Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

元気です^^

本当に皆様からのたくさんのお気持ち、ありがとうございました^^

e0116960_0223548.jpg


今日、仕事の帰りに面会に行ったときのミーです^^

術後2日ですが、こんなに元気です♪

昨日も面会に行きました。
執刀してくださった田中先生が

「ミーちゃん、本当に頑張りましたよ~。今朝、ご飯もちゃんと食べましたよ!普通、手術した翌日は食べたがらないのだけれど、ミーちゃん、ご飯ください!って、美味しそうに食べてました」

とおっしゃいました。
さすが家の子!
ちゃんとご飯食べてる!!!

今日からリハビリ開始で、歩く練習を看護婦さんにして貰っているようです。
歩かないと、残った後足の筋肉が落ちてしまうから・・・というのがその理由・・・
人間と同じですね。

週末には退院です^^

帰ってきてからが大変かな・・・
でも!ミーと一緒に頑張ります♪
by ank-nefertiti | 2010-06-30 00:28 | ねこ

ミー

ミーの手術が無事に終わりました。

病理検査の結果、骨肉腫ではなく、筋せん維肉腫という癌でした。

骨肉腫よりは転移等の危険は少ない癌だそうですが、ほっておけばやはり転移もし、癌が表に出てくればエリザベスを付けなければならなくなって、痛みも酷くなり、動けなくなることは明白・・・

で、昨日、ミーの本来の飼い主である娘が、病院で先生に手術をお願いしました。

先ほど病院から電話があって、手術は無事に終わり、全身麻酔からも問題なく醒めたので、病室へ移しましたとのことでした。
一安心です。

e0116960_17461778.jpg


明日になれば面会も出来るということなので、仕事の帰りにミーに会いに行ってきます^^

傷口がよくなれば、家に戻ってきてリハビリです。
猫のリハビリ・・・
先生に伺ったら、ひたすら歩かせることなんだとか・・・
滑らないようにフローリングの床にじゅうたんを引いて、ミーのリハビリスペースを作る事にしました。
当分、リビングはミーのためのリハビリ室です^^

ご心配下さったみなさま、本当にありがとうございました。
みなさまのお心のおかげでミーは頑張りました。
心から御礼申し上げます。
by ank-nefertiti | 2010-06-27 17:53 | ねこ

出かけた先は・・・

昨日、今日と出かけていた先は・・・

e0116960_216827.jpg


東海道の草津宿。
滋賀県草津市。

弟のお嫁ちゃんのお父さんが金曜日に亡くなり、今日がお葬式でした。
朝10時からということで、前日から草津へ出かけました。(お嫁ちゃんの実家があるのは栗東ですが)

お嫁ちゃんは一人だけ東京へ嫁いでいて、他の姉妹はみな関西在住・・・
お父さんの具合が悪くなってから、一人遠くにいる彼女は、辛かったに違いありません。
二週間前に月曜日が甥の学校の代休だったとかで、子供二人を連れてまだ意識があるうちに、と帰ったのがお父さんに会った最後。

私は父が突然に天国へ行ってしまったので、お嫁ちゃんには具合の悪いお父さんのところへ出来るだけ帰して上げたかったけれど、子供の学校などがあって(まだ小学生なので・・・晩婚同士なんです)なかなか帰る事は出来なかったようです。

それでも今日、私の顔を見て「お義姉さん、私、十分に帰ってきていたから。だから、父に思い残すことはないから。お姑さんにも本当に感謝しているの」と言ってくれて、ちょっと安心しました。

e0116960_218201.jpg


昨日の夕方、ちょっと街を散歩した時に出会ったにゃんこ。
何とリードをうけてお散歩していますよ!!!


