Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

寒い日のお夕飯**♪

ここのところ寒い日が続いています。
今日はちょっと体調不良でお仕事はお休み・・・
明日、明後日と休めないので、今日のうちに治してしまおう、と思い切ってお休みしました。

一日お家にいて、くたくたしていたら、夕方には回復♪

では、お夕飯の支度をいたしましょう・・・

e0116960_22123727.jpg


寒いので、アツアツの煮物がよいですね~

e0116960_22131238.jpg


冬に一番美味しいお大根と鰤、美味しそうな鰤のあらを魚屋さんで見つけたので、お大根と鰤のあら煮を作りました。

アツアツをハフハフ・・・

e0116960_22143797.jpg


なんとなく久しぶりに作ってみたくなって・・・
出汁巻卵。
あらら。。。ちょっとこげてしまった。。。

あとはミニ青梗菜の中華風お浸し。

e0116960_2216719.jpg


女子美出身のお友だちが「ちょっと作ってみたの。にゃんこ好きでしょ?」とプレゼントしてくれた、「にゃんこの箸置き」です。
お箸は由布院・玉の湯の溝口さんからいただいた青竹のお箸・・・
大変食べやすい優れもののお箸です。

ウィークディに家にいられる、という、私にとっては最高の贅沢。
お家にいて、夕方暗くなり始めるのと同時にお台所で夕飯の支度を始める、なんということもないことですが、大変幸福なことなのですよね・・・
by ank-nefertiti | 2008-01-29 22:22 | 美味しい♪
昨夜、大好きな紀尾井ホールへ「KSTアンサンブル2008」~紀尾井シンフォニエッタ東京メンバーによる夢の室内楽コンサート、誕生!~を聴きに行ってきました♪
今年から始まった紀尾井シンフォニエッタ東京のメンバーによる室内楽のコンサート。
その第1回は、ソリストにピアノの小山実稚恵さんを迎えて、華やかに♡

前半はモーツアルトのオーボエ四重奏とドホナーニの弦楽三重奏のためのセレナード。。。
オーボエは広田智之さん、ヴァイオリンに野口千代光さん、ヴィオラに市坪俊彦さん、チェロに菊地知也さん。

オーボエの音色の美しいこと。。。
そして弦の音色の素晴らしさは紀尾井の真骨頂です♪

休憩を挟んで、シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」
ヴァイオリンが紀尾井のコンサートマスターの豊島泰嗣さんに代わり、コントラバスに池松宏さん、そしてピアノが実稚恵さん♡

実稚恵さんの「ます」は、17年前の相模大野グリーンホールでのN響メンバーとの演奏会以来です。
その時もとても素敵な演奏でした。。。

演奏が始まって、紀尾井ホールは柔らかな音の洪水に・・・
実稚恵さんのピアノは柔らかく、美しく、ホールの中をまるでますが小川を泳ぐようにめぐります。
紀尾井のメンバーの弦がそのピアノに寄り添って、なんとも心地よい空間♡

実稚恵さんは久しぶりの室内楽。
ピアノを弾く実稚恵さんの表情は柔らかく、とても楽しそう。。。
紀尾井のメンバーとの共演は今回が初めてですが、呼吸はピッタリ!
ピアノと弦が描く、ピチピチと跳ねるます、ゆったりと泳ぐます・・・

演奏会が終わり、楽屋へお邪魔しました。
ヴィオラの市坪さんとしばしおしゃべり・・・
市坪さんが「小山さんのピアノは濁った音が一音もない、本当に綺麗な音ばかりなので、こちらも濁った音なんて出せない!と緊張しましたよ~。でもとても楽しかった!」とおっしゃいました。

実稚恵さんにもお目にかかりました。
「わ~!こんばんは~」とあのにこやかな笑顔。
色々なおしゃべりをして、最後に実稚恵さんが「楽しかったわ~」と・・・

「ます」はとても好きな曲です。
20年以上前に大阪のザ・シンフォニーホールで聴いた、ベルリン・・フィルの安永徹さんが率いるベルリン弦楽ゾリステンとシプリアン・カツァリスでの「ます」が生で聴いたなかでは一番!とずっと思ってきましたが、昨夜の演奏はそれに勝るとも劣らない素晴らしいものでした。。。

