Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雪の盛岡2

kimiさんと素敵な時間を過ごして、その後は盛岡音楽院の50周年記念のコンサート・・・
県民会館大ホール、何年ぶり???
チェコフィルとソリストに盛岡出身で音楽院育ちのピアニスト、吉田裕子ちゃん。
ラフマニノフのピアノコンチェルト2番、そして休憩の後ドヴォルザークの交響曲「新世界より」。

裕子ちゃんのピアノは、そのテクニックの確かさ、そして決してそれを見せびらかさない、凛とした演奏で、あの難曲を悠々と弾いて素晴らしかった。。。
小さい時、お稽古を待つ自分より小さい子を集めて遊んでくれたりしたとても素敵なお嬢さんでした。
そのお嬢さんが立派に成長して、チェコフィルと共演し、堂々と演奏している姿に涙が出そうになりました。。。

演奏会の後、吉田先生にご挨拶をして、会場にいた昔なじみの方たちと盛岡の街へ繰り出し、旧交をあたためました。
現代の名工と名高い「釜定」の宮伸穂さんや、盛岡在住のグラフィック・デザイナーのCさんたちと夜遅くまで飲んで食べての楽しい時間。。。
みなさん私たちを忘れずにいて下さって、「いつでも帰っておいで」と言ってくださる暖かさに、ますます盛岡大好き!になりました。

ホテルに戻ると

e0116960_23571181.jpg


e0116960_2357355.jpg


e0116960_23575057.jpg


クリスマス・イルミネーションと大きなツリーが迎えてくれました。

翌日、午前中ちょっと時間が出来て、出かけたのは

e0116960_23414139.jpg


e0116960_23415998.jpg


盛岡の西南地区に新しくできた「県立美術館」
ここには岩手が生んだ芸術家たちの作品が常設で展示されています。
彫刻の舟越保武、絵画の松本竣介、萬鉄五郎。。。
舟越保武は38歳でカトリックの洗礼を受け、その後の作品にはキリスト教の深い影響が見られます。
有名なのは長崎の26聖人の像ですが、他にも聖者をたくさん彫っていて、静謐な香りのする作品の前でしばし立ち止まってしまいます。。。

松本竣介と舟越保武は深い交流があり、互いに尊敬しあっていたといいます。
松本竣介のあまりに早い死によって、その交流には終止符が打たれますが、芸術家の魂はいつも寄り添っていたのでしょうね。。。

美術館を出ると

e0116960_23474752.jpg


朝からの雪が益々降りしきっていました。

e0116960_2349040.jpg


盛岡駅前の街路樹、ナナカマドも雪をかぶって寒そう。。。

これから盛岡は本格的な冬を迎えます。
盛岡の冬は長く、寒いけれど、私は冬の盛岡が一番好きです。
しんしんと降る雪の音、その音の中に賢治が歌った詩が聴こえてくるようで、3回経験した冬は忘れられない世界です・・・

雪の盛岡、素敵な出会いがあって、素晴らしい音楽会を聴けて、そして旧交も温められて、よい旅でした。。。
by ank-nefertiti | 2007-11-29 23:53 | 岩手・盛岡
娘がずっとお世話になったピアノの吉田見知子先生とご主人様が院長先生を務められる「盛岡音楽院」の創立50周年記念のコンサートが、盛岡にある県民会館大ホールで21日の夜にありました。
このコンサートにうかがうために、夫と二人で盛岡へ。。。
盛岡へ降り立つと雪~
雪がしんしんと降っています。

コンサートが始まる前に、ブログを通じて知り合った、盛岡在住のkimiさんとお目にかかる約束をしました。
ドキドキ・・・
盛岡へ着いて、メールで県民会館の多賀でお目にかかる時間の確認・・・
ホテルにチェックインのあと、「間にあわな~い!」と叫びながらタクシーで、県民会館へ。

駆け足で階段を上がり、多賀の前へ行くと、そこにはスラリとした美しい品のよい方が待っていてくれました。
kimiさん!ってすぐにわかりました♡

お茶をしながらなぜだか夫も加わり、楽しい時間。。。
最初のドキドキが嘘みたいです。
笑顔の美しい素敵なkimiさん。
以前からkimiさんのブログでもしかしたら、kimiさんのお嬢様と娘は同じ幼稚園、学校?と思っていたのですが、まさしくそのとおりで、やはり~!とうなづきあってしまいました。

