Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2010年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

のんびり日曜^^

曇り空の日曜日。
朝はゆっくり^^

昨日出来なかったお掃除をして、スーパーへ一週間分の食材を買いに~
そこで隣の義姉とばったり^^

しばし立ち話をしました。
実は隣の義兄の一番下の娘、我が家には姪にあたるのですが、そのAちゃんが、来年結婚することになり、そんなことやら結婚のけの字もない、他の子達(ええ、我が家の二人と義兄のところのあとの二人)について、どーしたものだろうか?などなど、気が付けば30分近くおしゃべり^^;

お昼ご飯はOTOSANのリクエストで寒かったこともあって、ラーメン。
久しぶりに作りましたが、美味しかった^^

午後はOTOSANは庭仕事。
私?私はお家のなかでクタクタ>苦笑

e0116960_22484164.jpg


庭で咲いているバラたち。
ミニチュアローズのグリーンアイスはJoeのお店から連れて帰ってきたものです。
濃いピンクのれんげローズは確か数年前のJoeからのホワイトデー。

e0116960_22513897.jpg


去年、イタリアでもたくさん咲いていたジャスミン。
これも何年か前のお稽古のとき、1鉢だけになってしまったから、庭に植えたら?とJoeから貰ってきたものです。
小さい星のような形の可憐な花が咲いて、そばを通るとよい香りがします^^
当分花と香りが楽しめる~♪

e0116960_22565622.jpg


本日のお夕飯。

e0116960_22573446.jpg


牛肉と牛蒡の煮物、インゲンの胡麻和え、レンコンのめんたいマヨ和え。
それにワカメとネギのお味噌汁でした。
シニアメニューです。
今日は、息子も娘も仕事で、お夕飯はいらない、と言っていたので~

おまけの画像^^

e0116960_2305211.jpg


とにかくミーが好きなジジちゃん。
ミーはちょっと迷惑そうです^^;

久しぶりののんびり日曜。
もう少しで終わってしまいます。
明日からまた仕事~~~
by ank-nefertiti | 2010-05-30 23:03 | 徒然
去年まで日フィルの定期は、地元の公会堂での演奏会に出かけていましたが、今年からサントリーホールでの演奏会に変更しました。

なんだか寒いような、来週からは6月よ?というお天気でしたが、出かけてきました、サントリー^^

今日は、指揮が大好きな炎のマエストロこと小林研一郎さん♪
日フィルとコバケンさんは、相性抜群!で、幾多の名演があります。
今日は、ソリストにチェロのジャン・ワン(王健)。

前半は、ドヴォルジャークのチェロ協奏曲。
ジャン・ワンのチェロの音色は、ふくよか^^
コバケンさんは、もう上手くて、上手くて!!!
日フィルのよさを最大限に引き出して、本当にこのオケとの相性がよいんだなぁ!と思いました。

後半もドヴォルジャークの交響曲第8番。
ああ、もう出だしから背筋がゾクゾク^^
元々日フィルは弦の音は美しいオケですが、今日は管も凄い~!
この曲は、作曲者が「鳥の交響曲」と語っていたそうですが、全体に田園の風景が目に浮かぶような豊かな曲です。
1楽章で、フルートが小鳥のさえずりのように登場してきて、サントリーホールは、チェコの田園と変わりました^^
コバケンさんのタクトが自由自在にオケを操り、私はまだ見ぬチェコの田園を散歩し、気が付いたら曲の終わり・・・
素敵でした~^^

演奏終了後にコバケンさんから

「今年の4月、桂冠指揮者という名誉をいただき、これからもこのオケと仕事をさせて貰える事になりました。今後も市民と共に歩くこのオケに応援を宜しくお願い致します」

という内容のご挨拶がありました。
日フィルの拠点は、私の暮らす街にあります。
渡辺暁雄さんとの名演も、建て替えられましたが、当時、音響は東洋一!と言われたその公会堂での演奏会ででした。
応援しますとも!!!
だって私の街のオケですから~♪

そしてアンコールは、8番の最後の部分を。

会場からはブラヴォー!!!の声が響き、拍手は鳴りやまず。。。
愛されているんですねぇ、コバケンさんが振る日フィル♪

さて、余談ですが・・・
私は、ジャン・ワンのチェロ、素敵!と思いましたが、OTOSANにはイマイチだったようです。
理由は、歌っていない・・・オケと対話していない・・・
そう???
うーん、でもね、OTOSANの方が断然耳も良く、いろんなものを聴いているので、そうなのかな~
「だけど、ヨー・ヨー・マよりは断然良かった!」
だそうです~^^
by ank-nefertiti | 2010-05-29 20:40 | 音楽

交遊抄

日本経済新聞の最終面に、いつもある、コラムというのか何と言えばよいのか、恐らく括りとしては、コラムなのでしょうが、毎日連載されているものに「交遊抄」があります。
各界の著名人が、自分の交友についてエッセイのように語っているもので、毎回楽しみに読んでいます^^

