Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

4月は音楽のとき♪

今月はちょっとゆとりが出来て、3回ほど音楽会へ出かけました。

まずは、春恒例の「東京春音楽祭」
今年、演奏会形式でワーグナーの「ニュルンベルグのマイスタージンガー」があり、そのステージに仲良しのテノール、ツッチーこと土崎譲くんが!
ツッチーから「招待券が出ました。3時開演で夜の9時過ぎまでですがご都合はいかがでしょう?」という連絡をもらい、もともとツッチーが出演するから行きたいね!とotosanと話をしていたので、まあなんて嬉しいお話でしょう!と私は午後お休みをして上野へ出かけました。

e0116960_0213647.jpg


このオペラの1幕で、あのあまりにも有名な前奏曲が演奏されると、本当にワクワクします。
あ、オケはN響でした。

ハンス・ザックス役のアラン・ヘルドが上手くて!
ベックメッサー役のアドリアン・エレート、この嫌な市の書記官役を本当に上手く演じていました。

確かにとても長いオペラなのですけれど、とても面白くて面白くて!
聴いてる方は楽しい時間でしたが、ワーグナーのオペラは歌手のみなさんは大変だなぁ、なんて思ってしまいました^^;

世界の名だたる歌手たちと一緒にステージにいるツッチー、その姿を見ているだけで感激してしまった私たちでした^^
ツッチー、素敵でした~♪

そして先週は紀尾井シンフォニエッタ東京のメンバーとハープの吉野直子さんのコンサートへ。
毎年紀尾井のメンバーがソリストを迎えて開いているKTSアンサンブル
今年はハープの吉野さんとの共演でした。

モーツァルト:弦楽五重奏曲第3番ハ長調KV.515
モーツァルト:アダージョとロンドハ短調KV.617
ドビュッシー:フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ
ラヴェル:序奏とアレグロ

吉野さんのハープの音色のなんと美しいことだったことでしょう!
紀尾井のメンバーたちとの息もぴったりでした^^
演奏された曲も、春に聴くのによく合っていて、帰り道はウキウキ♪
チェロの林さんの音色はいつ聴いてもとてもきれいで、ヴィオラの安藤さんの音色も本当によくて、さすが!でした~

昨日は2週続けての紀尾井ホール。
今度は紀尾井シンフォニエッタ東京の定期演奏会
今回は、ウィーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・ホーネックさんを迎えて!
ホーネックさんのヴァイオリンの音色のなんと優しく、甘く、豊かなことか!
ベートーベンの「ロマンス」」1番と2番。
この2曲を聴けただけで昨日は紀尾井へ行った価値がありました♪


仕事が忙しいときは、なかなか音楽会にも行けない状態でしたが、ようやくその仕事も落ち着いてきて、ウィークディの音楽会に行けるようになりました。
映画とか音楽会とか美術展とか読書とか、本当に人生に彩りを添えてくれる大切なものですね。
あ、最近ではそこに宝塚も入りますが^^;

そして、今日はもう1つ、彩りを添えてくれているお稽古に出かけました。

e0116960_121033.jpg


e0116960_1202758.jpg


春の野原のイメージで作ってみました^^


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2013-04-21 01:21 | 徒然