Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ 日本代表VSJリーグ選抜

3月11日に起きた東北地方沖関東大地震で、壊滅的な被害を受けた岩手、宮城、福島の3県、そしてまり報道されないけれど、大変な被害の出ている茨城、千葉。
その被災地の復興を支援するために、日本サッカー協会が開催した日本代表とJリーグ選抜によるチャリティーマッチ。

日本代表には世界で活躍する選手たちが全員集まりました。
そして、Jリーグ選抜にはkazuこと三浦知良選手をはじめとして被災地岩手出身のアントラーズ小笠原、仙台にホームを置くベガルタから関口選手や梁選手、エスパルスの天才、小野選手などJ屈指の選手が顔をそろえました。

大阪の長居競技場はTVの画面からもその熱気が伝わってきました。
いいなぁ・・・行きたかったな・・・

サポーター席からは、小笠原のアントラーズでのチャント(いわゆる応援歌です)が盛んに聞こえました。

e0116960_1213378.jpg


競り合う小笠原・・・
昨日、練習の後のインタビューのとき、記者団に向かって
「ひとつお願いがあります。明日の試合は被災者のためにやります。でも被災地では試合を見ることができない人がたくさんいます。その人たちにも試合が見れるよう、何とか力を貸してもらえませんか?」
と言い、頭を下げました。

今日の試合、陸前高田と大船渡の避難所で、TVが置かれ、パブリックビューが開催され、少年たちが食い入るようにTV画面を見つめていました。

試合は2-1で日本代表の勝ち。
J選抜の1点は、キングカズの得点でした。
持ってますね、カズ!!!

全員が真剣勝負!で渡り合った今日のチャリティーマッチ。
東北の方たちへ、選手たちの熱い思いは伝わったでしょうか。

試合後、小笠原が「被災地への思いを胸に」、インタビューに答えました。
ずっと練習が出来ていなかった小笠原。
本人が言うように、珍しいパスミスが多々あって、本人ももどかしかったのだろうな、と思います。
だけど、彼の真剣な表情と、東北人らしいうちに秘める熱い思いは、彼の故郷岩手以外の被災されたみなさまの心に届いた、と思いたい・・・

そして、kazuが「ずっと貢献してきたい」と語っていました。
kazuはやはりKINGですね!

一度、kazuに偶然会ったことがあります。
お子さん2人と、あとから奥様のりさ子さんも現れて、まあびっくり!
その時は、本当によいお父さんぶりで、一緒にいたお友達と「kazuだよね?かっよこいわね!で、すっごくよいお父さんなんだね!」と大騒ぎ^^;
そして、あとから現れたりさ子さんにまたもや「きれい~!!!顔小さい!スタイルよい!!!」とこれまた大騒ぎをしたのでした。


しかし、サッカー協会、やりますね~!
プロ野球とはえらい違い!
スポーツで感動を与えるとは、こういうことを言うのです。
この試合は、最初国立競技場で予定されていましたが、東京の電力事情から急きょ大阪の長居競技場に会場が変更になりました。
ええ、なにがなんでもドームでナイター!なんて馬鹿なことを言っていたどこぞのチームのオーナー、今日の試合を見ていたでしょうか?

試合の後で、小笠原が「被災地でもこういうチャリティーマッチをやりたい」と話していました。
できるとよいね!

しかし、今回の地震の後の小笠原、まるで別人・・・
こんなによくしゃべる満男をみたのは初めてかも???
それだけ故郷に寄せる思いが強いのでしょうね。。。

大丈夫だよ、君の故郷は絶対にへこたれないから!負けないから!!!
by ank-nefertiti | 2011-03-30 01:47 | サッカー