Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

イタリア♡Love5

イタリア4日目、楽しかったフィレンツェにさよなら・・・
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から再びユーロ・スターに乗って、ミラノへ!

e0116960_2375420.jpg


朝の「サンタ・マリア・ノヴェッラ教会」

ユーロ・スターで3時間、ミラノ中央駅に到着。

e0116960_23104643.jpg


列車から降りて、あら???
なんとも妙な雰囲気。。。
というより、かなり危険な空気。。。
ローマでもフィレンツェでも感じたことのない、危険な感じ。
ミラノ、危険なところ???

タクシーに乗ってとりあえずホテルへ~
チェックインは3時なので、荷物だけ預かってもらおうと、バウチャーを出すと、フロント・マンがPCを調べたり、予約ノートを調べたり。。。
え???予約がないの?
midoriさんと二人、真っ青・・・
フロントのおじさま、どこかへ電話を架けていましたが、電話を切ると私たちに向って笑顔で「OK!!!」
私たち、同時にホーッと息をつきました。

e0116960_23154595.jpg


私たちの部屋は、中庭に建つヴィラ。
4部屋だけのヴィラで、とても静か。。。

e0116960_23171130.jpg


e0116960_23173352.jpg


今までのホテルで一番素敵♡

荷物を置いて、さて、街へ!!!!
地下鉄に乗って「ドゥオーモ」まで行こうと思ったのですが、地下鉄の2日券の買い方が判らない。。。
自動券売機の前で、首をひねっていたら、ミラノの若いお嬢様がたが切符を購入。
早速聞きました!どうやって買うの???
自動券売機では結局2日券は買えず、1日券を購入し、いざドゥオーモへ!!!!

e0116960_23213762.jpg


e0116960_23221126.jpg


e0116960_23223097.jpg


修復中で、正面から全体が見えないのが残念でした。

まずはお昼ご飯。。。
ですが、ミラノ、高い・・・
ランチをしている間、赤い袋を持った人たちが行き交うのが気になって、よーくその袋を見たら、まあ!!!
フェラーリ・ショップの袋です。。。

実は私たちがフィレンツェに滞在しているとき、ミラノ近郊のモンツァで、フォーミュラ1、つまりF1のレースが開かれていたのです。
レースが終了した翌日だったので、ミラノの街はモンツァから移動してきたF1関係者、ファンで大賑わいでした。

息子がフェラーリ大好き!なので、midoriさんとここでも正しい観光客になり、フェラーリ・ショップへ!
ここ、フェラーリファンにはたまりませんね~

息子にTシャツをお土産に購入したのですが、婦人ものも素敵で、結局自分のものも含め、夫と娘にもTシャツを購入。。。
息子には、大ファンの昨年引退したシューマッハの写真集も購入。。。

e0116960_2330920.jpg


フェラーリのF1カーです。
この赤、素敵です。

その後、ブランドが集まるモンテナポレオーレ通りへ・・・
大好きなボッテガ・ヴェネタへ行ってみましたが、え???と言うくらい品物がありません。。。
日本の方が品物は豊富よ、と聞いてはいましたが、本当になにもない!

お買い物は諦めて、ブラブラお散歩。。。
さすがに疲れ、地下鉄の1日券を購入したことも忘れ、タクシーに乗り込む私たち・・・

ホテルに戻ったのはよいのですが、実は部屋の鍵が開けられない。。。
どうやっても開かないのです。
フロントへ行き、「部屋の鍵が開かないの」と必死で伝え、ポーターの方に来てもらって鍵を開けてもらいました。
彼が鍵を回すと簡単に開くのです!!!!

しばし休憩の後、お夕飯を取らなくちゃ!となったのですが、月曜で、有名なレストランはほとんどがクローズ。。。
ホテルの前にある、小さなレストランへ行ってみました。

陽気なオーナーが出てきたので、「二人なの。大丈夫?」
オーナー、「大丈夫さっ!こっちへおいで」と席へ案内してくれました。

e0116960_23373790.jpg

e0116960_23375413.jpg

e0116960_2338868.jpg


新鮮な野菜のサラダ。
ミラノ風リゾット。
ステーキ。
リゾットにズッキーニが入っていて、これが絶品でした。
こんなに美味しいリゾットにはお目にかかったことがありません!

さて、鍵ですが、また開きません・・・
再びフロントへ行き、「鍵、開かないの。私たちには無理みたい。開けてくださらない?」と告げました。
フロントのおじちゃまは側にいた若いフロント・マンに「行って開けておやり」
若いフロント・マン、サッカーのACミランのカカに似たハンサムさん。。。
一緒に来てくれて、鍵を開けてくれました。
「お稽古しましょう。やってみて」というので、頑張って鍵と格闘しましたが、どうやっても開かない・・・
彼は苦笑いして戻っていきました。。。

ミラノの1日目はこうして終わり、疲れ果てた私達はお風呂に入って夢の世界へ・・・
明日は「最後の晩餐」の見学です。。。
by ank-nefertiti | 2007-09-30 23:44 |