Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ヴェネチアへ♪

tammyさんのお教室に参加した翌日は、ヴェネチアへ向けて移動です。
この時だけユーロスターを1等車に~

e0116960_21402017.jpg


e0116960_21404484.jpg


2等車よりもゆったりしたシート。
そして1等車では新聞と飲物、お菓子のサービスがあります♪
飲物はコーヒー、ジュース、水から選べます。
朝8時38分発の列車だったのでコーヒーを頼みました。
エスプレッソ、美味しかった~

サンタ・マリア・ノヴェッラの駅でtammyさんに会いました♪
お仕事全開モードのtammyさん~

同じ列車だったので、途中tammyさんが私たちの席まで遊びに来てくれて、またまた楽しい楽しいおしゃべりタイム!
話はつきない~!

そうこうするうち・・・

e0116960_2145175.jpg


ヴェネチアへ到着!
ここで本当にtammyさんとさようなら・・・
tammyさん、本当にいろいろありがとう。
tammyさんがいてくれて、楽しいフィレンツェでしたよ~♪
一度で「あ、この方は私の腹心の友!」と思えたtammyさん。
今度は日本でお目にかかりましょうねぇ!

e0116960_21491130.jpg


水上バス(ヴァポレット)のチケット売り場。
ここで水上バスのチケットを買います。
1回券、6時間乗り放題券、12時間乗り放題券、24時間乗り放題券、72時間乗り放題券とあります。
私たちは1回券を購入。

ホテルのあるサン・マルコ広場まで約40分ほど・・・
大運河を水上バスは進みます。

e0116960_21574016.jpg


こんな風景を眺めながら・・・

停車場に着くたび、バスの車掌さんが「リアールト~」とか「サン・マルコ~」とか叫びます。
その声を聞いて乗客はバスから荷物を抱えて降りて行きます。
私たちもサン・マルコで下船です。

今回の旅でこのホテルが一番よかった!
サン・マルコ広場近くの「DONA PALACE」

e0116960_2232376.jpg


フロントマンが「すっごく広い部屋だからね~」と言っていたとおり無駄に広い>苦笑
次の間までありました。

荷物をおいて早速ヴェネチア散策へ。

水上バスだと30分はかかるサン・マルコ広場とリアルト橋ですが、歩くと10分ほど。
地図がなくても壁に道標があるので、それを見ながら歩けば目的地へつけるようになっています。
さすが観光の街~

e0116960_227121.jpg


ランチはリアルト橋の近くでピザ。
ここのピザ、美味しかったですよ~

そしてtammyさんお奨めのヴェネチアン・グラスのアクセサリーのお店、「リアルト79」へ!

e0116960_2284655.jpg


とても親切にしていただいてここで母と義妹へお土産を、そして私のも~♪

e0116960_22173822.jpg


リアルト橋あたり・・・

そして一度ホテルに戻り、ゴンドラに乗りに~

e0116960_2219334.jpg


夕暮れのヴェネチア。
そしてゴンドラ。
ゴンドリエのおじちゃまが何故かナポリ民謡の「サンタ・ルチア」を歌ってくれました♪
思わず拍手!

お夕飯はヴェネチアなのでシーフードです。
すごい量・・・

e0116960_22204891.jpg


手長エビのグリルがメインです。
ペスカトーレまででかなりお腹が一杯に・・・
今回のイタリアで唯一のシーフードでしたが、新鮮で美味しかったです~
シンプルなお料理なのですけれど、素材の良さを生かした調理法でさすが!でした。

e0116960_22241013.jpg


夜のサン・マルコ広場です。
とてもにぎやか!
ここにあるCafeはお高いので有名!
聞くところによればコーヒーとサンドウィッチだけで4000円はするとか・・・
それに楽団が演奏を始めるとミュージックチャージがついてまたもやお値段は跳ね上がる!
さすがに入りませんでした。
夕飯のあと、ホテルに戻る時、丁度あるCafeで楽団が演奏を始めたので、お店の外で聴いてきました。
ブラームスの「ハンガリー舞曲第6番」。
なかなか上手でした♪

ホテルのTVをつけると、あら~
偶然にもアッズーリ(サッカーのイタリア代表をこう呼びます)が試合をしていました。

e0116960_22284016.jpg


愛しのピルロが初めて代表で10番を背負うことになった、とどりさんからメールが来ましたが、その10番を背負ったピルロがいる~!
写メをどりさんに送ろうと試みましたが、ヴェネチア、携帯繋がらず・・・残念!!!