実は・・・

家の19歳になるミーに、骨肉腫が見つかりました。
最終的な判断をするために昨日、生体検査に患部を少し切り取って出しました。
でも、この診断が覆る事はない、と思います。
いつもお世話になっている、動物病院の院長先生と今後の治療について相談しました。
難しい判断でしたが、骨肉腫のある右後ろ脚を切断することにしました。
骨肉腫には抗がん剤が効かないこと、まだどこにも転移がないこと、そして猫には痛み止めが上手く効かないこと、など総合的に判断して、切る事になりました。
日ごろからミーを診て下さっている小林先生を信じて・・・
ミーを預ける事にしました。
ミーの体調を検査して、何も問題がなければ、来週の日曜日に手術をします。

術後がどうなるのか、まるで見当がつきません。
それでも、何もしないで手をこまねいていることは、出来ないので・・・
小林先生と執刀してくださる田中先生、そして19歳まで頑張ってきたミーの生命力を信じています。

無事に終わりました、と来週はご報告したい、と心から思います。
by ank-nefertiti | 2010-06-20 21:24 | 徒然

夏つばき

事務所が入っているビルの広場にある「夏つばき」
別名「沙羅双樹」

e0116960_0412231.jpg


e0116960_0414895.jpg


鬱陶しいこの季節に咲く、この白い可憐な花は、そこにだけさわやかな風が吹いているよう・・・

ちょっと用事が出来まして、明日、明後日と出かけてきます。

またJoeのお稽古、お休み・・・

まあ仕方ないんですけどね。。。
義理は欠かせませんから。

ではちょっと出かけて参ります^^
by ank-nefertiti | 2010-06-19 00:49 |

スター・ダスト

日曜日、鎌倉散策の後は藤沢でライブ!

「想いでのジョイントライブ」と銘打って、101メンバーの牧ミユキさんが還暦を迎えた記念のライブです。
実は二夜連続のライブで、土曜日はやはり101メンバーだった小原初美さんとのジョイント、そして日曜日はJoeとのジョイント。

土曜日は私は実稚恵さんのリサイタルがあって、お邪魔できませんでしたが、参加したお友達の話では、なんとミユキさんと初美さん、ノリノリでロック!だったのだとか^^

で、日曜日・・・

e0116960_154349.jpg


ミユキさん、赤いかつらで登場しました。

「還暦で、ちゃんちゃんこでもないでしょ、で、こうなったの」

よいなぁ、還暦でこのセンス!でした^^

前半と後半、懐かしい曲満戴のライブでした。

秀逸だったのは、ミユキさんが後半に歌った、藤竜也さんが作詞をし、ゴールデン・カップスのエディ・潘さんが作曲をし、亡くなった松田優作さんが歌った「横浜ホンキートンク・ブルース」
初めて聴きました、この曲。
ミユキさんにぴったり!な曲でした。

そして、Joeが「初めて歌うから、かなり緊張」と言った、「スター・ダスト」
ミユキさんとのデュエット♪
Joeのきれいな高音が響いて、本当に素敵^^

e0116960_1141146.jpg


ドラムは、101のメンバーでもあり、シング・アウトのメンバーでもあった向山照愛さん。
ドンちゃんの愛称で、2003年のステージ101の復活コンサートの総合プロデューサーも務めたメンバーの信頼の篤い方です。

e0116960_117583.jpg


初めて知ったのですが、ミユキさんは、亡くなられた朱里エイコさん、しばたはつみさんと同期なのだとか。
しばたはつみさんの「マイ・ラグジュアリー・ナイト」を歌ったときに、しばたさんも101のオーディションを受けていたことなど、私にはへえ!そうだったの!なお話が聞けました。

Joeの「Vincent」は、ご本家よりも素敵で、いつ聴いても心に沁みます。

約2時間のライブはあっと言う間でした。

ミユキさんが「年内にもう一度やろうかな~。来てくれる???」
会場からは割れるような拍手でした。

Joeが「昔は歌が好きでこの世界に入ったけれど、けっこう大変で辛いこともあった。でも今は歌うことが本当に楽しい」と言いました。
そういう笑顔のJoeを見られることが、私は本当に嬉しい^^

よい時間でした。
青春時代にとても好きだった音楽番組である「ステージ101」。
メンバーも歳を経て、ファンだった私たちも歳をとり、大人の音楽が楽しめるようになりました。
青春時代、こんな時間が持てるようになるなんて、ファンはきっと誰も思っていなかったはず・・・
ああ、よい時代になりました^^

