Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

由布院からの贈り物♪

今年も由布院からかぼすが届きました。。。

e0116960_16947.jpg


竹篭に綺麗に詰められて、手書きのカードが添えられて・・・

e0116960_18034.jpg


セロファンでお化粧をして、紐で結ばれて・・・

e0116960_185392.jpg


セロファンを外すと、かぼすの間に野いちごのジャムが・・・

e0116960_19476.jpg


野いちごジャムは無添加で、本当に優しい味です。
かぼすはとても香りがよくて、焼き魚にかけたり、焼酎に絞ったり。
そして青魚のお鮨にお塩とかぼす。。。

手書きのカードには「元気に夏をおむかえください」とありました。
この時期、由布院からかぼすが届くと、あ、夏が近いんだな、と思います。

いつまでも忘れず、届けてくださる優しさに心から感謝です。。。
by ank-nefertiti | 2007-06-30 01:15

ねこたちです♪

我が家に暮らすねこたちです。

e0116960_21124052.jpg


15歳のおじいちゃんにゃんこの「ミー」

e0116960_2113261.jpg


庭で暮らす双子の黒猫の一人、「ジジ」
とっても美人さん♪

e0116960_2116482.jpg


「ジジ」と双子の「ミミ」のツーショット♪
「ミミ」はなかなか一人の写真を撮らせてくれません。。。

e0116960_2118849.jpg


2年前、我が家にやってきたばかりの「ちびた」
私の手のひらに乗るくらい、小さかったので「ちびた」となりました。

e0116960_21193641.jpg


今の「ちびた」です
なんと大きくなってしまったことでしょう!

我が家は家族全員、ねこだけでなく動物好きです。
TVで動物が出てくる番組があると、なんだか全員で真剣に(!)に観ています。
動物が主人公の映画は、家族で観ると悲惨です。
泣いているのを悟られないよう、必死になります、全員>笑

夢はアフリカのサファリ!!!!
by ank-nefertiti | 2007-06-28 21:25 | ねこ

雨の日曜日♡

昨日のよいお天気はどこへやら・・・
打って変わって今日は雨模様。。。

そんな日は、どこへも出かけず、のんびり、が一番♪

美味しいコーヒーと本、そしてBGMに好きな音楽があれば最高です。

e0116960_2055285.jpg


読破した!と思っていた、大好きな須賀敦子さんの実はまだ読んでいなかった本。。。

「塩1トンの読書」

須賀さんの読書日記とも言える本。
塩を1トンなめるように、長い時間をかけて、何度も何度も読み返す。。。
すると文章の襞から、それまで見えてこなかった作者の心が突然に見えることがある。。。
ああ、本当にそうです。

お供のコーヒーは、大好きな大倉陶園のカップで。。。

e0116960_20591543.jpg


今日のコーヒーは、実家の母が送ってくれた、京都のイノダのもの・・・
京都へ出掛けたの?と聞いたら、横浜のデパートにイノダがやってきたので、購入したとのことでした。。。
「イノダのコーヒー、好きでしょう?家の分とあなたのところの分を買ったのよ」
いくつになっても母にとって娘は娘、なのですね・・・

BGMはこの季節になるといつも聴きたくなる、シューベルトの「ます」

作家の須賀敦子さんが亡くなられてもうすぐ10年になろうとしています。
須賀さんの作品はどれもこれもさりげない文章の中に、キラリ!と光る鋭い洞察があって、とても好き。。。
作家が亡くなって、涙が出たのは、最愛の辻邦生さんと須賀さんだけ。。。

お二方とももっともっとたくさんの作品を書いて欲しかった。。。

おまけの画像です。

e0116960_21264656.jpg


最愛の猫のミーちゃん。。。15歳のおじいちゃんにゃんこ。。。
我が家のアイドルです。
by ank-nefertiti | 2007-06-24 21:06

我が家版、鉄鍋餃子♪

先週、すき焼きでデビューした釜定さんの「鉄鍋」
いよいよ今夜、餃子を焼きました。
私の手作り餃子、家族の好物なのです♪

e0116960_20343923.jpg


大判の餃子の皮にひき肉たっぷり!の餡を包んで。。。
釜定さんで一番大きな鉄鍋ですが、32個しか並ばない。。。

e0116960_20372472.jpg


もちろんお醤油は八木澤商店の「生揚醤油」

美味しかった~
鉄鍋に入りきらなかった餃子は、普段使っているフライパンで焼いたのですが、お味がまるで違いました。
鉄鍋で焼いた餃子は、同じ皮なのにもっちり。。。中までふんわりと。。。

普段使っているフライパンで焼いた餃子と比べるとその味はまるで違いました。
恐るべし、釜定さんの鉄鍋!