そんなこんなでヴェネチアの夜は更けてゆきます・・・
by ank-nefertiti | 2008-09-30 22:32 | イタリア
tammyさんのお家からタクシーでホテルに帰りついたのが、午前2時。。。
ホテルの玄関の鍵がかかっていて、真っ青・・・
どーしよ。。。
ガチャガチャやっていたら、フロントマンが出てきてくれたので、ホッ!
ですが、良く見たら玄関の脇に呼び鈴がありました・・・^^;
開けてくれたフトロントマン、実はあきれ返った顔をしていました。
ですよね、異国の地で午前2時にホテルに帰ってくる泊り客なんてそうそういるものじゃありません。。。

翌日は9時15分の予約でウフッツイ美術館。
またあの「春」や「ビーナスの誕生」に会えます♡
去年は涙が流れてしかたなかったけれど、今年は少し冷静に見る事ができました。。。

ルネサンスの至宝をたくさんもつウフッツイ。
この春、日本に来ていたウルビーノの「ビーナス」も、去年来ていたダ・ヴィンチの「受胎告知」も、そしてラファエロもミケランジェロもここにあります。

今年は常設展の他に、作品が少ないと言われているジョットの展示会も行われていて、ラッキーでした。
ジョットはアッシジで、フランチェスコ聖堂の「聖フランチェスコの生涯」を描いたフレスコ画を見て、本当に感動しましたが、ウフッツイでの展示も素晴らしく、こんなにたくさんのジョットを見る事ができるなどということは、もうないだろうと思いました。

ウフッツイを出て、ランチは今年もここです!

e0116960_22524354.jpg


シニョーリア広場の「リヴォワール」

e0116960_23221965.jpg


私は、お店お奨めの野菜のタリアッテレをいただきました。
これが美味しい~♪
食後はここで食べるなら、絶対にこれ!の「マチェドニア」
あちこちで食べましたが、リヴォワールのが一番美味しかったです。

食事の後は再び花の聖母教会へ

e0116960_2325157.jpg


美しい!としか言いようのない教会。

e0116960_23254938.jpg


ドゥオーモの前にある「聖ジョバンニ礼拝堂」

リヴォワールで去年とてもお世話になったtomokoさんに偶然バッタリ出会いました。
思わず「tomokoさん!」と声をかけ、1年ぶりの再会に、それも場所も同じリヴォワールということにどちらも驚きました。

夫が「イタリアでブランド物でない普通のお店でお財布を買いたい」と言っていたので、探した皮革小物のお店。。。
ダンテの家の近くにあるそのお店の看板犬の「パンダドッグ」と、息子さん~

e0116960_23301225.jpg


またもやおメメは怪しい●・・・>苦笑

さて、この後、ポンテベッキオを渡ったところで、tammyさんと待ち合わせ!
今日のイベントの一つのワインのティスティングの教室!
橋の近くのエノテカで、「トスカーナワイン」をテーマに赤と白、全部で5本のワインのティスティング!
トスカーナはキァンティ・ワインが有名ですが、キァンティにもたくさんの種類があって、ソムリエ氏の話は面白かったです。
ソムリエ氏の話をtammyさんが日本語に訳してくれて、へぇ!!!ほお!!!
ワインに合うおつまみもソムリエ氏が作ってくれましたが、サルシッシャ(イタリアのソーセージ)を乗せてオーブンで焼いたパンがとても美味しかった。。。

ところがここでも話を聞くのに夢中になり、写真を撮り忘れ・・・
実はソムリエ氏、大変なハンサム!!!
笑顔がまるで天使のようで、いやぁ、こんなハンサムさんいるんだね!と見とれてしまいました>苦笑
写真、撮らなかったのが本当に悔やまれます~(:_;)

