Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

長崎ぶらぶら歩き♪

長崎3日目は市内を歩きました。
まずは

e0116960_21165330.jpg


e0116960_21152472.jpg


出島へ!
当時よりも埋め立てで、海岸線ははるか先になり、当時のあの扇型の島の形はわかりにくくなっています。
それでもここが出島だった、ということはよくわかる!
当時の建物が次々と復元されており、次に行くときはもっと江戸時代の様子がわかるようになっているかも・・・^^

e0116960_21194528.jpg


浦上天主堂。
原爆はこの天主堂の真横に落ちました。
天主堂は崩れ落ち、昭和34年に再建されました。

e0116960_21221448.jpg


原爆に焼かれた天使像。

教会の中には、やはり原爆で焼かれ、破壊されたマリア像の奇跡的に残った頭部がありました。
撮影は禁止でしたが、そのうつろな瞳は、人間の悲しい業を嘆いているようにも見えました。

e0116960_21251259.jpg


眼鏡橋。
本当に眼鏡!

e0116960_2126588.jpg


長崎と言えば「べっ甲」
宝永6年創業の老舗中の老舗、「江崎べっ甲店」

e0116960_21292253.jpg


店内で、べっ甲細工をする職人さんたち。
今はもう新たなべっ甲を仕入れることができないので、保存してあるべっ甲が無くなれば、この技術もそこで継承できなくなります。
たしかにべっ甲を取るタイマイは貴重な種であり、ワシントン条約でその保護が定められているのですが、この技術を継承できないことは、もったいないなぁと、ちょっと複雑な気持ちでした。

え?買いませんでしたよ、だって、本当にお高いんですもの^^
だけど、張べっ甲だから、というのでリーズナブルなストラップをお友達とお揃いで購入しました。
猫だったんですもの~^^

e0116960_2138596.jpg


大浦天主堂
グラバー園のすぐ下にあります。
この天主堂が出来て、長崎に暮らしていた隠れキリシタンたちが、ようやく!という思いで名乗り出たとも言われています。
この天主堂は、日本二六聖人殉教地へ向いて建っています。

e0116960_21434856.jpg


日本二六聖人殉教記念碑。
長崎駅から徒歩で5分ほどのところにある、「西坂の丘」
秀吉のキリシタン禁止令により、6人の宣教師と20人の日本人信者が、この地で十字架に架けられました。
彼らは1862年(文久2)6月8日、ローマ教皇ピウス9世によって列聖され、その列聖100年を記念して、昭和37年に建てられました。

長崎にはいたる所にキリシタンの苦渋の歴史を見ることができる史跡がありました。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

参加することにしました。
ポチ!っとして下さったら嬉しいです♪
by ank-nefertiti | 2011-09-04 21:49 |