もし、このブログを101ファンの方がなにかで通りかかり、読んで下さったら・・・
そして、メンバーがこうしてライブをしていることをご存知なかったら・・・
101のメンバーは今も音楽を愛し、活動をしていますよ!とお教えしたい・・・
彼らが歌える時間はもうそんなに多くはないはず。
聴ける時に、聴いて・・・
今も素晴らしい、いえ、当時よりも歳を経ただけ声にも歌にも人生の艶が加わってより素晴らしくなっている彼らの歌を・・・
by ank-nefertiti | 2010-06-16 01:38 | ステージ101
梅雨入り直前の日曜日、ステージ101のファン仲間と夜の藤沢でのライブの前に、ミニオフ会をしましょう!と鎌倉散策へ出かけました。

鎌倉駅に集合!

e0116960_0191355.jpg


まずは鶴岡八幡宮へ!

e0116960_020240.jpg


今年、倒れてしまった大銀杏。
公暁がこの銀杏に隠れて、実朝に刃を向け、死に至らしめたという鎌倉時代からの言い伝えがありました。
銀杏は強いのですね。

e0116960_0231781.jpg


倒れた樹からこんなに青々と新芽が伸びています。

八幡宮からお昼ご飯はここへ!

お蕎麦の「一茶庵」

e0116960_0245585.jpg


全員が注文したのは季節野菜てんぷらせいろ。
美味しかったです^^

小町通りをぶらぶらと歩いて

e0116960_0265322.jpg


甘味の「竹よし」の前で全員の足が止まりました^^
本当は「門」へ行こうという計画だったのですが、竹よしのウィンドウに全員目が釘付けになり・・・
入りました>笑

e0116960_0284981.jpg


私は「抹茶わらび餅」。
添えてあるアイスクリームも餡も上品な味~
ここでしばしおしゃべりタイム^^
101のこと、ライブのこと、それぞれの近況などなど~

竹よしを出てびっくり!!!
小町通り、人があふれていました~^^;

これまた満員の江ノ電に乗って。

e0116960_0325548.jpg


「極楽寺」で降りました。

e0116960_0342179.jpg


成就院です。
肝心のアジサイはまだ七分咲き?ちょっと残念・・・

e0116960_0352882.jpg


e0116960_0362242.jpge0116960_037168.jpg











e0116960_03845.jpge0116960_0384447.jpg











e0116960_0424565.jpge0116960_0431988.jpg











ガクアジサイが可憐です。

e0116960_0454539.jpg


成就院を後にして「極楽寺」へも寄りました。
残念なことに極楽寺は撮影禁止。
そのせいとは思えませんが、なぜかどこもかしこも満員御礼状態の鎌倉だったのに、ここだけ静かでした^^

この後、再び江ノ電で藤沢へ移動です。
夜は藤沢で101のメンバーだった牧みゆきさんとJoeのジョイントライブです♪
そのライブのことはまた後日~^^


W杯。。。
カメルーン、負けてしまいました。
という言い方は日本人としておかしいのでしょうね。
はっきり言って面白くないサッカーでした。
褒めることが出来るのは、得点したときの本田のプレーだけ。
カメルーン、本来の力が出せず・・・チーム内での内紛もあり、主力数名がメンバーに選ばれいないという状態。
それでも「不屈のライオン」、カメルーンにはこれからの2試合、頑張って欲しいです。

日本は、この勝利で勘違いしてはいけません。
by ank-nefertiti | 2010-06-15 01:04 |
昨日、開幕しました、FIFA Word Cup 2010!

日本代表には既に見切りをつけましたが、サッカー好きとしてはやはり心躍る大会です。

e0116960_23472812.jpg


開幕戦の開催国南アフリカVSメキシコ戦、後半の25分だけ見ることができました^^
いやまあ凄い試合でした。
誰よ?南アフリカは弱いなんて言ったの???
スピードはあるし、ボールは回るし、運動量は豊富だし、どこぞの代表チームとは雲泥の差!