ティスティングをした5本のワイン、それぞれに個性があって美味しかったです!
フランスのワインと違って、イタリアのワインはそれだけで完成しているとは言い難いので、食事も一緒にトータルで考えるとよいのだ、ということを教わり、なるほどね。。。と今後の我が家での宴会にとても参考になりました。
ですが、赤ワインで最初にティスティングしたワインは、香りも味もふくよかで、それだけで美味しいワインでした♪

8時過ぎ、エノテカは満員!
来年はこういうエノテカでちょっと一杯もよいな、と思いながら、お教室は終了。
ソムリエ氏が「どうだった?」と聞いたので、思わず両ほほを指でつついて「Buono、Buono!!!」というジェスチャーをしたら、超ハンサムのソムリエ氏は嬉しそうに笑っていました♪

このtammyさんのワインのティスティグのお教室、tammyさんの的確な訳とワインとお料理の知識で、とてもお勉強になります。
本当によい時間でした。
昨日に引き続いての素敵な時間でした~♪
フィレンツェへ行かれる方、このお教室に是非参加されてみてくださいね!
ワインに対する造詣が深くなります♪

明日はヴェネチアへ移動です。
9時近くにお店を出て、tammyさんともさようなら・・・
ですが、tammyさんは仕事で明日ヴェネチアへ!
実は同じ列車です♪
駅で会えるかな~
by ank-nefertiti | 2008-09-27 23:46 | イタリア

フィレンツェでオフ会♪

シエナへ出かけて夕方フィレンツェへ戻り、この方に電話をかけました。
東京を発つ前から、メールでやりとりをさせていただいて、いろんな相談に乗っていただいていました。

そうしたら、ある日「よかったら家へいらっしゃいませんか」というメールが!

え?よいの?図々しいよね、、、と思いながら、「嬉しい!!!!」の気持ちが先にたち、お邪魔させていただくことに。。。
当日、電話で時間を決めましょうということで、フィレンツェに戻って早速電話!

お約束の時間までフィレンツェの街をウロウロ。

まずはドゥオーモへ!

e0116960_23401095.jpg


本当にいつ見ても美しい・・・
花の聖母教会、とはよく言ったものです。。。

一旦ホテルに戻って、お土産やら頼まれた「養命酒」を持って、タクシーでtammyさんのお家へ!
おお!閑静なところにtammyさんはお住まいなんだ!

さて、初めまして、だったのですが、とてもそんな感じはせず・・・
以前からの知り合いのようでに挨拶してしまった私でした♪

e0116960_23445284.jpg


「簡単なものばかりだから」、の言葉とは裏はらに、テーブルにはたくさんのお料理!
お、美味しい!!!!
イタリアの噂のいちじく!
グリーンなのですけれど、これが本当に甘くて、美味しくて、トスカーナのサラミによく合います。
ズッキーニとナスの網焼き、この網焼きにつけるソースが絶品で、キャー!でした。

お料理に合わせたワインがこれまた美味しくて、夫はもうニコニコ!

ところが、おしゃべりに夢中になって、そのワインもこのあと出して下さったお料理もドルチェも写真を撮り忘れ・・・

ひたすら食べてしゃべる私たち!!!
誰が初めてお目にかかったの???

夫が「あの~」と言い出さなかったら、時間を忘れてしゃべり続けていたに違いない!!!
時計を見てびっくり!
夜中の1時半!!!!

ぎゃっ!と驚いて、慌ててtammyさんにタクシーを呼んでもらうという有様でした。

まさかイタリアでオフ会が出来るなんて思わなかったので、ブログを書いていてよかった!と心から思いました。
tammyさんは飾らないお人柄の素敵な方でした。

実は翌日の夕方もtammyさんとデートでした。
tammyさんのワインのティスティングのお教室に参加させていただいたのです~

そのお教室については、また明日!!!(あくまで引っ張る私~^^;)
by ank-nefertiti | 2008-09-26 23:55 | イタリア

シエナ

フィレンツェに着いて、翌日の8日は日帰りでシエナへ!

