Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

Amo Italia 3 チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ sanpo

2日目は、朝6時45分サンタ・マリア・ノヴェッラ駅を出発する電車に乗って、ウンブリア州のオルヴィエートへ!

去年、帰ってきてから見つけたサイト AMO ITALIA
そこで見た「チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ」の写真。
世界にこんなところがある!と驚き、それがイタリアにあるとなれば、それはもう行かなくちゃ!!!

で、今回はオルヴィエートに住む堂剛さんにガイドをお願いして、出かける事に・・・

e0116960_2014752.jpg


チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ、「死にゆく街」とも呼ばれている、ウンブリアとラツィオの州境近くにある街です。
街というよりは村でしょうか。

e0116960_2034952.jpg


チヴィタへはこの細い橋を300メートルほど歩いて渡ります。

e0116960_2055828.jpg


橋を渡りきると、村の入り口。
門の傍にこんなフレスコ画が残っています。

e0116960_2071560.jpg


e0116960_2073990.jpg


チヴィタの様子。。。
20年ほど前までは600名ほどの人が住んでいたそうですが、いまでは20名ほどが暮らすだけ・・・
このままいくと、1人もいなくなってしまう可能性があるところ。。。

チヴィタの唯一の産業はオリーブオイルの製造です。
そのオリーブ農家が経営しているお店に堂さんが案内してくれました。

e0116960_2011161.jpg


チヴィタはローマ時代よりも古く、エトルリア人が築いた都市。
このお店もエトルリア人が使っていた洞窟を利用しています。

e0116960_20125171.jpg


自家製のオイルを使って、ブルスケッタを作ってくれます。
そして希望するとこれまたここでだけ飲める自家製のワインもいただくことができます。
ブルスケッタは炭火で焼いてくれ、堂さんが「絶品ですよ」と言っていたとおり最高の味!
そして、ワイン!
赤も美味しかったけれど、白ワインの美味しさといったらありません♪
こんなに美味しい白ワインは初めて!
このワインを飲むだけでもチヴィタへ行く価値があり!

e0116960_2017686.jpg


昔はロバがこの石をひいて、オイルを絞っていたそうですが、今は食品衛生の観点から機械で絞るようになったとのことですが、他と違うのは絞ったオイルをろ過していない、ということ。
自然のままなので、味が濃く、本当に美味しいオイルです。

e0116960_2020820.jpg


木の扉はパン釜。
朝、ここに薪を入れて火をつけておくと村の人たちが思い思いにパンを焼きにきたのだとか。
村の助け合いの精神が息づくパン釜です。

e0116960_20223851.jpg


約2時間の滞在が終わり、村からまた橋を渡って帰る時、橋の下をみたら、黒猫がいました。
思わずmidoriさんと「ジジ~!」と呼んだら、振り返りました。
どうやらこの子の名前は「ジジ」らしいです♪

チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ。
出かけた甲斐がありました。
想像以上に素晴らしいところでした。
イタリアへいらっしゃることがおありでしたら、是非ここへお出かけください。
その素晴らしさは保証いたします♪
by ank-nefertiti | 2009-06-17 20:26 | イタリア