Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ネックレス♪

ときどきこっそりお邪魔していた、この方のブログ
ブログのタイトルが、イタリア語ってことも、非常に気になり・・・

ビーズアクセサリーの作家でいらっしゃる、ビーズさん。

ホームページをのぞいては、素敵だわ~!

で、とうとうこれはどうしても欲しい!と注文をさせていただきました。

e0116960_23125050.jpg


注文メールをお送りして・・・確認のメールが届いて・・・
「お送りしました」というご丁寧なメールがまた届いて・・・

届いたのは、こんな素敵なパッケージ^^

e0116960_23143452.jpg


お願いしたのは、「オブシディアン・ラヴァリエール・ネックレス」

想像したとおり!
素敵なんです~♪

ネックラインに自然に沿って、黒なのに、微妙に色が変化して・・・

四季を通じて活躍してくれそう!

昨日、出かけたとき、さっそくつけていきました。
普段の洋服が、とってもおしゃれになったようでした^^

ビーズさんは、イタリア語が堪能でいらして、本当にうらやましいのです。
そして、こんなに素敵なアクセサリーも作ってしまう才能もお持ちで!

あこがれちゃう方です~♪

そして、不思議な縁なのか、サッカーの代表監督にイタリア人のザッケローニが決まりました^^
うふふ、イタリア、やはりだーいすき~♪
by ank-nefertiti | 2010-08-30 23:21 | 好きなもの

旅の終わりは

佐賀関から大分市街地へ戻って、市の美術館へ行きましたが、駐車場は満車!
夏休みの宿題なのか、小学生がたくさん両親に連れられてきていました。(常設展だったんですけどね~)

少し早いけれど、空港へ!

e0116960_0591697.jpg


大分自動車道を空港へ向けて走ると高崎山が正面に見えます。

e0116960_0563772.jpg


高速大分自動車道の「別府湾SA」から見た別府の街。

e0116960_113553.jpg


楽しかった旅は終わりました。
来年もまたARTEVIVAのコンサートを聴きに大分を訪れると思います。

今回、HEROのご両親にも本当にお世話になりました。
今度は東京へいらしてくださいね!
そして、江梨ちゃん!
遊びに来てね!!!
by ank-nefertiti | 2010-08-29 01:05 |

美味しい街、佐賀関♪

コンサートも無事に終わり、大分最後の日、HEROは違うコンサートに出演するので、まだまだ忙しく・・・
朝、電話で本当によくしてもらったお礼と、東京で待ってるからね!と話し、私とotosanは、大分へ来たからには、ここへも!の「関アジ」、「関サバ」で有名な佐賀関へ~

e0116960_23482746.jpg


e0116960_23493077.jpg


佐賀関の岬から望む豊後水道。
霞んでいましたが、四国の佐多岬が見えました。

この海で育つアジとサバは、激しい海流で身がしまり、最高の味!
1本釣りで釣り上げられる魚は、姿も美しく、高級魚として全国に名をとどろかせています。

e0116960_23525069.jpg


e0116960_23531518.jpg


こんな景色を眺めながらドライブし、いよいよおひるごはん!
佐賀関漁港にある、以前は漁協が経営していた今は個人経営のお店へ~

e0116960_23543337.jpg


関アジ、関サバのお刺身定食。

e0116960_23563775.jpg


お刺身の切り方が最高でした。
薄くなく、厚くなく!

写真を撮っていたら、お店のご主人が、「写真撮るなら、これをおいて撮ったらいかがですか?」と持ってきてくれたのは

e0116960_23582793.jpg


このアジとサバが、本物の一本釣りの関アジと関サバであることの証明のシールです。

サバはこれからどんどん脂がのってくる、とのことでしたが、いや~、美味しかった!
口福でした♪

e0116960_01182.jpg


e0116960_0335694.jpg


佐賀関漁港。
大きくない、本当に小さな漁港です。

e0116960_031050.jpg


大分市街地へ帰る途中、「道の駅 佐賀関」から見た豊後水道。
写真だとわからないのですけれど、潮の流れがまるで川の流れのように見えました。

佐賀関、小さな漁港ですが、最高に美味しい街です♪
by ank-nefertiti | 2010-08-28 00:05 |

久住高原

21日、コンサートの前に出かけたところ。

e0116960_0452478.jpg


e0116960_0455946.jpg


久住高原です。
九重連山がきれい!

