Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

暑い暑い東京・・・

突然に夏になってしまった東京。
もう昨日も暑かったですが今日の暑さは節電の夏とはいえエアコン無しでは熱中症になりそうでした。

e0116960_2362663.jpg


今日のお昼ご飯。
少しでも涼しく、で、冷やしうどんにしました。
以前から某メーカーの冷凍の讃岐うどんは美味しい!と聞いていたのですが、使ったことがなく、今日初めて使ってみましたがこれが美味しい!

一昨日、義父の30年忌を我が家で行いました。
隣の義兄一家、亡くなった義姉の一家が我が家に集まって、義父の写真の前で本当なら「お父様はえらかった!」とか「お父様は素晴らしい方だった!」とか話すはず・・・だったのですが、出てきた言葉は「お父様は怖かった」がほとんど・・・
隣の姪なんぞ「私はおじいちゃまから怒られた記憶しかない。」というし・・・
我が家の娘は「私は会ったことがないからわからない」^^;
その気持ちのなかに「よかった、亡くなってから生まれて」ということがあるのがありありでして・・・^^;
一番記憶にあるはずの義姉の娘たちは「怒られた記憶はないけど・・・」とあいまいな表情で・・・
ですが我が家の不参加だった息子は義父にはとても可愛がってもらいました。
つまり・・・
義父は明治の人で、とにかく男の子が大事だったのですよ。
だから初めて生まれた男の子の孫には優しかったというわけです。

義父は怖かったけれど、今でもネットで義父の名前で検索をかけると検索結果がたくさん出てきます。
それだけの仕事をした人で、仕事の部下にはとても優しかったようです。
otosanは、社会人になってから、ある時某所で義父の部下に出会い、その方から「はっ、お坊ちゃま!」と言われ、赤面したということがあります。
その方はかなりの地位にいらした方なので、周りにいた人たちがびっくりされたとか・・・
とにかく義父は仕事に関してはかなりの業績を残した人であることは間違いないのですが、家族には少しだけ怖い人だったのです。

私が義父から言われて、今でも忘れられない言葉

「杏さん、働かざるもの食うべからずですよ」

やはり・・・怖いかも>苦笑

そんな義父が今生きていたら、今の日本について何と言うでしょうか。
それだけはちょっと聞いてみたいと思います。
夜が明けるまで付き合わされるでしょうが^^;

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2012-07-16 23:33 | 徒然