このメンバーでの室内楽をまた聴けたらうれしい!と思いながら、寒い寒い冬の夜、心は春の煌く光のように弾んで、とても幸福なひとときでした♪
by ank-nefertiti | 2008-01-24 22:55 | 音楽

ハート♡♥♡

今日はジョーズハウスでの今年最初のお稽古♪
毎年1月のお稽古は「ハート」です。
2月のバレンタインを意識して。。。

しかし、本日のお稽古は難しかった。
ハートのリース台を作るところから始めて、思うような形になりません。。。。

ですが、なんとか時間内に仕上げました。

e0116960_21395439.jpg


いびつだわ。。。

e0116960_21403849.jpg


うーんんん・・・
思うようになりません。。。

e0116960_21412411.jpg


はあ、年明け最初のお稽古。。。
悪戦苦闘してきました。

いつになったら思うようなアレンジができるのでしょう。。。


ちょっとお知らせです。

明日、1月21日の夜9時からTBS系列で放送される「月曜ゴールデン」
「北の夕鶴~2/3の殺人」

原作はミステリ界の大御所、島田荘司さんですが、このドラマの脚本(今回は共同執筆になっています。前作2作は単独執筆)を私が大変親しくさせていただいている脚本家の先生が担当されています。
島田荘司さんの2大シリーズである「吉敷竹史シリーズ」と「御手洗潔シリーズ」のうち、吉敷シリーズ。。。
ご覧いただければ幸いです。。。
何せ裏が慎吾ちゃんなんです~
主人公の吉敷刑事には鹿賀丈史さん、はまり役です♪

原作者の島田荘司さんもとっても素敵な方なのですよ~♡
どうぞ宜しく~
by ank-nefertiti | 2008-01-20 21:52 | ドライフラワー

ミー♡

今年16歳になる我が家のアイドルにゃんこのミー♡

リビングのソファで

e0116960_027612.jpg


まるで男の子のような格好の娘の膝の上・・・

e0116960_0281062.jpg


ね~、Tちゃん~
と語りかけるようなミーの顔。

おじいちゃんなのに、いつまでも子どもっぽい表情のミー。

長生きしてね。。。
by ank-nefertiti | 2008-01-20 00:33 | ねこ
成人の日にふとつけたTVで、ミシュランで星を獲得したお店のシェフが、自宅で出来る簡単なお料理を紹介していました。
家事をしながら、だったので、きちんと見ることができなかったのですが、一品、私のアンテナにピピッとひっかかったお料理がありました。。。

鶏肉の胡椒炒め**♡

e0116960_0111642.jpg


鶏胸肉の皮をとってしまい、薄くそぎ切りにして、下味を付け、フライパンでキツネ色に焼き、マッシュルームとにんにくのスライスを加えて、たれを絡めるだけ・・・

ところが、肝心の下味とたれに使う調味料とその分量をきいていませんでした。。。
僅かにアナウンサーの方が「オイスターソースとごま油、胡椒・・・」と言っているのが聴こえただけ。。。

ですが、またもや「こんなかな?」で作ってみました・・・

すると・・・
あら~、美味しい~!!!
かなりたくさんの胡椒を入れました。
ですが、「胡椒炒め」なので、胡椒はたくさん!でよかったみたい・・・
今日のように寒い日にピッタリのお料理。

後は

e0116960_016624.jpg


青梗菜とホタテのあんかけ。
本当は乾したホタテを戻して使いますが、仕事から帰って作るのに、それは無理・・・
で、私はいつもホタテの缶詰を利用します。
簡単です。。。
忙しい働く主婦の知恵でしょうか・・・

e0116960_018294.jpg


今日はこの二品に卵のスープでお夕飯♡
さすが一つ星のお店のシェフが教えたお料理だけあって、とても美味しい鶏肉料理でした♪
by ank-nefertiti | 2008-01-18 00:26 | 美味しい♪

BON JOVI LOSTHIGHWAY

東京ドームで行われたBON JOVIのLIVEへ連休の最後の日、出かけました。

e0116960_0503563.jpg


チケットは友人のHIROKOさんがファンクラブチケットでとってくれて、今回は当日引き換えで、一体どこの席なのかチケットを貰うまでわからないという、まるでミステリー!