一緒に観ていた娘が「こんなゲーム、日本にはできないから~!日本、全然ダメだし~スピードないし~体力皆無だし~」と半ば自嘲気味に言いました^^;

今日は韓国がギリシアに2-0で勝ちました!
韓国、強いです!
アントラーズのイ・ジョンスが得点をして、思わず叫びました。
日本代表にはアントラーズの選手いますが、使って貰えないですから>怒
だから、ジョンスを応援です^^
ええ、こんなに韓国を応援したのは初めてかも~

今、アルゼンチンVSナイジェリア戦を放送しています。
アルゼンチン、好きなんですよ~
ここも監督が・・・大丈夫???な方ですが、選手が優秀ですから^^
はい、どこかの代表チームと違って~>苦笑

これから1ヶ月、寝不足の日々が続きます。

14日は日本VSカメルーン戦。
休村長と一緒にカメルーンを応援します!
休ちゃんからいただいたカメルーンのタオルマフラー持って~

で、その後、これまた愛しのイタリアの試合があるので、観ます^^

翌日仕事ですが・・・知ったことではありません>苦笑
あは、この1ヶ月は私に期待しないでください~!!!
Sちゃん、こんな時くらい私の分も頑張ってね!
by ank-nefertiti | 2010-06-12 23:48 | サッカー
オーチャードホールへウィーンのシェーンブルン宮殿劇場のオペレッタ「こうもり」を観に行ってきました。

e0116960_23504298.jpg


シュトラウスのオペレッタです。

e0116960_23512728.jpg


序曲はニューイヤーでよく演奏されます^^
なので、序曲が始まるとウキウキします♪

e0116960_23535527.jpg


「こうもり博士」というあだ名をもつこのオペレッタの主人公アイゼンシュタインの親友、ファルケ博士。
彼がどうして「こうもり博士」と呼ばれるようになったのか・・・
アイゼンシュタインと妻ロザリンデ、ロザリンデの昔の恋人アルフレード、そして小間使いのアデーレや当然ファルケも加わって繰り広げられる面白くもどこか物悲しい物語。
最後近くにこの一夜の狂想曲が、実は「こうもり博士」と呼ばれるようになったファルケのアイゼンシュタインへの復讐劇だったという種あかし。

「すべてはシャンパンのせい」と最後にロザリンデが歌うこのオペレッタは、最高に楽しく、いかにもシュトラウス!

今日もウィーンの香りそのままに楽しい舞台でした^^

今回の最大の目玉は、オルロフスキー公爵を現代を代表するカウンターテナーのヨッヘン・コヴァルスキーが演じたこと。
本当に素晴らしい声!
世界でも日本でも絶大な人気なのがよくわかります^^

ちょっとね、残念だったのは、アルフレードはリリックテナーでイケメン!でなくちゃ・・・なのですが、本日の(ダブルキャストです)アルフレードは・・・イケメンじゃなかったんですぅ!!!
声もうーん・・・リリックテナー???でした。
それ以外の歌手は本当に素晴らしかった~!

この作品、アイゼンシュタインをhero、アルフレードをツッチーでどうかな~、なんて観ながら思いました^^
by ank-nefertiti | 2010-06-11 00:17 | 音楽
本日もずれ込んだお昼休みに更新^^;

というのも、今日から日曜まで私は予定が目白押し!!!
今日はイタリア語(振り替えた)、明日の夜はオーチャードでオペラ「こうもり」、金曜の夜はイタリア語特別講座、土曜は小山実稚恵さんのリサイタル、日曜は朝から101ファン仲間と鎌倉散策のミニオフで、夜は藤沢でJoeのライブ。

で、比較的余裕のある昼休みに更新ってわけです^^

昨夜、BS2で放送していた、不朽の名作「ウエスト・サイド・ストーリー」
何度観てもよいな~^^

e0116960_13442888.jpg


バーンスタインの音楽も最高で、出演者も素敵!
お話は、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」が下敷きになっていて・・・

実はOTOSANが

      「曲は聴いているけれど、映画はちゃんと観てない」    

なんていうまさか!の衝撃の告白!

嘘でしょ~!!!!
観ていないなんて~!!!!

