「ほっ」と。キャンペーン

Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

カテゴリ:歴史( 2 )

まぼろしの邪馬台国

今日の記事は、写真もなく、硬いながーい文章だけのものです。
興味のない方はスルーしてくださいね~^^


実を言えば、いえ、言わなくてもなんですが、私は歴史が好きです。
高校時代、他にはあまり取り柄がなかったけれど、歴史の成績だけは非常によくて、日本史も世界史もクラスメートからはちょっと一目置かれていた・・・んです^^

どの時代も興味がありましたが、凄く好きだったのは古代史。
エジプトも、中国も、メソポタミアもインダスも、そして時代が少し近づいてギリシアもローマも。。。
もちろん日本の古代史も。

中学の1年のとき、父が持っていた、宮崎康平さんの「まぼろしの邪馬台国」を読んで、エジプトよりも時代が近い邪馬台国のことがなにもわかっていない、ということにとても驚き、そして興味を持ちました。
以来、邪馬台国と女王卑弥呼は、その文字を見たり聞いたりするだけで、どこか胸が躍る存在です。

邪馬台国は九州にあった、とする説と、いや音から大和、つまり畿内にあった、とする説とどちらも一歩も引かず、未だその所在は定かではありません。
宮崎さんは記紀を奥様に読ませ、音で聞き、国語学的な解析も加えて、九州、島原あたり、とその著書の中で述べていますし、学者たちもそれぞれの主張を様々な見地からしています。
その考察の元になっているのは、「魏志倭人伝」。
魏の国の歴史書の「倭人」の項に書かれた「倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島に依りて國邑をなす。 旧百余國。」に始まる文章です。

そして

「南、邪馬壱國(邪馬台國)に至る。女王の都する所なり。水行十日、陸行一月。官に伊支馬有り。次を彌馬升と日い、次を彌馬獲支と日い、次を奴佳テと日う。七萬余戸ばかり有り。女王國より以北はその戸数・道里は得て略載すべきも、その余の某國は遠絶にして得て詳らかにすべからず」

この文章中にある「水行十日、陸行一月」の解釈をめぐって、これだけの時間を使うのだから、九州はあり得ない、距離的にも畿内だ、いや、あの文章はそのあとにかかるものだ、誤記だ、と多くの議論が交わされてきました。
そして、卑弥呼が魏から贈られたという鏡の存在。
この鏡が発掘されている鏡のどれなのか、ということも議論を呼んで、未だになにもわからない、という日本史の謎の時代、謎の国、謎の女王です。

そうしたら・・・
今日、「箸墓は卑弥呼の墓か?」というニュース

箸墓は「倭迹迹日百襲姫尊命(やまとととひももそひめのみこと)」が葬られていると言われる古墳です。
以前からこの古墳はもし畿内に邪馬台国があったのだとしたら、卑弥呼の陵墓なのではないか、と言われていました。
今回は発掘された土器に付着していた炭化物を放射性炭素(C14)年代測定で計測し、古墳が作られた年代が卑弥呼の時代に相当する、という結論を導き出した、と国立歴史民俗博物館の研究グループは述べています。

もし、そうなら・・・
邪馬台国論争は一歩前進したことになる。。。
他の研究者からは慎重論も当然に出ていて、これからもたくさんのデーターを集めることが、この研究結果をより確かなものにしていくことになるのでしょう。

九州か畿内か。
卑弥呼の墓はどこにあるのか。
そんな100年以上にわたる論争に終わりがくるときが近づいているのでしょうか。

まぼろしの邪馬台国は、まぼろしでなく、その本当の姿を私たちの前に現してくれるのでしょうか。

歴史は、本当に面白い・・・
今日のこのニュースを読んで、益々その魅力にはまっていく私でもあります。
by ank-nefertiti | 2009-05-29 22:33 | 歴史
ボスの気まぐれで、今日は午後からお休みになりました♪
やった~!!!

というので、会期が日曜までとなってしまった

        「対決・巨匠たちの日本美術」

へ家族で出かけてきました。
夏休みで家にいる息子や夫、それに娘に連絡をして、久しぶりに家族全員揃っての美術館♪

e0116960_23202231.jpg


展示されているのは・・・

♪ 運慶VS快慶
♪ 雪舟VS雪村
♪ 永徳VS等伯
♪ 長次郎VS光悦
♪ 宗達VS光琳
♪ 仁清VS乾山
♪ 円空VS木喰
♪ 大雅VS蕪村
♪ 若冲VS蕭白
♪ 応挙VS芦雪
♪ 歌麿VS写楽
♪ 鉄斎VS大観

日本美術史が目の前に!!!!

凄い~♪
どの対決も面白かったのですが、とても観たかったのは
「永徳VS等伯」と「長次郎VS光悦」、「宗達VS光琳」、「仁清VS乾山」、そして「歌麿VS写楽」

永徳の豪胆に対して等伯の繊細。
利久好みの長次郎に対してわが道をゆくの光悦。
先駆者宗達、おっかけ光琳、この二人は同じ構図で「風神雷神」を描いています。
仁清の優雅、乾山の文人趣味。
美人画の歌麿、役者絵の写楽。

「風神雷神図」は、先駆者の宗達に私は軍配を上げました。
屏風に踊る風神雷神、宗達の神さまたちはいまにも屏風の中から飛び出してきそうでした。

長次郎と光悦の楽茶碗。
どちらも甲乙つけがたく・・・
娘が光悦の「七里」を欲しいなぁ!と言いました。
息子はやはり光悦の「時雨」が欲しい、と言い、夫は長次郎の「無一物」をふだんに使いたい(!)と言いました。
私は長次郎の「道成寺」がすき・・・

仁清と乾山、仁清も乾山も本当に魅力的。。。
乾山の「色絵菊図向付」の見事さに惚れ惚れ。
咲き乱れる菊の美しさをそのまま切り取り、器とした技量のすごさ。
乾山は食器に魅力的なものが多い、とされていますが、確かに!!!

30分待ちで観た甲斐のある展覧会でした。

お夕飯はなんと息子がご馳走してくれて、新宿の知る人ぞ知るイタリアンのお店に!
息子が「ここ隠れ家みたいでしょ。本当に親しい人とだけ来たいお店なんだよね~」と言う、秘密の隠れ家♪
なので写真はありません。
ですが、アンティパストからプリモピアット、セコンドピアット、ドルチェまで本当にどれもこれも美味しかった!
アンティパストの牛肉のリエットなんて本当に天下一品!のお味でした♡
ご馳走さま~
持つべきはグルメの息子~♪

「対決・巨匠たちの日本美術」あと3日間会期があります。
西洋美術にはない、日本の美術の素晴らしさを目の当たりに見る事ができます。
暑いですけれど、興味がおありの方は是非♪
by ank-nefertiti | 2008-08-15 00:01 | 歴史