私たちがもらったチケットは、まあ!なんと!!!
前から9列目の真ん中!
とってもよい席でした。

3時半に開場となって、いざドームの中へ~

前回(2006年)に比べてステージが小さい。。。
で、ステージと客席の間のお堀(!)も今回は大きい。。。
ですが、とにかく9列目の真ん中なので、ステージはとてもよく見えます。

5時丁度に開演!
キャー、John~~!
今年46歳なんて信じられないくらい若いです~

e0116960_0544976.jpg


コンサートのタイトル、「LOSTHIGHWAY」で始まりました。
広い東京ドームの観客全員が立ち上がり、大変な熱気!

彼らにとって日本は特別な場所です。
彼らがまだそんなに名前が知れていなかったころ、日本でだけ彼らはスターだったのです。
彼らが初めて日本へやってきた時、日本のファンは熱烈に彼らを歓迎しました。
以来、BON JOVIは日本を特別な国、と呼んで愛してくれています。

今日はWOWOWがライブ中継をしていました。
なので、MCの度にJohnが「開場のみんな、TVの前のみんな!」と呼びかけるのが、とてもおかしくて笑ってしまいました~

昨日と今日と歌った曲はほとんど同じ。。。
こういうことはとても珍しいのです。
いつも2日間あるコンサートは曲目をがらり!と変えてくるのですが、生中継があったので、昨日とほぼ同じ曲目にしたのでしょうか???

それでも!
聴きたい曲はほとんど歌いました♪

アンコールの前の「Livin' On A Prayer 」は会場全員が合唱で、鳥肌が立つくらい素敵でした。。。

次回はいつでしょう?
いつもチケットを手配してくれるHIROKOさんと「次はいつ?3時間たち続けるライブはもう辛いわね~。だけど立ちたいのだから体力つけましょ!」と話しながら帰ってきました。

明日から本格的に仕事ですが、今日のライブでかなり元気を貰いました♡


SET・LIST
01.Lost Highway
02.You Give Love A Bad Name
03.Raise Your Hands
04.Runaway
05.The Radio Saved My Life Tonight
06.Story Of My Life
07.In These Arms
08.I'D Die For You
09.Make A Memory
10.Whole Lot Of Leavin'
11.Born To Be My Baby
12.Any Other Day
13.We Got It Going On
14.It's My Life
15.Bad Medicine~Shout
16.These Days
17.Someday I'll Be Saturday Night
18.Keep The Faith
19.I'll Sleep When I'm Dead~Jumpin'Jack Flash
20.Who Says You Can't Go Home
21.Livin' On A Prayer

ENCORE
22.Have A Nice Day
23.Wanted Dead Or Alive
24.I Love This Town
25.Captain Crash&The Beauty Queen From Mars
by ank-nefertiti | 2008-01-15 01:06 | 音楽

お料理の日**♡

三連休なので、日ごろ簡単なお料理ばかり、の私、反省も込めて、お料理三昧の日♪

一日遅れの鏡開きのお汁粉に始まり、お夕飯も手間隙かけて。。。(いえ、あまりかかっていないかも・・・)
どんなお味なのか食べたことがないので、想像するしかない豚肉のミルク煮。

この方のところで紹介されていたので、とにかく作ってみたい!
私の「美味しい」アンテナがピピッ!と動いたのです。。。

で・・・

e0116960_21553871.jpg


ミルクでひたすらコトコト・・・
2時間ほど煮込みました。
ソースとしてお肉を煮たミルクを煮詰めます。
美味しい~!
お肉は柔らかく、ソースには旨味が溶け込んで、家族には大好評!
tammyさん、ありがとうございました。。。

