Facciamo una pausa♪

apri101.exblog.jp

イタリア大好き!な働く主婦が綴る日々の雑感、独り言♪                HN 杏

ブログトップ

イタリア語特別講座 Ⅱ

イタリア語のお教室の特別講座、第二弾に夫と一緒に出かけてきました。

会場は、前回と同じ日本橋にあるイタリアンの「farsi largo!」
辻シェフのお料理は最高に美味しい!

本日は、ロンバルディア地方のお料理とワインについて。

本日の先生は

e0116960_03583.jpg


4月からお教室で先生をしている、“Felice”先生。
「Felice」、イタリア語で「幸福」という意味です♪
バーリの出身で、ローマの大学で日本語を勉強した、という大の日本好き!
大学卒業後、日本へ来るための資金を貯めるため、ミラノの学校でイタリア語を教えていた、という人です。
人懐こい笑顔でしょう?
とにかく日本語ぺらぺら・・・
どうやったらこんなにぺらぺらになるの???と参加した方たちの素朴な疑問^^;

ロンバルディアといえば、州都はミラノ。
イタリア第二の都市でもあり、ファッションの街、ビジネスの街でもあります。
そして、「最後の晩餐」がある街。
でも、Feliceは言います、ミラノだけじゃない、マントヴァもベルガモもクレモナも素晴らしい、自然もある、コモ湖はとってもきれいなんだよ!
そして、暮らしていたパヴィアも本当にきれいなところ・・・

そんな話から、ワインとお料理の話に。。。

e0116960_0475351.jpg


今日は暑かったので、まずさっぱりとしたリースリングワインで乾杯。
アンティパストは
「そば粉の衣に包まれたフォンティーナチーズ“シャット”」
「自家製牛肉のブレザオラ バルテリーナ風」

いちじくと一緒にいただくシャット、美味しかったです!
ワインもさっぱり、すっきり、暑い日にはこれだよね♪

e0116960_0512741.jpg


プリモは
「ほうれん草のニョッキ“マレファッティ” セージバターソース」
「サフランのリゾット ミラノ風」
セコンドに「豚肩肉とうずら豆の煮込みポレンタ添え ベルガモ風」

ベルガモは辻シェフが修行をしたところ。
今日のお料理はかなりおしゃれなイタリアン♪

食事をしながら、参加したみなさんと楽しいおしゃべり、情報交換。
Feliceの日本への思いなど、時間が経つのも全員忘れてワイワイガヤガヤ♪
当然にサッカーの話も出て、Feliceがユベニスタであることが判明!
私はミラニスタ、と話したら「ライバルですね!」
でも、今年限りで引退のミランの永遠のカピターノ、パオロ・マルディーニの話になったときは「残念としかいいようがない」ととても悲しそうな顔をしました。

そして最後にドルチェ
「トルタ“ズブリゾローナ”きびさとうのキャラメルジェラート添え」

e0116960_114659.jpg


このドルチェ、最高に美味しかった!
キャラメルジェラートが、温かいタルトにぴったりとマッチして、全員が「美味しい!もっと食べたい~!!!」

気がつけば10時をまわり、楽しい特別講座はお開きになりました。
なるべくイタリア語で話そうとするFelice。
なのにすぐに日本語になり、しまった!という顔>笑
いえ、よいのよ、日本語で~^^
でも、Feliceのイタリア語はゆっくりと話してくれて、よく聞き取れました。
Felice曰く、「何度でも聞きなおしていいんだよ。ゆっくり話してと言って、ちゃんと聞き取ることが大事!」
うーん、確かに~!!!

この特別講座は次回は7月に、今度はリグーリア州のワインとお料理について開催されます。
講師はまたFelice~

彼の日本でいうところの苗字は「Angelini」、なんと「天使」なんですよ!
by ank-nefertiti | 2009-05-23 23:51 | イタリア