Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

初めて娘のことなど^^ その1

ブログにあまり家族のことは書いてこなかったのですが、この方のところの記事にはよくコメントで子供のことを書いています。
よそ様でばかり書くのじゃなくて、自分のところでも書いてみようかな?などどふと思いました。

息子のことは、書くにはいろいろと整理しないと(苦笑)で・・・
てっとり早く娘のことなど^^

今でこそ男勝りで仕事命!に日々活躍中の娘ですが、幼いころは本当にいるかいないかわからない子でした。
そもそも大阪の社宅には同い年の女の子が3人いて、他の2人はなんでもよく出来る子で、口も達者でしたが、わが娘はおとなしく、その2人からはいつもバカにされているというのか、いてもいなくても同じ・・・のような扱いを受けていて、それは幼稚園に入ってからも同じ・・・
キリスト教の幼稚園でしたが、ご近所のお子さんが集まって、まあ集団登園をしていたのだけれど、2人一組になるとき、いつも最後に誰かが仕方なく「じゃあCちゃんと」002.gif

帰ってきてからも誰と群れるでなく、広い社宅の庭で一人遊んでいるような子・・・でした。

盛岡へ転勤になって、母校の付属校があるので、まずは幼稚園から!と途中から入れましたが、そこでも特に仲良しがいるわけでなく・・・
ただ今でも仲良しのKちゃんとは、仲良くなれて、小学校に上がるときにKちゃんが公立へ行くとわかって、娘はちょっとがっかりしたみたいでした。

小学校に入ってからも、これまたいるかいないかわからない子・・・
何しろ10人しかいないので、強い子は本当に強く、影の薄い娘はいじめとまでは言わないけれど、居場所を探すのが大変だったようでした。
ただ、今も思うのは、娘は強い子だった・・・
学校へ行くことを嫌だとは一度も言ったことがありませんでしたから・・・
その小学校も1年で転校になり、神奈川の小学校へ。
ここでの2年間は、彼女にはそこそこ楽しい時間だったようで・・・

そして、今の家のあるところへ引っ越して、3度目の小学校へ。
はは、ここでも彼女は影が薄かった・・・
担任の先生が「いるかいないかわかりません。本当に影の薄いお嬢さんで」という位。
さすがにこの時はなんてことをいう教師だろう!と私は怒りました。

そんな風に言われた娘ですが、仲良しさんはいたのです。
その仲良しさんが途中で転校してしまったときは、とてもがっかりしていました。

そんな「影の薄い」と言われ続けた小学校を卒業して、地元の、この区内ではもうどの親も越境で入れたい!という、地元の公立だけれど、名門と言われる中学へ進学してから・・・

娘は変身したというのか、本来の姿が現れ始めたのいうのか・・・

小学校時代の娘を知るお母さんたちから「Cちゃん、変わった!」とよく言われました。

この中学校、私服通学で、学校の方針が「自主・自立」
自分で考えて行動しなさい、というのがモットーでした。
さて・・・
中学に入学してから・・・
娘はスカートをはいて通学したことは一度もありません!
ずっとジーンズで通学・・・
そして、当然仲良しもたくさん出来、生徒会の活動も始め・・・

受験さえなければ、彼女の中学時代はとても楽しかった時代なのだろうと思います。

彼女の受験については、ここでは省きますが、第一志望に入れず、二次募集で卒業した高校へ入学しました。

そこでまた・・・
娘は、大変身!!!したのです・・・

娘は高校からでしたが、その学校は幼稚園からあって、下からずっと、という生徒も多かったのに、入学式の翌日からなぜかクラスメートが彼女に声を掛けてくる・・・
娘はなんで???と不思議・・・
でも、あれよあれよと言う間に、クラスメートとはとても仲良くなり、秋にはまた生徒会に立候補。
そして、持って生まれた運動神経の良さで、球技大会のときは各チームから引っ張りだこ・・・
この運動神経ですが、なんで彼女がよいのか私にはわかりません。
なぜなら親二人は「運動?見るものでしょう!」というタイプ。
隔世遺伝なんでしょうかね?

