Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2009年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

昨日の深夜、CSのクラッシックチャンネルで、ヴェルディのオペラ、「Nabucco」を放送していました。

去年の今頃、daisyさんがご主人様とイタリアへ旅をされて、ヴェローナの野外劇場でこのオペラをご覧になられた、という記事をブログに書いていらして、ああよいなぁ!と指をくわえて拝見していました。
そのナブッコが放送されていたので、思わず今日の仕事にさしつかえる!と思いながら、最後まで見てしまい、今日はもう眠くて仕方ありません~^^;

このオペラは、ヴェルディの第3作目のオペラで、1842年3月9日にミラノ・スカラ座で初演されました。
当時、イタリアはオーストリアの支配下にあって、独立運動の真っ盛り。

このオペラの第三幕の第二場で歌われる

                VA PENSIERO SULL´ALI DORATE

は、イタリアの第二の国歌とも言われいて、トリノオリンピックの閉会式でも歌われました。
この歌が第二の国家といわれるようになったいきさつは、この歌の歌詞、「Oh, mia patria sì bella e perduta!(おお、あんなにも美しく失われた我がふるさと)」にある、と言われていますが、諸説あるようです。

それでも、この歌のメロディの美しさと故郷を想う囚われの民の心を歌う歌詞の美しさは、当時のイタリアの人々の心にきっとぴったりと寄り添ったに違いありません。

いつかこのオペラを、ヴェローナへ聴きに行きたい、とTVの画面を見ながら思いました。

              ********************

さて、話はまるで変わりますが・・・
私が不言実行ではなく、有言実行の人だということは、親しい方はとっくにご存知か、と思います(え?知らない???)

言ったことは必ずやる、出来ないことは絶対に言わない。

これは私のモットーでもあります。

「出来もしないことを言うことはみっともないこと・・・」

小さな時から常に両親から言われ続けた言葉。
だから、イタリアへ行く、と言ったら、絶対に行くし、kazuちゃんのB&Bへお邪魔する、と言ったら、絶対にお邪魔する、今年のイタリア旅行がそうでした。

そして

「身のほどを知っていなさい」

これも両親から言われ続けた言葉。
私の回りには、それこそ羨ましいような生活をしている友人も数多くいますが、私には私の「身のほど」があるので、彼女たちと同じ生活をしようとは思いませんし、また出来ません。

この「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」を聴くと、歌詞の意味とはまるで違いますが、私は私の人生への想いを黄金の翼に乗せて生きていきたい、と思うのです。

かつて、大学時代の恩師が

「神様はすべてに平等、一人にだけ光をあてる、ということはけしてなさらない。いつかあなたに光があたる時が来ます。その日を信じて今日をしっかりと生きなさい」

と私に言ってくださったことがあります。
私に光があたる日がくるのかどうか、それがどんな光なのか、それは誰にもわからない、神様だけがご存知、と思いますが、私は自分に与えられたもののなかで、恩師が私に下さった言葉のとおりに今日を地道に、そして黄金の翼に想いを乗せて生きていきたいと心から思います。


誕生月の最後の日、ときどき顔をもたげる「固い記事が書きたい」病が再発し。。。
少しも面白くない記事になりました。
たまにはよいかな、こんな固くて面白くないものも・・・
考える事をやめたら、おサルと一緒だものね。。。
by ank-nefertiti | 2009-07-31 20:15 | 音楽

Pacific Music Festival 2009

今年も7月4日に開会式が札幌で行なわれた、PMF。
パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル。
1990年に第1回が開かれて以来、回を重ね、今年は第20回を迎えました。

20世紀を代表する指揮者、レナード・バーンスタインの提唱により創設された国際教育音楽祭、それがパシフィック・ミュージック・フェスティヴァルです。
世界中から音楽を学ぶ若人たちが、オーディションを経て、アカデミー生として北の大地、札幌に集い、その年の芸術監督の下、ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、その他世界的に活躍する音楽家を先生に1ヶ月室内楽、オーケストラでの演奏などを学びます。

