Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

フェイク

今日、事務所でお昼、同僚のSちゃんとお弁当を食べながら、ついていたTVを見ていました。
あ、私はお弁当を持って仕事に行っています^^
Sちゃんもお弁当族なので、昼休みはたいてい二人でお弁当を広げてランチタイムです。

で!
まあ昼休みのTVはどこもワイドショーなんですが・・・

いまや例の歌舞伎の御曹司のことでもちきりで・・・(-_-;)
私から言わせると、あれは自業自得です。
ちなみにかの御曹司、うちの息子と生まれた病院が一緒、我が家の息子の方が2か月ほどあとに生まれたんですが。
よく検診で会いました、彼のお母さんと。
きれいな方でしたよ~(今もおきれいですけどね~)

違う、違う!!!
今日の話はかの御曹司のことじゃなく・・・

みなさま、「美魔女」なることば、ご存知ですか?
私もSちゃんも世情に疎いのか、今日初めて知りました。

なんでも雑誌の「美 STORY」が開催したこのコンテスト
つまり、この雑誌の造語らしいのです。

問題は、このコンテストでもなく、選ばれた方たちでもなく・・・

「フェイク」と呼ばれる人たち・・・

「フェイク」って、Fake、偽物、模造品の意味です。

そもそも、この美魔女と呼ばれる方たちの、そのまた一部の方は、このTVによれば、夫の年収が2000万以上(驚!)あり、自分磨きにいくらでも費用を掛けられる方たちとして、特別な存在、いわゆるセレブ妻なのだそうです。

ここで、私とSちゃんはまず、「へ~~~!!!」

で、フェイクと呼ばれる人たちはですね、夫の年収が600万位(それだってこの不景気の中、30代、40代のはじめの男性の収入としては多い方なのではないかしら?)で、この美魔女のなかでも特別な存在の方たちにあこがれて、必死に真似をしている方たち・・・なんだそうで。
家計をやりくりして(それは立派!)、何種類かのカードを駆使し、実家の親にお小遣いをもらいカードの支払いの不足分を補い・・・
そうやってまで、ひたすら本物の美魔女特別階級に近づこうと頑張っている・・・
当然、夫は知らないそうで>驚!!!!

私とSちゃん

        「何の意味があるの???」 

あの~、そんなことをしていないで、必要なら自分で稼ぎなさい!!!と思ってしまいました。。。

フェイクとか呼んでしまう方もどうかと思います。
確かに、本物のセレブ妻(いやな言い方!)からみたら、フェイクなんでしょうが・・・

その方たち、悲しくないんでしょうかね?

そこまで背伸びして、何が面白いの?
かえって虚しくないのでしょうかね?

私はご免ですけどねぇ。

だって、そもそもフェイクなんて呼ばれちゃうこと自体、許せないでしょ!

もっと自分というものをしっかり持ったらどうなのかしら?

あ~、だけどいるんですよね、とにかく背伸び、とにかく人よりも上に!って言う人・・・

向上心とはまるで違うところにある、この人間の不思議な感情。
私にないとは言えないけれど、だけど、このフェイクと呼ばれている人たちのように、そこまではしないですよ、当然。

違う意味で、自分を磨こう、という気持ちは常にありますが。
ドライフラワーのアレンジも、イタリア語もそうだし、お料理教室もそう・・・
ですが!
フェイクさんたちと違うのは、そこにかかる費用は、すべて私が働いて得た対価から出ている!ということです。

ええ、私、人のふんどしで相撲を取るようなことはしません!

Sちゃんと二人、唖然とし、口がポッカーン!と大きく開いてしまった昼休みでした。

しかし、本当に彼女たち、虚しくないんでしょうか?
by ank-nefertiti | 2010-12-06 21:17 | 考えること