今日は、国立精神・神経医療研究センター理事長の、樋口輝彦さん。
タイトルが「キリスト教の縁」。

樋口さんが同じ医師としてその生きる姿に憧れている、という友人の外科医、高木正剛さんのことを書かれています。
遠藤周作さんの奥様とも深い交流があるという高木医師は、敬虔なクリスチャン。

口には出さないけれど、ボランティアで患者さんの相談にものっている、という高木医師。
そして、遠藤周作記念館もボランティアでお世話をされているという。。。

樋口さんは、公職を退いたら、高木医師のようにボランティア精神で人の役にたてる医師でありたいと思っている、と文を結んでいます。

ちょっと、というより、とてもよいお話。

この「口には出さないけれど」というのが、本来のキリスト者の在り方。
ボランティアは、口に出したところから、実はボランティアではなくなる・・・

まあ、世の中にはいろいろとしゃしゃり出る人が多いですから・・・昨今。
かなり驚くこともしばしばで・・・

そういう人に是非とも読んで欲しいなぁと思った、本日の交遊抄。

あ、気を付けよう、私も!!!(私はクリスチャンではないですが・・・)

それはともかく・・・
樋口さんと高木医師の関係って、素敵だなって思いました。
いつか樋口さんが公職を退いたら、高木医師が開業している長崎で一緒にお仕事されるのかしら・・・
東京でも出来る医者という仕事ですが、今、地方は本当に医師不足。
長崎で、高木医師と樋口さんが一緒に仕事をされたら、これは本当に素晴らしいだろうなぁ!
by ank-nefertiti | 2010-05-29 11:57 | 考えること
昨日、大手町の日経ホールへ、ピアノのリサイタルを聴きに出かけてきました。

ピアニストは、エヴァ・ポブウォッカ。
1980年のショパンコンクール第5位、そして同時にマズルカ賞も受賞した、ポーランドのピアニスト。

e0116960_075925.jpg


我が家には彼女のCDがあるらしい・・・のですが、私は聴いた事がなく・・・
今回、初めて聴きました。

前半はショパン。
彼女の指先からこぼれるピアノの音色は、まあなんてまろやかなんでしょうか!

2つのノクターンも、4つのマズルカも、指が鍵盤の上をすべるように動いて、自然体なのに、こちらの心に響きます。
マズルカは、これはもうポーランドの人ならではのリズム^^

ソナタ第3番。
聴き入ってしまいましたよ!
ショパンの思いを余すところなく、ピアノの音に乗せて、気をてらうことなく弾くエヴァ。
はあ・・・素敵でした^^

後半は、シューマン。
シューマンのピアノ曲は、クララがずっと弾いていたこともあって、こんなことを言うと違う!と言われてしまうかも・・・・ですが、どの曲も、シューマンがただただクララのために作ったのじゃないか、と思ってしまうのです、私^^;

色とりどりの小品「5つのアルバムの綴り 第1~5曲、そしてアラベスク。
アラベスクのなんと美しかったことでしょう!
エヴァってピアノの鍵盤をガンガン叩くようなピアニストではなく、本当にそーっと触るように弾くのに、どの音も本当にきれいで、まろやかで・・・

ソナタ2番。
シューマンのピアノ曲って、よいなぁ!!!とつくづく思いました。
ショパンと同時代に生きた、シューマン。
今の時代、どうしてもショパンの名の方が有名で、同じ生誕200周年なのに、シューマンは影に隠れていて本当に気の毒・・・
エヴァは、シューマンのそんな「僕もいるんですけど!」という気持ちに応えるように、ソナタを弾きました。

アンコールも豪勢で~
シューマンの謝肉祭より、ショパンの子犬のワルツ、ワルツ第7番、スケルツォ第1番。

会場から割れるような拍手がいつまでもやみませんでした。

本当に上手いピアニストです、エヴァ・ポブウォッカ♪
by ank-nefertiti | 2010-05-29 00:29 | 音楽

閑話休題^^

昨日は、あまりにかたーい記事だったので・・・

連休中に我が家の庭にやってきたニャン。
どこかで飼われている子らしく、首輪をしていました。

e0116960_093649.jpg


とっても人懐こくて・・・

e0116960_011793.jpg


最初、気が付いた時、門柱の上にいたのですが、道行く人この子に気が付いて声をかけたりしていました。
でも、逃げるわけでなく・・・
カメラにも収まりました^^

だけど、我が家にはなんでこんなにモノトーンの子ばかりがやってくるのでしょう?