なにしろ女子高だったので(あ、この時は制服がありました!セーラー服でした!高校の3年間だけ彼女はスカートをはいていたんです!)、男の子の目を気にすることもなく、やりたい放題?
ある日、「おかあさん、買い物に行くとき、もやしと玉ねぎを買ってきて」と言うので、あれ?家庭科の調理実習は学校が材料を用意するんじゃなかったっけ???と思いながら、もやしと玉ねぎを買ってきて、娘に渡しました。

なんとまあ!
学校で昼休みにお友達と「焼肉」をやったんです!
ええ、教室で。
持ち物の当番が決まっていて、誰それはホットプレート、誰それはタレと紙皿、割りばし、誰それは野菜のうちナスとピーマン、で、Mはお金持ちだからお肉ね、Cはもやしと玉ねぎ、玉ねぎは切ってくること・・・

よく先生方にばれなかったと・・・
娘の友人に今は歯医者さんになっている、とにかくこういうことを考えることにかけては天下一品!の子がいて、そこに娘が加わるものだから、クラスメートだけでなく他のクラスからも参加者がいて、昼休み1時間は焼肉で楽しんだ・・・

帰ってきてから「美味しかった~!みんなで食べる焼肉は本当に美味しい~、Mが奮発して凄く高いお肉を買ってきたからね、もう最高だった!」とニコニコ顔で言いました。

私、唖然茫然・・・

2年になり、なんと生徒会長に立候補した娘。
下から上がってきた子が対抗馬で、そりゃあーた、負けよ、負け!
と思っていたら、なんと大差で当選してしまい・・・

親はびっくり!!!

そして、その秋に沖縄へ修学旅行に出かけました。
持ち物検査があるのです。
検査に合格しないと旅行にはいけない・・・

それなのに・・・
なにをどうかいくぐったのか、沖縄までホットプレートを持っていったんですよ!
あ、娘でなくてお友達が。
で、またもや持ち物に当番があって・・・
誰それはクレープの素、誰それはチョコクリーム、誰それは木べら、誰それは箸と紙皿・・・

ただ。。。
さすがに担任は、なにかやらかすに違いない!と思っていたらしいのです。
トイレ休憩でドライブインに入った時・・・
沖縄そばのスタンドがあって、そこに娘と歯医者になったMが並んでいたら、担任がやってきてお店の人に

「この子たちに卵は売らないでください!」

と言ったとか・・・
でも、そんな騒ぎの傍で仲間のそれこそお嬢様然としたIちゃんがちゃんと卵はGETして・・・

夜、ホテルで娘たちの部屋にクラスメートが集まり、クレープ大会をやった・・・んです!!!
おまけに白玉まで作った・・・
ええ、白玉粉も持参していたんです。

帰ってきて、
「楽しかった~。みんなでクレープ焼いて、買ったパイナップル巻いて食べたの~。フルーツ白玉も作って食べた!だけどね、Tがねぇ、ホテルの部屋の箪笥の引き出しにホットプレートの蓋をいれたまま忘れてきちゃったんだよ~。羽田で気が付いたけど、もう遅いよね~。まさかホテルにホットプレートの蓋忘れました!なんて言えないものねぇ。ばれちゃうし~」
と満面の笑顔で言ったときには、私も思わず「そうよねぇ!」と言ってしまいました・・・

そして・・
その冬・・・

今度は、お昼休みに「鍋」をしたんです!!!

たまたま学園祭で使ったカセット式のコンロが置いたままになっていて、それを見たMが娘に

「ねえ、Cちゃん、コンロがあるうちに鍋やろうよ。しゃぶしゃぶとかいいよね~」

と持ちかけて、あろうことか生徒会長はその提案に乗ったのです!

また持ち物当番を決めて、鍋大会を決行!

ところがですね、その時は運悪くというのか悪運尽きたというのか・・・
たまたま教室に学年主任の先生がやってきて・・・

「誰それさんいる?」

娘たち・・・鍋を取り囲むように・・・いたのですが・・・

何故か白菜の塊が机の上にあって・・・
それを目ざとく見つけた学年主任の先生は

「あら?白菜???え?なんでこんなところに白菜があるんです???ちょっと!あなたたち!そこをどきなさい!!!」

ああ、万事休す・・・^^;

すごすごと鍋から離れる娘たち・・・
10数名いたのだそうですが、全員職員室へ連行されて、大目玉をもらいました。
特に娘と提案者のMは生徒会で会長と広報部長だったものですから、人一倍怒られたとか。

ですよねぇ。。。

私は卒業式の時、この学年主任の先生から

「前代未聞の生徒会長でした。しかし、後輩からも同学年からも妙に人気があった会長でした。不思議な子です」

と言われました。

あの、幼かったとき、小学校のとき、「いるかいないかわからない」とか「影の薄い子」とか言われていた娘の面影は、高校時代にはまるで消えていました。

何が娘を変えたのか、もともと持っていたものが殻を破って顔をだしたのか・・・
わからないのですが、幼稚園からの仲良しのKちゃんのママで、私の友人でもあるjunkoさんは

「あら、Cはさ、小さい時から面白い子だったわよ。うちにくると本当に面白くて、みんなCが大好きだったわよ。彼女はほかの子と違ってなにか持ってる子だなって私は思っていたけど?」

と言います。

長くなったので、今日はこの辺で~^^;

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-09-22 00:44 | 徒然