e0116960_20432665.jpg


フィレンツェからバスで高速道路を使って1時間と少し・・・
バスのチケットは窓口で買うのですが、私のイタリア語がちゃんと通じて、往復でチケットを買うことができました♪(やった~)

シエナには

e0116960_20443939.jpg


この世界一美しい、と言われる「カンポ広場」があります。

そして

e0116960_20453113.jpg


この何とも繊細な美しさを誇る「大聖堂」があります。

大聖堂の中には美しいステンドグラスが・・・

e0116960_2047516.jpg


そして大聖堂のなかは

e0116960_20465731.jpg


本当に美しい・・・

このシエナで今回の旅のコーディネートをしてくれたトスカーナに暮らす菅澤さんにお目にかかる約束をしていました。
丁度正午、カンポ広場にある噴水のところで、待ち合わせ・・・
菅澤さんはお嬢ちゃまと一緒に私たちに会いに来てくださいました。
しばし楽しいおしゃべりにはなが咲いて、時間が経つのはあっと言う間。。。
最後にランチを取るレストランを紹介してもらいました。

e0116960_20534157.jpg


「グイドリッチョ」というレストラン。

e0116960_20563664.jpg


野菜のラザーニャ、太いパスタのラグーソース。
最初にトスカーナの名物料理「パンツァネッラ」がサーブされました。
昨日のBarbagianniのものとはちょっと違います。
Barbagianniが洗練された味なら、こちらはマンマの味。
野菜のラザーニャ、トマト、ナス、ズッキーニ、キャベツなどが使われていて、目から鱗の美味しさ!
オーナーが一押しの「今日のスペチャリテ」です。

ランチのあと、市庁舎にある「マンジャの塔」に登りました。
一番上まで500段の階段!!!

辿りついた時には、一緒に登ったイタリアのおばちゃま達ともう笑うしかないくらい疲れました>苦笑
ですが、塔からの眺めは

e0116960_211423.jpg


素晴らしい!!!
トスカーナの風景のなんと美しいこと!
塔の上から真下のカンポ広場を見るときれいですよ!と教えてもらいましたが、柵もなくて怖い・・・
臆病者の夫婦はのぞきこむことが出来ず>苦笑

e0116960_2122993.jpg


美しいシエナの街並み・・・
シエナはフィレンツェよりも古くに栄えた街です。
より中世の面影を強く残す素敵な街でした。

さて、この後フィレンツェに戻り、素敵な時間が待っていました♪
by ank-nefertiti | 2008-09-24 20:08 | イタリア
アッシジから列車に乗って、フィレンツェへ!

この日のお夕飯は、tammyさんにお願いして予約をしてもらった、「Ristorante Cantina Barbagianni 」
e0116960_23174664.jpg


リコッタチーズとズッキーニのムース

e0116960_23181858.jpg


e0116960_23231096.jpg


アンティパスト。
ミニミートローフ、パンツァネッラ、トマト、ナスのグラタン。
パンネッツア、いわゆるトスカーナパンのサラダの作り方を教えてくださいましたが、基本になる味のないトスカーナパン、日本で手に入れることができるのかな。。。

e0116960_23203040.jpg


この日、フィレンツェはとても暑かったので、最初にキリリと冷えたプロセッコをいただきました。

e0116960_23184561.jpg


プリモピアットはミードボールのタリアッテレ。
ミートボールにお肉の旨味がギューッと詰まって、美味しすぎます~!

e0116960_2319997.jpg


セコンドピアットはポークのソテー、はちみつとセサミのソース、と鶏肉にリコッタチーズを挟み軽くソテーしたもの。
それぞれのソースもですが、お肉への火の通し方が本当に絶妙で、脱帽!!!
あんまり美味しそうだったので、写真を撮る前に一口いただいてしまいました^^;

e0116960_23193457.jpg


ドルチェはチーズケーキとパンナコッタ、それにセミフレッド

どれもこれも絶品!!!!
このお店のシェフは上原さんという日本の方。
伝統的なトスカーナのお料理を上原さんの感覚でリストランテ風にアレンジしてあって、ですが本場の味は崩していない、という素晴らしいものでした。
「ボクは難しいことはしていません。かんたんな単純なことだけです。」と涼やかにおっしゃいましたが、その簡単なこと、が本当は一番難しいのです。

