Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

イタリア♡Love4

フィレンツェの二日目は、あこがれのウフッツィ美術館から始まりました。
予約の時間より30分早く美術館に着いてしまって、ダメかな?と思いつつ、予約のバウチャーを持って、受付へ行くと、ああら、よいのかな?時間前なのに、入場OKとなりました。

この美術館は撮影禁止です。
日本語のイヤホンガイドを借りて、では鑑賞へ・・・

この美術館には門外不出の作品がいくつかあります。
出したくても出せない、というのが実際のところ、だと思いますが。。。

ルネサンス期の絵画を多く所蔵しているウフッツィ。
とにかく観たかったのが、ボッティチェルリの「春」と「ビーナスの誕生」
日本に来ることはまずないであろう絵たち。。。
「この絵たちを見ないでは死ねない!」とずっと思ってきた絵たちです。
この絵たちの前に立ったら、きっと涙が出てしまうだろうな、と思っていたのですが、本当に涙が出てきて困りました。

辻邦生さんの「春の戴冠」、とても好きな作品ですが、この作品の中で、主人公のボッティチェルリが「過去のひなぎく、今のひなぎく、どちらもひなぎくで、僕はそのひなぎくの永遠を描きとめたい」というシーンがあります。
「春」にはそのひなぎくが描かれていて、辻さんがこの絵の前にたって、この作品の構想を練ったのだろうな、と思うと、もう何も考えられず、ただただ涙・・・

観ることができて、本当に幸福・・・・

そして、この春、ダ・ヴィンチ展で日本へやってきていた、ダ・ヴィンチの名作「受胎告知」
日本では大賑わいの中での鑑賞だったようですが、ここでは静かにゆっくりと、絵の前にしっかりと立って観る事が出来ました。
大天使からイエスの受胎を告知されるマリア。。。
マリアの慈愛に満ちた表情、ダ・ヴィンチは誰が何と言おうと天才・・・

途中で、ウフッツィの中にあるカフェでお茶。。。
テラスから市庁舎が見えます。

e0116960_23441120.jpg


そして「花の聖母教会」も・・・

e0116960_23443942.jpg


たくさんの作品をゆっくり鑑賞して、外に出ると、すでに1時を回っていました。。。
私達はまたもやシニョーリア広場の「リヴォワール」へ・・・
昨日、親しくなったウエイターのおじちゃまと再会♪
おじちゃま、「わー、また来てくれたんだね~」と嬉しそうに私たちを日陰の席へ案内してくれました。

そこでイタリア人の男性と結婚してフィレンツェに10年住んでいる、というTさんに出会いました。
彼女は、ご主人とランチにいらしていて、たまたま席が隣になった私たちに「なにか困っていることはない?」と親切に聞いて下さって、色々と教えてくださいました。
夕飯をどこで取ろうか、と思っていた私たちに「美味しくてサーヴィス満点のお店があるわ。私の紹介と言って、いらしてみたら?」と地図に場所を記入してくれました。
本当に素敵な方で、出会えたのは神様のお導き???

e0116960_23513787.jpg


シニョーリア広場でお食事中の馬車の馬。。。

e0116960_23522452.jpg


メディチリッカルド宮殿。。。

一度ホテルに戻り、Tさん紹介のレストランへ夕飯を取るべく出かけました。
途中でお買い物もして>苦笑
ところが、時間が早すぎて、「もう少し後で来てね」とオーナーのフランコさんに言われてしまいました。。。
再びシニョーリア広場へ。。。
そこでは男性がギターを抱え、歌を歌っていました。
いわゆるストリート・ミュ-ジシャン。お上手でした♪

e0116960_23594960.jpg


さて、いよいよお夕飯です。。。

e0116960_01958.jpg


アンティパストのタコのカルパッチョ

e0116960_023257.jpg


メインはスカンピのグリル

e0116960_044855.jpg


ドルチェ。midoriさんはティラミス

e0116960_052689.jpg


私はアイスクリーム
そして、エスプレッソをいただいて、大満足のお夕飯・・・

帰るとき、フランコさんがTさんのお友達だから、とキャンティワインのハーフボトルを二人にそれぞれプレゼントしてくれました。

暖かい人にたくさん出会えたフィレンツェ。。。
この街は、私の心にしっかりと焼き付いて、大事な大事な街になりました・・・
by ank-nefertiti | 2007-09-30 00:09 |