Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

Dr.パルナサスの鏡

テリー・ギリアムが監督した、本当に不思議なファンタジー、「Dr.パルナサスの鏡」

e0116960_2221113.jpg


この映画は、撮影中から話題でした。
主役の「トニー」を演じる、ギリアム監督が彼でなくてはダメだ!と言ってキャスティングをした、ヒース・レジャーが、あろうことか撮影中に薬物の過剰摂取によって、急死する、という悲劇が起こり、この作品は完成しないのではないか、と言われました。

トニーの役をあのトム・クルーズがやりたいと手を挙げたのに、ギリアム監督は、彼ではダメ、と却下し、もし、代役が出来るとすれば、それはヒースと本当に親しかった者だけ、と語りました。
ギリアム、えらいっ!!!
そうです、この役はトムにはぜーったいに無理、、無理!!!

そして・・・
ヒースと心底親しかったジョニー・デップがトニーをやると言い、ギリアム監督もジョニーなら!と再びメガホンを取ったのですが、他の作品が同時進行していたジョニーが、この作品に割ける時間は1日半・・・

脚本を一部変更して、ヒースと親しかった、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが参加することになり、映画は無事に完成しました。

他に、パルナサス博士の役で、本当に懐かしい、クリストファー・プラマーが出演しています。

e0116960_22195582.jpg


その1000才になる(!)パルナサス博士には、大事な一人娘がおり・・・
そして、その娘をめぐる大変な秘密!

鏡の向こうとこちら側。
鏡の向こうは何でも叶う夢の世界。
こちら側は、哀しい現実の世界。

その二つの世界を行ったり来たり・・・

人間の欲望は、どこまでも深く、そしてまた人間の純粋さも限りなく深く・・・

約2時間の不思議な旅。。。

名優たちが織り成す、夢とおかしさと、そして人の深い悩みの世界にある哀しさと。。。

最後はハッピーエンドです。

実はこの映画のエンドで、なんとJoeは号泣したのだとか。。。

私?私は・・・泣きませんでした。。。
でも、とっても不思議な感覚で見終わりました。

この映画にどっぷりとつかり、泣けるJoeはとても純粋な人なんだなぁと思います。
私はつかりましたが、そこまで純粋じゃないらしく、ホロリとはしましたが、泣くまでには至らず・・・でした^^;

それでも、お薦めです、この映画!
ヒースが元気で、すべてのシーンを演じたらどうだっただろうか?と思いました。

e0116960_22204250.jpg


でもね、ジョニーが本当に素晴らしかったんですよ!
こういう不思議な役を演じると、ジョニーは本当に上手い!!!
ジョニーに時間があって、残りのトニーを全部演じたら・・・それも素晴らしかったのじゃないか、と思います。

e0116960_22212157.jpg


あ、ジュード・ロウもね、へえ!こんな役も出来るんだね!だったし、コリンだってトニーの一番ダメでイヤな部分を上手く演じていてさすが!なんですよ~^^

まだ上映されているようですので、お時間がおありの方は是非に~

大人の上質なファンタジーです^^
でも、ちょっと人間の本質も見させてもらって、微妙な心にもなりますけどね。。。
by ank-nefertiti | 2010-03-15 22:23 | 観劇・映画