途中、北海道の各都市で演奏会が開かれたり、リハーサルの様子が公開されたり、盛りだくさんなイベントが続きます。

教授陣の演奏会もあり、東京では7月13日に紀尾井ホールで、ウィーン・フィルのメンバーによる「PMFウィーン」の演奏会がありました。
有難いことに、ご縁があって、毎年この演奏会にはお招きいただいています。
今年はウィーンからヴァイオリンのヴェルナー・ヒンクさん、フーベルト・クロイザマーさん、ヴィオラのハンス・ペーター・オクセンホーファーさん、チェロのフリッツ・ドレシャルさん、コントラバスのミヒャエル・ブラーデラーさん、クラリネットのペーター・シュミードルさん、ファゴットのシュテパン・トゥルノヒスキーさん、ホルンのロナルド・ヤネツィックさんが来日。
ビロードのようなやわらかい音色の演奏を今年も聴かせてくれました。

そして、昨日。。。
このフェスティヴァルの集大成、オーケストラの演奏会がサントリーホールでありました。

e0116960_23262072.jpg


e0116960_23264275.jpg


夏の夕方・・・
これから始まる素晴らしい時間を予感させるような、カラヤン広場の景色。。。

e0116960_23284568.jpg


さあ、夢時間への扉が開きます♪

今年の芸術監督でオケの指揮者は、マイケル・ティルソン・トーマス。
サンフランシスコ交響楽団の音楽監督を務めている、愛称は「MTT」。
彼は、このフェスティヴァルの記念すべき第1回目から2000年まで芸術監督を務めました。
9年ぶりにPMFへ帰ってきたMTT♪

♪シンフォニック・ブラスのためのストリート・ソング  ティルソン・トーマス
♪交響曲第5番 嬰ハ短調                マーラー

が昨夜の演奏曲。
休憩後のマーラーのすばらしかったこと!
特にトランペットとホルンのトップの女性二人、この二人の演奏なくしてこの曲の演奏の素晴らしさはなかった、と言っても過言ではありません。
演奏終了後、MTTが彼女たちに特別に拍手を送っていました。

一昨年、芸術監督は、リッカルド・ムーティで、そのときのアカデミー生たちは、こんなに幸福な1ヶ月はなかった、と全員が言っていたそうですが、今年のアカデミー生たちにとっても忘れられない夏になったことは間違いありません。
素晴らしい演奏会でした。
ここに集った若い演奏家たちが、その音楽人生において、この夜の演奏をいつも懐かしく思ってくれたら、この音楽祭を提唱した天国のバーンスタインも、設立当時から関わってきた裏方の方たちもどれだけ嬉しく思うことでしょう。

e0116960_23503645.jpg


素晴らしい演奏の余韻を心にホールを出ようとする私たちの目には、いつもこの大理石壁画が・・・
宇治山哲平さんがお亡くなりになる直前に完成した壁画、「響」です。
宇治山さんは大分県日田市が生んだ、抽象画の世界的巨匠です。
日田市には没後に宇治山さんの記念美術館が出来ましたが、残念なことに平成16年12月、資金難をもって閉館となりました。
心ある方は多くいらっしゃるのに、資金難で閉館を余儀なくされたということに、日田はとてもよいところだと聞いていますが、自治体トップがしっかりしていないのだなぁ、と残念に思います。

サントリーホールへいらしたら、正面玄関の壁にある、この宇治山哲平さんの大理石壁画をご覧になってみて下さいね。
音楽の響きと大理石の響きが重なり合って、きっとその響きはより美しく・・・
by ank-nefertiti | 2009-07-31 00:23 | 音楽

Welcome♪

三連休の真ん中、19日の日曜日、藤島先生のお稽古に行ってきました(古い話です・・・)
6月のお稽古は都合がつかず、泣く泣く欠席。
なので、久しぶりのお稽古♪

e0116960_23143549.jpg


アンティークな感じのアイアンにアレンジ。
アイアンはきっとそれだけで使う「Welcome Boad」なのでしょうね。

そのBoadにドライフラワー。
今回は派手な花材は使っていません。
でも、、モダン!

