「あ、とにかく佐原の裁判所にはこういう人が行くから、門を閉めるなって電話しておくからね。今日が時効でしょ?急いで行って!」

「あの・・・本当に管轄は佐原ですか?これでまた違うとか言われたら、この広い、しかも交通の便の悪い千葉ですよ?間に合いませんよ。本当に佐原ですか?」

「大丈夫、佐原だから!ほら、これが管轄の地図!ね?佐原でしょ?」

そうかい・・・、間違いないんだね???
これで違うと言われたら・・・恨んで出るよ!!!

今思うと、銚子経由で行けばよかったなぁ・・・なんですが、行ったこともない駅で1時間も待つというのがちょっとヤダな・・・と思ったのが運のつき・・・
銚子経由なら、銚子で遅い昼ごはんを食べることが出来たかもしれなかったのに、佐倉経由を選んでしまった・・・

八日市場の駅にはキオスクもなく(当時は)、朝ご飯食べただけで飲まず食わず・・・時間は4時過ぎemoticon-0101-sadsmile.gif

なんで八日市場、落花生屋しかないのよ~emoticon-0106-crying.gif

それでもとにもかくにも行かねば・・・

八日市場から事務所へ電話をしました。(あ、千葉からも電話はしたんですよ。)
「管轄が、佐原だというんですよ。だからこれから佐原へ行きます」

6時過ぎに佐原へ着き、またもやタクシーで裁判所へ!
門番のおじさんは門を閉めずに待っていてくれました。
「あ、八日市場から電話があった方だね!書記官が待ってるから、早く!」

事件受付で書面を出したときはもう疲れ果て、どうとでもしてよ!の心境でした。
気の毒そうに私を見た書記官。
「確かに佐原が管轄です。千葉が間違えなければ今頃はもう東京へ戻っていたのにねぇ」
と慰めてくれましたが、一番アホなのは当時事務所にいた若い弁護士!
管轄くらいちゃんと調べろ!と私は怒り心頭でございました。

30分ほど書面を調べていた書記官が、「あちこち訂正があるけれど、とにかく今日が時効だから訂正についてはあとから上申書だしてもらうことで、事件番号つけますからね。これで時効は中断するから。お疲れ様でした。明日、事務所で弁護士さんに言った方がいいよ、管轄は基本中の基本、民訴法の基本だからね、ちゃんと調べてくださいって」

いや、ご親切な書記官でした。
そのあとも訂正上申やらなにやらとお世話になったのですが、なんだか遅くまで(あちらも残業だったし)一緒に仕事をした同志のような気分で、事件が終了したときは「いや~、最初は大変だったけれど、終わるのが寂しいですねぇ」などと言われました。

その日、佐原の裁判所を出たのは7時過ぎ。
駅までの道順を聞いて、噂にきく城下町佐原を歩きましたが、9月の終わりだったので、7時過ぎはもう暗く、水路も暗くてよくわからず、残念でした。

佐原はさすがに大きな駅で、キオスクもあり、そこでようやくお茶とチョコレートを買いました。
お弁当なんてものは売っておらず、どこかでご飯を食べようかな?とも思いましたが、もう疲れはてていて一人でお店に入る勇気もなく・・・

事務所に電話をすると所長が残っていて「給料どうする?」
ぎゃあ!今日は25日だった!お給料の日だった!!!
だけど、これから戻ると10時は完全に過ぎる・・・
四ツ谷で途中下車なんぞとんでもない!

仕方なくお給料は翌日貰うことにして、その日は家に帰りましたが、はは、家に帰り着いたのは11時近くでございました。

1日でいわゆる上総下総を回ったことになります。

うーむ・・・
こうして思い返しても・・・
私・・・随分と事務所に尽くしてきたんだなぁ・・・

佐原、一度ゆっくり訪ねたい、と思いながら、未だにその願いはかなっていません。
季節の良いときに、ゆっくりと行きたいなぁ、よい街だったものね・・・


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-18 01:10 | 徒然

9月、10月のお稽古^^

Joe'sHouseでのアレンジのお稽古、毎月楽しみに通っています^^
9月は記事にできなかったので、2か月分まとめて~

e0116960_2154523.jpg


9月の作品^^
グリーン基調のアレンジです。

e0116960_2158245.jpg


この部分は凄く好き^^

9月のアレンジは、涼やかで、初秋を感じさせるデザインでした。
どりさんと私は、このグリーンを「Joe'sグリーン」と呼びます^^

e0116960_229670.jpg


今日お稽古してきた作品です^^
トピアリーの変形♪

e0116960_22115447.jpg


左側のトピアリー。
こちらは紫を基本に~

e0116960_22135625.jpg


右側。
こちらはチコローズを中心にして、ちょっとかわいい雰囲気に作りました。

今クールはあと1回で終わります。
Joe'sHouseにはクリスマスリースがたくさん飾られていました。
11月になると通常レッスンと同時進行で、クリスマスリースのお稽古も始まります。

1年は・・・早いですね・・・



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-10-16 22:20 | ドライフラワー