Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

2007年 07月 16日 ( 1 )

PMFウィーン・アンサンブルの演奏会に行ってきました。

その前に娘が小さい時にお世話になったピアノの先生の演奏会が、等々力であって、そちらに伺いました。
当時音大を出たばかりで、初々しかったお嬢様が、今は一児のお母様で、演奏会は小さな子もどうぞ!という楽しいもの。。。
子どもが楽しめるピアノ曲や最後に「くるみ割り人形」のピアノ版の演奏があったりで、あっという間の1時間半。
盛岡の吉田先生の門下生で、技術は本当にしっかりしていて、ピアノの音は濁りが無くて、とてもに美しい。
来年もまたお邪魔したいと思う演奏会でした。

そしてその後、トリトン・スクエアの中にある、第一生命ホールでのウィーン・フィルのメンバーによる室内楽の演奏会。
PMFの一つの行事として、教授陣による演奏会が毎年設けられており、今日がその東京公演でした。

ブラームスのクラリネット五重奏曲、シューベルトの八重奏曲ヘ長調が、今回の演奏曲でした。
クラリネット五重奏曲のクラはもちろんシュミードルさん
いつもながらの美しいまるでビロードのような音色。。。
夢心地。。。

休憩後のシューベルトは、あの長い曲があっという間でした。
退屈させず、丁寧に、これぞウィーン!という演奏で、本当に素敵

そして、アンコールはお得意のシュトラウスの「浮気心」とシュトラウス1世の「中国のギャロップ」
まるでウィーンの楽友協会の大ホールにいるのじゃないか、と錯覚するような演奏に、会場から割れんばかりの拍手とブラヴォーの声。

今年も素敵でした、ウィーン・アンサンブル
去年はバイオリンのトップはキュンヒさんでしたが、今年はヒンクさん。
このお二人、それぞれに素晴らしく、毎年今年はどちらがいらっしゃるのだろう?と楽しみにしています。
さて、来年はどんな演奏会になるのでしょうか・・・
by ank-nefertiti | 2007-07-16 22:48 | 音楽