偶然がいくつも重なって、不思議なご縁を感じました。
あっという間の1時間。
さようならをするとき、kimiさんが右手を差し出してくださって、握手。。。
やさしい柔らかい手。。。
なんだか涙が出そうでした。

kimiさん、またね。。。

kimiさんから

e0116960_1514647.jpg


kimiさんが編んでくれた素敵なレースでおめかし。。。

e0116960_15142398.jpg


e0116960_1514356.jpg


大好きな深沢紅子さんの絵のポストカード。。。
これを選んでくれたkimiさんの優しい気持ちが伝わって、本当に嬉しい。。。

盛岡は私たち家族にとって第二のふるさとですが、また素敵な出会いがあって、益々大好きな街になりました。
by ank-nefertiti | 2007-11-24 14:25 | 岩手・盛岡
藤島先生のお稽古に行ってきました。
お店の中はクリスマス~

今日は今年最後の通常レッスンで、作品も大作です♪
先生が「自分で出来うる最大の綺麗を作る気持ちで、作ってごらん!」とおっしゃいました。
うーーーーんんん
難しいです~

e0116960_22302957.jpg


大きなキャンドルが素敵です。
キャンドルの周りにお花を入れていき、アレンジをしますが、これがね~
難しいのですよ・・・
ちっとも自分で出来うる最大の綺麗、じゃありませんでした・・・

e0116960_22323224.jpg


キャンドルでなくて、違うものを置いてもよいよ、とおっしゃったので、お店にあったサンタさんを購入し、キャンドルの代わりに置いてみました。
完全にクリスマス~♪
お部屋が一気にクリスマスモードになりました。

そして・・・
by ank-nefertiti | 2007-11-18 22:45 | ドライフラワー

秋の実り♡

一気に秋、それも駆け足・・・

盛岡の知人から岩手の秋の味覚が届きました。

e0116960_1082140.jpg


美味しい岩手の林檎です。
サンふじと王林。
食後に早速剥いていただきました。
なんてジューシー~、なんて美味しいの~
送ってくださった方に感謝です!

そして庭の胡桃、今年も豊作でした。

e0116960_10103524.jpg


9月に一度台風で落ちた実は、かわいそうですが捨ててしまいます。
若すぎて、食すには向かないのですね。。。
自然に落ちてくるのをまって、栗拾いならぬ胡桃拾い。。。
洗って、干して、乾くのを待って、こうなります。
ここまでの作業は夫が毎年やってくれます(ありがとう!)
23区内で胡桃?とよく言われますが、はい、なるんですよ!

裏庭のゆずも今年は豊作です。

e0116960_10141470.jpg


e0116960_10142882.jpg


自然のまま、なので、見栄えは悪いのですが、香りと味はよいのです♡
なにに使おうかな~

そして、ひっそりと咲いていました「ホトトギス」

e0116960_10155525.jpg


庭のところどころに自生しています。
この花とお茶の花が咲くと、「秋だな~」と思います。
by ank-nefertiti | 2007-11-17 23:00

BEAUJOLAIS-VILLAGES NOUVEAU

今日は、BEAUJOLAIS NOUVEAUの解禁日。
あちこちで宣伝が出ていたので、あ、今日なんだな、と思っていました。

昨日、息子が「母上、明日の夕飯は何?」と聞きました。
何気なく「予定ではハンバーグ」と答えると、「じゃ、その予定変えないでね」と言われたので、本日のお夕飯はハンバーグ

e0116960_21544445.jpg


夕飯が出来上がる頃、息子が仕事から帰ってきました。
そして、「はい、今日、解禁日だから買ってきた」と出したのは「BEAUJOLAIS-VILLAGES NOUVEAU」

早速開けました♪

e0116960_2156271.jpg


若々しい、さわやかなワイン。。。
絞りたての、まだ葡萄の香りがするような、エレガントなワインです。

e0116960_21573244.jpg


ハンバーグじゃ申し訳なかったかな~
ごちそうさま~♪
持つべきはグルメの息子???
by ank-nefertiti | 2007-11-15 22:00 | 美味しい♪
日本で、というよりアジアでただ一人、公認されているサンタクロースのパラダイス・山元さん。

そのサンタさんが本を出しました。
先月、藤島先生のところへお稽古に行ったとき、「パラダイスさんが本を出して、中のリースを僕が作ってるんだよ」とお弟子さんたちに紹介していたのが、その本。

ようやく手に入れて、読んでみました。

e0116960_21171230.jpg


街はクリスマスモード。。。
日曜に行った銀座では、ミキモトのツリーがとても綺麗でした。

e0116960_2118043.jpg


パラダイス・サンタさんによれば、日本のクリスマスはおかしいのだそうです。
確かに!!!
カトリックの国へ行くと、クリスマスはお店は早々に閉まり、みな家族の待つ家へ急ぎます。
クリスマスは、家族と一緒に過ごすもの、なのですよ。