さて、次は何を焼こうかな???
あら?どこからかステーキ!という声が。。。
by ank-nefertiti | 2007-06-23 20:44
今日は父の日。。。
先日、盛岡の釜定さんで夫が購入してきてくれた、鉄鍋がデビューです。
最初、この鉄鍋で手作り餃子を焼いたら、さぞかし美味しいでしょうね~というので、デビューは焼餃子のはず、だった・・・

ところが、息子が「え?17日は父の日でしょう?お肉を注文してあるから、すき焼きにしよう!」と言うので、本日の父の日の夕飯は「すき焼き」

e0116960_2216486.jpg


息子が注文してくれたのは、松坂牛でした♪

e0116960_22164798.jpg


せっかくのお肉なので、味付けに使うお醤油も特別なものに。。。
これは岩手の陸前高田市の「八木澤商店」さんのお醤油。
八木澤商店の社長の河野さんとは仲良しで、何かというとここのお醤油を使っています♪
昔からの本当のお醤油の味がして、このお醤油を使ってしまうと、他のものが使えなくなります。。。

お酒も盛岡の「あさ開」で美味しくいただきました。(写真を撮らないうちにお酒は家族のお腹のなかへ~)
とても美味しい父の日のお夕飯。。。
子どもも大きくなると本当に色々とお返しをしてくれて、育てた途中の苦労など吹き飛んでしまいますね♡

そして、今日は月に一度のジョーズハウスのお稽古♪
藤島先生は今日もお元気、とてもご機嫌麗しく、楽しいお稽古。
作品は花束・・・

e0116960_2226227.jpg


ブルーファンタジア、小麦、イタリアン・ルスカス、オレガノ・ケントビューティ、モコモコ、エリンジウムプラナム、ゲイブラントキフト、そしてバラのリトルシルバー、ミニバスケット、グリーンアロー。
うーんんん。難しかった。。。
新先生が「ちょっとゆがんでる?お家に帰ってから小麦を入れてバランスとってね」とおっしゃったので、小麦を長く入れてみましたが。。。
いつになってもなかなか思うように入れられず、ダメですね~

7月8日の藤沢での101のお仲間、トミーさんこと牧ミユキさんのライブにゲスト出演される新先生。
すでに音あわせも終わられたとのことで、さて、何を歌われるのか今からワクワク。。。
復活コンサートで歌われた、ライオネル・リッチーの名曲「HELLO」は素敵でした。
今回はなにかな・・・
聴きたいのは101でも歌っていたビートルズの「ミッシェル」、「ガール」、「ヘイ・ジュード」
そして題名のない音楽会に出演されたときに歌った、ジュリーの「君だけに愛を」

でもね、なんでもよいのです!
歌ってくださるならね~
by ank-nefertiti | 2007-06-17 22:35
タケミツメモリアルで演奏会がありました。
実は知らなかったこのオケ。。。
ソリスト兼指揮のクリスチャン・リンドバーグはよく知っているんですけれど。。。
トロンボーンを吹いたら、この人の右に出る人はない!というトロンボーンの神様みたいな方です。

で、そのリンドバーグが首席指揮者を勤めるスウェーデンの室内オケが「ノルディック管弦楽団」
1990年に設立された新しいオケです。
室内オケ、というだけあって、第一ヴァイオリン6名、ビオラ4名、第二ヴァイオリン6名、チェロ4名、コントラバス2名。
クラもオーボエもフルートも金管、木管すべて2名ずつ。。。
という本当に小規模のオケなのですが、まあその音色の素晴らしいこと!