見づらいですが、珍しいブルーベリーのドライを使っています。
そしてブラックベリーも♪

大好きな花材の「月桃」をアクセントにしました。
ちょっと気にいっています。

リビングに飾りました。
我が家へようこそ!のWelcome Boadです♪
by ank-nefertiti | 2009-07-28 23:19 | ドライフラワー
昨日からル・シネマで公開されている映画

        クララ・シューマン 愛の協奏曲

今日、夫と一緒に出かけてきました。

e0116960_22521371.jpg


すごーく期待して行ったんですよ、本当に・・・

去年のラフマニノフがとってもよかったので、とにかく私が好きな作曲家二人に愛された女性で、当時絶大なる人気を誇ったピアニストでもあったクララが主人公だし・・・って。。。

まだこれからご覧になられる方が多くていらっしゃる、と思うので、詳細は書きませんが、監督がブラームスの末裔だそうですが、ちょっとシューマンが気の毒じゃないの???ブラームスだって、まさか自分の末裔にこんな風に描かれるなんて思っていなかったんじゃないの???でございました。。。

彼らの音楽の使い方も、イマイチでして・・・

何でもかんでも褒める事は簡単で、♡マークや星マークをつけるのも簡単ですが、イマイチなものはイマイチ。。。
こういう辛口な記事を書くと、あ~らら!と思われちゃうんだろうなぁ、と思うのだけれど、我が家としては褒めるわけにいかない映画でございました。。。

クララも女優さんとか本当にハマり役なのだけれど、うーん・・・
なんだかもったいない描き方だなぁ、と思いました。

大好きなブラームスの交響曲第1番のフレーズ
この部分を聴くために、この交響曲を聴くと言っても過言ではありません。。。
こんな美しい旋律を残したブラームス、天国でこの映画は苦笑いしてるよね、きっと・・・
by ank-nefertiti | 2009-07-26 23:24 | 観劇・映画

隅田川花火大会

今年も盛大に行なわれた隅田川の花火大会♪

毎年「花火を観にいらっしゃいよ」と呼んでくれるmidoriさんのお宅へ、夫と一緒にお邪魔して、楽しい時間を過ごさせていただいてきました。

e0116960_0542861.jpg


テーブルに並ぶお料理の数々・・・

e0116960_0554793.jpg


midoriさんが作ってくれたもの、私が作っていったもの、次女ことerikoちゃんが作ってきてくれたもの、みんちゃんが作ってきてくれたもの。
我が家の宴会もそうですが、この仲間が集まるときは、それぞれが何かしら作ってきて、テーブルにはいつも乗り切らないくらいのお料理♪

midoriさんのご主人さまのお友達も集まって、midoriさんのお家のリビングルームはあちこちで楽しいおしゃべりが。。。
はじめましての方ともすぐに仲良くなれて、楽しい時間。

そうこうするうち、ドドーン!と花火が打ち上げれ、いよいよ今年の隅田川花火大会が始まりました♪

e0116960_122524.jpg


今年の花火、初めて観る紫色のものがありました。
イタリアでも大流行だったパープル♪
花火の世界にも!(写真がないのが残念です・・・)

e0116960_144747.jpg


東京の夜景はきれいですね。。。

江戸時代から続く、この花火大会。
私は東京に生まれて東京で育った江戸っ子であることを、この夏の風物詩を見る度にとても嬉しく思います。

e0116960_155785.jpg


midoriさんのお家からは、真正面にこの花火が上がります。
こんなよいロケーションはありません♪

きれいな花火と美味しい食事と写真撮りそこねましたが、イタリアから買ってきた美味しいワインと美味しい日本酒、そして楽しいおしゃべりで時間の経つのはあっと言う間でした。

midoriさん、今年も呼んでくれてありがとうね~♪
by ank-nefertiti | 2009-07-26 01:11 | 集い

イギリスからようこそ♪

ロンドン郊外にご主人のぱごしゅさんとかわいいお嬢ちゃまのびごしゅちゃんと暮らすおごしゅさんが、びごしゅちゃんの夏休みを利用して、一時帰国しますよ!と連絡を下さいました。

まあ!
それはお目にかからなくちゃ!

