Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

好きにならずにいられない♪

タイトルはプレスリーの名曲です。

昨日の夜、そのプレスりーのナンバーだけのミュージカル「ALL SHOOK UP」を観にいってきました。

全編プレスリー、舞台は1950年代のアメリカ。
バイクとともに旅をする風来坊チャドが引き起こすラブコメディ。

チャドの周りには音楽がいつも流れ、おまけに恋も。。。

田舎町に暮らす、ナタリーの夢はいつか素敵な男性と町を出て行くこと。
そんなナタリーの前に現れたチャド。

町はいつしか音楽と恋の熱気に包まれて。。。

チャドを演じたV6の坂本君が、本当に上手くて、驚きました。

実はこのミュージカルにステージ101のメンバーで、今では日本のミュージカルの世界では欠かせない存在の「諏訪マリー」さんがシルビアの役で出演されています。
マリーさんが「とても楽しいステージになりそうよ」とおっしゃっていらしたので、本当に楽しみにしていました。

幕開けは「監獄ロック」!
ロックありバラードありのプレスリー。

マリーさんはいつもながらの凄い存在感!
マリーさんが一声歌うだけで、他の出演者を圧倒し、舞台が引き締まります。

娘を思う母の気持ち、そして自分の恋心にとまどう可愛らしさ・・・
マリーさん、とても素敵でした。

「好きにならずにいられない」はとても好きな曲だけれど、このミュージカルでも重要な部分で使われていて、観終わった後に頭の中でこの曲がずっと回っていました。

マリーさんと恋をするジムの役に尾藤イサオさん。
そしてマリーさんの娘の役になんと尾藤さんのお嬢さんの桃子さん。
初めての親子共演も話題です。

今年1月の「タイタニック」でもマリーさんと共演した岡田浩暉さんがナタリーに恋する青年デニス役で熱演。

なにより圧巻はマリーさんが歌う「There's Always Me」。
涙が出てきそうでした。

最後はステージと客席が一緒になってのアンコール。
坂本君が最後の最後までアンコールに応えていて、見事でした。

年末で猛烈に忙しいのですけれど、昨日のミュージカルは観て大正解!のステージでした。
これで28日まで頑張れそうです。
お仕事山積みですが。。。(-_-;)
by ank-nefertiti | 2007-12-18 23:22 | 観劇・映画