Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

マリオ・モニチェッリ作品上映会

メルマガ登録をしている、イタリア文化会館から、「マリオ・モニチェッリ作品上映会 解説塩野七生」というメールが11月の初めに来ました。

マリオ・モニチェッリという監督は、恥ずかしながら知らなかったけれど、「塩野七生」さんが解説!というのに、行かなくちゃ~!!!で~

で、平日は学校にいらしている、ということをすっかり忘れ、イタリアならこの方!へ思わず電話^^;

「行きません?塩野七生さんです!」

370名先着予約!だったので、大いに焦った私~
Y子さん、大丈夫!とお返事がきたので、とっとと予約のメールをいれました^^

文化会館からは予約OK!とメールの返事が来て、今日、Y子さんと一緒に九段のイタリア文化会館へ行ってきました。
会場にはイタリア駐日大使夫妻や、元イタリア大使の安藤氏などがいらして、文化会館館長のお話のあと、いよいよ塩野さん登場^^

モニチェッリとの出会いから、彼の作品について、さまざまな角度から楽しいお話♪
非常に面白かったのが、

「自分探しとか、深刻に映画を観たい人は、モニチェッリの映画は観てはいけません。そういう方は5月のイタリア映画祭へ行ってください。今日からの上映会は、とにかく笑いたい、ただただ楽しく観たい、という方が観て欲しい映画作品ですから」

というコメントと

「なんだかゆるんじゃったのね、イタリア人は。そこがドイツ人と違う、日本人とも違うところだと。ゆるもうと思ってゆるんだんじゃなく、自然にゆるんじゃった人たちなんです、イタリア人」

三国同盟が上手くいかなかったのは、こういうところにも理由がある?などとお話を聞きながら思ってしまいました。

さて、映画は

e0116960_1232233.jpg


原題が「 I soliti ignoti」。
邦題が「いつもの見知らぬ男たち」。

若き日のマルチェロ・マストロヤンニ、クラウディア・カルディナーレが出演し、TOTOも出ている、イタリアコメディ映画の傑作。

とにかく最初から最後まで、抱腹絶倒!

ひょんなことから金庫破りを計画した、ボクサー、写真館の男、嫉妬深いシチリア男、そしてひたすら怠惰に暮らす初老の男のなんというのか袖摺りあうも他生の縁の男たち。
だけど、金庫破りなんて彼らはしたこともなく・・・
その道のプロに教えを乞い、計画は完璧、簡単に行く!と喜ぶ素人金庫破りグループ^^
そして、いざ決行!のその日が来ますが・・・
いや、そんなに簡単にことは運ばない!

もうひたすらお腹を抱えて笑いました。

1958年制作のこの映画、白黒画面で、それもまたこの映画の魅力です。

コメディなのですけれど、本当にドタバタでなく、品が良く、登場人物も魅力的。
そして、どこか人間的で、ちょっとしんみりもある、極上の作品でした。

モニチェッリは、95歳で去年亡くなりましたが、前立腺がんの治療のために入院中、飛び降り自殺を図り、そのまま息を引き取ったのですが、塩野さんは、「モニチェッリを入院なんてさせてはいけなかった、あれだけ洒脱な人が、病気の治療で規則づくめの病院に入れられて、あ~、面倒だな~、という感じで、ひょいっと飛び降りてしまったのじゃないか・・・」と思うと話をされましたが、映画を見ると(と言っても今日の1本だけですが・・・)、確かにそうかもしれない、と思いました。

映画監督だけでなく、脚本も書き、映画にも出演したりと多才な人であったモニチェッリ。
自然に「ゆるんでしまった人たち」を描かせたら、確かに凄い!
明日と日曜日、あと4本の彼の映画が上映されます。
無料ですので、興味のある方はイタリア文化会館へいらしてみてください。

ひたすら笑えます。
そして、「笑う」ということが、こんなに身体と心によいのだということが、よーくわかります。

塩野さん、とても素敵でした。
以前は「切れ者!」という感じでしたが、歳を重ねられて、ちょっと丸くなれらた?
本を持っていけばよかったな~(大好きなんですよ~、彼女の作品はほとんど読んで、本も全部あります~^^)
映画が終わった後、ロビーに出ていらして、気さくにサインをされていました。
そんな姿も自然で、いいなぁ!と思いました。
ずっと、塩野さんのような、女性であるのに、骨太で、甘さのない、つまり「臭くない」文章にあこがれています、私^^
そして、ラテン語の資料も原文で読んでしまうという、その頭脳にも~

映画のあと、Y子さんと九段の中華料理のお店で、遅い夕飯を食べて、またああでもないこうでもないと話が弾み、家に帰ってきたのは12時半近く・・・
楽しい時間はあっという間に過ぎてゆくのですよね・・・



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-11-19 01:58 | 観劇・映画