量がイタリア人ほど食べられない、でも色々な種類のお料理を食べたい!という私たちのわがままな要望に応えて下さって、少しずつ、さまざまなお料理をコースにしてサーヴして下さいました。

tammyさんが「ここは絶対にお奨めだから!」と太鼓判を押したレストラン。
さすがでした♪
ありがとうございました。

お食事の最後に

e0116960_23423455.jpg


リモンチェッロを出してくださいました。
凄く美味しい!
上原さんが「美味しいですけれど、凄く強いので無理に飲まないでくださいね」と優しい笑顔でおっしゃいました。
なので、あまり飲めない私は舐めるだけ>苦笑

フィレンツェへいらしたら、是非ここへ!
イタリアで活躍する上原さんのお料理、このお店にはイタリアの方がたくさんいらしていました。
要予約です!

ああ、よい夜~♡
by ank-nefertiti | 2008-09-22 23:59 | イタリア
ホテルの部屋からの眺めです。。。

e0116960_21532380.jpg


e0116960_2275356.jpg


e0116960_22103216.jpg


アッシジのシンボル、聖フランチェスコ聖堂

e0116960_21543317.jpg


日曜だったので、聖堂の中ではミサが行われていました。
そして、街中の教会の鐘が鳴り響き、素晴らしい時間を過ごしました。

e0116960_21562276.jpg


聖堂の中は撮影禁止ですが、この聖堂にはジョットが描いた、聖フランチェスコの生涯の壁画があります。
フランチェスコの誕生から亡くなるまで。。。
祈りの場にふさわしいフレスコ画。
フランチェスコの遺体もこの聖堂の中に安置されていて、信者の皆さまが額づいて祈りを捧げていました。

そして、聖堂と向かい合うように街の端には

e0116960_21591722.jpg


聖女キアラの聖堂が建っています。
女性のための聖堂らしく、やわらかいピンク色の大理石で出来ています。

e0116960_2204530.jpg


キアラ聖堂からはフランチェスコ聖堂が見渡せます。

この聖堂の中も当然撮影禁止です。
キアラ聖堂の中に、フランチェスコとキアラが使っていた聖書や質素な衣服が展示されていました。
腰に巻かれた荒縄、衣服は荒く織った布地。
冬は寒かっただろうな、ということが容易く想像できる二人の衣服。
信仰をする、ということはこういうことだ、ということがしみじみと心を打つフランチェスコとキアラの遺品でした。

e0116960_2251273.jpg


キアラ聖堂の近くに、「アッシジステッチ」の作品を作って売っているお店がありました。
中にはいると素敵な女性が静かに刺繍をしていました。
「全部私の作品なのよ」と静かに微笑む素敵な人・・・
ここで自分のためとお友達へのお土産をいくつかお買い物。。。

祈りの街、アッシジ。。。
私はクリスチャンではありませんが、この街は心に沁みて忘れることは決してないでしょう。

そして、フィレンツェへの移動の時間になり、ホテルへトランクを引き取りに行き、駅までタクシーを呼んでもらいました。
タクシーの運転手のおじちゃまはおしゃべり好きな人で、駅までの間「アッシジは何回目?」とか「アッシジ、好きになってくれた?」とかたくさんの質問!

駅に着いてからも列車までの時間、私の怪しいイタリア語と三人の怪しい英語でおしゃべりに花が咲きました。

散々話した後に「コーヒー飲むかい?」とい聞かれたので、のども乾いたし、と「飲みます~」と返事をしたら、さっさと「カプチーノでよいかい?」と注文をしてくれて・・・
コーヒーのお代を支払おうとしたら、怒られました。

「私が誘ったんだから!ご馳走するよ!」と言って、運転手のおじちゃまになんとカプチーノをご馳走になってしまった私たち!

e0116960_22202412.jpg


最後におじちゃまと記念写真♪

列車がホームに入ってきて、おじちゃまは降りてきたお客を街へ運ぶため仕事に戻ります。
最後に私たちに笑って手を振ってくれたおじちゃま。
「またアッシジへ戻っておいで。そのときはこの番号で私のタクシーが迎えに行くから、連絡しておくれ」とカードをくれました。

