Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

ロシアでイタリア会話^^

まだモスクワとか書かなくちゃ!なんですが・・・
最後の日のモスクワは、もう腹立たしいことばっかり!で~
正直、書くのも面倒な気分なんです・・・

で、写真を一緒に撮れば良かった!な出会いがサンクトペテルブルグのホテルでありました。

サンクトの最後の夜、ホテル内にはいくつかのお店が(つまりお土産ものを売るお店)があり、少しずつ仲良しになった、ご夫妻連れの方たちの妻たちとお買い物をしました。
マトリョーシカやら琥珀やら、それぞれのお店で品定め^^

とあるお店で、なんだかロシア語じゃない聞き覚えのある言葉が耳に入りました。

「ディチョットエウロ???モルト カーロ!!!」

あれ?イタリア語だよ???
「18ユーロ!高い~!!!」

そういえば、その日の朝、ロビーのソファの傍に立っていたら、イタリア語で、「すみません、この席は空いています?」って聞かれて、「ええ、空いていますよ、どうぞ!」って答えたんだわ、と思い出し。。。
でも、お店で買い物をしているのは、その時の紳士とは全然違う陽気なおじちゃんとそのグループらしき人たちです。

その陽気な雰囲気に、思わず声をかけてしまいました^^;

「Da dove?」(どこからいらしたんですか?)
「Italia!」(イタリアからだよ!)

あ、イタリアは分かってるのよ、だからイタリア語で聞いたんだもん!

で、また聞きました、イタリアのどこから?

そうしたら、おじちゃん、うれしそうに

「サルディニア!」

わ~、サルディニア島からだって!!!

おじちゃんが、イタリアには来たことがあるのかと聞くので、4回行ったの、と答えたら、サルディニアにも来たか?といわれました。

「まだ行ったことがない、行きたいんだけど」

おじちゃん、「ダメじゃないか!!!サルディニアは最高なんだから!なんで来ないのさ?地中海の海は本当にキレイで、食べ物は最高!魚介類が美味しいのに。絶対においで!」
「わー、行きたい!素敵!!!」
「きれいなんだよ、で、イタリア語できるのかい?」
「あ~、本当に少しだけ分かるの」
「そうかい、そうかい、おいら、若い子が凄く好きなんだよ(え?私若くないよ?)」
「へぇ、そうなの?」
「そうなんだよ、若い子とキスするのも好きなんだよ~」
「あはは、私はよいわ、若くないから~」

なんて盛り上がっていたら、おじちゃんの奥方が現れました。
「あーた、この人だあれ?」
「あ、今ここであった人・・・」

奥方が私に
「あーた、日本の人?イタリア語できるの?」
と聞きました。
「あ、ええ、日本人ですよ、私。(中国人じゃ絶対にないからね!)イタリア語は本当に少し話せます」
「あら、そうなの。よい旅をね!」
「はい、そちら様も」

おじちゃん、名残惜しそうに奥方と去っていきました^^;

本当に陽気なおじちゃんで、楽しかったな~
あとであのおじちゃん、奥方から絞られていなけりゃよいけど>苦笑

しかし、まさかロシアでイタリア語で話すことがあるなんて思いませんでした。
イタリアからのツアー、結構来ていました。
セルギエフ・ポサードのレストランでもイタリアからのツアーと一緒になりました。

ロシア語は全然分かりませんでしたが、うん、少しでもイタリア語を勉強していてよかった!と思ったサンクトの夜でした^^
by ank-nefertiti | 2010-07-31 11:33 |