Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

男子100×4リレー

昨日の予選で、強豪国がバトンのミスであい次いで失格となった男子100×4リレー。
日本は3位のタイムで決勝へ!

先ほどそのリレーの決勝戦が終わりました。

気迫のバトンリレー!

この大会で一線を退くのでは、と言われている朝原選手がアンカー。
1走に100メートルの日本チャンピオンの塚原選手。
2走に200メートルのスペシャリスト末續選手。
3走にコーナーワークの上手さは天下一品の高平選手。

短距離はカリブ、アメリカが圧倒的に強く、アジア勢は劣勢でした。
日本はバトンワークには定評があり、走る4人の走力が揃えば、世界と戦えるのでは、と言われ続け、昨年の大阪での世界陸上では5位でした。

今日はその時と同じメンバー。
1走の塚原選手は足にテーピングをしての力走。。。
バトンが本当にきれいに繋がり、アンカーの朝原選手がゴールを駆け抜け・・・
結果、ジャマイカ、トリニダードトバコに次いで3位です♪

電光掲示板を見つめる朝原選手破顔して、メンバーが3位を確認して、ウィニングラン♪

観客席で、このリレーの前のマイルリレー予選で急遽2走を走った為末選手が泣いていました。(マイルリレーは残念ながら予選敗退・・・)
日本の陸上チームが全員で取った銅メダル。。。

インタビューでメンバー全員が
「自分たちだけで取ったメダルではない。これまでのリレーのメンバーの方たちと一緒に取ったメダル、たくさんの先輩たちと一緒に取ったメダル」
と話していたのが印象的でした。

期待されながら、結果が出なかった陸上トラック競技陣。
でも!
今夜のこの100×4リレーの銅メダルはそんな重苦しい雰囲気を一掃してしまいました。

なんと80年ぶりのトラック競技のメダルです。(アムステルダム大会の女子800Mの人見絹枝さん以来です)
よかったね、おめでとう!!!

選手のみなさん、今夜はゆっくり休んでくださいね!

TVでは昨日金メダルに輝いたソフトボールチームのインタビュー。
上野投手のさわやかな笑顔が本当に素敵!
ショートを守った西山選手、直前にアキレス腱を断裂した、世界一のショートと言われる内藤選手に変っての参加でしたが、本当によく頑張っていました。
一足早く帰国したなでしこJapanのみなさんのインタビューもさわやかでした。
キャプテンの池田選手が
「この4位で、小さな人たちがサッカーに興味を持ってくれて、あとに続いてくれたら嬉しい」
の言葉は、どの競技にも言えますが、底辺の拡大が大事、ということへの警鐘のようにも思えます。

北京五輪、あと2日となりました。
まだまだあるたくさんの競技。
選手のみなさんには、本当に体調に気を付けて、その持てる力を存分に発揮してもらいたい、と心から思います。
by ank-nefertiti | 2008-08-22 23:49 | 徒然