e0116960_2342516.jpg


由布院から竹田へは「やまなみハイウェイ」を車を走らせ、この久住高原を越えていくコースが一番美しいのです♪

e0116960_0465712.jpg


霞んでいますが、遠くに阿蘇山が見えました。
久住はもう熊本に近いのです。

e0116960_048389.jpg


ここで、美味しいソフトクリームを食べました。
私は黒ゴマソフト、otosanは濃厚ミルクソフト。
どちらも美味しかった~^^
清里の清泉寮のソフトクリームよりこちらの方が味が濃厚で美味しいかも~^^

夕方4時ころだったので、高原に吹く風は涼しく、下界の暑さからちょっとだけ離れることができました♪
by ank-nefertiti | 2010-08-27 00:54 |

長湯 大丸旅館

大分の一泊目は、直入、長湯の「大丸旅館」。
大丸旅館のご主人は、現竹田市長の首藤勝次さん。
実はotosanとは旧知の方^^

e0116960_0562916.jpg


e0116960_05748.jpg


今回は新館の「藤花楼」に泊めていただきました。
藤花楼の玄関には、北村西望のブロンズが。
ここは、与謝野晶子、鉄幹夫妻や、徳富蘇峰なども宿泊した歴史ある旅館です。

e0116960_122872.jpg


ロビー

e0116960_131028.jpg


談話室。
20日の夜は、ここでレオたちと温泉につかったあとおしゃべりしながらHEROが迎えに来るのをまっていました。

e0116960_143879.jpg


e0116960_153630.jpg


私たちが泊めていただいた部屋。
芹川に面した広い和室でした。

e0116960_163957.jpg


朝ごはん。
温泉粥が寝起きの胃にとっても優しい!

e0116960_175023.jpg


e0116960_182456.jpg


e0116960_185293.jpg


どれもこれも本当に美味しい朝ごはん・・・

e0116960_1234121.jpg


大丸旅館の温泉は、長湯の中でも一番!と言われています。
長湯は日本一の炭酸泉。
大丸旅館の温泉は、お湯がとても柔らかく、まるで化粧水の中につかっているよう・・・
温泉が大いに気に入ったレオとクラウディア。
女将さんの好意で旅館の温泉につかりました。
クラウディアが「ここの温泉が一番だわ!気持ち良いわ~」と1時間以上浸かっていました^^

長湯は、由布院とはまた違って、本当に素朴でひなびた感じのする温泉でした。
由布院以上にゆったりと時間が流れいてる、そんな感じのところ・・・

またゆっくりと訪れたいところです。
by ank-nefertiti | 2010-08-26 01:20 |

直入 長湯 「天風庵」

久住の公民館で久しぶりのHEROやレオと対面したあと、みんなで夕飯を食べましょう!ということになりました。
宿泊予定の大丸旅館に人数分の夕飯を作ってもらえるか確認したところ、そりゃ急に6人分は・・・無理ですよね^^;

無理をお願いして、私どもの夕飯をキャンセルしてもらい、大丸旅館のご主人首藤さんの弟さんが経営するお食事処、「天風庵」に予約を入れてもらいました。
HEROが自分も行きたい、打ち合わせを抜けてよいか聞いてくる、と江梨ちゃんに聞きに行き、当然却下で(苦笑)、HEROはさみしそう・・・

久住から長湯まで車で20分ほど。

e0116960_23421281.jpg


芹川沿いに建つ「天風庵」

竹田に来たからには食べたい

e0116960_23432538.jpg


e0116960_23435892.jpg


「エノハ」です。
エノハとは山女魚のこと。
から揚げとお刺身が出てきました。
から揚げが、最高に美味しい!!!
イタリア人のレオとレオの彼女のクラウディア、頭からバリバリ!
よい食べっぷり!

e0116960_23461380.jpg


エノハの前には前菜の盛り合わせ。
地元の食材を使ったお料理の数々は、身体に優しいものばかり。

e0116960_23474348.jpg


最後に豊後牛のステーキ。
そして直入のためにドイツ、バードクロチンゲンで作られているワイン。

まだまだ出てきたのですが、写真撮り忘れ・・・
途中のお蕎麦も美味しくて、最後の最後にお茶漬けと言われたのですが、全員ギブアップ!