e0116960_21562215.jpg


お供にはトマトとモッツァレラチーズのサラダ。
これには

e0116960_21565814.jpg




e0116960_21571213.jpg


をかけていただきます。

オリーブオイルはシチリア産。
ミラノのレストラン「マリアンス」で、オーナーのアンジェロさんから「買っておかえり!こんなに美味しいオイルはないよっ!」と言われ、midoriさんと1本づつ抱えてきました。
アンジェロさんの言葉に嘘はなく、本当に美味しいのです♡
日本には未入荷なので、イタリアへ行かないと手に入りません。。。
今年は空輸したい~
お塩もシチリア産のもの。。。
上品な味の綺麗なお塩。

e0116960_2201718.jpg


そしてミネストローネ。
イタリアの定番のトマト味のスープ。。。
ベーコンとお豆各種、じゃがいも、キャベツをトマトの水煮でコトコト・・・

e0116960_221506.jpg


はい、我が家の今日の夕餉です♪
パンはフォカッチャ。
これは地元の「ル・クールピュー」で求めました。
ここのフォカッチャは美味しいのです♡

ああ、これだから痩せないのですよね~
by ank-nefertiti | 2008-01-12 22:05 | 美味しい♪

一日遅れの鏡開き。。。

昨日は鏡開きでした。
昨日でお正月の行事はお終い、となるはず、なのですね。。。
ところが我が家は私が仕事を持っているので、鏡開きにはつきもののお汁粉が作れず。。。

ようやく今日、お茶の時間に間に合うように作りました。

e0116960_1725265.jpg


大納言小豆をコトコト・・・
残っていたお餅を小さく切りなおし、キツネ色に焼いて・・・
美味しい緑茶と一緒に。。。

三連休です。
今日と明日は予定はなにもありません。
ゆっくりのんびり。。。

そして成人の日は東京ドームです♪
さて、私は東京ドームへ何をしに行くのでしょう???
大好きなBon Joviのライブです♡
そのために2日間鋭気を養います~>笑

皆様の連休はいかがでしょうか・・・
by ank-nefertiti | 2008-01-12 17:08

ひとがた流し

年末に3回連続でドラマ化された、北村薫の朝日新聞に連載されていた小説です。
新聞に連載されていたときは、へえ、北村薫が書いている、位にしか思わず、読んでいなかったのですが、ドラマとなって最終回だけを何故か観て、原作をどうしても読みたくなって購入しました。

作者の北村薫、かなり好きな作家です。

主人公は石川千波というアナウンサー。
彼女を取り巻く学生時代の友人、日高美美、水沢牧子とその家族たちが織り成す日々の暮らしが描かれる。
それぞれにドラマがあり、淡々とした文章なのだけれど、読むものを一気に物語の世界へ引き込みます。

アナウンサーとして待望のメインキャスターに選ばれた矢先、牧子の付き添いのような形で行った健康診断で、千波は作品にははっきりと書かれてはいないけれど、乳がんが見つかる。それもかなり悪性の・・・

揺れる千波。。。
常に前を向き歩いてきた強いイメージの千波だけれど、彼女の心にポカリと穴があく。。。
そんな千波を見守る牧子と美美。

ふと思った。。。
私が癌になったとして。。。
果たして友人たちに言うだろうか???
小学校からの親友と高校からの親友、そしてそれ以降に親しくなった友人たちに「実はね、私、癌なの」と言うだろうか?
言わないだろうな、と思う。
一人、盛岡にいる娘の幼稚園時代からのママ友、まあもうそれは卒業してしまって、人生の友と言うべきJUNKOさんには言うかもしれません。

何故なら、盛岡時代に親しくなり、盛岡にいる間、姉と妹のようにほとんど毎日一緒にいたJUNKOさんと共通の友人のFUSAKOさんが8年前に乳がんで亡くなり、彼女の闘病の様を私とJUNKOさんはずっと見てきた、いわば戦友のような関係だから、なのだけれど。
癌との闘い方を一緒に見てきた戦友だから、どちらかがFUSAKOさん同様癌に倒れたら、きっとまた共同戦線を張るだろう、と思うからです。

