Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

ヴァチカンからサンタンジェロへ

ローマ2日目は、ローマに来たらやはりここは行かないと!のヴァチカン♪

e0116960_2347089.jpg


ヴァチカン美術館には、本当にたくさんのお宝美術品が納められていて、去年は初めてだったこともあって、ただただ驚きの時間でした。
今年は少し余裕です>笑

e0116960_23501276.jpg


やはりこの「ラオコーン」は好き・・・

ラオコーンのある中庭には

e0116960_23511924.jpg


こんなものもあります。

e0116960_23522198.jpg


このトルソー、どこかで見たことがありませんか?
実物は見ていなくても、美術の本やTVで絶対に一度は見ている、ミケランジェロの「最後の審判」に描かれるキリストの姿、あの身体を少しひねったポーズは、このトルソーを参考にミケランジェロが描いたものなのですよ~

ヴァチカン美術館に納められている絵画の中で、私が一番好きなのは

e0116960_23555257.jpg


なんと言ってもこのラファエロの「アテネの学堂」♡
この絵に描かれる古代の学究たち・・・
ソクラテスはダ・ヴィンチがモデル、アリストテレスはミケランジェロがモデル。
ルネサンス期の芸術家が総出演!しているラファエロの大作。
当然、ラファエロ本人も描かれています。

今回で二度目のヴァチカン美術館ですが、実は半分も見ていない、というのが本当のところです。
ここには古代エジプトの間があって、そこには大変な蒐集品が納められているのですけれど、今年もその蒐集品を見る事は時間がなくて出来ませんでした。
来年は見る事ができるでしょうか・・・

ヴァチカン美術館の後は「システィーナ礼拝堂」へ。
天井画はもちろんミケランジェロの「最後の審判」
ですが、壁画も素晴らしいのです。
ルネサンス期の芸術家たちが競って描いた「旧約聖書」の世界とイエスの生涯。
それぞれの画家の個性が一目で見る事ができる貴重な場所でもあります。
ですが、ここは祈りの場であるので、撮影は禁止。

ヴァチカンを後にして向かったのは

e0116960_065172.jpg


サンタンジェロ城です。
夫がどうしても行きたい!とイタリアへ出かける前から言っていたところです。
現在は武器博物館になっていますが、その昔、ローマにペストが蔓延したとき、時の法王がこのお城の前を祈りながら歩いたところ、大天使ミカエルが天から舞い降り、ローマのペストは収まったと言われているお城です。
その後、チェーザレ・ボルジアや父の法王アレッサンドロ6世が籠城をしたところでもあります。

サンタンジェロ城からお昼を食べに歩いてナヴォーナ広場へ向かいました。
ナヴォーナ広場の近くにある「Clu de Sac」、フィレンツェのtammyさんからここは美味しいから!と教えていただいていたお店です。

e0116960_0453511.jpg


エノテカなので、ワインも豊富♪
昼で暑かったこともあり、ラツィオ州の州都ローマ、ということもあって、ラツィオのキリリと冷えた白ワインをいただきました。

e0116960_0471699.jpg


私は「Pomodori con Riso」。日本風に言うならトマトのライス詰め。
これ、絶品でした!
夫はパスタ、フリンジのジェノベーゼソース。
こちらも本当に美味しかった!

e0116960_0493834.jpg


e0116960_050473.jpg


本当はtammyさんお奨めの「カーチョ・エ・ペペ」、チーズと胡椒のパスタを食べたかったのですが、聞いてみたら「今日はないんだよ」とのこと・・・
なんで~???でしたが、諦めました。
来年のお楽しみです♪

ランチの後、ホテルに戻り、預けてあった荷物を受けとって、テルミニ駅へ急ぎました。
午後は列車で次の目的地、アッシジへ向かいます。
列車の切符な昨日のうちに、テルミニ駅の自動販売機で買ってあります。

今回の旅で一番行きたい街、アッシジ。
途中乗り換えがあるけれど、上手く乗り換えられて、私たちは無事にアッシジへ着くことが出来るでしょうか???
by ank-nefertiti | 2008-09-20 00:55 | イタリア