紀尾井シンフォニエッタ、真っ青!というくらい凄かったのです。
音に深みがあって、最後に演奏したベートーベンの7番のシンフォニーなど普通の大きさのオケで聴くよりもよかった。。。
楽団員一人一人の力が非常に優れているのだ、と思います。

とんでもないオケに出会ってしまいました!
今まで生で聴いたオケで、一番凄かったのはズービン・メータが指揮をするイスラエル・フィルですが、あの大きさのオケに引けをとらない音色を持ったオケ。。。

ご招待で出かけたのですけれど、夫と二人「いやぁ凄かったね」と興奮状態で帰ってきました。
こういうオケに出会うと本当に嬉しくなってしまいます。
また来日したら、絶対に聴きに行きたい!と思った今夜の演奏会でした♡
by ank-nefertiti | 2007-06-12 00:55 | 音楽
今、放送中の朝の連続ドラマの舞台が、懐かしい盛岡なので、毎朝タイトルバックの岩手山を観るためにTVのチャンネルを合わせます。
忙しい時間なので、いつもは岩手山を観ておしまい!なのですが、ときどき時間があるとドラマも観てしまいます。

このドラマは盛岡の老舗旅館に女将修行にきた女の子が主人公で、その老舗旅館の大女将と親しい南部鉄器の作家が登場するのですが、その作家の工房がどこかで見たようなところ。。。
ずっと「この工房、知っているところよね?」と家で話していたら。。。
知っているどころか!
盛岡の紺屋町にある「釜定」さんではないですか!

盛岡で暮らしていたころから親しい「釜定」さんの現御当主、宮伸穂さん。。。
宮さんは南部鉄器の現代の名工として名高い方です。
その宮さんの工房が実際の撮影とセットで造られて、TVに!

先週、夫が盛岡へ仕事で出かけ、宮さんを訪問してきたのですが、その時、ずっと欲しかった宮さんの「鉄鍋」を購入してきてくれました。

e0116960_22251359.jpg


e0116960_22253110.jpg


すき焼きはもちろん、ステーキを焼いても、なにをしても美味しいお料理ができそう♪
来週の父の日に早速すき焼きをすることにしました。。。
うふっ、すき焼きのお肉は息子がすでに予約済み♪
さぞかし美味しいすき焼きができることでしょう♡

そして、6月になった我が家の庭。。。

e0116960_22274639.jpg


ガクアジサイ。。。ブルーが美しい。。。

e0116960_22282432.jpg


桑の実です。。。珍しいでしょう?

e0116960_22293350.jpg


裏庭に咲いていたホタルブクロ。。。

e0116960_22302216.jpg


藤島先生にいただいた「レンゲローズ」がまた咲き始めました。。。

e0116960_22311821.jpg


そして、夫が開墾(!)した庭。。。
ここに夏の草花をこれから植えます。
開墾していたら、なんと大きなカエルが2匹、飛び出してきました。
ごめんなさいね、お休み中のところ。。。

今日、東京地方は午前中から3時頃まで大雨だったので、植える苗は来週苗屋さんへ行って購入してきます。
なにを植えようかしら。。。どんな花壇にしようか、悩む時間も楽しいものです♡
by ank-nefertiti | 2007-06-10 22:35

ネックレス♡

九州に住むシルバークレイ作家の友人が、3月に作品展を開催しました。
遠くて行けなかった私のために作品を写真に撮って、見せてくれました。
あまりに素敵な作品たちに、思わず二つ分けて頂戴!とお願い♪

そうして私のところに最近お嫁入りしてきたネックレス。。。

e0116960_025836.jpg


アンティークビーズとシルバークレイのチェーンとマーガレットの彫金のトップがついたネックレス。。。

e0116960_0263396.jpg


彫金は手がこんでいて、アンティークのビーズも本当に素敵。。。
黒いワンピースやサマーニットに合いそう♪

そして、今年流行しているキラキラのロングネックレス。

e0116960_028570.jpg


天然石のビーズとシルバークレイのチェーン、そして彫金。。。

e0116960_0291128.jpg


シルバーと天然石ビーズの配色がなんとも絶妙で、大人のアクセサリー♪
爽やかで夏の装いにぴったり♡

持つべきはセンスのよい器用な友人♪
Mちゃん、ありがとう。
この2本のネックレスでこの夏のおしゃれは万全!