ああ、本当に美味しかった!
HERO、ごめんねぇ・・・
HEROがまだ翌日の打ち合わせで大忙しのときに、レオたちとこんなに美味しいもの食べてしまいました・・・

あとでレオたちを迎えにきたHEROに、夕飯食べたの?と聞いたら、あるもので済ませたよ、という答えが返ってきました。
母、失格です。。。
届けたかったなぁ・・・エノハも豊後牛も~!
by ank-nefertiti | 2010-08-25 23:56 | 美味しい♪

由布院 玉の湯

空港から久住へ行く途中で、ここに寄りました。

e0116960_23311689.jpg


この小路を抜けると・・・

e0116960_23321470.jpg


建物が見えてきます。

e0116960_23325745.jpg


由布院の名旅館、「玉の湯」

4年前に「とにかく一度いらっしゃい!」という溝口薫平さんのお言葉に甘え、お邪魔して以来です。

社長の桑野和泉さんはお仕事でお留守で、お目にかかれませんでしたが、お父様の先代社長薫平さんがいらして、しばしおしゃべり時間を持ちました。

e0116960_23351455.jpg


このおしゃれな喫茶室、「ティールーム ニコル」

e0116960_23394476.jpg


さりげなくお庭の花が飾られているティールームで、美味しいお茶をご馳走になりました。
今年、喜寿を迎えられる薫平さんは、とても喜寿とは思えないほどお元気で、これからの由布院の在り方やら、経営とはなんぞや、などなどためになるお話や楽しいお話など、大変有意義な時間でした。

e0116960_23405979.jpg


玉の湯の渡り廊下にある「木馬」

この「木馬」をみると、「ただいま!」と言いたくなります。
優しい時間がゆったりと流れている、そんな場所。

お忙しい薫平さんをずっと私どもで独占しては・・・とお暇をするとき、「次は必ずうちへ連泊でいらっしゃい」と言っていただきました。
ありがたいことです。
by ank-nefertiti | 2010-08-24 23:46 |
今回の大分への旅は、血はつながっていないけれど、我が家の大事な息子であるHEROが参加するコンサートを聴くためでした。

e0116960_2184379.jpg


17日には大分のiichicoホールで行われましたが、私とotosanは竹田でのコンサートへ^^

今年で3回目となる、ARTEVIVAのコンサート。
ARTEVIVAとは、イタリア語で「活きた芸術」という意味であり、2008年秋に誕生した、九州・大分を中心に活動する総合芸術団体で、活動コンセプトは、芸術を通して、子供たちと地域社会とが出会う場を提供すること。

そのARTEVIVAの年に一度の大きなコンサートは、オペラあり、バレエあり、楽器の演奏あり、そして子供たちのワークショップあり・・・
ワークショップの指導は、このコンサートに参加しているプロが行っています。
まさしく活きた芸術!

e0116960_21185622.jpg


オペラ『カルメン』のエスカミーリョの扮装のHEROと『マダム・バタフライ』のピンカートンの扮装のレオ。
コンサート終了後のよい笑顔です♪

HEROの「闘牛士の歌」、ああ、この歌もこんな風にさらりと、だけどとっても色っぽく歌えるんだねぇ!とおかあさんは感心し、ちょっとドキドキしました^^
HERO、カッコよかったよ!確かにエスカミーリョは、カルメンにとってなくてもよい男だけれど、でもHEROが歌うと、あれ?もしかしてカルメンは本当にこの男に惚れていたんじゃないの?と思わせるものがありましたよ~^^
ズービン・メータが絶賛したHEROの歌は、本当に素晴らしく、私はこの人から「おかあさん」と呼んでもらえることが、なんとも誇らしく思ったことでした。

