Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

奇跡

被災した、岩手県陸前高田市。
その町が面する広田湾。
そこには「高田松原」という松の林があって(防砂林でもあったのですが)、それは美しい景色でした。

e0116960_14402479.jpg


平成19年3月1日の朝、仕事で陸前高田を訪れたotosanが撮影した「高田松原」

そして

e0116960_14413134.jpg


同日同時刻の陸前高田の街並み。

ですが、その美しい景色も今回の地震と大津波によって、跡形もなく消えてしまいました。

ところが!

e0116960_0415273.jpg


1本だけ残った松の木!

これは奇跡としか言えないかも・・・
地元の方が「凄い、これはもうど根性松!」と言っていました。

もしかすると、この松の木は、何もなくなってしまった陸前高田の街の復興のシンボルとなるかもしれません。

で・・・
日本の今の政府にもこのような奇跡はおこらないものでしょうか?
地震から2週間がたとうとしていますが、いまだに何の手も打てずにいる政府。
それどころか、首相の顔すら見えず、担当の大臣の顔も見えず・・・
出てきたかと思うと、世の中を混乱に陥れることしか言わない某海江田。
ああ、君はやっぱり評論家だったんだねぇ!とつくづく思います。

首相の頭の中は福島原発でいっぱいで、他のことが考えられないようですが(そもそもこの人は一度にいくつものことが考えられない人なんですから!)、確かに原発の問題は最重要課題かもしれませんが、被災地は問題山積みで、それに対して何ら有効な手を打てていないということは、非常に問題だと思うのです。

なんとかならないのかしら!
本当にもうイライラしちゃいますよ!!!

政治主導だかなんだか知りませんが、もうこの際何もできないということにさっさと気づいて、任せるところは官僚に任せたらどうなんでしょう?
彼らに税金で高いお給料を払っているのだから、しっかり働いてもらったらよいのです!

被災地の方たちだって、いくら東北の方たちが我慢強く、辛抱強く、頑健だといっても、限界があります。
逆にその我慢強さが裏目に出てしまいそうです。

東京では、昨日の水道水に放射能物質が基準値以上の数字が出た、という報道があったとたんに、スーパーからもコンビニからもミネラルウォーターがなくなりました。

たまたまスーパーに買い物に行った娘が、飲料水売り場に人がたくさんいるので、なんだろう?と見に行ったら!
水を買う人で混乱していたのだそうです。
一人の女性が、棚に並んでいないペットボトルの箱をみつけ、店員に箱で買いたいと申し出、それが却下されると(当たり前です)、じゃあ本数制限は?と聞き、これがまたおバカなスーパーで、制限はないと言ったものだから、箱のなかのペットボトルを全部籠にいれてしまった!
娘、思わず「いい加減にしたらどうですか?」と言った途端に、ギッ!と睨まれて「なにが?」と言われたそうです。
そんなことでひるまない我が家の娘!
「程度問題だろう!一人だけ良ければいいの?」
で、よほど後ろから蹴ってやろうかと思ったそうですが、怪我でもされたら、傷害で訴えられるとそこらへんは冷静に判断し、蹴らずに口で
「ろくでもない!」
と言い捨てて帰ってきたそうです。
でも、今日になって、基準値を下回ったという発表があり、買い占めたおばさんはどうしてるだろうか?と夕飯の時に言っていました。

情報の開示は、速やかに必要なことを、適切な言葉で言ってほしい、とつくづく思います。
どちらにもとれるような言い方だけはやめていただきたい。
なにも出来ずにいるのなら、そこらへんだけでもしっかり!とお願いしたいのですが、どんなものでしょうか・・・

たくさんの情報を持っていて、これは出したら不安を煽るから今は言わないと言う確信犯的な操作ならともかく、何も持っていないのだからね、今の政府は。
原発の事故にしたって、東電が情報を開示していないのだから、政府も舐められたものです。
そしてそんな政府をいただく私たちは、とてつもなく不幸だと思います。
この未曾有の災害の時に、国家の非常時の時に・・・
by ank-nefertiti | 2011-03-25 01:08 | 考えること