Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

ドゥオーモ美術館

3時近くまでheroとおしゃべりしてしまったのですが、26日はちゃんと朝起きて、8時には朝食を取るレストランへ!
このホテルのレストランでなにがよかったか、と言って、朝ご飯の時、頼むとちゃんとカプチーノを作ってきてくれることでした。
そして!なんとシャンパンも置いてあったんですよ!!!(飲みませんでしたが・・・)

26日、午前中に向かったのは「ドゥオーモ美術館」

去年、この方がブログにUPされていて、それを見たOTOSANが何が何でも行きたい!と言っていたところです。

ここには

e0116960_195420100.jpg


ドナテッロの「マグダラのマリア」があります。
kazuちゃんのブログで紹介されているのを見て、もうなにがなんでも!と思ったのでした。

e0116960_19555089.jpg


e0116960_19561946.jpg


e0116960_1957686.jpg


イエス亡き後、荒野で30年以上苦行を続けた後に、南フランスで宣教を始めた、とされるマグダラのマリア。
ドナテッロのこの彫刻は、かつて娼婦で、イエスに会い、己の人生を悔い改め、祈りの道を歩み続けたマリアの、自身の内にある神の声、魂の声を聞き続ける信仰に生きる姿・・・

私はクリスチャンではありませんが、この彫刻の前に立った時、神の声が聞こえたように思いました。

「人を、自分を裏切ることなく、生きていきなさい」

「人を羨むことなく、己の置かれた環境の中で、己に出来る最良のことを、己の力の範囲内で行ないなさい」


そして、この彫刻を作った、ドナテッロが、

「さあ、この作品の前に立って、己の心に嘘がつけるか。私の作品に嘘がつけるか」

と私に尋ねているように思いました。

この美術館にはミケランジェロのピエタも収蔵されています。

e0116960_20292528.jpg


ヴァチカンのピエタとも、スフォルツェスコ城の「ロンダニーニのピエタ」とも異なる、ミケランジェロ80歳の作品。

e0116960_20315353.jpg


出口には、こんな彫刻も置かれていました。
by ank-nefertiti | 2010-02-10 20:33 | イタリア