また来年ね!
絶対に戻ってくるから、この素敵な街に。。。
by ank-nefertiti | 2008-09-21 22:23 | イタリア
5日の午後、ローマ、テルミニ駅から2時18分発のアンコーナ行きレジョナーレに乗って、アッシジへ~
レジョナーレは普通列車なので、1等車に乗る方が大荷物を持った移動なら安全ですよ!とイタリア語の先生から言われていたので、ローマで切符を買う時に1等車を購入しました。
確かに!
席は広くて座席指定はないけれど、とにかくゆったり!

途中、ここで乗り換えです。

e0116960_19145814.jpg


「フォリンニョ」という駅。
ここからアッシジはすぐ。
しか~し!
日本と違って、この田舎の駅には(都会でもですが)エレベーターやエスカレーターなどという文明の利器はありません。
ローマからの列車は3番線に着き、アッシジ方面への列車は1番線から!
重たいトランクを持って階段を登り降り・・・
つ、疲れた~!!!!

ですが、無事に乗り換えもできて・・・

e0116960_18451340.jpg


夕方のアッシジへ到着しました♪
車窓から見えていたアッシジの街は、丘の上にあります。
駅からはバスに乗るかタクシー。
バスはいつ来るかわからないので、タクシーで丘の上の街へ!!!

e0116960_19154353.jpg



ホテルは「GIOTTO」。
アッシジに所縁の画家の名前を冠したホテル。

到着してすぐ、荷物を置いて夕方の街を散歩しました。
アッシジは小さな街で、端から端まで歩いても20分ほど。

e0116960_18484183.jpg


坂と路地の街。。。

e0116960_185055100.jpg


アッシジは言うまでもなく清貧の修道士、聖フランチェスコの街。
今でもこの街にはフランチェスコの精神が息づき、街は静かで、暮らす人々もおだやかで慎ましく・・・
そして、祈りの街だけあって、このような法衣を売るお店もあります。

e0116960_18561110.jpg


家の外壁にはどこにもこんな風に花が飾られています。

お夕飯、ホテルでどこか美味しいレストランは?と聞いたら、ここを教えてくれました。

e0116960_18574491.jpg


「ラ・パロッタ」

予約なしでしたが、心よく迎えてくれました。
観光客はおらず、地元の家族が静かに食事をしています。
お店のマダムがにこやかに「ごめんなさい、お写真は撮らないでね」と言いました。
なので、食事の写真はありませんが、本当に美味しいレストランでした。
セコンドは何がお奨め?と聞いたら、「ウサギよ」と教えてくれたので、ウサギのトマト煮込みをいただきましたが、まあ美味しかったこと!!!
アッシジへいらしたら、是非ここへ!
コムーネ広場にあります♪

大満足でホテルへ戻り、窓から外を見ると・・・

e0116960_1915381.jpg


こんな夜景が広がっていました。。。
by ank-nefertiti | 2008-09-20 19:03 | イタリア
ローマ2日目は、ローマに来たらやはりここは行かないと!のヴァチカン♪

e0116960_2347089.jpg


ヴァチカン美術館には、本当にたくさんのお宝美術品が納められていて、去年は初めてだったこともあって、ただただ驚きの時間でした。
今年は少し余裕です>笑

e0116960_23501276.jpg


やはりこの「ラオコーン」は好き・・・

ラオコーンのある中庭には

e0116960_23511924.jpg


こんなものもあります。

e0116960_23522198.jpg


このトルソー、どこかで見たことがありませんか?
実物は見ていなくても、美術の本やTVで絶対に一度は見ている、ミケランジェロの「最後の審判」に描かれるキリストの姿、あの身体を少しひねったポーズは、このトルソーを参考にミケランジェロが描いたものなのですよ~

