Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

サンクトペテルブルグ 9 ピョートル大帝夏の宮殿

エカテリーナ宮殿からランチのレストランへ向かい、ランチの後は

e0116960_19344426.jpg


e0116960_19351051.jpg


ピョートル大帝の夏の宮殿!

e0116960_1936215.jpg


ここでも花嫁さんが!
たくさんの花嫁に出会いましたが、彼女が一番可愛らしかった!
ドレスも素敵でした^^

さて、この宮殿はなんと言っても「噴水」
夏にここを訪れる意味は、たくさんの噴水を観ることにあります^^

e0116960_19374176.jpg


メインの「大滝」

e0116960_1941576.jpg


大滝にある「サムソンの噴水」

広い庭園の中にたくさんの噴水があります。

e0116960_19454278.jpg


ローマの噴水

e0116960_1948736.jpg


太陽の噴水

e0116960_19492269.jpg


ドラゴンの滝(チェスの山)
滝が流れる面がチェス盤になっていますよ~
よく見えないのですが、滝の噴出し口がドラゴンなのです。
東洋と西洋の不思議なコラボ^^

e0116960_19534688.jpg


こんな森の中をのんびり散歩していると

e0116960_19542768.jpg


突然噴水が現れる!

というのは当時のお話で、今では噴水があがる時間が決まっています。
当然観光客はその時間目指してこの滝へ!

私もmidoriさんも濡れるのはごめん!と入りませんでしたが、同じツアーのメンバーがたくさんこの噴水のなかに!

でもね、それが悲劇を生んだんです・・・

添乗員が口をすっぱくして言っていました。

「スリが多いから!特にいたずらの噴水のところは多いので、注意に注意をしてください!」
「ここでスリの被害に先日もあった方がいますから!」

まあ、私とmidoriさんは清く正しい観光客なので、危険には近づかないことにしています。
というより、危険が近づかない???
イタリアでもスリもロマも寄ってきません>苦笑

噴水が止まって、中から観光客がワーワー言いながら出てきました。
と・・・
「ないっ!!!」

ほら~!!!

3人組の女性がいたんですね。
とにかく元気で、常に口が動いている。。。
よくそんなにしゃべることがあるね?と感心するくらいに・・・
その中のお一人が、被害にあいました。
様子を聞くと、ああ、それは被害にあっても・・・という状態でした。
だって、日傘さして噴水の中に入ってはいけないでしょ!
日傘がひっかかったとか言われて、気を緩めた時に被害にあったようです。

添乗員さん、真っ青!
ガイドのイリヤさんに私たちを託して被害にあった方と事務所へ一目散に向かいました。
カードやらなにやらとめなくちゃ!ですから・・・

さて、そんな大騒ぎの後も・・・

e0116960_2062493.jpg


もう一つのいらずらの噴水。
子どもたちが大騒ぎ!
でも、この噴水は後ろで人が出したり止めたり操作しているんです!

e0116960_2074523.jpg


この宮殿は海に面して敷地があります。
海岸にたどり着きました。
この海は、「バルト海、フィンランド湾」
200キロ先がフィンランドです。

e0116960_2094012.jpg


またもや森の中を抜けて・・・

e0116960_20101511.jpg


宮殿と大滝を海側から見ました。

ここは宮殿の中には入りませんでした。
ちょっと入ってみたかったな~
ここもエカテリーナ宮殿に負けず劣らず、豪華で、食器のコレクションが素晴らしいのです。

こういう点が団体ツアーの嫌なところんなんですよね・・・
自由がきかないんですもの!

夏の宮殿を後にサンクトペテルブルグに戻り、クルージングに出かけました。
この日は盛りだくさんで、しかも暑くて、ちょっと疲れました^^;
by ank-nefertiti | 2010-07-24 20:15 |