あとはね、私がダイエットするだけ・・・
それが一番難しいのですよね。。。
by ank-nefertiti | 2007-06-06 00:33 | ファッション

怒濤の音楽会三昧♪

さて、金曜日の日フィル演奏会から始まった「怒濤」の音楽会三昧週末>笑
ときどき二夜続けて、ということはありますが、今回のように三夜連続、それも昼夜続けて、合計4回の音楽会はさすがに初めて!

土曜日、マチネでピアノの小山実稚恵さんの12年、24回続く「小山実稚恵の世界・ピアノで綴るロマンの旅」リサイタルの3回目。
今回は「うつろいゆく情景」と題して、テーマカラーは萌黄色・・・
毎回、テーマカラーがあるので、その色のお洋服でお邪魔しよう、と夫婦して頑張るのですが、さすがにどちらも萌黄色のお洋服は持っておらず、夫はネクタイで、私はドナテッラのアクセサリーで萌黄色をあしらって出かけました。

今回の演奏会の目玉は何と言ってもムソルグスキーの「展覧会の絵」
この曲はあまりに弾くのが大変で、男性のピアニストも敬遠しがち。。。
さて、実稚恵さんはどんな風に弾くのかな?ととっても楽しみにしていました。

凄かった。。。
ただ一言、凄かった!
力強く、可愛らしく、繊細に、大胆に、そして堂々と!
キエフの大門に辿り着いたときには、会場は感動の嵐♪
小山実稚恵ここにあり!という演奏に、拍手は鳴り止まず。
この日の演奏は、今、日本で最高のピアニストは、誰がなんと言おうと小山実稚恵だ!ということを証明して見せたものでした。。。

次回は秋11月10日、「幻想と現実」と題して開かれます・・・

そして、実稚恵さんのリサイタルの後、私はタクシーを飛ばして目黒パーシモンホールへ♪
パーシモンではブラスバンドの名曲、東海林修先生「ディスコ・キッド」
その「ディスコ・キッドフェスティヴァル」が私のお友達が実行委員長となって、開かれていました。
大急ぎ!終わっちゃう!!!!
親切なタクシーの運転手さんのおかげで、ちゃーんと間に合って、東海林先生のピアノ演奏にも、お話にも、そして東海林先生が指揮をするビッグバンドでの演奏にも間に合いました。
ディスコ・キッド、最高です♪

この曲が今から30年前、吹奏楽コンクールの課題曲として作曲されたとき、初めてエレキベースを入れた構成の斬新さにビックリ!でも素敵!と衝撃的なデビューでした。
私はもう結婚していたので、ブラスは当然やめていましたが、この曲を聴いた時、演奏したいなぁ、と思ったものです。

それから30年経って、この曲を愛してやまない、そして東海林先生の曲を愛してやまないお友達が、「フェスティヴァルをしましょう」と思い立ち、この日を迎えました。
最高に素敵な時間でした。
彼女の一途な気持ちと頑張りが、たくさんの問題を乗り越えて、全国からこの曲の愛好家を集め、素敵な演奏が繰り広げられました。
パーシモンには、熱い思いがたくさん!
ありがとう、、、J子さん。。。

そして昨日、怒濤の音楽会最後は、大好きな紀尾井ホールでの「シリーズ歌 Vol.9 冒険する舞曲」
バロックからラグタイム、そしてブギウギへ・・・

バロックからラグタイムまでの前半、日本テレマン協会の中野振一郎さんが、チェンバロ演奏とお話で・・・
中野さんのお話はいつ聞いても本当に楽しく、ためになります。
チェンバロの演奏もいつも本当に素敵♪
ラグタイム、スコット・ジョプリンの曲もチェンバロで!
「スティング」のテーマ曲でリバイバルした「ジ・エンターティナー」もチェンバロで演奏されて、客席からは大きな拍手♪

後半は今をときめくピアノの兄弟ユニット「レ・フレール」が登場です。
弟の圭土君は世界でも有名な「ブギーピアニスト」。
後半はすべてブギウギ♪
今年生誕90年の故服部良一さんの大ヒット曲「東京ブギウギ」を始め、世界のブギウギ満載!
ソプラノの腰越満美さんが「東京ブギウギ」、「ラッパと娘」を歌い、クラッシックの殿堂である紀尾井ホールはブギの世界に!

