Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

出張イタリア料理教室 実験版

イタリアから一時帰国中だったtammyちゃんが、「キッチン貸してください。実験したいんです」とメールをくれました。

実はtammyちゃんが次回の帰国時から実行しようとしている、「出張お料理教室 本物のイタリアのマンマの味を日本で!」
今回はその実験版で、我が家ともう1回tammyちゃんのお知り合いのお家で2回だけ行いたいということで、そりゃもうイタリアに暮らす妹二人の一人のお願いですから、二つ返事でOK♪

さむーいさむーい文化の日。
最寄駅で待ち合わせをして、まずは材料のお買い物から!

e0116960_21572689.jpg


一部tammyちゃんが用意してくれたもの、私の地元のお店で購入したもの。
これだけの材料で、お教室実験版が始まりました。

「何を作りたいですか?」
というメールに、過去のtammyちゃんのブログで紹介されてきたお料理が頭のなかを駆け巡り・・・
相談の結果、「パッパ・アル・ポモドーロ」、「ミネストローネ」、「豚肉とりんごの煮こみ」、「ビスコッティ」を教えてもらうことに!

e0116960_2211326.jpg


パッパ・アル・ポモドーロ。
トスカーナの伝統的な家庭料理。
固くなってしまったパンを美味しく食べるマンマのアイデア♪
ものを粗末に扱わないイタリアのマンマの味。

e0116960_2231466.jpg


ミネストローネ。
おそらくこの写真をごらんになられて、「え?」と思われる方も多いのでは・・・
トマト色じゃないでしょう?そうなんですよ、違うんです。
「食べるスープ」という別名があるこのスープ。
たくさんの種類の野菜と白いんげんが入っています。
優しい味、スプーンですくい、口に運ぶたびに、心がほっこり。

e0116960_2273622.jpg


「豚肉とりんごの煮こみ」
これは、本当に驚きました。
この組み合わせもですが、豚肉がほろほろと口の中でほどけて、こんなお料理初めてでした。
このお料理の話をイタリア語の先生のエリにしたら、エリが顔中の笑顔で、「杏さん~!羨ましい!最高に美味しいのよ、そのお料理!」と叫びました。
「あ~、食べたかった~」
エリ、ごめんね、私だけ食べちゃって・・・

e0116960_22115497.jpg


ビスコッティ。
トスカーナでは「カントゥッチ」と言います。
今年、イタリアへ行った時、tammyちゃんから「お土産~」と渡されて、あのグルメのheroが「tammyの食べちゃったら他の食べられないよ~、どーする?」と言ったお菓子。
本当に美味しくて、大事に大事に食べました。
実はその後、アレンジの教室で他のお弟子さんからお友達がネットで販売している自慢のお菓子、ということでビスコッティをいただいて食べたのですが、もう正直に書いちゃいますが、すみません、あれはビスコッティではありません。
tammyちゃんが作るビスコッティこそが、イタリアのマンマが作る本物のビスコッティ。

タイムを計りながら、順番に解説をし、生徒も一緒にお料理をするスタイル。
作り初めてから約2時間で4品できました^^

e0116960_2221596.jpg


さあ試食です♪
ここから参考人として(笑)midoriさんと次女ことerikoちゃん夫妻が参加~
当然にOtosanもいますよ~^^

参加者全員が
                  「美味しい~!!!」 

全員感激!

こんなに優しい味のイタリアン、これこそが本物のイタリアのマンマの味。
日本で手に入る材料でどこまで再現できるか、が課題だった今回の実験教室。
お肉も希望の部位が手に入り、大成功!

これだけお料理を教えてもらったので、次回の我が家での宴会はメニューに困りません。

tammyちゃんが作るイタリア料理は身体に優しいマンマの味。

次回、彼女が帰国の際には実験でなく、本格的に出張料理教室が始まるはず・・・
皆様、日本で本物のイタリアのマンマの味、tammyちゃんと一緒に作ってみませんか?

あ、もちろんフィレンツェでも教えて貰えます!
 La Cenetta (ラ・チェネッタ)がtammyちゃんのお教室のサイトです。
by ank-nefertiti | 2009-11-10 22:37 | イタリア