ミーは白黒、ちびたとジジは黒ネコ。
この子も黒ネコ。

類は類を呼んでいる???
by ank-nefertiti | 2010-05-27 00:14 | ねこ
かつての映画にあった、タイトル。。。
映画は今でも名画!と言われています。

だから、この記事のタイトルに使うのは・・・本当に申し訳ないんですが。。。
でも、ぴったり!なんですよ!!!

沖縄の普天間基地について、あなたは選挙のときに、「県外へ移転する」と言いましたよね?
党の政策として、普天間基地は県外へと言いましたよね?
それで沖縄の人たちの票を獲得したんですよね?

で・・・

「辺野古周辺でお願いしたい」

どの口が言うのよ?

「県民の皆さまのお気持ちは理解している、私はそのお気持ちに思いを致し、しかしながら辺野古周辺への移転をお願いしたい」
「県外移転がかなわなかったことは、申し訳ないことだと謝罪すべきことだと思っている」

思っているんじゃなくて、なんではっきり言わないの?

「選挙のときは、美味しいことを言いました。ええ、票が欲しかったんです。でも、実際に勝って、政権の座についてみたら、とーっても大変で~。美味しいこと言ってしまった手前、なんとか格好を付けなくちゃ、としたんですが、手に余っちゃって~。だからごめんなさい、また基地を引き受けてください。すみません~」

ってことでしょう?
丁寧な言葉を使えばよいってものじゃないんですよ!
もう自分が政治センス皆無、無能であるってことを正直に認めたらいかがです?

あなたが選挙の時に掲げた、マニフェストとやらで、どれか一つでもきちんと行ったものがあります?
子供手当も来年から全額支給するはず・・・ですよね?
厚労大臣の長妻さんはそう言ってますよ?
でも、なんだか財源がないとかで、党は現物支給もなんて言い出してますけど???

長い目で見て、なんてどなたかが言ってましたが、ごめんなさいね、私はどちらかというと気が短いのでね。
ええ、もうあなたになんて任せていられない!

普天間基地のことだけでなく、何一つまともに決断できず、迷走を続ける今の政権に、この国の舵取りをこのまま任せることは、一国民として到底認容できません。

言葉は悪いですが、稀代の詐欺師ですよ、あなたもあなたの党も。

まあ、もっとも詐欺師は、自分が詐欺を行っている、という認識はないんだそうです。
ないから平然と人を欺せるし、平気な顔で暮らしていられるのだそうです。
そして、自分も被害者という顔をするんだそうですよ。
イヤですね。

最近、目が泳いでますよね、記者会見のとき。
勘弁していただきたいと思います、ええ、本当に・・・
by ank-nefertiti | 2010-05-25 11:57 | 考えること

お茶の時間です^^

雨の日曜日・・・

午前中は、家事に従事~^^

お昼前に家を出て、Joe'sHouseへ花材を取りに出かけ、Joeとコーヒーを飲みながら1時間ほどおしゃべり^^
ええ、花材を取りに行ったんですが、Joe独り占め!の楽しいおしゃべり時間でした♪

お家に戻ってきて・・・お茶の時間^^

e0116960_23155242.jpg


e0116960_23161332.jpg


honey印の美味しいお菓子^^
スコーンです♪
お供は、honey印の3種のママレード!
絶品~
スコーンの他にも、ウィークエンドやマフィンや、柔らかいフィナンシェも魔法のように袋に入っていました^^
どれもこれもhoneyさんの愛情たっぷり!の最高のお菓子です♪

e0116960_23193690.jpg


紅茶は、今が季節のダージリン、ファースト・フラッシュ♪
事務所の近く、ニューオータニに新しく出来た紅茶の専門店が一押し!のお茶。

honeyさん、美味しかったわ~^^
最高のお茶時間でしたよ~、ありがとう~!
by ank-nefertiti | 2010-05-24 23:23 | 美味しい♪

ヨコハマ散歩♪

ある日、こすもすさんから「ヨコハマ散歩しませんか?」と鍵でコメントがありました^^

わ~、嬉しい~^^
行きます、行きます!!!

で、昨日、待ち遠しかったヨコハマ散歩に出かけてきました^^

横浜の駅でdaisyさん、どりさん、honeyさんと待ち合わせ。(midoriさんは用事で涙・・・)
こすもすさんが車で迎えに来てくださって、いざ元町へ!

e0116960_19411271.jpg


こすもすさんが予約をしてくださった「霧笛桜」でランチ。
横浜の老舗のフレンチレストランです。
ここ、一度来てみたかったんです!嬉しいな~^^

e0116960_19424922.jpg


いただいたお料理の数々・・・
前菜は、カニのゼリー寄せ。なんとグリーンのソースはきゅうりです。

e0116960_19435994.jpg


もう一つの前菜。
マグロの片面焼き、シロイカとパプリカのマリネ、そしてレンコンや牛蒡のリゾット。
リゾット、美味しい!

e0116960_19452359.jpg


メインは鶏肉のコンフィ。
皮がパリッパリ!

