Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

何ともいえない・・・

昨日のあの地震から一夜明け・・・
TVから流れてくる映像に言葉もない我が家・・・

岩手・盛岡で2年半暮らしたことがあり、娘も4年間宮城で大学生活を送った我が家は、東北にはたくさんの知人・友人がいます。

今回は地震の大きさもですが、津波の被害が本当にひどく、とても親しい人がいる陸前高田は津波によって壊滅状態。

そして、娘が大学時代によく出かけたという仙台若林区の荒浜にはたくさんの遺体が流れ着き、街も津波で流されてしまい、家庭教師をしに通っていた亘理も海側はほとんど街の体をなしておらず・・・

宮城・岩手だけでなく、福島の浜通り地方、つまり相馬市、南相馬市はやはり津波による被害で、南相馬市は陸前高田同様街自体が壊滅状態となっています。

娘が友人たちと連絡が取れない、と悲痛な顔をしていた昨日・・・
今朝になっても連絡が取れたのは仙台で仕事をしている友人ただ一人、という状態で、25日に結婚式を控えている親友が暮らす南相馬市の状態をTVで見て、「あ~、あご(あだ名なんです、その子の)ダメかも・・・。生きていてくれたらもうそれだけでいいんだけど。。。だけど、この状態じゃダメかも・・・」と泣きそうな顔で言いました。

中学校の先生をしているその友人は、男の子なのですが、なぜか娘たち3人組の女子グループととても仲が良くて、よく娘のアパートで4人で夕飯を作って食べたり、試験勉強をしたり、卒業旅行も一緒に出掛けた親友。

今日一日連絡が取れないことに、完全にダメだ・・・と言っていたのですが、夕方6時ころになってようやく「生きてるよ!」と携帯にメールが来ました。
安心した娘が言った言葉は

「ノーテンキなメールよこして!殴ってやろうかと思った!」

安心が生んだ言葉なのだ、と思いました。

そんな思いをしている人間がいる片方で・・・
近所のスーパーで驚く光景を見た、今日・・・

1時ころ、いつものように近所のスーパーへ買い物に行きました。
だけど、なんだか変・・・
午前中はいつも混んでいますが、午後になるとカートもたくさんあってゆったり買い物が出来るのに、今日はカートが1台もなく、お店の中も人がいっぱい!
何とかカートを確保して、買い物を始めたのですが、びっくり!でした。

お米の棚はからっぽ!
パンの棚もからっぽ!
ハム・ソーセージの棚もからっぽ!
缶詰の棚もからっぽ!
飲料水の棚もからっぽ!
お肉の棚も残っているのは高い和牛だけ。
そして、トイレットペーパーもなく、ティシュペーパーもなく・・・
そう、まるでオイルショックの時のよう・・・

必要なものだけ買って帰ってきましたが、もう唖然、茫然・・・
どの人のカートも山積みで、買いだめに走っていることは一目瞭然。

確かにこの地震でいろいろなものが品薄になることは、見えますが、これを自衛と呼んでよいのだろうか???

余震が続き、昨日のような大きな地震がもう来ないとは絶対に言えないけれど、それでも一体なんなの???

などと書いている私はよほどおめでたいのだろうか?

娘が仕事から戻ってきて「なんかね、コンビニでもスーパーでもカップ麺が売り切れ状態なんだって。まあわからなくはないけど、なんなんだろうね?」と言いました。

我が家は全員がおめでたいのでしょうか?
おめでたいのでしょうね、きっと・・・

TVで流れる被災地の映像。
それを見たら、とても買いだめになんて走れない・・・

そして、善人ぶることもできません。
祈るだけで何とかなるならいくらでも祈りますが。

我が家の知り合いたちは、あの津波でめちゃくちゃにされた街の、どこかに埋まっているかもしれないのです。
otosanが、TVを見ながら言いました。

「これだけ被害が出ているのに、どこも市長が出てこない、市役所が出てこない。ということは、陸前高田をはじめてとして市役所自体が流されてしまった、ということなのじゃないだろうか。そこで事務を執っていた役所の人間も、市長も全員が逃げる暇なく流されてしまった、ということなのじゃないだろうか。だから市としてなんの対策も出来ず、亡くなった方たちの名簿すら出来ていないのじゃないだろうか。」

そして、まあこの国の総理大臣の言葉のなんと軽いこと!
その程度しか言えないのか!とあののんきそうな顔をみて、心底腹が立ちました。
by ank-nefertiti | 2011-03-12 22:38 | 考えること