ヴァチカン美術館に納められている絵画の中で、私が一番好きなのは

e0116960_23555257.jpg


なんと言ってもこのラファエロの「アテネの学堂」♡
この絵に描かれる古代の学究たち・・・
ソクラテスはダ・ヴィンチがモデル、アリストテレスはミケランジェロがモデル。
ルネサンス期の芸術家が総出演!しているラファエロの大作。
当然、ラファエロ本人も描かれています。

今回で二度目のヴァチカン美術館ですが、実は半分も見ていない、というのが本当のところです。
ここには古代エジプトの間があって、そこには大変な蒐集品が納められているのですけれど、今年もその蒐集品を見る事は時間がなくて出来ませんでした。
来年は見る事ができるでしょうか・・・

ヴァチカン美術館の後は「システィーナ礼拝堂」へ。
天井画はもちろんミケランジェロの「最後の審判」
ですが、壁画も素晴らしいのです。
ルネサンス期の芸術家たちが競って描いた「旧約聖書」の世界とイエスの生涯。
それぞれの画家の個性が一目で見る事ができる貴重な場所でもあります。
ですが、ここは祈りの場であるので、撮影は禁止。

ヴァチカンを後にして向かったのは

e0116960_065172.jpg


サンタンジェロ城です。
夫がどうしても行きたい!とイタリアへ出かける前から言っていたところです。
現在は武器博物館になっていますが、その昔、ローマにペストが蔓延したとき、時の法王がこのお城の前を祈りながら歩いたところ、大天使ミカエルが天から舞い降り、ローマのペストは収まったと言われているお城です。
その後、チェーザレ・ボルジアや父の法王アレッサンドロ6世が籠城をしたところでもあります。

サンタンジェロ城からお昼を食べに歩いてナヴォーナ広場へ向かいました。
ナヴォーナ広場の近くにある「Clu de Sac」、フィレンツェのtammyさんからここは美味しいから!と教えていただいていたお店です。

e0116960_0453511.jpg


エノテカなので、ワインも豊富♪
昼で暑かったこともあり、ラツィオ州の州都ローマ、ということもあって、ラツィオのキリリと冷えた白ワインをいただきました。

e0116960_0471699.jpg


私は「Pomodori con Riso」。日本風に言うならトマトのライス詰め。
これ、絶品でした!
夫はパスタ、フリンジのジェノベーゼソース。
こちらも本当に美味しかった!

e0116960_0493834.jpg


e0116960_050473.jpg


本当はtammyさんお奨めの「カーチョ・エ・ペペ」、チーズと胡椒のパスタを食べたかったのですが、聞いてみたら「今日はないんだよ」とのこと・・・
なんで~???でしたが、諦めました。
来年のお楽しみです♪

ランチの後、ホテルに戻り、預けてあった荷物を受けとって、テルミニ駅へ急ぎました。
午後は列車で次の目的地、アッシジへ向かいます。
列車の切符な昨日のうちに、テルミニ駅の自動販売機で買ってあります。

今回の旅で一番行きたい街、アッシジ。
途中乗り換えがあるけれど、上手く乗り換えられて、私たちは無事にアッシジへ着くことが出来るでしょうか???
by ank-nefertiti | 2008-09-20 00:55 | イタリア

まずはローマへ・・・

去年、長いこと訪ねてみたい、と思い続けたイタリアへ仲良しのmidoriさんと出かけ、その魅力に完全にノックアウトされた私・・・
今年も!と思っていたら、midoriさんの腰の具合が思わしくなく、「杏さん、今年は私は諦める」というメールがきて・・・
どうしよう・・・一人でも行こうかな、このイタリア病は治らないし・・・と思っていたら、夫が「行きたい」と言うではありませんか~

では二人で出かけましょう!と話はまとまって、6月に計画を練りはじめました。
イタリアのトスカーナに暮らすコーディネーターの菅澤さんに相談しながら、あそこへも行きたい、ここへも行きたい、とわがままを言い出来た今回の旅のプラン。

夫がイタリアは初めてなので、王道のローマから!という旅になりました。

4日に成田をアリタリアで発って、ローマ時間では同日の午後6時10分にフィミチーノ空港へ到着♪
さあ今年のイタリアの旅の始まりです!