以前、エジプトへ行ったとき、途中で寄ったチューリッヒの街も、クリスマスが近かったこともあって、街路に面しているアパルトマンの窓はきれいな飾り付けがされていましたが、日本のような喧騒はなかったですね。。。

クリスマスまでの正しい過ごし方、クリスマスの意味、そしてクリスマスが子どもたちにもたらすこと。。。

我が家はクリスチャンではないし、かなりミーハーな家ですが、子どもたちが小さい頃は、クリスマスの朝、それぞれの枕元にプレゼントが置いてありました。
親の枕元にもちゃんとプレゼントが置いてありました。

それはサンタさんがちゃんといるんだよ、よい子にしていたら、優しい子だったら、ちゃんと見ていてくれるんだよ、そしてサンタさんは子どもだけでなく、ちゃんと暮らしている大人にもプレゼントを下さるのだよ、だから、いくつになってもきちんと暮らそうね、という私たち両親から子どもたちへのメッセージだったのです。

パラダイスさんの本を読んで、我が家が行ってきたことが正しかったんだ、ということが判りました。
子どもたちはかなり大きくなるまでサンタはいる、と信じていて、学校でそのことを話したら、とてもバカにされ、息子などは泣いて帰ってきたことがあります。

そんな子どもたちも既に社会人になり、今ではサンタがいるとは信じていないでしょうけれど、ここまで曲がらずにまともに育ってくれたこと、それはサンタさんの力もあったに違いない、と思うのです。

12月は好きな月です。
1年の締めくくり、そして妙に気分も華やいで、1月よりも12月のほうが私には魅力的。。。
今年のクリスマス、この本に出ていた「ジンジャークッキー」を作ろう!と思います。
お菓子を作らなくなってかなりの時間が経つけれど、仕舞いこんだお菓子作りの道具を引っ張り出して、頑張ろう~

「サンタクロース公式ブック~クリスマスの正しい過ごし方~」は、小学館から出ています。
小さな本ですが、素敵です。
藤島先生の素敵なリースが3点掲載されています。
読んでみてくださいね

そして、この本を読むときのBGM
この曲♪Blackmore's Night♪
by ank-nefertiti | 2007-11-14 21:19 | 読書
日曜日、キラキラのブログを綴っていらっしゃる「代官山たより」のmariaさんにお目にかかりました。。。
以前からお目にかかりたいなぁ、と思っていたのですが、なにしろmariaさんは人気者でいらして、お忙しい方。。。

私もご一緒した仲良しのmidoriさんも仕事を持っているので、お休みの土日しか時間が自由になりません。。。
そんなわがままにもmariaさんはにこやかに答えてくださって、レストランの予約もしてくださり、無事にお初お目見えとなりました。。。

銀座のシャネルビルにある「BEIGE東京」で、待ち合わせ♪
ドキドキ。。。
そこにはニコニコのmariaさんが待っていてくれました♡

初めまして。。。
でも初めてじゃないような。。。

私がつけていたネフェルティティのペンダントを「素敵~」と褒めてくださって、うふっ、エジプト好きは同じですね~

4時間、あっという間でした。
楽しい、ニコニコ、キラキラな時間。。。

レストランを出て、帰り道、土曜日に点灯式のあったミキモトのツリーが綺麗でした。

e0116960_22475782.jpg


そしてmariaさんからの贈り物。。。

e0116960_22482416.jpg


素敵なグリーンのリボンのかかった箱から出てきたもの・・・

e0116960_2248577.jpg


e0116960_22491641.jpg


mariaさんの手作りのマドレーヌとクッキー、そしてそれに合うお紅茶。
mariaさん、紅茶倶楽部の会長さんです♪
お夕飯の後で、家族でいただきました、ご馳走様でした!

そしてmariaさんの後輩のピアニスト、杉目奈央子さんのCD

e0116960_22503141.jpg


ゆっくりと聴かせていただきました。
綺麗な音の、素直な演奏をされるピアニスト♪

mariaさん、いつかまたキラキラの時間をご一緒してくださいませね。。。
by ank-nefertiti | 2007-11-13 22:55 | 出会い
秋の冷たい雨が降る土曜日。。。
渋谷のオーチャードホールまで実稚恵さんのリサイタルを聴きに行ってきました。
去年から始まった12年にわたる「小山実稚恵の世界 ピアノ。それは、私。それは、夢」の4回目。

