Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

復興というゴールへ

otosanが「ふるさと大使」を務める岩手県から届いたポスター。

e0116960_19555956.jpg


Jリーグ鹿島アントラーズ不動のキャプテン、小笠原選手。
去年の震災の後、小笠原選手はJリーグに所属する東北出身の選手たちに呼びかけて、東北人魂を持つJ選手の会、「東北人魂」を発足し、被災地への支援を行っています。

所属するアントラーズの選手たちも彼に協力して、夏休みには被災地へ出かけ、サッカー教室を開いたり、子供たちとゲームをしたりしました。
ブンデスリーグシャルケでプレーする内田篤人選手も、内田選手の仲良しの今季からプレミアリーグでプレーをする吉田麻也選手も小笠原に共感して、リーグ終了後の貴重な休みの時間であるにもかかわらず被災地へ出かけてくれました。

小笠原選手が岩手大船渡の高校時代の級友たちと進めているプロジェクト「東北人魂・岩手グラウンドプロジェクト」。
震災で運動をする場所や、行事をする場所を奪われた子供たち、市民の方たちのためにグラウンドを作ろう!というプロジェクトです。

夏休み、カシマスタジアムで行われたJリーグ主催の「東日本大震災復興支援 2012 Jリーグスペシャルマッチ」でも、アントラーズの選手、試合に出場する東北人魂の選手たちが、スタジアムのコンコースで募金活動を行っていました。

e0116960_2082075.jpg


募金活動中の小笠原選手。
娘がというより岩手大好き!な我が家は全員が彼のファンです。
なので、もちろん募金をしてきました^^

この夏、娘が盛岡の幼馴染のkayoちゃんのお家へ遊びに行き、「LIGHT UP NIPPON」の花火大会のお手伝いで三陸の山田町へ出かけましたが、去年と何も変わっていない状況に茫然としたそうです。
「神戸のときは1年経ったらかなり復興していたよね。なんで東北は何も進んでいないのだろう?おかしいよね」と帰ってきてから憤然とした表情で言いました。

このポスターは、アントラーズの練習場で撮影されていますが、バックにかすかに瓦礫の山が写っているのがおわかりになりますでしょうか?
茨城も被災地であり、瓦礫はいまだにこのように手つかずで残っています。

東北の方たちが常に言うのは

「忘れられるのが一番怖い。」

こもポスター、娘の勤務先に貼られました。

大丈夫、忘れないから。
ちゃんと東北が復興するまで、見届けるから。

日々、忙しく暮らしていて、ついつい自分事だけでいっぱいになる私ですけれど、昨日もkimmyさんから岩手の現状などうかがって、こうして折に触れてブログに記事を書くことで、被災地への思いを届けることができれば・・・と思います。

そう、「復興というゴールへ」向けて!




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-09-06 20:42 | 考えること