というわけで、20日の日曜日、新宿で待ち合わせ。
キョロキョロ。。。
おごしゅさんが私を見つけてくれて、「はじめまして!」

だったのですが、全然初めてじゃない感じ♪不思議ですね~^^

何食べる?お昼ごはん?
こういうとき、困るんです、私・・・
普段、お外で食事をあまりしないので、よいお店を知らないのですよね。。。
で、先日、お友達と夕飯を食べた、「分けとく山」の伊勢丹の支店を思い出し、西口から東口へ移動です。

移動中も初めて会ったなんてウソのように、二人でマシンガントーク!

ランチの間も音楽の話、子育ての話、本の話、人生についてなどなどで盛り上がり、食べるのも忘れてしゃべる、しゃべる、しゃべる!
結局11時過ぎから4時過ぎまで分けとく山にいました^^;

e0116960_1194471.jpg


おごしゅさんからいただいた、キャス・キッドソンの旅行のときに爪の手入れをするセット。
タワラジェンヌさんと色違いでおそろいよ!と言って渡してくれました。
イギリスの香りがしますよ~、ありがとう!

おごしゅさん、ブログから想像していたとおりの頭の回転の早い素敵な人。
音楽の話をしていたときに、私が思っていたこととまるで同じようにおごしゅさんも考えていて、私は、自分が人非人でない、とわかってとても安心しました。

夕方、食事の仕度をしなくてはの私は後ろ髪を引かれる思いでおごしゅさんとさようなら。

おごしゅさん、またね!
また会いましょう!
今度はタワラジェンヌさんもご一緒に。
いつかカッラーラでkazuちゃんも一緒にね!

そして、かなうことならロンドンで!
by ank-nefertiti | 2009-07-23 01:27 | 出会い

イタリア語特別講座 Ⅲ

16日の木曜日、イタリア語の特別講座Ⅲ、「リグーリア州の料理と文化」がありました。

今回も夫と一緒に出かけてきました♪

e0116960_2259373.jpg


会場はいつものレストラン。

参加者も毎回増えて、今回はとうとう貸切り!

先生は私を担当してくれているエリザベッタ♪

リグーリア州は、kazuちゃんのカッラーラからすぐ近く!
地中海に面した州で、ティンクレ・テッレなどが有名な観光地。
都市としてはコロンブスが生まれたジェノヴァが有名です。

最初にリグーリア州について説明があります。
リグーリアの特産品、お料理、ワイン、そしてサンレモ音楽祭について♪
サンレモの音楽祭は、以前、日本の伊東ゆかりさんが賞を取り、日本でも一躍有名になったものです。
この音楽祭から生まれたヒット曲は数知れず。。。
ジリオラ・ティンクエッテイの「夢見る想い」、最近ではビールの宣伝で有名な「ヴォラーレ」などなど。。。

e0116960_2343669.jpg


海に面した州なので、お料理も海の幸。
そしてリグーリアと言えば「ジェノベーゼ」
バジリコ、松の実、チーズ、オリーブオイル、塩などでつくられたペーストです。
このペーストがソースのパスタは美味しい!
ワインは主に白。

e0116960_23103676.jpg


この地方で採れるオリーブは、タジャスカという種類で、大変美味しいのです♪
セコンドはそのタジャスカオリーブを使った鶏肉のオーブン焼き。

ドルチェにバジリコのジェラートが出て、あまりの美味しさに声もなく・・・

イタリア20州のうち、3州が終わりました。
次回は9月。
どこにしましょう?という主催者の相談に、思わずトスカーナは最終回にしましょう、次はプーリアとかヴェネトあたりはいかがでしょう?と生意気なことを言ってきました。

シェフが本当に勉強熱心な方で、毎回美味しい食事を用意してくださいます。
もともとはコモの近くのレストランで修行をされた方なので、一度勉強会でなく、普通に食事に行ってみたいなぁと思います。
by ank-nefertiti | 2009-07-19 23:18 | イタリア