友人たちは冷たいとか水臭いとか言うかもしれないけれど、余命いくばくもない、と判ったら、静かにいたい。
友人たちには元気だった時の姿だけ覚えていてもらいたい。。。

小説は千波を新入社員のころからずっと思い続けてきた鴨足屋が、ようやく千波に思いを告白し、それまで男性とまるで縁のなかった千波がその思いを受け入れ、命のある限りを二人で生きようと、結婚をする、というかなりロマンティックな展開を見せます。
けれど、そうせずにはいられなかった鴨足屋と千波の切ない思いが胸を打つのです。。。

千波は幸福な数ヶ月を過ごし、天に召されるのだけれど、それまでの千波のあまりにも堂々とした態度にドラマを観た若い友人が言っていたように、自分がその立場にたったら、こういられるだろうか?とかなりの?マークがつきます。

強く生きる、ということは簡単ではありません。
それぞれ心の中に弱い部分を持ち、それと日々戦いんながら、なんとか生きているのです。。。
千波のように悲しいまでに強く生きることが出来る、ということは、相当の覚悟がいります。

その覚悟は私にはありません・・・
だからもし、癌で余命いくばくもない、と判ったら、なおさら友人たちには言えません。。。

つまりはかなりみっともない状況に陥ることが目に見えていて、そういう姿を晒したくない、というこの期に及んでもまだいいカッコをするか!という小心者だから、なのですが。

物語は千波が天国へ行き、それぞれがそれぞれの道を歩き始めます。。。
千波が駆け抜けた時間を抱きしめながら。

大人の上質な小説。
北村薫は上手い・・・
by ank-nefertiti | 2008-01-12 01:54 | 読書
ウィーン・フォルクスオーパーやグラーツ歌劇場、ザルツブルグ州立歌劇場などで活躍しているソプラノのエリザベート・フレッヒェルのコンサートに行ってきました。
ピアノはウヴェ・タイマー。
素敵なコンビでした。

モーツアルトの「フィガロの結婚」から「恋とはどんなものかしら」で始まったコンサート♪
エリザベート・フレッヒェルの声は澄んで、美しく、音程は確かで、耳に心地よく響きました。
オペラもオペレッタともに歌えるソプラノ歌手の彼女ならではのプログラムで、前半はオペラや歌曲、後半はオペレッタで構成されていて、どちらもエリザベート・フレッヒェルの魅力満載♡

後半に歌われた、レハールのオペレッタ「メリー・ウィドウ」から「ヴィリアの歌」。
この曲はメロディを聴かれると「あ!」と思われる方も多いのじゃないでしょうか。
昔、昔、「みんなの歌」で違うタイトルで歌われていました。
昨夜はエリザベートの美しいソプラノがホールに響き、至福の時・・・

アンコールはなんと3曲!
楽器と違って、人が歌うのですから、すでに22曲歌っているのに、大丈夫???
ところが、喉の強い人なのですね、最後まで素晴らしい歌声でした。。。

彼女は5月にウィーン・フォルクスオーパーの公演で「ボッカチオ」の「ベトリーチェ」役で再び来日します。
エリザベートのベトリーチェ、きっと素敵なことでしょう・・・

       ~~~~~~~プログラム~~~~~~
♪フィガロの結婚から恋とはどんなものかしら   モーツアルト
♪喜びの気持ちを                    モーツアルト
♪すみれ                          モーツアルト
♪ドン・ジョバンニからあの人でなしは私を欺き   モーツアルト
♪私はあなたを愛す                   ベートーヴェン
♪5月の歌                         ベートーヴェン
♪高雅なワルツ                      シューベルト
♪笑ったり泣いたり                    シューベルト
♪至福                            シューベルト 
                 休  憩
♪歌曲20の花の歌より5曲               シュトルツ
♪薔薇に寄す                        レハール
♪プラター公園は花ざかり                シュトルツ
♪踊り子、ファニー・エスラーからジーヴェリングの向こうでは  シュトラウス2世
♪こうもりからチャールダッシュ             シュトラウス2世
♪レープクーヘンポルカ                 レハール
♪メリー・ウィドウからヴィリアの歌           レハール
♪ジュディッタから熱き口づけ              レハール
by ank-nefertiti | 2008-01-10 23:01 | 音楽