今回のテーマは「幻想と現実」、テーマカラーは濃青紺。
このシリーズは、毎回テーマとテーマカラーが決まっています。
出かけるときに、そのテーマカラーの色をお洋服のどこかに使う、という楽しみもあります。
今回は、夫はネクタイ、私はスカーフでテーマカラーをあしらって出かけました。。。

e0116960_21325129.jpg


毎回いただけるプログラム。。。
このプログラムも毎回テーマカラー♪

さて、本日のプログラム・・・

♪ シューマン    クライスレリアーナ(8つの幻想曲) 作品16
♪ J.Sバッハ    半音階的幻想曲とフーガニ短調   BWV.903
   ◇   休憩   ◇
♪ シェーンベルグ  6つの小さなピアノ曲 作品19
♪ ショパン      幻想曲へ短調 作品49
♪ ラフマニノフ    ソナタ第2番 変ロ短調 作品36 改訂版

実稚恵さんのドレスもとてもきれいな濃青紺♡

シューマン、彼のピアノの曲の影にはいつも妻のクララの姿が見えるような気がします。
ピアノの名手だったクララ・・・
実際にこの曲もシューマンがクララへの手紙で「この曲の中では、きみと、きみの思いつきの一つとが主役を演じている」と書いています。
実稚恵さんの演奏は、そんなシューマンのクララへの思い、不安と焦りと、そして喜びと、シューマンの心の模様を表現していました。 

バッハについて、実稚恵さんは「言葉では表せないほど大きな存在」、とプログラムに書かれています。
今から何年か前、バッハを集中して弾いていた時期があり、「バッハは絶対に避けて通れない作曲家」とおっしゃっていたことを思い出しました。
さて、今日のバッハ。
私は全身全霊を傾けて聴き入ってしまいました。
素晴らしいバッハ。。。
完成度のなんと高い演奏だったことでしょう!


休憩の後は、お得意のショパンとラフマニノフ、そしてシェーンベルグ♪

新ウィーン楽派のシェーンベルグ、短い曲が集まった6つの小さなピアノ曲。
この曲は実稚恵さんによれば「俳句みたいな曲」。
ppからffまで、余分な音を捨て、必要な音だけを用いた曲。
ただ、恥ずかしながらこういう曲は私の理解の範疇を超えてしまっていて、聴いていて緊張してしまいました。。。

ショパンはもう実稚恵さんのホームグラウンド!
前半の2曲の時とは違い、自由に幻想の世界を実稚恵さんのピアノはめぐっていきます。
ショパンの傑作といわれるこの幻想曲、サンドとの幸福な時代に書かれただけあって、優雅で幸福感に満ちています。
その優雅な世界、実稚恵さんのピアノは余すところなく表現していて、うっとりしました。。。

今、ラフマニノフを弾かせたら実稚恵さんは最高でしょう。。。
今日の演奏もまさしくそんな演奏♪
私はラフマニノフ、大好き!
特に実稚恵さんの弾くラフマニノフが♡
ここのところ原典版で演奏することの多かった実稚恵さんが、今日は改訂版での演奏でした。
ラフマニノフが一度完成させたこの曲を、58歳の時に自ら改訂していて、実稚恵さんによればどうしてなのか、それを今回実感したかった、と。。。
最後の一音を弾き終わったとき、実稚恵さんはその意味を実感できたのでしょうか。。。
どちらにしてもラフマニノフのピアノ曲は美しくて、その美しさを最大限に引き出す実稚恵さんの演奏、本当に今、最高のピアニスト。。。

アンコールはラフマニノフの前奏曲を3曲♪
最後に幻想的な曲、3曲で今日の演奏会は終了しました。
タイトルは幻想と現実でしたが、私はシェーンベルグで現実世界に戻っただけで、あとは幻想の世界を実稚恵さんのピアノと共に旅をしていた午後でした・・・

演奏会の終了後、出口で実稚恵さんのおば様とバッタリ!
来春の演奏会のテーマカラーが「玉虫色」ということで、さあお洋服はどうしましょう?と楽しいおしゃべりをして帰ってきました。。。

e0116960_22285839.jpg


この10月に新しくリリースされた実稚恵さんのCD。
珠玉のアンコール曲ばかりが集められています。
by ank-nefertiti | 2007-11-10 22:31 | 音楽

チケットが届きました♪

イタリアへ行く前に、予約をした12月13日の「クラブワールドカップ」準決勝のチケット♪
今年は、愛しのACミランがユーロチャンピオンとなったので、その時から暮れの「クラブワールドカップ」には何が何でもチケットを手に入れて、行こう!と思っていました。

そして、チケット発売の日・・・
私はPC、友人は電話(固定と携帯の両方)で、頑張りました。
電話はまるで繋がらず、PCも肝心のところで進まず・・・

ああ、こんなことしている間に完売してしまう~、とかなり焦りました。
PCと格闘して、約1時間後、奇跡的に予約のページまで進み、必要事項を打ち込んで、クリック!
と、とれた・・・
友人にメールで「取れたわ~!2枚でよいのよね?」
すぐにお返事が来て「なんで2枚?4枚取れるのに???」
え???