車が迎えに来てくれていて、空港からアッピア街道の近く、カラカラ浴場の近くを抜けてテルミニ駅近くのホテルへ。
荷物を置いて、お夕飯に出かけました。
もう簡単にピッツェリアでピッツアです。

翌日は菅澤さんの提案で初めての夫のために現地ツアーでローマを一めぐり~

まずはサンピエトロ寺院から。。。

e0116960_23105685.jpg


去年と同様にスイスの衛兵さんがこの寺院を守っています。

e0116960_2311483.jpg


サンピエトロ寺院の中には、あのミケランジェロの「ピエタ」があります。
私はあんなに美しい彫刻を他に知りません。

サンピエトロ寺院を後にして・・・

e0116960_23134829.jpg


向かった先は「コロッセオ」
去年は外から眺めただけでしたが、今年は中へ!
ローマ時代の建物が今もこうして残っている、という凄さに感動すら覚えます。

e0116960_23154341.jpg


コロッセオの近くには「フォロ・ロマーノ」があって、またその近くにはこの「コンスタンティヌス大帝の凱旋門」があります。
キリスト教をローマの国教と定めた皇帝、コンスタンティヌス。
私がとても好きなユリアヌス帝のおじさんにあたる大帝で、この凱旋門を見るとなんとも言えない感慨があります。

e0116960_23185853.jpg


さらに「ナヴォーナ広場」へ~
ここには有名な「四大河の噴水」があるのですけれど、修復中・・・
ああ見たかった~!
ここからは歩いてパンテオン、そしてトレヴィの泉へ~

e0116960_23215688.jpg


e0116960_23222624.jpg


パンテオンはアグリッパがカエサルのために建てた神殿です。
「パンテオン」とは日本語でなら「八百万の神」とでも訳せばよいでしょうか・・・
カエサルの時代からこの建物はここにあります。
時代時代で、パンテオンの中はキリスト教のものに変っていきますが、まるいいわゆるクーポラは当時のままで、この丸く空いた部分からは雨が建物の中に落ちていきます。
床の大理石も当時のまま・・・
アグリッパとカエサルの声が聞こえるようでした・・・

ツアーの最後はトレヴィの泉。
去年、ここへは来ませんでした。

e0116960_23272810.jpg


コインを泉に投げ入れて「またイタリアへこれますように!!!」

ここでツアーのみなさんとはお別れ・・・

さあお昼です~!

e0116960_23285254.jpg


e0116960_23291643.jpg


泉の近くのレストランで、私はホワイトラザーニャ、夫はブカトーニのボロネーゼ。
ここ、美味しかったです♪

ランチの後、私たちはまたトコトコと歩いて今度はフォロ・ロマーノへ。
ですが、今年のローマは暑くて暑くて、私は疲労困憊してしまいました。

e0116960_23332914.jpg


それでもここは素敵です。
古代ローマの人々の息づかいが聞こえてきそうなところです。
しばし休憩して、スペイン広場へ♪
オードリーのファンなら、ローマに来たらいかなくちゃ!なスペイン広場。

e0116960_23362941.jpg


「バルカッチャ」でジェラートを食べて(あっという間に食べてしまったので写真なし・・・)・・・
初日の観光はここで終了です。

この後、子どもたちから頼まれたサッカーのユニフォームを買いに「共和国広場」にある、お店までまた歩きました。
息子はユベントス、デルピエロのユニ、娘は代表チームのガットゥーゾのユニをそれぞれ希望。。。
買いましたとも!
さあこれで子どもたちへのお土産は完璧~>笑

初日の万歩計は「22678歩」でした。
あ~、よく歩いた~>苦笑
by ank-nefertiti | 2008-09-17 23:41 | イタリア

ただいま♪

9月4日に成田をローマへ向けてアリタリアで発ち、9月14日の夕方、ミラノから成田へ戻ってきました。

9泊11日の少しながーい夏休み・・・


e0116960_20565373.jpg



今年のイタリアでも素敵な出会いがたくさんありました。
ブログを書いていてよかった!な出会いに感謝です♡

e0116960_20582727.jpg



明日から私の夏休み日記にお付き合いくださいね♪
by ank-nefertiti | 2008-09-16 20:59 |