誕生日プレゼント♪

我が家は母の日、父の日は息子が、誕生日は娘がそれぞれプレゼントを用意する、と彼らの中で了解事項になっています(私たちはそれぞれからもらってもよいんですが>笑)。

今年の私の誕生日は平日で、誕生日係りの娘は仕事で、帰宅したのが夜中でした。

「お誕生日なんだけれど、ケーキ屋さんはどこも閉まってるし、プレゼントはもう1ヶ月も悩んでいるけれど、決まらない。今更なんだけれど、何か欲しいものある?」

はあ・・・
まあもう祝ってもらって嬉しい!という年齢でもないしね・・・

娘は日曜日に買いものに行くから、考えておいてね、と言い残して部屋へ引き上げていきました。


うーむ・・・
ないわ。。。

翌日、また夜中に帰宅した娘が
「お母さん、ipod、もうずっと同じものでしょ?で、考えた!新しいipodはどう?今のipodって凄く進化していて、以前のものと比べたら月とスッポン!」
そして、appleのサイトを開いて、どの色がよい?と聞きました。

確かに古いんだけど・・・
私はものもちがよいからね~
使えるし困ってないし・・・
でも、appleのサイトでみるipodはいろんな色があって、可愛い!
どの色にしようかなぁ!あれ?ipodを貰うつもりだわ、私~>笑

そして・・・

e0116960_0153759.jpg


日曜日、夜遅く帰宅をしたら、ダイニングテーブルの私の席に置いてありました。
オレンジ色の新しいipod♪
元気になる色~

確かに古いものと違って、薄くて軽くて、そしていろんな機能がついている!
早速月曜日から使っています。
ありがとね!

新しいCDも3枚ほど購入して、取り込みました♪

もちろん大好きなこの方のこの曲この曲も入れてありますよ~♡
by ank-nefertiti | 2009-07-16 00:25 | 徒然
先週の金曜日から始まった、私の連続スケジュール!(という言葉があるのかしら?)
なんでこうなるのかしら???状態・・・です。

まずは金曜日の夜、紀尾井シンフォニエッタの定期演奏会に行きました。
コンサートマスターはお久しぶりの沢和樹さん♪
このオケは安心して聴いていられます♡

そして土曜日。。。
AISのワイン試飲会へ!
ずっとご連絡を事務局の川手さんからいただいていたのですが、平日の昼ばかり・・・
その度に川手さんに「平日は動けません!イタリアワインを広めたい!とお考えでしたら、働いている人間も参加できる日程で会を開いてください」とお願いし、ようやく土曜日にやります!とお知らせをいただき、出かけました。

e0116960_23241646.jpg


あら!このワイン、どこかで飲んだわ!
会の最後に試飲したワインについて説明がありますが、そのときわかりました。
オルヴィエートの白ワインでした。
チヴィタで飲んだワインとよく似た味♪

日曜日。。。
イタリアでお世話になった堂くんが今日本に一時帰国中で、その堂くん主催のイタリアオフ会がある、というので、midoriさんと参加しました。

e0116960_23282879.jpg


堂くんのお知り合いのイタリア料理の先生、kyokoさんのスタジオを借りての楽しいひととき。
お料理が美味しくて、ついつい食べすぎ。。。
写真を撮り忘れたのですけれど、この他にタリアータやパスタがあったのです。
会に集まった皆さんはお若くて、おばさんの私はみなさんからエネルギーをたくさんいただいて帰ってきました。
帰るとき、堂くんにまたイタリアへ行きますからね~、と話したら、「是非!いらっしゃる時は連絡くださいね!」と、まあなんて良い子なんでしょう!^^

そして、そのイタリアオフ会のあと、私は祐天寺へ~!
藤島先生と若子内悦郎さんのジョイントライブ!

e0116960_23333976.jpg


凄いメンバーでした。
だってピアノが拓郎さんのバックで活躍しているエルトン永田さん、パーカッションが郷ひろみさんのバックの長沢悟さんなんですから!
Joeとwakaさん、若いときもそれは素敵だったのですが、上手く年をとられて、じっくり聴かせる歌を歌うようになりました。
今回は、いつもJoeが歌う「Vincent」をwakaさんが、wakaさんがいつも歌う「デスペラード」をJoeが歌いました。
それがとても素敵で、ロック系のバラード、Joeに合うわ!と次回のライブに期待してしまいます^^

日曜は家にたどり着いたのが11時過ぎでした・・・

そして、昨日は「PMFウィーン」の演奏会に紀尾井ホールへ!
またPMFの季節が巡ってきました。
このコンサートについては、後日詳しく書きますね。。。
さすがウィーン・フィルのメンバー!!!
最高に素晴らしい演奏会でした♪