で、観ました、しっかり^^

アメリカの今も続いていると思われる、人種差別が招く若い恋人たちを襲う悲劇。

途中でトニーとマリアが「どこかにある二人の特別な場所、そこへ一緒に行こう・・・」と歌う、

「Somewhere」

この曲が、トニーがチノに銃で撃たれて亡くなり、その亡骸が運ばれていく、といラストシーンでも流れて、ああ、トニーとマリアが行きたかったのは、こんな景色じゃない!と涙がこぼれます。

この映画が好き!とおっしゃる方はとても多くて、人生を変えられた、という方も私は知っています。
そういう方がいるのが理解できる作品です。

映画の全編に流れる、バーンスタインの音楽は、どなたもご存じの曲ばかり。
今年の冬季五輪、女子フィギュアスケートで、鈴木明子選手のフリーの演技はこの映画の曲のメドレーでした。

ダンスも素晴らしくて、ジョージ・チャキリスのあの有名なシーンで高く上がる足に、少女だった頃の私はとっても驚き、あこがれたものでした。

今日は朝から頭のなかで、名曲「トゥナイト」がずっと流れています^^

ああ、本当に映画って素敵ですよね!
ねえ!こすもすさん~♪
by ank-nefertiti | 2010-06-09 12:45 | 観劇・映画

Coco Chanel

ちょっとずれ込んだ昼休み^^
今のうちに更新^^;

昨夜、TVで映画の「Coco Chanel 」を放送していました。

e0116960_14152819.jpg


2008年のアメリカ・イタリア・フランス合作映画。
主人公のCoco役は、歳をとってからが名女優のシャリー・マクレーン、若い頃をバルボラ・ボブローバが演じています。
去年、ル・シネマで予告だけ観て、出かけることができなかった映画。

1954年に15年の沈黙を破り、コレクションを発表したCoco。
でも、そのコレクションは、「過去から脱却できないシャネル」などの酷評を受けることになり、メゾンの経営も行き詰まり、その経営権を手放す寸前にまで追いつめられる・・・
その時、Cocoの脳裏に浮かぶ貧しかった少女時代、そしてお針子時代、初めての恋人エチエンヌと過ごした時間、最愛の人、ボーイ・カペルのこと・・・

犠牲にしてきた自分の思い、数々の愛の思い出など、Cocoは今の名声を手に入れるまでを思い、再起を誓う・・・

そして、酷評されたコレクションから甦るように、戦後2回目のコレクションの発表は大成功を収め、以後、亡くなるまでCocoはファッション界のトップの地位を他に明け渡すことはなかった・・・


映画の全編に出てくる、シャネルのファッション、そしてCocoが言う

           「私は、流行を作っているのではない、スタイルを作っているの」

         「美しさは女性の『武器』であり、装いは『知恵』であり、謙虚さは『エレガント』である」

         「20歳の顔は自然の贈り物、50歳の顔はあなたの功績」


どれもこれも納得してしまいました。

シャネルの洋服は、それをCocoが望んだかどうかはわかりませんが、非常に高価で、誰にでも着ることができるというものではありません。
この映画を観て、あのお洋服を着て本当に似合うのは、お金持ちだから買えて着るではなく、そのポリシー、生き方に自分を持っている人なのではないかと思いました。

すでに50歳を過ぎている私は、Cocoの「50歳の顔はあなたの功績」という言葉に、ドキッ!としました。
自分の顔に自信が持てるだけのことを私はしてきただろうか。。。
否・・・です。。。

私がシャネルを着ることはきっと生涯ないでしょうが(買える資金もありませんしね>苦笑)、ただ、Cocoのいう「あなたの功績」という言葉を、自然に「そうよね!私の顔は私の功績!」と言える人間になりたい、と思います。
また、そう言えない人が着ても、シャネルはきっと似合わない。
そして、シャネルが本当に似合う方は、それまでの人生をきちんと己の足で歩いてきた方。

非常に素敵な映画でした。
DVD、買おうかな!と思います。
自分に自信が持てなくなったとき、なにかに躓いたとき、この映画から勇気がもらえるような、そんな気がします。

そして、シャリー・マクレーン、素晴らしい女優さん!


あ、今夜は同じチャンネルで、なんと、なんと「ウエスト・サイド・ストーリー」が放送されるんですよ~!!!
こちらも観なくちゃ!!!
by ank-nefertiti | 2010-06-08 12:48 | 考えること