レオは、ピンカートンの扮装でエンディングでしたが、『カヴァレリア・ルスティカーナ』のトゥリッドゥ、上手い~、上手い~、上手い~!!!
終了後にレオに「トゥリッドゥは当たり役!」とHEROに伝えてもらったら、レオはまるで少年のように顔を赤くして喜んでいました。

そして、今回、ああ、この子は本当にうまいんだなぁ!とその踊る姿を初めて観て思った、Sorella Kちゃん!
一部の滝廉太郎のコーナーで踊った『憾』
23歳という若さで死を目の当たりにした廉太郎の、苦悩と、なんで自分が?という神をも呪う気持ちが込められたこの曲を、余すことなく表現したSorella Kちゃん。

e0116960_22232171.jpg


普段のKちゃんは、とっても可愛い人ですが、この曲を踊るKちゃんには廉太郎が乗り移っているのか、とすら思いました。
彼女が指導した子供たちのバレエは、かわいらしく、会場がほんわかと和みました。
Kちゃん、今度はイタリアでKちゃんの踊る姿を観たいです~♪
「あ~、これでやっと夏休み!大好きなワサビーフポテチを思う存分食べられる!」
そんなことを笑顔で言うKちゃんは、バレリーナから素敵なお嬢さんに一瞬だけ戻っていました。

大分の公演も竹田の公演も実行委員会というボランティアの方たちが支えています。
その実行委員会を束ねているのが、江梨ちゃんこと志賀江梨子さん。
委員長さんはちゃんといらっしゃいますが、彼女が裏方兼表方(という言葉があるのかな?)として、そして当日の司会進行も務めています。
江梨ちゃんとotosanは旧知の仲で、私がHEROと知り合い、江梨ちゃんが登場して、まあ世間はなんて狭いことでしょうか!
江梨ちゃんは、とっても可愛らしい人ですが、そのバイタリティには感服します。
彼女がいて、このARTEVIVAは成り立っている、と言っても過言じゃないかも・・・
本当にすごい人なんですよ~

e0116960_2247528.jpg


その志賀江梨子さんとメゾソプラノの但馬さん(左)、ピアニストの菊池さん(右)の記念撮影!
3人ともよい笑顔!

竹田の公演では、ボランティアの方たちともお話をする機会がありました。
私のボキャブラリーの不足が悔しいくらい、彼ら、彼女たちは、この公演のために頑張ってくれていました。
これが本物のボランティアなのだ、とつくづく思いました。
何一つ文句を言わず、ただただ公演が成功し、これからも続けていくことができるよう、それだけを考えて全員が行動している、そんな感じがしました。
竹田は、作曲家滝廉太郎縁の土地ですが、それを本当に誇りに思い、若い芸術家たちを応援しようという思いに溢れている方たち・・・
自分の名誉欲でなく、純粋に、決して表に出ることなく、ひたすら陰で支えている方たち・・・
口先だけのボランティアでない、本物がそこにはありました。

また来年もお邪魔したい、と思ったARTEVIVAのコンサート。
大分・竹田はちょっと遠いですが、イタリアよりは近い!
そこで息子の歌が聴けるなら、はい、otosanもおかあさんも飛んでいきます。

HERO、素敵なコンサートをありがとう!
by ank-nefertiti | 2010-08-23 22:51 | 音楽

大分から

帰ってきました。。。

暑かったです!!!

高原にいるのに、なんでこんなに暑いの???でした。

どうも今年は、私、暑さに祟られている様子です。。。

写真などPCに取り込みましたら、旅の日記など書かせていただきますね^^

今回もたくさんの出会いと、旧交を温めることができた旅でした。

あ、美味しいものもた~くさん食べましたよ~^^
by ank-nefertiti | 2010-08-23 00:11 |

水の音

e0116960_2112043.jpg


都会のビルのはざまにある、涼

e0116960_21125784.jpg


水の音が涼しさを呼んでいるよう・・・^^
by ank-nefertiti | 2010-08-18 21:13 | 徒然