で、これからも私のスケジュールは詰まっていて、明日も明後日も夜は用事があります。
そして連休もすべて予定で埋まり、来週も22,23,24,25日と予定があり、7月最後の週も29日水曜日にPMFのオーケストラの演奏会に出かけます。

イベント目白押し!で話題には事欠かないのですが(笑)、更新している時間が・・・ありません~!!!
遅れ気味で記事をUPしますので、見捨てないでくださいね~
by ank-nefertiti | 2009-07-14 23:44 | 徒然
先日の新聞に辻邦生さんと北杜夫さんの無名時代の往復書簡が見つかった、という記事が出ていました。
そして、その往復書簡が、「新潮」の8月号に掲載される、とも。

発売日の7日、仕事の帰りに本屋さんに!

e0116960_121298.jpg


もう何度もここで書いていますが、辻邦生さんは最愛の作家です。
そして辻さんを知ったのは、北杜夫さんの「どくとるマンボウ航海記」を読んだときでした。
「どくとるマンボウ青春記」で、旧制松本高校時代を北さんが描いていて、そこには先輩として、そして同級生として共に青春時代を過ごした辻邦生が出てきます。

そんな二人は、それぞれに進学し、医学と仏文とまるで異なる学問を学び、互いを尊敬しあう人生の親友となっていきました。

この往復書簡は、辻邦生がパリに留学し、北杜夫が漁船の船医として乗り込み、その経験を航海記として世に出す直前から北杜夫が「夜と霧の隅で」で、芥川賞を受賞したのち、辻がパリから日本へ帰国するまでにお互いに交わしたものです。
そこには、文学を志す若い二人の情熱と、現実が忌憚なく綴られていて、非常に興味深く読みました。

パリから辻が北杜夫送った手紙の内容をどこかで読んだ・・・と思い、それは辻の「パリの手記」だっただろうか?と思っていたら、次の北から辻への手紙の中で、辻が書いたことを航海記で使わせてもらったよ、と書いていて、ああ、あの床屋の話は、辻から北への手紙に書かれていたことだったのか!と妙に納得もしました。

先に世に出た北杜夫が、パリで一人創作活動を開始した辻をなにくれと世話をし、辻が北に送った原稿を出版社へ持ち込んだり、それに対して辻が心から感謝していると手紙にしたためていて、損得のないひたすら互いを思いやる友情で結ばれていることが、よくわかります。

手紙の中では互いの作品についても意見を交換しあっており、北は文学の先輩として辻の作品について、細かく指導めいたことをしているのが、なんともほほえましく、それを素直に受け入れる辻の態度もさすがで、ひたすら北を文学の先輩として尊敬し、崇拝している姿に感銘を受けました。

辻邦生が作品を発表し始めて、しばらく経ったころ、辻の作品である「天草の雅歌」を直木賞に推したいと、北杜夫の知り合いの作家だか評論家だかが言ったとき、北杜夫はその相手に「バカなことを言わないでもらいたい。辻はあくまで純文学の作家だ。芥川賞の対象となる作家だ!大衆小説の直木賞だなどとんでもない!」と大変な剣幕で怒った、という話があります。
北杜夫に話をした人物は、北杜夫の剣幕に驚き、「いや、違う、あれほど高雅が物語りが直木賞となれば、直木賞に対する世間の見方も変わるか、と思ったんだ。もちろん辻邦生が純文学の作家だとうことは承知している。だけど敢えて直木賞とすることで、直木賞がもっと見直されれば、と思ったんだよ」と答えたそうです。

こんな風に互いを尊敬しあい、大切に思い、人生の変わらぬ友として、旧制高校で出会ってから辻が突然に天国へ旅立ってしまうまで続いた二人の友情が、私にはまぶしく羨ましく、感じられてなりません。

それにつけても、辻邦生のあまりに早かった死が惜しまれます。

この往復書簡は7月18日から軽井沢高原文庫で展示公開されます。
夏の軽井沢は大混雑でしょうが、この往復書簡を見に、軽井沢へ行きたい、と思いました。
by ank-nefertiti | 2009-07-11 02:18 | 読書