フレンチの王道!というお料理の数々~

お店の外で記念写真を撮ってもらいました。
だけどね・・・写真見て・・・愕然です・・・痩せよう!!!絶対に痩せよう!!!

ランチの後は、取ったカロリーを消費しなくてはなりません>笑
元町から山手へお散歩です^^
途中で、霧笛桜で使われていた「増田窯」の陶器のお店へ。
素敵な器がたーくさん!で危険ですよ・・・
欲しい器がありましたが、持てないからね、という理由を無理やり付けて・・・諦めました>苦笑

e0116960_19511910.jpg


大好きなベーリックホール^^

e0116960_19522583.jpg


いつ来ても素敵♪

そして、ぶらぶらと歩いて、エリスマン邸に~
ここの喫茶室でお茶タイム。

うふふ、ちょっとね、のつもりが話が弾み~^^
こすもすさんの青春時代のお話がとっても可愛くて、素敵で、いいなぁ、こすもすさん~♪
もっと聴きたかったな~
私の高校時代の話もすこーしだけ・・・
実は話せば長い物語があるんです。
私の高校時代、闇と光が半々でしたから~^^;

e0116960_19561258.jpg


e0116960_19564275.jpg


エリスマン邸でのお茶の後、イギリス館のお庭へ向かいました。
でもね、どりさんはその前にタイムアウト!
残念でした。バラが本当にきれいだったんですよ~

e0116960_19582077.jpg


e0116960_19583746.jpg


庭園いっぱいに咲き誇るバラたち・・・

e0116960_19594146.jpg


うふふ、こんな可愛い子もいました^^

本当に楽しい時間でした。
いつも気持ちのよい時間が流れる、このお仲間との集いです。
普段のままでいられることの心地よさ。
企画をしてくださったこすもすさんには、感謝、感謝です。

そして・・・ご一緒してくださった皆様、ありがとうございました。
日々の忙しさに、ついつい荒れがちな心が、やさしく、まるくなりました。

次回は7月ですね^^
今から楽しみです♪
by ank-nefertiti | 2010-05-23 20:05 | 集い

憧れのお教室^^

ずっと「行きたいなぁ」と思っていた、ある教室。
平日なので、仕事が休めない私には参加は絶対に不可能・・・
おまけに大人気なので、もう何年も空がでるのを待っている方がたくさんいると言う話も聞き・・・

ときどきブログを訪れては、ため息・・・をついていました。

あるとき、思い切ってメールを差し上げてみたんです。
こちらの勝手な事情を書いて。

すぐにお返事が来ました^^
感激!!!でした。
単発クラスもありますよ、次回からご案内を差し上げますね
と書かれていました。
私の憧れのお教室が、大人気なのがわかるように思いました。
とってもお忙しい方なのに、メールの返事が本当に早く、丁寧なのです。
文章も素敵で、私よりはるかにお若い先生ですが、人間的に素晴らしい方だなぁと思いました。

そして!
ちゃんと連絡を下さったのですが、参加希望のメールを差し上げたときは、もう既に満席で・・・
またもやとっても丁寧なメールが来ました。
毎回あっと言う間に満席になるのだとか・・・

ああ、ご縁がないのだわ・・・と半分諦め・・・

ところが!!!
6月の単発クラスのお知らせが届いて、今回もダメだろうな、とメールを差し上げたら・・・
ギリギリセーフ!で~

6月は参加出来る事になりました^^
本当は平日の通常レッスンに通いたいのですが、仕事を辞めないかぎり、絶対に無理。
お稽古に行くから、休みます、なんて絶対に許されないところですから(-_-;)
なので、当分は、単発クラスに運がよければ参加ということで・・・

さて、私はなんのお教室に行くのでしょう?
それは・・・6月に参加させていただいてから・・・
記事にします^^(期待だけ持たせて・・・性格良くないですね~、私~)
by ank-nefertiti | 2010-05-22 00:30 | 徒然

思わず・・・

思うのですが、Amazonって非常に危険です・・・

e0116960_2245215.jpg


イタリア関係の本ばかり・・・
全部、思わずポチッとしてしまいました。

e0116960_2264739.jpg


これはイタリア語の本。
まだ初級から抜け出せずにおります、はい・・・

e0116960_2275780.jpg


アレッサンドロ・ジェレヴィーニのエッセイ。
日本語のものと、イタリア語に対訳のついたもの。

e0116960_2294352.jpg


そして、イタリアの野菜料理の本。
この本を買った理由の一つは、大好きなリストランテ、mondoのオーナーシェフである宮木さんのお料理とそのレシピが載っていたから。。。

ここまでイタリアにどっぷり!って、やはり私、前世はイタリア人だったと思われます^^
by ank-nefertiti | 2010-05-20 22:13 | イタリア