家でも息子や娘に「母上、なんで2枚なの?4枚取れるでしょう?なんで4枚取らなかったの???」と言われました。
そうは言ってもね、席は抽選で決まるのよ、よい席なら行く人もいるでしょうけれど、もし悪い席だったら、誰もいかないでしょう?
カテゴリー1は一人1万8000円なのよ~!

そんな大騒ぎをして、予約したチケット。。。
ようやく届きました。
席割りは抽選ということで、ハラハラ・・・
というもの、国立ならともかく、ミランが出る準決勝は日産スタジアム、つまり横浜国際競技場。
ここ、席によっては悲惨です。。。
ピッチの一部が見えない、ということになりかねないのですよ・・・

ぴあから届いた封筒を恐る恐る開けて、席を確認。。。
わ、これはもしかしてよいところ???
早速スタジアムのサイトで座席の確認♪
うふっ、よい席でした!

e0116960_22241753.jpg


正面スタンド、1階、W15の前から12列目。。。
それは最前列が取れれば最高でしたが、そこまで望むのは欲張りというもの・・・

12月13日、ミラノで購入したミランのユニフォーム、そしてマフラーを持ってスタジアムへ行きます♡
仕事の後ですが、もうお仕事はさっさと切り上げて、いざ日産スタジアム~!
ピルロですよ~♡
by ank-nefertiti | 2007-11-06 22:28 | サッカー
以前から一度聞きたかった、ジャン・マルク・ルイサダ!
願いがかなってようやく昨夜聴きました♪

e0116960_2324852.jpg


ルイサダは、1985年のショパンコンクールの5位入賞者です。
この時の1位はかのブーニンで、実稚恵さんが4位に入賞した年。
ルイサダは1980年のショパンで、優勝候補に上げられていながら、予選で敗退、1985年は年齢制限ギリギリで、悲愴な決意でコンクールに出場し、5位に入賞。

この年のショパン入賞者5名のうち、現在華々しく活躍をしているのは1位のブーニン、4位の実稚恵さん、そして5位のルイサダ。

なんとなく今日まで、ルイサダはショパン弾きと思っていました。
フランスの故サンソン・フランソワの跡継ぎみたいな感じでいたのですが、今日聴いて、それが完全に違うということがわかりました。

ルイサダのベートーベンもブラームスも非常によくて、ショパンはもちろん素晴らしいのだけれど、彼はショパン弾きでは決してなかったのです♪

ベートーべンのソナタ「悲愴」。
非常に力強いタッチで、早い部分とゆっくりの部分、その緩急が非常に見事で、ルイサダの中でこの曲の物語があって、、ピアノでその物語を紡いでいる、そんな感じがしました。
早い部分も音が乱れることは決してなく、ひとつひとつの音の粒が揃っていて、とても美しく、いつまでも聴いていたい、そんな演奏でした。

ブラームスも先日のデームスおじいちゃんとはまた違い、今、ピアニストとしてあぶらが乗り切った演奏で、なんとも魅力的。
ブラームス晩年の作品「3つの間奏曲」「6つのピアノ小品」「4つのピアノ小品」、それぞれがルイサダの自由で、活き活きとしたピアノで演奏されて、とても素晴らしかった。

ショパンは言わずもがな。
ノクターンもポロネーズも、アンコールで弾いたエチュード「革命」もワルツ第3番も、いわゆるキラキラの演奏ではないにも関わらず、聴衆の心に響いてきます。
第1曲目に弾かれた「ノクターン第20番 遺作」は、名画「戦場のピアニスト」で用いられて、一躍有名になってしまった曲ですが、ルイサダのピアノは、この曲が生れた背景にも踏み込んだ演奏で、ショパンの想いがストレートに伝わるようでした。

期待を裏切らなかったルイサダ♡

帰りにプログラムにサインを貰うとき、「素晴らしかった、本当にありがとう」と伝えたら、ルイサダが「プログラム、長くなりすぎちゃった」とボソッと言いました。

そう、今日の演奏会、アンコールまでで約3時間。。。
ルイサダ、お疲れ様でした。。。

しかし、握手したときのルイサダの手はとても大きく、そして柔らかかったな~
by ank-nefertiti | 2007-11-03 23:25 | 音楽