「レ・フレール」、この兄弟ユニットは、ルクセンブルグ国立音楽学校へ留学し、クラッシックの基本をきちんと勉強して、そのテクニックは確か。
聴かせるピアノ、見せるピアノ、そのどちらも備わった二人。
人気があるのがよくわかります。
即興演奏も本当に素敵で、会場は手拍子、足拍子の本当に楽しい演奏会でした。

どの演奏会もとても心地よくて、癒されました。。。
音楽は素敵です。
音楽のない世界、私には考えられませんね。。。
by ank-nefertiti | 2007-06-04 22:23 | 音楽
昨年、建替えられた地元の公会堂の1周年コンサートに行ってきました。
この公会堂を本拠地として活動を続ける、日本を代表するオケの日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会♪

ソリストにやはり杉並在住のヴァイオリニスト、漆原朝子さん。
朝子さんというより、朝子ちゃん。
そして、杉並児童合唱団。

この公会堂は建替えられる前も「東洋一のホール」と言われていました。
ここで日フィルはたくさんの名演奏をしています。
今は亡き渡辺暁雄さんの指揮で本当にたくさんの演奏が行われてきました。
新しい公会堂も本当によいホール。
音響も非常によくて、そしてとても正直なホールです。
音の良し悪しが聴衆にすべて伝わるホール。

プログラムは
湯山昭  :子どもシンフォニー
ブルッフ :ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調
休憩
ブラームス:交響曲第2番ニ長調
アンコール
ブラームス:ハンガリー舞曲第3番

今日の指揮者沼尻竜典さんは、子どもシンフォニーが初演されたとき、小学校5年生で合唱団で歌った経歴の持ち主。
不思議なご縁ですね♪

ブルッフのヴァイオリン協奏曲。
朝子ちゃんさすが!の演奏でした。
安定した音、豊かな表現力。。。
88年に藝大付属高校生で、第2回日本国際音楽コンクールで最年少優勝を受賞してから、ずっとトップを走り続けてきた彼女の演奏は、円熟味を増して益々輝いていました。

休憩を挟んでのブラームス。。。
1番のシンフォニーが大好きなのですが、2番のシンフォニーもとても素敵♪
1番のシンフォニーは出来上がるまでに20年の月日を要しましたが、この2番はたった4ヶ月で完成しています。
解説によれば1番のシンフォニーの成功で、長年の苦悩からブラームスが解放されて自信をもったことによる、とありましたが、この曲を聴いていると、確かに自信に満ちたブラームスの姿がかい間見えます。
何事も自信を持つことは大事なのですね。。。

日フィルの演奏はいつもいつも美しい音色で、聴くものの心に真っ直ぐに飛び込んできます。
長いこと音楽監督を務められた小林研一郎さんが、この3月末で退任し、今日はそれから初めて聴く日フィルでしたが、その演奏は素敵でした。

アンコールの前に指揮者の沼尻さんがマイクをもってご挨拶。。。
今日のプログラムについて、1周年なので1番の協奏曲、そして2周年に向けて2番のシンフォニー、アンコールは3周年目指して3番の舞曲、と説明がありました。
なかなか凝ったプログラム♪

演奏会の後、公会堂から感謝の気持ち、と入場者全員にお花のプレゼントがありました。
ちょっと嬉しいプレゼント♡

e0116960_0254672.jpg


さて、週末です。
実は我が家というか我が夫婦は明日はオーチャードで小山実稚恵さんのリサイタル。
そして日曜は大好きな紀尾井ホールで「シリーズ歌~こころ響き合うとき~ VOL.9. 冒険する舞曲(ダンスミュージック) 」
と演奏会が続きます。
音楽三昧の週末となります。。。
by ank-nefertiti | 2007-06-02 00:25 | 音楽